博報堂、EC領域に特化した組織横断型プロジェクト「HAKUHODO EC+」発足 EC事業をワンストップで支援

博報堂は12月3日、博報堂DYグループ内のEC領域のナレッジやスキルを集約し、クライアント企業のEC事業を戦略構築から実装・運用までフルファネル、ワンストップでサポートする「HAKUHODO EC+」を発足した。新しいマーケティングDX(デジタルトランスフォーメーション)の潮流に対応を図る。

「HAKUHODO EC+」は、EC領域に特化した博報堂DYグループ横断型プロジェクト。ECを起点とした企業のさまざまな価値創造DXの推進をワンストップでサポートするために、D2Cビジネスのシステム構築や、コールセンターや商品管理・発送業務などを担うコンタクトセンターなど、従来の広告コミュニケーション領域にとどまらないグループ各社のさまざまなプロフェッショナル領域を活かすことで、戦略から実施に至るまで、幅広い支援体制を整えた。博報堂をはじめとするグループ社が推進する、オンライン/オフライン領域で生活者に新しい買物体験を提供する戦略組織「ショッパーマーケティング・イニシアティブ」の傘下の取り組みとして活動していく。

「HAKUHODO EC+」は新しいコマース、新しいECの可能性をいち早くキャッチし、市場分析・課題発見・戦略構想からシステム開発・ECサイト構築、実装・集客・CRM、さらにはフルフィルメントやコンタクトセンター等の運用に至るまで、あらゆるバリューチェーンにおいて企業のマーケティングDX・事業成長をフルファネルで支援する。

博報堂が全体プロデュース設計、アイデア/構想、ビジネス設計、システム構築を担うのをはじめとし、博報堂DYメディアパートナーズとデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムがメディアプラニング、博報堂プロダクツがECサイト構築とCRM、博報堂マーケティングシステムズシステム構築、博報堂アイ・スタジオがECサイト構築、日本トータルテレマーケティングが在庫管理/ロジスティックス/コンタクトセンターをそれぞれ担う。また、博報堂DYグループ外協力会社のフラクタがD2Cビジネスサポートを担う。

【主な対応領域】 

課題発見では、「HAKUHODO EC+」ならではのリサーチ/独自の分析ツール等により、ECモールや企業のEC/D2Cにおける市場を的確に把握し、現状の課題とそこから見えてくる事業成長のチャンスを明らかにする。戦略構想では、さまざまな課題に対するEC事業戦略を策定。ターゲット選定・UI/UX規定・新商品開発・OMO戦略策定・メディア戦略策定など最適なプラニングを実施し、EC領域におけるセールス最大化や中長期視点での事業成長を顧客獲得からCRMまでのフルファネルで支援する。

ライブコマース/ソーシャルコマース/AI/プラットフォーマー連携等の「HAKUHODO EC+」が保持する最新のテクノロジーやソリューションをフル活用し、プロジェクト全体をマネジメントしながら、最適なECシステムを開発・実装し、CRMや広告運用など、独自開発の各種ツールを活用したEC事業全体の運用支援を推進する。また、フルフィルメントやコールセンターなどマーケティング実践領域においても「HAKUHODO EC+」でワンストップ対応が可能となっている。

新型コロナウイルスの影響により、生活者の日々の行動や習慣が著しく変化しており、特に購買体験については、モノ・コトいずれにおいてもオンラインへのシフトが加速している。これまで「いつでもどこでも、おすすめの商品が手間なく買える」という究極の便利であったECは、「あのひとから買える、応援したくなる、楽しいから買ってしまう」といった高付加価値化した買物体験の場に進化を続けている。こうした生活者の行動変化に伴い、企業もEC専用の新商品開発やD2C(Direct to Consumer)参入などを積極的に行い、オンラインでの商品・サービス提供、生活者データの取得に取り組んでおり、これまで展開チャネルの1つであったECが、購買を起点とした新しいマーケティングの場にその機能を拡張し続けている。

博報堂は、こうした新しいマーケティングDXの潮流に対応し、博報堂DYグループ内各社および協力会社のナレッジやスキルを集約し、ECを起点とした企業のさまざまな価値創造DXの推進をワンストップでサポートするため、EC領域に特化した組織横断型プロジェクト「HAKUHODO EC+」の発足に至ったとしている。