ファッションサブスク「airCloset」、売上40%成長 35万着以上用意、「新しい服との出会い」提供

定額制ファッションレンタルサービス「airCloset」を運営するエアークローゼットは、2020年6月期の売上高が40%増となるなど堅調に成長を続けている。

「当社では、お客さまに『新しい洋服との出会い』を提供している」(天沼聰社長)と言う。エアークローゼットでレンタルできる商品数は現時点で35万着以上。着用シーンや好みのスタイル、職業、サイズ感、悩みなどの登録情報をもとに、スタイリストが顧客ごとに「パーソナルスタイリング」を行う。スタイリストが厳選した服が届く仕組みだ。届く品数や1カ月間の利用可能回数はプランにより異なる。気に入った洋服は購入することもできる。

「パーソナルスタイリング診断」の診断結果イメージ スタイリストのアドバイス付き

同サービスは、「ファッションを楽しみたいが時間がない」という人にとっても便利。新しい洋服を探したり、コーディネートを考えたりする時間や負担を減らせるようにしているという。レンタルした商品の返却期限はなく、期限を気にせずに利用できる点も好評だとしている。

自宅にいながら洋服をレンタルできるため、「コロナ禍でファッションの購買意欲が高まったのだが、外出自粛の影響で新しい服と出会う機会が減っている」という人の新たなニーズにも対応できたという。緊急事態宣言中の期間限定で、トップスに特化したプランの提供も行った。リモートワークの増加に伴う需要の変化に対応するのが目的だという。

同サイトでは、無料の会員登録を行うと、「パーソナルスタイリング診断」で似合う服のカラーやスタイルのタイプを無料で診断するサービスも提供している。

診断結果では「似合うスタイル」と「なりたいスタイル」をそれぞれ紹介している

2020年6月には、テレビ・雑誌でも活躍するスタイリストがオンラインでパーソナルスタイリングを行うサービス「airCloset Talk」を本格リリースした。1回の利用料は税込5500円。「着こなしアドバイス」「クローゼットの断捨離」「オンラインショッピングの同行」などのコースを用意している。おうち時間を充実させられるサービスとして人気が高いという。

同社は同時期に、さまざまな商品を自宅で試してから購入できる月額制レンタルモール「airCloset Mall」もリリースした。カメラや美容機器、調理器具など、さまざまな商品を取り扱っている。

「お客さまにも企業にも、『新しい出会い』を提供できる場・体験を、今後も作っていきたい」(同)と話している。

「airCloset」

https://www.air-closet.com/top/