EC特化型CRMプラットフォーム 「アクションリンク」、顧客リピート分析機能を無料開放

アドブレイブは2月1日、EC特化型CRMプラットフォーム「アクションリンク」において、「顧客リピート分析機能」の無料開放を開始する。EC通販特化型のCRMプラットフォームとしては日本で初めての試みとなる。それに伴い、2月末までに無料アカウントを開設した事業者に対し、顧客リピート分析機能を利用したリピート分析の「無料コンサルティングキャンペーン」を実施する。EC事業者のリピート売上向上に役立つソリューションを提供し、EC通販CRMの活性化と標準化を目指す。

アクションリンクは、データによって顧客像を把握し、顧客一人ひとりにあわせたメッセージ配信を自動化できるSaaS型の顧客中心CRMプラットフォーム。散在するデータを顧客軸で統合することにより、「顧客像の把握」「施策実行」「結果検証」まで、LTVを最大化するためのPDCAを迅速に推進する。2月1日には、「顧客リピート分析機能」の無料開放を開始する。

▲継続率分析の例

これにより「アクションリンク」を利用する事業者は、リピート状況の全体像および詳細までを分析することが可能となり、広告出稿時の適正なCPA目標の設定、中長期的な費用対効果の改善、LTVやリピート率向上の実現に役立てることができる。

EC市場が年々拡大し、競争が激化する中で、継続してEC事業を拡大させていくためにリピート顧客を増やすCRMの取り組みは欠かせない。一方で、現状では多くの企業が顧客のリピート状況をデータとして可視化し、施策に移すことができていないとし、顧客のリピート状況を迅速に把握し、課題を可視化できるアクションリンクの顧客リピート分析機能をより多くの企業に体験してもらうとともに、CRM施策を推進するきっかけにしてなるよう無償提供に至ったとしている。

2月1からの無料化に伴い、2月末日まで開催する「無料コンサルティングキャンペーン」では、アクションリンク無料アカウントを初めて開設するEC事業者を対象に、アクションリンクの顧客リピート分析機能を活用したリピート状況の分析と課題発見・解決方法の提案を行う。