製菓・製パン材料販売の富澤商店、「焼き菓子」の販売開始 創業102年で初めての試み

日本最大の製菓・製パン材料、器具専門店の富澤商店(TOMIZ)は12月4日、全国の同社店舗において、販売している材料を使用して作成した焼き菓子4種(マドレーヌ、フィナンシェ、ガレッドブルトンヌ、クッキー)の期間限定販売を開始する。材料、器具を販売する同社にとって、焼き菓子の販売は初の試みとなる。焼き菓子にして販売することで、取り扱い材料の品質を手軽に実感してもらい、「手作り」への興味関心を高めたいとしている。

【<画像4点>今回、販売を開始した焼き菓子4種はこちら】

このほど富澤商店(TOMIZ)の店舗で期間限定販売するのは、マドレーヌ、フィナンシェ、ガレッドブルトンヌ、クッキーの4種。素材・品質の良さを知る同社が選び抜いたこだわりの材料を使用し、小麦粉の味わいやバターの香りなどが引き立つ、富澤商店オリジナルレシピで作った焼き菓子となる。焼き菓子の販売は同社初の試みとなるが、使用したオリジナルレシピを焼き菓子の発売に合わせて同社ECサイトに公開するため、同様の材料を購入し、自身で手作りすることもできるという特長を持つ。

「TOMIZマドレーヌ(プレーン)」(188円/税込)と「TOMIZフィナンシェ(プレーン、抹茶、ココア)」(198円/税込)は、特挽きならではのしっとり感と、崩れるような軽いくちどけで発売当初から人気のオリジナル国産薄力粉「とみざわからの贈り物」を使用。「TOMIZクッキー(プレーン、アーモンド、チョコチップ)」(168円/税込)と「TOMIZガレットブルトンヌ(プレーン)」(238円/税込)は、繊細なサクサクとした食感には欠かせない、フランス産の薄力粉「エクリチュール」を使用している。いずれも保存料や着色料などは一切使用せず、素材そのままのナチュラルなおいしさを楽しむことができる。バターやアーモンドパウダーなどの油脂分の配合がバランスよく、プロも愛用している焼き型「chiyoda型」を使用し、見た目は美しく中はしっとりふんわりした食感を実現しているほか、シックでシンプルなデザインの5種類のギフトボックスを用意。年末年始の集まりなどでちょっとした手土産にも活用できるとしている。

同商品企画開発担当の吉田早織氏は、「富澤商店で取り扱っている材料の品質の良さや、こだわりをお客様に知っていただくこと、それには実際に『手作り』して召し上がっていただかないと実感してもらえないことに課題を感じていました。また、当社ではオリジナルレシピのコンテンツも発信しているため『富澤商店のこだわりの材料』×『オリジナルレシピ』を組み合わせて商品化することで”手作りの楽しさ”を届けたいと思い、今回の企画に繋がりました」と話す。

企画開発担当の吉田早織氏

「開発に時間をかけ、おいしくて自信をもって販売できる商品が出来上がりましたので、ぜひ多くの方に味わっていただけたらと思います。まずは素材の良さを実感していただき、そこから『手作りしてみたい!』という方が増えると嬉しいです」とコメントした。

富澤商店は、これからもあらゆる商品開発を通して”手作りする楽しさ”を届けていくとしている。