ECサイトの顧客体験向上支援ツール「LEEEP」、動画掲載機能を追加 負荷なく動画配信

REGALIは1月25日、ECサイトの顧客体験向上を支援するツール「LEEEP(リープ)」において、「動画掲載機能」の正式版をリリースした。サイトに負荷をかけず、簡単に動画を掲載できる機能により、ECサイト内の情報の充実を図り、売上の向上を支援する。

「LEEEP」は、UGC(ユーザー生成コンテンツ)を簡単にECサイトに掲載できる、ECサイトの顧客体験向上ツール。指定したハッシュタグがついた投稿を自動で収集し、その中から掲載したいUGCを選択してECサイト上に表示させることができ、注文率や滞在時間のアップに貢献する。

このほど、従来β版として公開していた「動画掲載機能」を正式にリリースした。「動画掲載機能」を使うと、インスタグラムの動画(IGTVやライブなど)や商品動画などを、ECサイトの指定の位置に、サイトに負荷をかけることなく簡単に掲載することができる。ECサイト内で簡単に動画コマースを実現でき、動画経由で発生した購入を可視化することも可能だ。

「動画掲載機能」をすでに利用する企業からは、「動画掲載後、商品を購入したユーザーのおよそ半数程度が動画を視聴してから商品を購入していることが分かり、想定以上に動画が購入に効いていることが分かりました」「従来Youtubeに動画をアップロードし、埋め込みタグでECサイトに動画を掲載していましたが、『LEEEP』では2STEPで動画掲載ができるので、作業工数が従来の10分の1になりました」「動画を掲載しすぎるとサイトが重くなってしまうので、特定の商品のみ動画を掲載していましたが、『LEEEP』ではサイト負荷を気にせず動画が掲載できるので、ほぼ全ての商品ページに動画を掲載することができるようになりました」といった声が寄せられており、動画を掲載することでECサイト内の情報量が増え、結果として売上に繋げていくことができるとし、今回の正式リリースに至ったとしている。

今後は、「UGC掲載機能」だけでなく、「動画掲載機能」においても、ECサイトの顧客体験向上のサポートに尽力していく考えを示した。