【最短15分で配達】食料品や日用品のクイックコマース「Yahoo!マート 」本格展開 2022年度中に数十店の出店目指す

Zホールディングスのグループ企業であるヤフー、アスクル、および出前館は1月26日、食料品や日用品のクイックコマース(即配サービス)「Yahoo!マート by ASKUL」(以下:Yahoo!マート)の本格展開を開始した。それに伴い、都内の対象エリアのユーザー向けに820(ヤフー)円オフクーポンを配布するなど、2つのキャンペーンを開催する。2022年度中に、都内23区全エリアに加え他の一部エリアへも拡大し、数十店舗規模の出店を目指す。

「Yahoo!マート」は、フードデリバリーの「出前館」のサービスサイト上で、アスクルが販売する食料品や日用品などを注文・決済すると、最短15分で商品を受け取ることができる即配サービス。Zホールディングスグループは、2021年7月末から食料品や日用品を即時配達する実証実験「PayPayダイレクト by ASKUL(以下:PayPayダイレクト)」を開始しており、このほど「Yahoo!マート」に名称変更し、本格展開を開始した。食料品や日用品を中心とした約1500種の商品を購入でき、注文した商品は「出前館」の配達員が都内の専用倉庫で受け取り、指定された配達先に自転車やバイクで届ける仕組みとなっている。

実証実験として開始した「PayPayダイレクト」は、当初の計画を上回る速さで都内8店舗(大山店、代々木上原店、箱崎店、横川店、三田店、神楽坂店、大久保店、上野店)を開設(2022年1月26日時点)。2021年10月から12月の2カ月で月間注文数が10倍に増加し、「出前館」における12月の店舗別売上ランキングの1位も獲得。ユーザーからも高い評価を得得た。これらの実証実験の結果を踏まえ、食料品や日用品などの「今すぐ欲しい」というニーズの大きさを再認識したとし、新名称「Yahoo!マート」でのクイックコマースの本格展開に至ったとしている。

共働き世帯や高齢者の増加、コロナ禍による在宅時間の増加など、インターネット通販やデリバリーへの需要は継続していくと想定されるとし、ヤフーのブランド力、アスクルの商品調達力、出前館のユーザー基盤と配達品質を活かしたグループシナジーを通じて、ユーザーの「欲しいものが欲しい時に手に入る」世界の実現を目指し、市場の拡大を図る。

フードデリバリーの注文が少ないアイドルタイムにクイックコマースによる日用品・食料品の配達を行うことで、配達員であるギグワーカーが終日安定して業務を行えるなど、ギグワーカーの労働環境の安定化にも寄与する。さらに新型コロナウイルス感染症の影響等により増加している都心の空きオフィスなども店舗として使用することで、クイックコマースを通じた社会課題の解決も目指していく考えを示した。

「Yahoo!マート」では、”くらしをラクに楽しく”をコンセプトに企画開発した日用品や食品、飲料等の「LOHACO」オリジナル商品や、ユーザーの幅広いニーズに応えた商品もラインナップ。また、1月24日から代々木上原店、1月26日より三田店において、青果品の取り扱いも開始した。1月29日には、大山店を除く7店舗において、1日限定で全国駅弁フェアも実施する。今後は、全国のおいしいものやその土地でしか手に入らない産地直送品等も展開を予定しており、商品カテゴリを増やしていくとしている。

1月26日のオープンに伴い、オープン記念のキャンペーンとして、「Yahoo!マート」各店舗が利用できるエリアのユーザーを対象に、サービス内で使用可能な820(ヤフー)円オフクーポンを配布する「Yahoo!マート オープン記念 820(ヤフー)円オフクーポン」(2月8日まで)と、各店舗での注文先着1万名に節分セットをプレゼントする「Yahoo!マート オープン記念 特製節分セットプレゼント」(2月3日まで)の2つのキャンペーンを開催する。