ポーラ、OMO戦略強化 アプリでサロンとECの相互送客

化粧品のサロン販売を手掛けるポーラはこのほど、新規顧客との接点創出を目的としたスマホアプリの提供を開始した。同アプリでは、コンテンツを100種類以上配信している。コンテンツでは、顧客の肌悩み別に適切な手入れ方法を、動画などを使って紹介している。ポーラのECサイトやサロン店舗などでアプリの利用を促すことにより、OMO(オンラインマージウィズオフライン)戦略を加速させるのが狙いだ。

 

11月11日に提供を開始した「PORTAL by POLA」では、肌悩み別に手入れ方法を探すことができる。モデルを使った動画も配信しており、スキンケアの仕方や、美容マッサージの仕方などを見ることもできる。肌荒れの要因に関する研究データなども紹介している。

 

ポーラの製品を紹介するページには、ブランド別のページを設置。アートワークなどを使ってブランドのイメージを表現している。ブランドページにはECサイトに遷移できる導線も設けられており、製品検索から購入までを、アプリで完結できるようになっている。

 

ポーラの新スマホアプリのイメージ

アプリでは、お気に入りのサロン店舗や百貨店のカウンターを登録することもできる。インスタグラムのポーラの公式アカウントにも連動している。ユーザーが登録した情報を基に、アプリのプッシュ通知機能を使って、個別のメッセージを配信できるようにする予定だという。