シッピーノとロジザードが連携 自動出荷対応倉庫の紹介サービスを提供

出荷自動化ツール「シッピーノ」を提供するシッピーノと、クラウド型在庫管理システムのリーディングカンパニーであるロジザードはこのほど、自動出荷に対応した倉庫(3PL事業者)を探しているEC事業者への倉庫サービスの紹介を開始した。EC事業者の倉庫探しを支援する。

シッピーノは、国内大手ECモールやカートシステムと倉庫サービスを連携、出荷に関わる一連の業務を完全に自動化できるサービス「シッピーノ」を提供。サービス開始以来1000店舗以上に導入され、さまざまな倉庫サービスからの出荷の自動化を実現してきた。その実績をもとに、EC事業者それぞれの商材や商流の状況を踏まえ、「シッピーノ」と接続できる倉庫(3PL事業者)の中から、それぞれのEC事業者に最適な倉庫サービスの紹介を開始する。

同サービスは、連携サービスであるクラウドWMS(倉庫管理システム)「ロジザードZERO」を提供するロジザードとの連携により、「ロジザードZERO」を導入している300拠点を超える倉庫の中から、それぞれのEC事業者の要望に合わせた倉庫を紹介することができる。同サービスにおける倉庫紹介料は無料となる。

EC事業者は倉庫紹介を利用することで、自身で倉庫を探す手間を省くことができるとし、スピーディな事業の立ち上げを支援する。