楽天モバイルを固定回線化しても使える?デメリットやメリットは?

楽天モバイルを固定回線化

三木谷キャンペーンで人気の楽天モバイルは月額3,278円でデータを無制限で利用できるため、「楽天モバイルを固定回線代わりに使いたい」と考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、「通信速度は遅い?」「本当に無制限で使るの?」と楽天モバイルを固定回線化するには疑問も多いですよね。

結論から言うと、楽天モバイルの固定回線化は可能ですが、全員に向いているわけではありません。

そこで、当記事では楽天モバイルを固定回線化して使えるのか、メリット・デメリットについても触れながら詳しく解説します。

固定通信費を抑えたい人はぜひ最後までチェックしてください!

【公式】楽天モバイル特設サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-employee/entry/vip/

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

>>三木谷キャンペーンの解説

【公式】楽天モバイル:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

>>楽天モバイルの評判

楽天モバイル 7月のお得情報
楽天モバイル 三木谷キャンペーン
楽天モバイル iPhoneトク得キャンペーン

・2024年7月は楽天モバイル初めて申し込み&乗り換え&iPhone購入で32,000円お得!
・アンドロイドはXperia10Ⅴが26,930円割引で一括32,360円
・SIMのみ乗り換えは三木谷社長の紹介ページからの申込で14,000ポイント還元!

iPhoneが全モデルの値下げ中!乗り換え&iPhone購入で32,000円相当を還元、最新iPhone15も対象で実質53,880円から購入可能です!

また、三木谷キャンペーン限定ページ経由の申込でSIMのみ乗り換えでも14,000ポイントの高還元!

さらに2024年6月26日発売のAQUOS R8は他社から乗り換えで実質67,890円、6月27日発売のOPPO Reno11 Aは実質31,890円と投げ売り状態です!

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

断言!楽天モバイルの固定回線化はこんな人におすすめ!

楽天モバイル-固定回線H2用オリジナル画像-2

楽天モバイルの固定回線化がおすすめな人は、以下の3つの条件をすべてクリアしている人です。

楽天モバイル固定回線化がおすすめな人の条件
  • マンションもしくは平屋に住んでいる
  • 1〜2人暮らし
  • カジュアルユーザー

まとめると、「1〜2人でマンション(もしくは平屋)暮らしでオンラインゲームをしない人」ならおすすめです。

それぞれの条件について詳しく解説すると共に、逆におすすめしない人の特徴にも触れていくため、チェックしていきましょう。

条件①マンションもしくは平屋に住んでいる

楽天モバイルの固定回線化はマンションもしくは平屋に住んでいる人にはおすすめですが、戸建てに住んでいる人にはおすすめできません。

なぜなら、光回線のような安定性や電波の届きやすさはないためです。

快適に利用できる環境を考えると2LDKくらいのマンションもしくは平屋がベターでしょう。

条件②1〜2人暮らし

楽天モバイルの固定回線化は1人で使う場合、多くても2人まででの利用がおすすめです。

同時にたくさんの人が接続して利用する場合、どうしても電波の奪い合いになってしまい速度が落ちてしまいます。

Wi-Fiを利用する家族が多い場合は、光回線を使ったほうが快適に利用できるためおすすめです。

条件③カジュアルユーザー

楽天モバイルの固定回線化は、以下のような使い方がメインのいわゆるカジュアルユーザーならおすすめです。

楽天モバイルの固定回線化で快適に使えるサービスの使い方
  • Webサイトの検索・閲覧:ニュースや調べもの、ネットショッピングなどの利用
  • SNS:XやLINE、インスタグラムなどの利用
  • 動画視聴:YoutubeやNetFlixの視聴など
  • テレワーク:オフィスソフトの利用や資料作成、Web会議など
  • ゲーム:ツムツムなど対人以外のスマホゲーム、Nintendo Switchなどとの接続

楽天モバイルの実測速度は2024年7月1日時点で、平均110.2Mbps、お昼の混雑時間帯でも71.632Mbps(出典:みんそく)と高速通信が可能なため、上記のような利用方法であれば快適に利用できます。

このような軽い使い方であれば2〜3台で同時接続しても問題なく利用できるため、楽天モバイルを固定回線代わりに利用できると考えていいでしょう。

マイナビニュース 格安SIM・モバイル比較編集部

楽天モバイルならデータは無制限で使えるので、速度的に問題がなければ楽天モバイルで十分でははいでしょうか。

逆に楽天モバイルの固定回線化をおすすめしない人の特徴は?

一方で、楽天モバイルの固定回線化をおすすめできない人の条件は以下のとおりです。

楽天モバイル固定回線化をおすすめしない人の条件
  • 戸建て(2階建て以上)に住んでいる
  • 3人以上家族がいる
  • 画質や速度環境にこだわって対人オンラインゲームをプレイしたい
マイナビニュース 格安SIM・モバイル比較編集部

特に対人オンラインゲームをやる場合は「Ping/Jitter」という速度以外の要素が重要になるため、快適に遊びたいのであれば光回線がおすすめです。

インターネットを使うといっても、「Web検索やニュースを見る」「ネットショッピングをする」「動画を視聴したい」「テレワークで使いたい」という程度であれば、楽天モバイルでも十分快適に利用できます。

しかし、楽天モバイルの電波にただし、光回線ほどの安定性や電波の届きやすさはありません。

例えば、「戸建てで1階から2階まで電波を飛ばす」「家族4人でそれぞれ同時い動画視聴をする」というような使い方では、ストレスが溜まってしまう可能性もあるため、注意してください。

【公式】楽天モバイル特設サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-employee/entry/vip/

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

>>三木谷キャンペーンの解説

【公式】楽天モバイル:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

>>楽天モバイルの評判

楽天モバイルを固定回線化するデメリット5選

楽天モバイルを固定回線化する主なデメリットは以下の5つです。

楽天モバイルを固定回線化するデメリット
  • 3人以上で接続すると速度が遅くなる
  • 戸建ての場合は電波が届きづらい
  • オンラインゲームは注意が必要
  • Rakuten WiFi Pocket 2Cは電波が届きにくい
  • エリア外だと速度が出ない

それぞれのデメリットを詳しく解説します。

3人以上で接続すると速度が遅くなる

楽天モバイルは3人以上で同時接続をすると速度が遅くなってしまうため注意が必要です。

複数の機器で同時に接続する場合、1つの回線を分け合って使うことになるために速度が低下してしまいます。

もう少し詳しく解説するために、5台の機器を同時接続する場合で考えてみましょう。

楽天モバイルの平均実測速度は50~80Mbps程度なので、仮に5台で同時に接続する場合、「50÷5=約10Mbps」。10Mbpsの速度はHD+画質の動画がなんとか再生できるレベルです。

そうなると「5台の内、2~3台は動画が止まってしまう」「読込中が続いて再生できない」とう問題が発生する可能性があります。

マイナビニュース 格安SIM・モバイル比較編集部

実測平均はあくまで全国ユーザーの平均値であり、場所や時間によって速度が落ちることもあります。4~5台を同時に接続してそれぞれが動画を見るという使い方は、楽天モバイルでは厳しいでしょう。

一方で、2~3台くらいなら同時接続でも快適に利用できる可能性が高いです。たとえば、「テレビで動画を流しながらスマホ2台で調べものやネットショッピングをする」という程度であれば問題ありません。

【公式】楽天モバイル特設サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-employee/entry/vip/

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

>>三木谷キャンペーンの解説

【公式】楽天モバイル:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

>>楽天モバイルの評判

戸建ての場合は電波が届きづらい

楽天モバイルの固定回線化には「別の階に電波が届きづらい」という点もデメリットに挙げられます。

電波は横方向には飛ばしやすく、縦方向には飛ばしづらい性質があります。

そのため「1階から2階に電波を飛ばす」という使い方だと、2階へ電波が届きづらくストレスが溜まることが多いでしょう。

こうした問題はどのサービスにもありますが、光回線では「速度が速い」「高性能なルーターが多い」ために、楽天モバイルよりも快適に利用できます。

一方で、楽天モバイルを固定回線化しても、光回線ほどの速度は出ません。さらに、楽天モバイルのSIMに対応した高性能なルーターも少ないです。

結論として、戸建てで利用する場合は、楽天モバイルよりも光回線を利用することをおすすめします。

オンラインゲームは注意が必要

スマホやパソコン、家庭用ゲーム機などでオンライン対人ゲームをする人には楽天モバイルの固定回線化はおすすめしません。

特にFF14などのMMORPGApexやValorantなどのFPSゲームを快適にプレイしたい人は、絶対に光回線がおすすめです。

なぜなら、これらのオンラインゲームを快適に遊ぶためには、回線の安定度と反応速度が非常に重要だからです。

楽天モバイルでも速度はそれなりに出ますが、無線の電波のため、速度の安定性には欠けます。

たとえば、雨が降ったり、周囲でスマホ利用者が多かったりすると、一瞬速度が遅くなることがあります。

リアルタイムで通信し続ける必要があるオンラインゲームの場合、「重い」「ラグい」といった状況が発生しやすいため、ゲームを快適に遊びたい人は楽天モバイルではなく光回線を利用しましょう。

Rakuten WiFi Pocket 2Cは電波が届きにくい

楽天モバイルでは「Rakuten WiFi Pocket 2C」が1円で購入でき、手軽にWiFiを使える便利なデバイスですが、電波の届きやすさはあまりよくありません。

具体的には、ファミリーマンションの端から端まで電波を飛ばそうとすると、かなり速度が落ちてしまうことがあるというようなイメージです。

ルーターを置いている部屋で接続する場合は快適ですが、離れた部屋での接続はややつながりにくいことがあるので、その点には注意が必要です。

ただし、楽天モバイルは2024年7月11日よりプラチナバンド(バンド28)に対応した新製品「Rakuten WiFi Pocket Platinum」を発売しました。「Rakuten WiFi Pocket 2C」と同じく、キャンペーンで一括1円で購入可能です!

プラチナバンドは「障害物があっても電波が届きやすい」という点が特徴です。

Rakuten WiFi Pocket 2Cはプラチナバンド非対応でしたが、新製品の「Rakuten WiFi Pocket Platinum」であれば離れた部屋でも快適に利用できる可能性も。

なお楽天モバイルのプラチナバンドは都市部から順次拡大予定です。詳しくは以下の記事で解説していますので、ぜひ合わせてご確認ください!

エリア外だと速度が出ない

楽天モバイルは「楽天回線エリア」と「au回線エリア」が利用できますが、au回線エリアの場合は速度が遅いため注意が必要です。

「楽天よりもaunのほうが速そうなのに?」と思うかもしれませんが、楽天モバイルで利用できるauの電波は、auで使える電波よりも速度がやや遅いのです。

auの電波はプラチナバンドと呼ばれ、「つながりやすいが速度が遅い」という特徴があります。

そのため、楽天モバイルの固定回線化を行う際は、楽天回線エリア内で利用するようにしましょう。

【公式】楽天モバイル特設サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-employee/entry/vip/

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

>>三木谷キャンペーンの解説

【公式】楽天モバイル:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

>>楽天モバイルの評判

楽天モバイルを固定回線化するメリット5選

楽天モバイルを固定回線化する主なメリットは以下の5つです。

楽天モバイルを固定回線化するメリット
  • 解約金や違約金0円なのでダメでも気軽に解約できる
  • データ無制限なので低速化の心配なし
  • 他の固定回線よりも値段が安い
  • 工事不要ですぐに使える
  • ルーター代を含めても初期費用が1円

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

解約金や違約金0円なのでダメでも気軽に解約できる

楽天モバイルのメリットの一つは、解約金や違約金が0円であるため、契約リスクが低い点です。

固定回線は「実際に開通してみなければわからない」というデメリットがあります。

実際に利用してみて、もしも速度が出なくても解約には数万円かかることが多く、結果的に遅いまま我慢して使い続けるケースが多々あります。(巷では「場所ガチャ」などと揶揄されることも)

楽天モバイルも使ってみるまで快適かどうかわからない点は他の固定回線と同じですが、決定的に違うのは「使ってみてダメなら解約金無料でいつでも解約できる」という点です。

そのため、楽天モバイルの固定回線化に迷っている人も、まず楽天モバイルを試してみることをおすすめします。

しかも、楽天モバイルなら光回線のように面倒な機器返却も不要で、解約手続きもWebで簡単に行えるため、試してみたい人だけでなく「引っ越しの間だけ一時的に使いたい」という人にもピッタリです。

マイナビニュース 格安SIM・モバイル比較編集部

光回線の場合、解約金以外にも手続きが電話であったり機器返却が必要であったりと、何かと面倒が多いです。しかし、楽天モバイルなら、そういった面倒もなく安心です!

【公式】楽天モバイル特設サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-employee/entry/vip/

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

>>三木谷キャンペーンの解説

【公式】楽天モバイル:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

>>楽天モバイルの評判

データ無制限なので低速化の心配なし

楽天モバイルはデータ無制限で利用できるため、速度制限がかかる心配がありません。

どれだけ動画を見ても、ゲームをしても、光回線などの固定回線と同じ使用感で使えます。

安い料金でもデータ量を気にせずに使いたい人は楽天モバイルがピッタリです!

マイナビニュース 格安SIM・モバイル比較編集部

WiMAXのように「3日で10GB」のような短期間での通信速度制限もありません。また、他のポケット型Wi-Fiは「月間100GB」と制限されているものが多いなか、無制限なのは大きなメリットではないでしょうか。

他の固定回線よりも値段が安い

楽天モバイルは他の固定回線と比較しても月額料金を安く抑えられるのがメリットです。

以下にドコモ光とソフトバンクエアーの料金と楽天モバイルの料金を比較してみました。

楽天モバイルドコモ光ソフトバンクエアー
月額料金3,278円4,400円5,328円
データ量無制限無制限無制限
速度・対人ゲームをするには微妙
・ファミリーでの同時使用は厳しい
・動画やテレワーク程度であれば快適
・対人ゲームでもある程度快適に使える・楽天モバイルと変わらない程度
開通までの期間機器とSIMが到着すればすぐ使える
(申込から2~3日)
1か月程度かかる機器とSIMが到着すればすぐ使える
(申込から2~3日)
初期費用
(事務手数料や機器代金)
1円3,300円3,300円
解約金0円4,180円+工事費の残債(最大15,000円)2年以内だと10,450円
+36か月までの間は1,650円×残り月数

上記のように、光回線であるドコモ光やソフトバンクエアーと比較してみると、月額料金が圧倒的に安いことがわかります。

また、楽天モバイルは他社とは異なり、初期費用や解約金が0円なので契約リスクはほとんどなし。

楽天モバイルの固定回線化は全員におすすめできるわけではありませんが、圧倒的に低料金・低リスクなので一度試してみる価値はあるでしょう。

【公式】楽天モバイル特設サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-employee/entry/vip/

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

>>三木谷キャンペーンの解説

【公式】楽天モバイル:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

>>楽天モバイルの評判

工事不要ですぐに使える

楽天モバイルを固定回線化する大きなメリットの一つは、工事を待たずにすぐ使える点です。

光回線の場合、開通までに3週間から1か月ほどかかり、特に引っ越しシーズンの場合はさらに待たされることも多くあります。

さらに、多くの場合、立ち合い工事が必要なので、在宅日にしか開通できないのもデメリットです。

一方、楽天モバイルであれば申し込みから2~3日後にはSIMカードとルーターが到着し、すぐに使い始められます。

引っ越しで時間がないときや、契約後すぐにWi-Fiを使い始めたい人にも楽天モバイルはピッタリです。

また、スマホのテザリングであればeSIM対応のスマホで即日開通・即日利用も可能です。

ルーター代を含めても初期費用が1円

楽天モバイルで販売されているルーター(Rakuten WiFi Pocket Platinum・Rakuten WiFi Pocket 2C)はキャンペーンで一括1円で購入ができます。

また、楽天モバイル自体は事務手数料0円なので初期費用はたったの1円でルーターも手に入れられます。

楽天モバイルなら申込から解約まで無駄な料金が発生しない点も大きなメリットと言えるでしょう。

【公式】楽天モバイル特設サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-employee/entry/vip/

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

>>三木谷キャンペーンの解説

【公式】楽天モバイル:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

>>楽天モバイルの評判

楽天モバイルを固定回線化する方法3選

Rakuten WiFi Pocket Platinum

楽天モバイルを固定回線化する方法は以下の3つです。

楽天モバイルで利用するルーター
  • Rakuten WiFi Pocket Platinum|楽天モバイルで1円購入可能で持ち運びもOK
  • 市販LTE対応ルーター|Amazonや家電量販店など販売場所で購入が必要
  • テザリング|メイン使用の端末とは別で準備がおすすめ

それぞれのメリット・デメリットについてまとめました。

Rakuten WiFi Pocket市販ルータースマホのテザリング
ルーター価格1円
(楽天モバイルの申込と同時購入)
10,000~15,000円0円
(使っていないスマホで代用)
速度速い速い速い
電波の届く範囲やや狭い
・マンションの端から端になんとか届く程度
※プラチナバンドで改善される可能性あり
遠くまで届くルーターもある
・マンションであれば全部屋カバー可能なレベル
基本的に狭い(機種による)
持ち運び可能不可可能

価格を重視するのであれば楽天モバイル加入と同時購入で一括1円で購入できる「Rakuten WiFi Pocket Platinum」がおすすめです。

「Rakuten WiFi Pocket Platinum」は楽天モバイルのプラチナバンド(バンド28)に対応しているため、障害物のある場所や離れた部屋でも快適に利用することができるでしょう。

もしプラチナバンドを掴んでいなかったとしても、1R~1LDK、2DKくらいの間取りならカバーできます。まずはRakuten WiFi Pocket Platinumで使用感を試してみるといいでしょう。

マイナビニュース 格安SIM・モバイル比較編集部

なお、楽天モバイルは契約事務手数料も解約金も0円のため、Rakuten WiFi Pocket Platinumで試してみてダメだと思っても、リスクなく解約ができます!

なおプラチナバンドの具体的な展開エリアを知るすべはなく、公式エリアマップでも確認できません。

ただし楽天モバイルユーザーならGooglePlayストアのアプリNetwork Cell Info Lite、iPhoneの場合は以下の方法で「今スマホが楽天モバイルのプラチナバンドを掴んでいるかどうか」がわかります。

バンド28(700MHz帯)を掴んでいればプラチナバンドを利用していますし、バンド3(1.7GHz帯)を掴んでいる場合はプラチナバンドの提供エリア外ということです。

iPhoneで電波の種類を調べる方法
  • 電話アプリで「*3001#12345#*」と入力し、発信ボタンをタップ
  • 「Serving Cell Info」をタップ
  • バンドを確認する
楽天モバイル-バンド計測

もし電波が届かない場合はRakuten WiFi Pocket PlatinumをWi-Fiを使いたい部屋まで持って行くか、市販の据え置きルーターを購入するなどで対応は可能です。

市販ルーターを購入する場合は「SIMカードが挿入できるLTE対応ルーター」かつ「Band3に対応」しているルーターであることが楽天モバイルを利用するために必要な条件です。

おすすめは、株式会社ピクセラの「PIX-RT100」です。

上記の条件を見たすSIMフリーの据え置き型LTE対応ルーターで、本格的な性能があるため遠くまで電波を飛ばせます。

Rakuten WiFi Pocket Platinumで使用感を確かめてみて「ルーターから離れると繋がりにくくストレス」と感じる場合は市販ルーターを使ってみてください。

【公式】楽天モバイル特設サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-employee/entry/vip/

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

>>三木谷キャンペーンの解説

【公式】楽天モバイル:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

>>楽天モバイルの評判

楽天モバイルのホームルーター「Rakuten Turbo 5G」はどう?

楽天モバイルで、電波の届きやすさを重視するなら「Rakuten Turbo 5G」も選択肢に入ります。

「Rakuten Turbo 5G」は同じ楽天モバイルの回線での利用となりますが、据え置きの高性能ホームルーターが使えます。

速度の速さや安定性では光回線の方が優れていますが、「Rakuten Turbo 5G」は工事が不要であり、すぐに使い始められるというメリットがあります。

そのため、光回線を利用したくない場合は、「Rakuten Turbo 5G」を検討してみるのもいいでしょう。

まとめ|楽天モバイルの固定回線化で固定費を削減!

当記事では、楽天モバイルの固定回線化についてメリットやデメリットを詳しく解説しました。

楽天モバイルの固定回線化は「対人ゲームをする人には向いてない」「戸建ての場合は電波が届きにくい」などの点を説明しましたが、実際に楽天モバイルを使ってみるまで満足できるかどうかはわかりません。

とはいえ、楽天モバイルの固定回線化は初期費用1円、事務手数料0円、解約金0円とほぼノーリスクで試すことができます。万が一、試してみて満足できなければWebで簡単に解約が可能です。

使ってみて速度に満足できれば、ランニングコストが非常に安く抑えられるので大変お得です。

光回線や他の「挿すだけWiFi」は、使ってみて満足できなかった場合、高額な解約金がかかることが多いです。

もし、あなたが楽天モバイルの固定回線化を迷っているなら、今すぐにでも申し込みを行い、まずは試してみることをおすすめします。

【公式】楽天モバイル特設サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-employee/entry/vip/

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

>>三木谷キャンペーンの解説

【公式】楽天モバイル:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

>>楽天モバイルの評判

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人