美容ブランド「フラコラ」の協和、『ブラックフライデー』売上が3倍に タイムセールやSNS販促が奏功

美容ブランド「フラコラ」の自社ECサイト「フラコラ(fracora)公式サイト」を運営する協和は、ブラックフライデーのセールイベントが活況だった。同イベントの売り上げは前年実績の約3倍になったという。タイムセールにして購買意欲を促進したほか、SNSを通じた周知が奏功した。

ブラックフライデーのセールイベントは、11月25日から28日まで開催。セール中に販売した商品の中には80%割引の商品もあった。原液美容液のお試しサイズが人気だったほか、原液美容液と合わせて使う商品(導入美容液など)を購入する人も多かったという。売上高は当初の目標を達成した。

一定時間ごとに割引対象の商品が変わるタイムセールとした

お試しサイズで引き合いが大きかった商品は、保湿力に優れている美容液「プロテオグリカン原液」、ダメージを受けた肌の細胞を修復する働きを持つ「ヒト幹細胞」を配合している美容液「ヒト幹細胞培養エキス原液」などだった。

お試しサイズの商品も引き合いが大きかった

ブラックフライデーのセールイベントは、昨年に続く2回目の開催だった。既存顧客向けにメールやSNSで周知した。さらに、一定の時間ごとに割引対象の商品が変わるタイムセールを実施。「こうした企画を顧客にうまく活用いただけたのではないか」(広報)と話している。セールは、初日から売り上げの手応えを得ていた。

協和は、今回のように割引率の高いセールは、商品を顧客に試してもらえる機会と捉えている。狙いどおりの結果が得られたようだ。

「フラコラ(fracora)公式サイト」

https://www.fracora.com/