エノテカ、ワインの通販サイトをリニューアル モバイルでもストレスのない環境を実現

ワイン販売を手がけるエノテカは10月22日、公式通販サイト「エノテカ・オンライン」のリニューアルを実施した。買い物のしやすさを追求し、利用者の満足度向上とエノテカならではのワイン体験を提供することで、ワインの飲用機会の拡大に取り組むとしている。

常時2000種類と国内最大級の品ぞろえを誇るワイン通販サイト「エノテカ・オンライン」は、エノテカ店舗と「エノテカ・オンライン」をシームレスに繋ぐことによるエノテカでの顧客体験の最適化を目指し、リニューアルを実施した。新型コロナウイルスの影響をはじめとして「エノテカ・オンライン」へのアクセス数が急増していることから、インフラの強化を図り、ユーザーのさらなる利便性向上を図った。

今回のリニューアルでは、ワインの探しやすさ・買いやすさの向上、サイトの高速化、レンタルセラーサービスの刷新を実施。「エノテカ・オンライン」でもっと便利で楽しいワイン体験を”をコンセプトに、モバイル端末でもストレスなく操作できるようユーザーインターフェイス(UI)の改善とサイトの高速化を実現した。

検索のしやすさ・購入のしやすさの向上では、モバイル端末画面からでも商品を検索しやすくし、ヴィンテージやサイズ違いなどワインに関わる豊富な商品情報をわかりやすく表示することで、ストレスなく購入までのたどり着ける環境を提供。また、同サイトではギフト需要が多いことから、店頭で注文するように好きなワインを組み合わせたオリジナルギフトや、複数の配送先への配送などの注文も可能とした。

サイトの高速化においては、モバイル端末経由の購入が一層増加することが想定されるとし、利用者がストレスなく買い物を楽しめるよう最新のWeb技術を活用。ページ読み込みの時間の短縮、画面の描画・遷移をなめらかにするプログラミングと画像や動画の高速配信を実現した。

ECサイトリニューアルに伴い刷新したレンタルセラーサービスでは、より身近利用してもらうため、従来の1セラー単位(12本)での契約から1本単位での管理に変更し、利用しやすさを向上した。また、預かっているワインの状況の確認や見やすく探しやすい検索機能の追加、出庫時に配送会社や保険料などの細かい指定に対応するなど、より使いやすい管理画面にリニューアルした。

レンタルセラーのモバイル画面のイメージ

エノテカでは、長期ビジョンとして掲げる「For All Wine Lovers(ワインを愛するすべての人へ)」のもと、商品の選びやすさをはじめ、ストレスなく買い物ができるような環境づくり、快適なレンタルセラー利用など、エノテカならではの”ワイン体験”を提供するため、常に工夫を凝らし、進化を図っている。これからもより一層ワインを楽しんでもらうため、顧客の声に耳を傾けながらさらなる改善を重ね、豊かなワインライフに貢献できるよう努めていくとしている。