本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

【一流ホテルでも愛用】日本ベッドのおすすめマットレスはコレ!口コミ&評判も

【日本ベッドおすすめマットレス3選】

商品名 シルキークチュール
シルキークチュール
シルキーポケット
シルキーポケット レギュラー(ウール入)
ビーズポケットソフト
ビーズポケット ベーシック
価格 456,500円~731,500円 176,000円~319,000円 82,500円~143,000円
特徴
サイズ シングル~キング
厚さ 26cm
硬さ やわらかい
スプリング数 1200本~2280本
サイズ ハーフクイーン~キング
厚さ 25cm
硬さ ハード/レギュラー/ソフト
スプリング数 960本~2280本
サイズ ハーフクイーン~クイーン
厚さ 22cm
硬さ ハード/レギュラー/ソフト
スプリング数 476本~1020本

日本ベッドは日本初のベッド製造メーカーとして1926年(大正15年)に創業しました。

開業以来90年以上、一人ひとりに上質な眠りを届けるために追求されてきた寝心地は、日本の名だたるホテルや迎賓館で愛用されています。

上品かつ上質な眠りをジャパンクオリティでお届けし、安全性・耐久性・通気性に優れ、利用する人を最優先に考え作られているのが日本ベッドのマットレスです。

日本が誇る格式高い日本ベッドのマットレスについて今回は詳しくご紹介します。

\ 歴史ある日本初のベッド製造メーカー /
日本ベッド公式サイトはこちら

\サイトおすすめマットレス/

モットンマットレス

「肩こり・腰痛・安眠できない」寝心地で悩んでいる方におすすめ

ユーザー満足度92.2%以上!!「マットレスモットン」


3種類の硬さから自分の体型・体格・好みに合わせて選べる高反発マットレス!

\安心の90日間返金保証付き!!/

モットンマットレス公式サイトはこちら

当サイトでは他にもおすすめのマットレスを多数紹介していますが、収納に便利な三つ折りマットレスや、手入れが楽な洗えるマットレスなど、一口におすすめのマットレスといってもさまざまです。

ぜひこれらの記事も参考にしてください。

・腰痛で悩んでいる→腰痛
・肩こりで悩んでいる→肩こりマットレス
・衛生面が気になる→洗えるマットレス

おすすめマットレス
\\ 総合ランキングはこちら //
【2024年最新版】
マットレスおすすめランキング

日本ベッドはどんなホテルで
愛用されている?

日本ベッド納入ホテル
日本ベッドは個人向けのベッドやマットレスだけでなく、ホテル向けの専用商品も多く扱っている珍しい企業です。

ホテル用ベッドはいろいろなお客様が利用することを前提に安全性を第一に考えられています。

寝心地はもちろん、耐久性や清掃のしやすさまで考慮した作りが特徴です。

一例を挙げると、帝国ホテル・ホテルオークラ・ホテルニューオータニの「ホテル御三家」といわれる一流ホテルをはじめ、日本全国の一流ホテルで愛用されています。

まさに日本が誇る一流の高級寝具メーカーといえるでしょう。

ホテル用製品納入実績
・帝国ホテル
・セルリアンタワー東急ホテル
・ホテルニューグランド
・ホテルオークラ東京ベイ
・ホテルイースト21東京
・横浜ベイホテル東急
・ホテルニューオータニ
・東武ホテルレバント東京
・横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ
・グランドニッコー東京ベイ
・アグネスホテルアンドアパートメンツ東京
・パークハイアット東京
・パレスホテル各店
・庭のホテル東京
・ホテルグランドパレス
・山の上ホテル
・ハイアットリージェンシー東京ベイ
・メトロポリタンホテルズ各店
・万平ホテル
・グランドハイアット福岡
・阪急阪神第一ホテルグループ
・星野リゾート(星のや,界,リゾナーレ等)
・ヒルトン各店 他多数(順不同)

参考情報URL:日本ベッドホテル用製品納入実績

日本ベッドがおすすめできる理由

日本ベッド マットレス 特徴 メリット

日本ベッドは一人ひとりの体に合ったベッドを追求し続ける会社です。

創業当時は、ベッドの主流であったスプリングが連結したボンネルコイルを使用していました。

しかし、一人ひとりの体に合うベッドを追求する中で、現在では独立したスプリングが特徴の、ポケットコイルを使ったマットレスが日本ベッドの主流となっています。

日本品質にこだわり、職人のものづくりに対する熱情がこもったベッドは至極の眠りへといざなってくれるでしょう。

日本の匠により作られた
高品質マットレス

品質が高いコイル出典:日本ベッドについて -What we are-

日本ベッドのポケットコイルは芯が強く、それでいてしなやかに体にフィットします。

職人の長年の研究から生まれた寝心地は、スプリングを小さくして数を増やしたことによる、非常に優れた体圧分散能力が特徴です。

マットレスにこだわりを持つだけでなく、細部の人の目がとどまらないようなマットレスの側面でさえ、テープエッジが必ず真っすぐになる独自の技術で製造しています。

耐久性・通気性・安全性
全てにこだわっている

日本ベッドマットレスのこだわり
出典:http://www.nihonbed.com/products/mattress

日本ベッドのマットレスは耐久性、通気性、安全性にこだわった一級品です。

通気性、放湿性に優れるよう作られたマットレス内部のコイルポケットの素材は、通気性が高く、吸湿性が低い繊維集合体を採用しています。

さらに内部の通気を促進するため、マットレスに通気穴(ベンチレーター)を取り付けるこだわりようです。

また耐久性を持たせるために、成型時に個々のコイルを独自の技術で熱処理を行うことで、形状の安定性を図っています。

使用する人のことを考え、キルティングにも安全性・耐久性に優れた、抗菌・防臭効果を持つ素材を使用することで、一年中快適な睡眠をキープ可能です。

\ 職人技が光る最高品質 /
日本ベッド公式サイトはこちら

日本ベッドのここが微妙

日本ベッド マットレス
日本ベッドのマットレスは品質が非常によく、使用した人のほとんどが快適な睡眠を手に入れ、悪いところが見つからないほどです。

ただ、あえて微妙な点を挙げるとすれば、一般的なマットレスの感覚で「かため」を購入すると、日本ベッドのマットレスが「硬すぎる」と感じる可能性があります。

他にも、高額なお値段はネックになる方が多い傾向です。

一流品につき価格は決して安くない

日本ベッドのマットレスの価格

日本ベッドはクオリティが非常に高いため、安くても15万円、高いと50万円前後とそれなりにお値段は張ります。

この価格帯となると、購入するには少し勇気が必要になるでしょう。

ただし、購入した人が後悔するような品質ではないので、求める睡眠を現在得られていない場合には、思い切って購入してもいいかもしれません。

【腰痛にも◎】
日本ベッドのおすすめ3選

↓日本ベッドのマットレスの種類とかたさ一覧表
日本ベッドマットレスの種類とかたさの表出典:日本ベッドカタログpdf

商品名 シルキークチュール
シルキークチュール
シルキーポケット
シルキーポケット レギュラー(ウール入)
ビーズポケットソフト
ビーズポケット ベーシック
価格 456,500円~731,500円 176,000円~319,000円 82,500円~143,000円
特徴
サイズ シングル~キング
厚さ 26cm
硬さ やわらかい
スプリング数 1200本~2280本
サイズ ハーフクイーン~キング
厚さ 25cm
硬さ ハード/レギュラー/ソフト
スプリング数 960本~2280本
サイズ ハーフクイーン~クイーン
厚さ 22cm
硬さ ハード/レギュラー/ソフト
スプリング数 476本~1020本

日本ベッドのマットレスはどれもハイクオリティで、どれを買っても満足するアイテムばかりです。

それでも、寝心地の特徴はマットレスそれぞれで変わるため、しっかり比較して選ぶことで、追求する寝心地をより明確に実現できます。

ここでは数多くある日本ベッドの中でも、ぜひおすすめしたいマットレスをご紹介しましょう。

シルキークチュール

シルキークチュール出典:シルキークチュール

サイズ展開 シングル セミダブル ダブル クイーン キング
サイズ 98×195cm 120×195cm 140×195cm 160×195cm 18×195cm
価格(税込) 456,000円 511,500円 566,500円 621,500円 731,500円
かたさ やわらかい
厚み 26cm
スプリング数 1200個 1520個 1760個 2000個 2280

世界でもまれな手仕上げで作られるマットレスです。

希少な国産シルクをウールと重ねて、表面層に敷き詰めた極上の肌触りが特徴で、日本の気候もよく考慮して作られているため、長く愛用することができます。

エレガントな見た目と上級なシルクの寝心地が、特別な睡眠時間をより贅沢に演出してくれるのが魅力です。

公式サイトはこちら

シルキーポケット レギュラー(ウール入)

シルキーポケット出典:シルキーポケット

サイズ展開 ハーフクイーン スモールシングル シングル セミダブル ダブル クイーン キング
サイズ 80×195cm 90×195cm 98×195cm 120×195cm 140×195cm 160×195cm 180×195cm
価格(税込) 176,000円 187,000円 187,000円 1209,000円 231,000円 253,000円 319,000円
かたさ ハード
レギュラー
ソフト
厚み 25cm
スプリング数 960個 1120個 1200個 1520個 1760個 2000個 2280個

しっとりとした感触が特徴的なマットレスです。

さまざまな線径のスプリングが使用されているので、きめ細かい点で体を支える力に優れ体の負担を軽減してくれます。

硬さが3タイプあり、体格のいい人にはハード、一般的な体系の人にはレギュラー、横向きに寝る人や華奢な人にはソフトがおすすめのマットレスです。

公式サイトはこちら

ビーズポケット ベーシック

ビーズポケットソフト出典:ビーズポケットソフト

サイズ展開 ハーフクイーン シングル シングルロング セミダブル セミダブルロング ダブル クイーン
サイズ 80×195cm 98×195cm 98×205cm 120×195cm 120×205cm 140×195cm 160×195cm
価格(税込) 82,500円 93,500円 110,000円 110,000円 126,500円 126,500円 143,000円
かたさ ハード
レギュラー
ソフト
厚み 22cm
スプリング数 476個 612個 648個 748個 792個 884個 1020個

安定感があり、しっかりとした寝姿勢を保てます。

無理なく姿勢を維持できるため、腰痛の人にもおすすめのマットレスです。

ビーズコイルを使用したマットレスは硬さによって寝心地も違うため、より自分の好みに合わせたものを選べます。

ハードはクッション層にハードフェルトを使用した硬めの寝心地で、腰痛対策にもおすすめです。

レギュラーは硬さの中にもしなやかさがあり、体をしっかり支えてくれます。

ソフトはビーズらしさを残した寝心地で、柔らかく体の動きを受け止めてくれるのが特徴です。

公式サイトはこちら

日本ベッドの口コミ&評判調査

日本ベッド マットレス 口コミ 評判

しっかりと、そして優しく体を支えてくれるので快適な睡眠ができ、寝るのが楽しみになりました。
値段はそれなりですが、一日の1/3を過ごすと考えれば決して高くはないと思います。
(50代・男性)
お気に入りのホテルで使用しているマットレスが同社のものだったのが購入の決め手です。
毎日ホテルのベッドに寝ている感覚で、睡眠時間が楽しみになりました。
腰痛は100%解決はしていませんが、以前使っていた数々のマットレスと比較して、格段に寝起きが楽になっています。
大変よい買い物をしたと思っています。
(40代・男性)
某ホテルに泊まった時に、日本ベッド様のシルキーポケットの寝心地に感動。
実際に寝てみて、購入して良かったと実感。
短時間睡眠でも翌朝スッキリとしているし、土日に10時間以上寝ても、背中が痛くならない!
本当におすすめのマットレスです。
(40代・女性)
やっぱり日本ベッド最高です。
腰も痛くならず、夜は気持ちよくぐっすり眠れる。
今回購入したシルキーシフォンにウールのベッドパット(これも日本ベッドさんの)を使用すると、雲の上の様な心地よさに毎晩癒されます。
(40代・男性)

日本ベッド購入前のQ&A

日本ベッド マットレス 質問

買ってはずれの少ない日本ベッドですが、いざ購入となると、お値段が張るだけに疑問に思うことも多々あるでしょう。

ここではQ&A方式で、日本ベッドのマットレスに関するさまざまな疑問を解決します。

日本ベッドの耐久性や寿命はどのくらい?

ネット独自調査の結果、20年ほど愛用している方が多いようです。

一般的なマットレスの寿命が10年といわれるなかで、日本ベッドのマットレスを使用した人の意見を見てみると、20年から30年使えるというのが多いようです。

もちろん、使用方法や頻度により寿命は変わってきますが、コイルの質が非常にいいため耐久性が強く、劣化しにくいのが日本ベッド品質といえます。

ヤフオクや楽天などで購入しない方がいい?

絶対に新品保証付きで購入することをおすすめします。

日本ベッドのクオリティは、愛用すればするほど愛着がわく寝心地です。

もちろん中古で購入しても十分な寝心地は得られるかもしれませんが、快適な寝心地を保証されたものではありません。

不具合があった場合に保証が受けられないことはもちろんですが、ベッドは使用する人の体格に合わせて時間ともに少しずつ変化するものです。

中古で購入すると、すでに他の人の体にフィットしやすくなっている可能性もあるため、あまりおすすめできません。

日本ベッドのマットレスは中古でも高額で出回っているため、どうせ高額を出すなら新品で自分の体に合うように使っていくのが安心です。

購入前にショールームで体験した方がいい?

安い買い物ではないので店舗で体験してマットレスの特徴を聞き、自分の体に合ったものを選びましょう。

日本ベッド マットレス 質問 ショールーム

日本ベッドのマットレスはどれも一般的なマットレスよりも高価格です。

もちろん値段相当の上質な寝心地がどのマットレスでも味わえますが、やはりベストフィットする寝心地を追求するためには、ショールームで体験するのをおすすめします。

高い買い物だからこそ十分に吟味し、そのうえで求める寝心地のマットレスを購入しましょう。

【ショールーム一覧】
青山ショールーム、広島ショールーム、大阪ショールーム、名古屋ショールーム、福岡ショールーム、仙台ギャラリー

\ 長く使える上質な寝心地 /
日本ベッド公式サイトはこちら

・腰痛で悩んでいる→腰痛
・肩こりで悩んでいる→肩こりマットレス
・衛生面が気になる→洗えるマットレス

おすすめマットレス
\\ 総合ランキングはこちら //
【2024年最新版】
マットレスおすすめランキング