「Oisix」、給食支援する保育園で人気の給食メニューを自宅で再現できるミールキットを発売

食品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・大地は11月25日、食品宅配サービス「Oisix」において、同社の保育施設への給食関連サービス事業「すくすくOisix」で人気の給食メニューを自宅で再現できるミールキット「【ちびキッズ】とりわけOK!保育園の麻婆豆腐」の販売を開始した。約75%の保護者が抱えるという離乳食の悩み解消に貢献を図る。

【<画像5点>メニューやレシピのイメージはこちら】

「Oisix」のミールキット「Kit Oisix」では、テーマのひとつとして、1~2歳の子どもと取り分けて食べられる、2人前+子ども1人前の主菜・副菜が約25分で作れる「ちびキッズ」を展開。「Kit Oisix」の中で唯一、月齢に合わせた離乳食の取り分けレシピがついていて、大人も子どもも一緒に食べることができる。

このほど販売を開始した「【ちびキッズ】とりわけOK!保育園の麻婆豆腐」は、保育施設への給食関連サービス事業「すくすくOisix」で人気の給食メニューを自宅で再現でき、おとな2人前+子ども1人前で価格は1933円(税込)。主菜には5種の野菜を使用。麻婆豆腐は、味噌で仕立ててとりわけるので、子どもにも食べやすい味わいとなっている。豆板醤をプラスすることで、大人も納得のピリ辛主菜が同時に完成する。コーンの甘みが特徴の中華風スープもセットになっている。

メニューの完成イメージ

同封するレシピカードには、同レシピをもう一度作ることのできる再現レシピも掲載。子ども向けの調理や「保育園では食べているのに、家のご飯は食べてくれない」「給食のレシピが知りたい」といった悩みの解消にも寄与していきたい考えを示した。

オイシックス・ラ・大地では、保育施設への給食関連サービス「すくすくOisix」において、2015年7月のスタート以降、食材の配送や専属の管理栄養士が作成したオリジナル献立の提供のサービスのほか、食育コンテンツの提供を行ってきた。「すくすくOisix」は600を超える保育施設で導入され、オリジナル給食献立は250以上の保育施設で採用されている。

離乳食について困ったことのアンケートによると、「作るのが負担、大変」が33.5%、「食べる量が少ない」が21.8%、「食べるのを嫌がる」が15.9%となっており、困ったことは「特にない」と回答した25.9%を除き、約75%の保護者は離乳食について何らかの困りごとを抱えていることがわかったとし、保護者が抱える離乳食に関する悩み解消に役立ててほしいとの思いから、「すくすくOisix」のオリジナル給食献立の中でも人気メニューである「麻婆豆腐」を「Kit Oisix forちびキッズ」で再現に至ったとしている。

同レシピを考案した栄養管理士は、「保育園の献立を考える時は『旬、彩り、食材の種類の偏り、栄養面、和食中心』を意識しています。たまに外国料理も登場させて、色々な食体験をしてもらえたらと思っています。麻婆豆腐が保育園で人気の理由は、比較的食べ慣れている”お肉”、お肉に比べると少し遠ざけられがちな”お野菜”が刻んで調理されている、そして食べやすい”とろみ”など、様々な”好き要素”がつまっているからだと考えます。お子さんの食べ進みがよかったらレシピを活用して再現してみてくださいね」とコメントした。