レバレッジ、24Hフィットネスジム開設 プロテインD2Cの「VALX」ブランドで

プロテインのD2Cブランド「VALX(バルクス)」を展開するレバレッジは1月15日、東京・武蔵小山に24時間営業のフィットネスジムを開設した。「VALX」の公式SNSアカウントや、「VALX」ブランドを監修する、ボディービルダーの山本義徳氏のユーチューブチャンネルでPRを行ったところ、開業前から申し込みが殺到。受け入れ可能な会員数の上限に達したという。現在、新規の申し込みは停止しているとしている。

 

次世代型24時間フィットネスジム「VALXGYM(バルクスジム)」は、初級者から上級者まで利用できるトレーニング施設。「テクノジム」や「BULL(ブル)」シリーズなど、人気のトレーニングマシンを導入している。

 

ジムの利用料金は月額税別2980円。他社の24時間営業のフィットネスジムに比べて、安価に気軽に通うことができるとしている。

 

レバレッジでは、東京・武蔵小山の1号店の運営状況を見つつ、トレーニングジムの全国展開を行う計画もあるとしている。

 

レバレッジは、「VALX」ブランドを2019年10月に立ち上げた。山本氏が監修したプロテインの人気が、ユーチューブやSNSなどを通じて拡散。2021年3月3月末時点で、プロテイン累計販売数が50万袋に達したとしている。レバレッジの21年3月期の売上高は、前期比300%増になったという。