楽天モバイルのプラチナバンドはいつから提供される?メリット・デメリットや対応機種をまとめて紹介

楽天モバイルのプラチナバンドはいつから提供

2024年6月27日より、ついに楽天モバイルのプラチナバンドが提供開始されました!

プラチナバンドは、建物内や地下でも電波が届きやすく、これまで楽天モバイルの評判で指摘されていた「ショッピングモールで圏外になる」「電波が入りにくい場所が多い」などのエリア問題が大きく改善されていくでしょう。

しかし「プラチナバンドが提供されるとどうなるの?」「誰でもプラチナバンドが使えるの?」と疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

そこで、当記事では楽天モバイルのプラチナバンドについて詳しく解説します。デメリットや対応機種についても紹介しています。

結論として、プラチナバンドを持つことで楽天モバイルは名実ともに最強のキャリアと変貌を遂げました。

圧倒的な低価格と電波のつながりやすさを両立した楽天モバイルを検討中の方は、ぜひ申込を考えてみてください!

楽天モバイル 7月のお得情報
楽天モバイル 三木谷キャンペーン
楽天モバイル iPhoneトク得キャンペーン

・2024年7月は楽天モバイル初めて申し込み&乗り換え&iPhone購入で32,000円お得!
・アンドロイドはXperia10Ⅴが26,930円割引で一括32,360円
・SIMのみ乗り換えは三木谷社長の紹介ページからの申込で14,000ポイント還元!

iPhoneが全モデルの値下げ中!乗り換え&iPhone購入で32,000円相当を還元、最新iPhone15も対象で実質53,880円から購入可能です!

また、三木谷キャンペーン限定ページ経由の申込でSIMのみ乗り換えでも14,000ポイントの高還元!

さらに2024年6月26日発売のAQUOS R8は他社から乗り換えで実質67,890円、6月27日発売のOPPO Reno11 Aは実質31,890円と投げ売り状態です!

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /


【公式】楽天モバイル
大手キャリアの半額以下!データ無制限3,278円は最強すぎる
iPhoneは4キャリア最安値!分割プログラムで更にお得に
・キャンペーンでは最大32,000円相当を還元中!
【公式】楽天モバイル

【公式】楽天モバイル特設サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-employee/entry/vip/

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

>>三木谷キャンペーンの解説

【公式】楽天モバイル:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

>>楽天モバイルの評判

楽天モバイルのプラチナバンドは2024年6月27日から商用サービス開始!

楽天モバイル プラチナバンド

冒頭でもお伝えした通り、2024年6月27日よりついに楽天モバイルのプラチナバンドが提供開始されました!

プラチナバンドとは、700〜900GHz帯の低い周波数帯の電波のことを指します。低い周波数帯は障害物に強く、エレベーターなど周りが障害物に囲まれていても電波がつながりやすいといった特徴があります。

これまで楽天モバイルはそのプラチナバンドを提供しておらず、地下やエレベーター内、オフィスビルの高層階などで電波がつながりづらい状況が続いていました。

楽天モバイルは3GB月額1,078円、無制限プランに至っては月額3,278円と大手キャリア最安価格でスマホが使える点が魅力的ですが、電波状況がネックで契約を見送っていた人も少なくないでしょう。

しかし2024年6月27日よりプラチナバンドが提供開始されたことにより、楽天モバイルが苦手としていた地下やエレベーター内、オフィスビルの高層階といった環境での電波状況が大きく改善される見込みです。

つまり、楽天モバイルの電波に関する懸念点はすべて解消されたと言っても過言ではありません!

これまで電波状況がネックで申し込みを諦めていた人もいるかもしれませんが、プラチナバンドの提供によりスマホ契約の需要が高まり、契約殺到による申込遅延が発生する可能性も。

楽天モバイルを検討中の方は早めに申し込んでおくことをおすすめします。

なお楽天モバイルのプラチナバンドに関する評判・口コミは以下の記事でまとめて紹介しています。新たな情報が入り次第随時更新していきますので、ぜひ参考にしてください!

【公式】楽天モバイル特設サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-employee/entry/vip/

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

>>三木谷キャンペーンの解説

【公式】楽天モバイル:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

>>楽天モバイルの評判

【速報】プラチナバンド対応「Rakuten WiFi Pocket Platinum」が一括1円

Rakuten WiFi Pocket Platinum

楽天モバイルは、2024年7月11日より楽天モバイルのプラチナバンド(バンド28)に対応した新製品「Rakuten WiFi Pocket Platinum」を定価7,980円で販売開始しました。

さらに楽天モバイル申し込みと同時購入で「Rakuten WiFi Pocket Platinum」が一括1円で購入できるキャンペーンを実施中!

楽天モバイル最強プランへ新規・乗り換えを申し込み」と「Rakuten WiFi Pocket Platinumの同時購入」で7,979円割引が適用され、一括1円で最新のWi-Fiルーターを入手できます。

なお既存モデル「Rakuten WiFi Pocket 2C」との大きな違いは「プラチナバンド対応」と「USB接続」です。以下でそれぞれの価格・スペックを比較しましたのでご覧ください。

項目Rakuten WiFi Pocket Platinum
Rakuten WiFi Pocket Platinum
Rakuten WiFi Pocket 2C
Rakuten WiFi Pocket 2C
本体代金7,980円
キャンペーンで一括1円
7,980円
キャンペーンで一括1円
バッテリー容量約2,440mAh約2,520mAh
連続待受時間(LTE)約260時間約300時間
連続接続時間(LTE)約10時間約10時間
LTE 受信時最大150Mbps不明
LTE 送信時最大50Mbps不明
テザリング(Wi-Fi/USB)16台/1台16台/0台
楽天モバイルのプラチナバンド
(バンド28)
対応非対応

「Rakuten WiFi Pocket 2C」もキャンペーンで一括1円ですが、楽天モバイルのプラチナバンド非対応です。

一方「Rakuten WiFi Pocket Platinum」は最大16台までの同時接続や最大10時間の連続通信はそのまま、プラチナバンドとUSBでのテザリングに対応。

キャンペーン込みならどちらも一括1円で入手できるので、今から購入する人は最新モデル「Rakuten WiFi Pocket Platinum」を選びましょう!

【公式】楽天モバイル特設サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-employee/entry/vip/

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

>>三木谷キャンペーンの解説

【公式】楽天モバイル:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

>>楽天モバイルの評判

楽天モバイルがプラチナバンドに対応するとどうなる?メリットを紹介

楽天モバイルがプラチナバンドに対応するとどうなるのか、メリットを紹介します。

楽天モバイルのプラチナバンドのメリット
  • プラチナバンドは建物内やビルなどの障害物に強い電波
  • 建物内や地下で楽天モバイルの電波が良くなる
  • より広い地域・エリアでつながりやすくなる
  • ユーザー数が少ないのでドコモ・au・ソフトバンクより快適に通信ができる

それぞれの項目について詳しく解説します。

プラチナバンドは建物内やビルなどの障害物に強い電波

そもそもプラチナバンドは建物内やビルなどの障害物に強い電波のことです。

プラチナバンドとは?
  • プラチナバンドは700~900MHz帯の周波数を使った電波
  • 建物内や地下・ビル群などの障害物に強くつながりやすい
  • 速度は実測で10~50Mbpsと控えめだが、動画やゲームも十分に可能(楽天モバイルも他社も同じ)

プラチナバンドとは、速度はそこそこですが、障害物があってもつながりやすく、実用性が高い電波です。

スマホ通信において重要な「つながりやすさ」を重視した「特に高い価値を持つ電波」であるため、「プラチナバンド」と名付けられました。

かつてプラチナバンドがなかった時代には、「地下や建物の奥で電波がつながらない」というケースが多々ありました。

現在、地下鉄やオフィス街で快適にスマホが使えるのは、プラチナバンドが導入されたおかげです。

マイナビニュース 格安SIM・モバイル比較編集部

ドコモ、au、ソフトバンクの3社には、当然のようにプラチナバンドが割り当てられています。
しかし、後発の楽天モバイルだけがプラチナバンドを持っていなかったため、「楽天モバイル=電波が悪い」という評判がついていました。

建物内や地下で楽天モバイルの電波が良くなる

プラチナバンドは遮蔽物や障害物に強い電波のため、プラチナバンドに対応することでこれまでよりも圧倒的に建物内や地下で楽天モバイルの電波が良くなります。

実際に楽天モバイルを提供当初から愛用していますが、「ショッピングモールでPayPayを使おうとしたらアプリが開けず使えなかった」「自宅内でも窓から遠い位置だと電波が弱い」といった点で不便さを感じていました。

2023年6月1日から提供開始された最強プランでかなりエリア状況が改善されましたが、それでもauの一部電波を借りているに過ぎず、根本的な問題は解決されていません。

マイナビニュース 格安SIM・モバイル比較編集部

私は基本キャッシュレスで財布を持たないので、「実際にレジまで行ってPayPayが使えなくて商品を返品しなければならなかった」ということもありました。

しかし、今回のプラチナバンド獲得により、楽天モバイルの電波に対する不満が一変するでしょう。

建物内や地下の電波状況が劇的に改善される可能性が高いため、今後はこのような不便さが解消されることが期待されます。

これまで「楽天モバイルってどうなの?」と聞かれた時には必ず電波の問題について話していましたが、今後は自信を持って万人におすすめできるようになります。

より広い地域・エリアでつながりやすくなる

プラチナバンドの提供開始により、楽天モバイルのエリアが大きく広がることも大きなメリットのひとつです。

プラチナバンドは従来の電波と比較して、およそ2倍の距離まで電波が届きます。

たとえば、これまではエリア外だった山岳部や郊外地域でも、プラチナバンドのおかげでエリア状況が大幅に改善されるでしょう。

もちろん都市部でも、オフィス街のビルの合間やターミナル駅などの建物が密集する地域でのエリア改善が期待できます。

このように、プラチナバンドを獲得したことで「より広い地域・エリアでつながりやすくなる」ことが期待されます。

ドコモ・au・ソフトバンクより快適に通信ができる

楽天モバイルの契約者数は2024年4月時点で、650万回線を突破しました。

この回線数はドコモ・au・ソフトバンクより少なく、新たに獲得したプラチナバンドでも快適に通信できる可能性が高いです。

電波は同一地域での利用者が多ければ多いほど速度が遅くなります。

たとえば、ドコモの契約回線数は約8700万回線もありますが、利用者が多過ぎて混雑時間帯や人口密集地(ターミナル駅など)ではつながりづらい状況が発生しています。

特に2023年のドコモの電波は評判が悪く「通勤中に電波が悪い」「使い物にならない」といった声が多くありました。

その点、契約者数が少ない楽天モバイルなら、混雑による速度低下は起こりにくいです。

結果的に安定して通信ができる状況が生まれるため、プラチナバンドの獲得によって広い範囲で快適に通信ができるでしょう。

【公式】楽天モバイル特設サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-employee/entry/vip/

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

>>三木谷キャンペーンの解説

【公式】楽天モバイル:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

>>楽天モバイルの評判

楽天モバイルのプラチナバンドに関するデメリット・注意点

楽天モバイルのプラチナバンドに関するデメリットや注意点を解説します。

楽天モバイルのプラチナバンドのデメリット・注意点
  • 提供は主要都市部から順次エリアを拡大
  • ユーザー数が増えるとつながりにくくなる可能性がある
  • プラチナバンドの速度は10~30Mbpsの速度

それぞれのデメリット・注意点について詳しく解説します。

提供は主要都市部から順次エリアを拡大

2024年6月27日よりプラチナバンドの提供が開始されましたが、提供は主要都市部から順次エリアを拡大予定です。

なお具体的な展開エリアを知るすべはなく、公式エリアマップでも確認できません。プラチナバンドが使えるようになるまで気長に待つ必要があります。

ただし、楽天モバイルユーザーならGooglePlayストアのアプリNetwork Cell Info Lite、iPhoneの場合は以下の方法で「今スマホが楽天モバイルのプラチナバンドを掴んでいるかどうか」を調べることができます。

バンド28(700MHz帯)を掴んでいればプラチナバンドを利用していますし、バンド3(1.7GHz帯)を掴んでいる場合はプラチナバンドの提供エリア外ということです。

iPhoneで電波の種類を調べる方法
  • 電話アプリで「*3001#12345#*」と入力し、発信ボタンをタップ
  • 「Serving Cell Info」をタップ
  • バンドを確認する
楽天モバイル-バンド計測

今あなたのスマホがどの周波数を掴んでいるか気になる人は、ぜひ上記の方法を試してみてくださいね。

ユーザー数が増えるとつながりにくくなる可能性がある

2024年4月時点で650万回戦を突破している楽天モバイルは、他のキャリアに比べると回線数はまだ少ないです。

しかし、今回のプラチナバンド獲得をきっかけに、多くのユーザーが契約を申し込む可能性があります。

ユーザーが急増し、多くの通信が行われると、設備が耐えられずに速度が遅くなったり、通信障害が起きたりすることも考えられます。

さらに、楽天モバイルは無制限プランを提供しているため、大量のデータを使う人々が一斉に契約するかもしれません。

実際に、2022年後半から2023年にかけて、ドコモでも同様の問題が発生し、緊急の基地局増設を公式に発表する事態にまで至りました。

現在のところ、楽天モバイルは快適に通信ができていますが、契約者が急増しすぎると速度が遅くなる可能性があることを覚えておくべきです。

なお、現在の楽天モバイルの評判は以下の記事で詳しく解説しています。エリアや料金についての独自アンケートも掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

プラチナバンドの速度は10~30Mbpsの速度

プラチナバンドには電波がつながりやすいという大きなメリットがありますが、一方で「速度があまり速くない」という大きな注意点があります。

実測速度は概ね「10~30Mbps」です。この速度はWeb閲覧やSNSの利用などの日常操作には問題ありませんが、オンライン対戦ゲームなど速度が重要となるサービスでは動作が遅くなる可能性があります。

また、動画のストリーミング再生についても中〜高画質の視聴は可能ですが、4K動画になると再生が止まるかもしれません。

とはいえ、これらの注意点はあくまでも「プラチナバンドにつながっている時だけ」に限った話しです。

基本的には速度が速い従来の楽天モバイル回線を利用し、電波がつながりにくい場所ではプラチナバンドを使用するため、全ての通信が遅くなるわけではありません。

【公式】楽天モバイル特設サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-employee/entry/vip/

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

>>三木谷キャンペーンの解説

【公式】楽天モバイル:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

>>楽天モバイルの評判

楽天モバイルのプラチナバンド「バンド28」対応機種を解説

楽天モバイルに割り当てられるプラチナバンドは「バンド28」となります。

国内発売のスマホはほぼすべて「バンド28」に対応しているため問題ありませんが、対応機種についてもう少し詳しく見てみましょう。

対応機種
  • 国内発売のiPhone・スマホはほぼ全てプラチナバンドに対応
  • 海外製スマホや5年以上前に発売されたスマホは非対応の可能性も

国内発売のiPhone・スマホはほぼ全てプラチナバンドに対応

楽天モバイルに割り当てられるプラチナバンド(700MHz)は「バンド28」です。

バンド28の運用が本格開始されたのは2015年でドコモやauでも既に使われている回線となります。

そのため、2015年以降に発売されたiPhone・Androidスマホのほとんどが楽天モバイルのプラチナバンドに対応しています。

具体的には、iPhoneならiPhone 6以降(SE含む)の機種はすべて対応しています。

ご自身のスマホが楽天モバイルのプラチナバンドに対応しているかどうかを確認するには、スマホが「バンド28」という電波を受信できるかどうかをチェックしましょう。

マイナビニュース 格安SIM・モバイル比較編集部

確認方法としては、取扱説明書を参照するか、「機種名 Band28」などのキーワードでインターネット検索をすると確認できます。

海外製スマホや5年以上前に発売されたスマホは非対応の可能性も

多くの機種が楽天モバイルのプラチナバンドに対応していますが、一部の海外製スマホや古いスマホは非対応の可能性もあるため注意が必要です。以下はその一例です。

楽天モバイルのプラチナバンド(Band28)非対応の機種
  • Apple:iPhone5s以前のiPhone
  • SONY:Xperia Z2以前の機種
  • SUMSUNG:Galaxy S5以前の機種
  • SHARP:AQUOS ZETA以前の機種

このように、主要なメーカーであっても2015年以前に発売されたスマホは楽天モバイルのプラチナバンド(Band28)に非対応な機種があるため注意が必要です。

他にも、台湾製の「Xperia Z2a D6563」は2023年発売にも関わらず非対応。そのため、海外製のスマホは特に購入前にバンド28に対応しているかどうかを確認しましょう。

現在使っているスマホがバンド28に対応していない場合、楽天モバイルのプラチナバンドを利用するためには機種変更が必要です。

【公式】楽天モバイル特設サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/rakuten-employee/entry/vip/

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

>>三木谷キャンペーンの解説

【公式】楽天モバイル:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

>>楽天モバイルの評判

まとめ|楽天モバイルはプラチナバンド獲得でさらに最強に!

当記事では、楽天モバイルのプラチナバンドについて詳しく解説をしました。

結論として、低価格かつ無制限の楽天モバイルに対するプラチナバンド割り当ては、まさに「名実ともに最強プラン」への第一歩と言えます。

ドコモ・au・ソフトバンクの半額以下でデータ無制限サービスが利用でき、しかも電話もかけ放題で利用できるのが楽天モバイルの大きなメリットです。

プラチナバンドによって最大の弱点である電波問題が解決されれば、楽天モバイルを契約しない理由がなくなります。

楽天モバイルのプラチナバンドは年末から年始にかけて提供開始予定です。ぜひ当記事を参考に、楽天モバイルの契約を検討してみてください。


【公式】楽天モバイル
大手キャリアの半額以下!データ無制限3,278円は最強すぎる
iPhoneは4キャリア最安値!分割プログラムで更にお得に
・キャンペーンでは最大32,000円相当を還元中!
【公式】楽天モバイル
楽天モバイル 7月のお得情報
楽天モバイル 三木谷キャンペーン
楽天モバイル iPhoneトク得キャンペーン

・2024年7月は楽天モバイル初めて申し込み&乗り換え&iPhone購入で32,000円お得!
・アンドロイドはXperia10Ⅴが26,930円割引で一括32,360円
・SIMのみ乗り換えは三木谷社長の紹介ページからの申込で14,000ポイント還元!

iPhoneが全モデルの値下げ中!乗り換え&iPhone購入で32,000円相当を還元、最新iPhone15も対象で実質53,880円から購入可能です!

また、三木谷キャンペーン限定ページ経由の申込でSIMのみ乗り換えでも14,000ポイントの高還元!

さらに2024年6月26日発売のAQUOS R8は他社から乗り換えで実質67,890円、6月27日発売のOPPO Reno11 Aは実質31,890円と投げ売り状態です!

\ 最大32,000円相当!iPhoneもAndroidもおトク! /

\ 14000ポイント還元!再契約も新規も大歓迎 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人