応援購入サービス「Makuake」、健全なプラットフォーム運営のため「Makuake品質基準」を策定

マクアケは1月21日、マクアケアタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」において、独自に策定した「Makuake品質基準」を公開した。これによりプロジェクトの実行者は、「実現性」や「安全性」などの観点の確認、プロジェクト内容や事業体制の円滑な精査が可能になる。それに伴い、幅広い産業資材の試験・検査等を行う国際的なテスト機関カケンテストセンターと業務提携を実施しプロジェクト実施前から商品の実機チェックや品質テストを行うなど、より強固なサポート基盤を構築を進める。商品・新サービスが誕生するオンラインプラットフォームとして、実行者の健全で着実なプロジェクト進行から商品の提供までの最適化を推進する。

応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」がこのほど公開した「Makuake品質基準」は、サポーターに納品される全てのリターンについてマクアケが定めた品質基準に適合していることを実行者に約束してもらい不良品の発生を未然に防ぐこと、また、プラットフォームとしてサポーターが期待する品質を確保し、その向上を推進することを目的に独自に策定したもの。

「Makuake品質基準」を活用することにより、実行者は新商品または新サービスを国内で初めて発売する際に必要となる「実現性」や「安全性」などの観点の確認、及びプロジェクト内容や事業体制の精査が円滑にできるため、より適切にプロジェクトに挑戦することが可能になるとしている。また、サポーターは、「Makuake品質基準」を満たしたプロジェクトの中から安心して応援購入することができるため、より深く実行者への理解や応援の気持ちを持った買い物体験が可能になる。

「Makuake品質基準」の公開に伴い、昭和23年に設立され、繊維製品や樹脂類など幅広い産業資材の試験・検査等を行う国際的なテスト機関であるカケンテストセンターと提携し、プロジェクト実施前から商品の実機チェックや品質テストを行うなど、より強固なサポート基盤を構築する。カケンテストセンターは、同基準の内容作成に加え、「Makuake品質基準」に基づく実行者向け品質管理セミナーの開催などプロジェクト実施における品質基準の理解促進、プロジェクト実施前の試験実施(アパレル、テキスタイル関連分野を中心としたプロジェクトの製品に対して「Makuake品質基準」に準拠した試験の実施/希望者への提供)と、と「Makuake」プロジェクトページへの掲載が可能な試験結果報告書の発行、試験結果に基づく適切な広告表現への助言において、「Makuake」の品質向上のためのサポートを行う。

マクアケは、オンラインでの商品デビューに挑戦する実行者と、自分の嗜好に合う商品に出会い、自分の価値基準で購入したいサポーターをつなぎ、双方の新しい価値観にアプローチをするオンラインプラットフォームである「Makuake」の運営を通じて、個人から大手企業まで多くの事業者が、幅広いジャンルにおいて新しいものやサービスを世の中に送り出すことをサポートしている。昨今、生活者のニーズは多様化しており、購買行動における価値観も細分化されるようになった。こうした時流の中、「Makuake」を利用するサポーターは、嗜好に合う商品・サービスの中から自分の価値基準に沿ったもののストーリーをよく知った上で応援購入し、従来より主体的な購買体験を楽しんでいる。

「Makuake」を通じて「アタラシイ」ものを生み出すには、既存のルールを適用するだけでは信頼の確保や安全面の担保が難しいことから、様々なリスクに対する検討や対策が必要になる。マクアケでは、2013年のサービスリリース以来、掲載するプロジェクト全体において注意すべき傾向はもちろん、プロジェクトごとの事象等を把握し、各実行者に対して適切なサポートを行ってきた。また、実行者の健全な新商品やサービスデビューをサポートするため、社内に審査法務部門を設け、実機チェックや法律等に関する専門性の高い知見・ノウハウをもってサポートを行っている。また、数々のプロジェクトの中から、サポーターが応援購入するものを選ぶ上で知っておくべきこと、注意点を実行者が詳しく記載するようサポートすることで、応援購入体験の満足度向上を推進している。

一方でサービスの拡大に伴い、実行者自身で責任を持ち、品質を担保した商品開発を行うことが重要となっている。同時に、サポーター層も広がりを見せる中、「Makuake」は新商品やサービスを誕生させるための「応援購入サービス」であり、通常のECサービスとは異なるため、各プロジェクトにおけるそれぞれの背景や特性などを理解した上で、応援購入をする必要があるということをサポーターに対して、より積極的に発信・啓蒙しなければならないとしている。こうした背景から、「Makuake」が今後、実行者やサポーターにこれまで以上に健全な応援購入体験を提供できるプラットフォームとしてあり続けられるよう「Makuake品質基準」の策定に至ったとしている。

今後もサービス運営および掲載プロジェクトの品質管理向上への探求をし続けることで、健全なプラットフォームを作り、ビジョンである「生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実現」をしていく考えを示した。