ZOZO、物流センター2拠点で100%再生可能エネルギー由来の電力を導入

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOはこのほど、物流拠点「ZOZOBASE習志野1」と「ZOZOBASEつくば1」の2拠点において、実質的にCO2排出量がゼロとなる再生可能エネルギー由来の電力を100%導入した。これにより、同社の拠点の電力消費量のうち6割以上が再生可能エネルギーとなる。

ZOZOグループでは、2021年4月よりサステナビリティステートメント「ファッションでつなぐ、サステナブルな未来へ。」と「4つの重点取り組み」を掲げ、環境や社会に配慮した新しいファッションの世界の実現を目指している。1月1日に、物流拠点「ZOZOBASE習志野1」と「ZOZOBASEつくば1」に実質的にCO2排出量がゼロとなる再生可能エネルギー由来の電力の100%導入を実施した。

両物流拠点に導入した電力は、トラッキング付・FIT非化石証書等が付与された実質再生可能エネルギー電気で、バイオマスや太陽光由来のエネルギーとなる。「ZOZOBASE習志野1」では、年間約610万kWhの電力を使用しており、再生可能エネルギー導入によるCO2削減量は2850トン。「ZOZOBASEつくば1」では、年間約600万kWhの電力を使用しており、再生可能エネルギー導入によるCO2削減量は2650トンになる。

今回の導入は、2021年2月のZOZO本社屋への再生可能エネルギー導入に次ぎ、2・3拠点目になる。同社はこれまでも物流拠点の賃貸及び運営を行っているプロロジスグループと共に、「ZOZOBASE」の全照明をLED化するなど、環境に配慮した物流施設のインフラについて協議を行ってきた。今後も温室効果ガスの削減を目指し、他の物流拠点においても、再生可能エネルギーの導入を進めていくとしている。