GMOメイクショップ、教育機関のECサイト構築をサポートする「MakeShop for GIGAスクール」を提供

GMOインターネットグループのGMOメイクショップは1月13日、ネットショップ構築ASP「MakeShop byGMO」において、教育機関向けのECサイト構築をサポートするプラン「MakeShop for GIGAスクール」の提供を開始した。文部科学省が推進するICT教育施策「GIGAスクール構想」に賛同し、教育機関専用のECサイト構築や、購買部のEC化によりICT教育環境の整備を支援する。

教育機関や生徒・保護者向けにICT端末などを提供する事業者向けに提供を開始した「MakeShop for GIGAスクール」は、教育機関やその生徒・保護者だけがアクセスできる専用ECサイトの構築をサポートするプラン。特定のユーザーのみが閲覧できるページを作成する機能や、会員だけが購入できる商品を設定する機能などを活用し、教育機関へ端末や周辺機器を卸販売する専用ECサイトを構築することが可能だ。また、学校内の購買部で教材や学用品を安く購入できるよう専用のECサイトで生徒・保護者に向けた特別価格を設定することにより、BYOD(Bring Your Own Device)の場合でも学校推奨スペックの端末の購入を促すことができる。

「MakeShop for GIGAスクール」の仕組み

文部科学省が推進するICT教育施策「GIGAスクール構想」は、児童生徒に提供する1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備することで、子どもたちの教育環境を公正に個別最適化することを目的にした施策。この施策により、2021年3月末時点でおおよそ全国の公立小中学校へ1人1台の端末整備が行われた。しかしながら、公立小中学校では学校側で端末を用意して貸与するのに対し、高等学校では生徒や保護者自身が手配した端末を授業に持ち込むBYOD(Bring Your Own Device)を採用するところが多く、生徒・保護者は入学に際して端末を購入する必要がある。ICT教育環境を公正に個別最適化するためには、端末のスペックも統一することが望ましいが、BYODの場合には生徒や保護者が手配する端末を教育機関側で管理しづらいという課題があった。

GMOメイクショップは、これまでにも大学や専門学校などの教育機関向けにICT端末を提供する事業者に「MakeShop byGMO」を導入してもらい、ECサイトを構築してきた実績を多数有している。このたびそのノウハウを活かし、ICTベンダーによる教育機関や生徒・保護者専用のECサイト構築を支援する「MakeShop for GIGAスクール」の提供に至ったとしている。ICT端末を提供する事業者が教育機関やその生徒・保護者に端末を販売する際の専用のECサイト構築をサポートすることで、ICT教育環境の整備を支援するとしている。

【導入事業者の声】

■紀伊國屋書店

教育機関向けの展開は、書籍販売の他に教育環境整備のための什器・ICT機器などの設備販売も行っています。2016年からは、取引先である教育機関と連携してECサイトを構築し、BYOD端末の販売を開始しました。学生・生徒向けに推奨PCを学内向け価格で販売するため、特定のユーザーのみ閲覧可能な専用ページを標準機能で構築できる「MakeShop byGMO」を採用し、ECサイトの案内情報が記載された配布物を見た学生・生徒だけが注文できる仕組みで運用しています。「MakeShop byGMO」は、短期間でサイト構築ができ、受注管理・集計・分析も容易なため、今後は他の教育機関にも展開していくことを考えています。

■日本ビジネス開発

「MakeShop byGMO」を利用し、教育委員会向けに端末や教材を販売するECサイトや、生徒向けに推奨スペックのPCを販売するECサイトを構築しています。他のカートASPと比較しても「MakeShop byGMO」が操作の面でわかりやすかったこと、困った時にも電話相談ができるなどサポートが充実していることが決め手となり採用に至りました。サイトの構築だけでなく「MakeShopロジ」という物流代行サービスも活用しています。また、パートナー制度に登録しているため、取次報酬をいただけるというメリットもありますし、提案時に「MakeShop byGMO」で構築したサイトを見せることでお客様から好印象を持っていただき、教育機関からの引き合いも増えています。

「MakeShop for GIGAスクール」

https://www.makeshop.jp/main/reseller/gigaschool.html