「au PAY マーケット」、泉佐野市『ふるさと納税』の魅力をライブコマースで紹介 『よなよなエール』の特別企画を紹介

大阪府泉佐野市、KDDI、auコマース&ライフ、ヤッホーブルーイングは12月3日、総合ショッピングサイト「au PAY マーケット」のライブコマースにおいて、泉佐野市および、ふるさと納税の魅力を伝えるライブ配信を行う。泉佐野市がヤッホーブルーイングと取り組む「大阪ブルワリー(仮称)創造プロジェクト」の周知を図る。

大阪府泉佐野市とKDDIは、「au PAY マーケット」のライブコマースにおいて、ふるさと納税の魅力を紹介す番組を配信する。泉佐野市にある関西国際空港から配信する同番組では、同市のふるさと納税返礼品であるヤッホーブルーイングのクラフトビール「よなよなエール」を取り扱う。泉佐野市のふるさと納税担当者とヤッホーブルーイングのクラフトビール製造者が、視聴者とリアルタイムで双方向コミュニケーションを取りながら、その魅力を直接伝える。また、本番組で紹介する返礼品に寄附した人を対象に、抽選で50名に氷温熟成牛おせち「日根」が当たるキャンペーンもあわせて開催する。同ライブコマースの配信日時は12月3日の21時~22時15分で、配信後30日間はアーカイブで視聴もできる。

泉佐野市とヤッホーブルーイングは、単に「ビールを製造する工場として」ではなく、クラフトビールを楽しめるエンターテインメント性を兼ね備えた体感型ブルワリー「ヤッホーブルーイング大阪ブルワリー(仮称)」を泉佐野市内に創る構想に共に取り組んでおり、ふるさと納税型クラウドファンディングで大阪にブルワリーを創造するというチャンレジを行っている。

泉佐野市は、KDDIのふるさと納税サイト「au PAY ふるさと納税」が実施するライブコマースの利用について、「本市の取り組みや魅力を効果的に発信するツールとして活用することで、ヤッホーブルーイングと取り組んでいる『大阪ブルワリー(仮称)創造プロジェクト』を広くお届けできると期待しています」と述べた。

各社は今後もライブコマースを通じて、地域の魅力を多くの人に届けるとともに、新しい体験価値の提供に努めていくとしている。