資格独学

マンション管理士は独学で勉強できる?おすすめの勉強方法・過去問についても解説

資格独学
  • マンション管理士試験に独学で合格できるのか知りたい
  • マンション管理士におすすめの勉強方法が気になる
  • 過去問を利用した学習方法が気になるけれど、効果的な活用方法を知りたい

マンション管理士は合格率が10%を下回る難関試験の一つです。

国家資格であるマンション管理士の資格取得を考えているけれど、合格するためにはどのような勉強方法が効果的か分からない、過去問を利用したいけれどおすすめの問題集や活用方法を知りたいなど、勉強方法や教材でお悩みの方も多いのではないでしょうか?

今回は、国家資格マンション管理士におすすめの勉強方法や過去問について詳しく解説します。

自分に合った勉強方法や教材を見つけることは合格に近づく第一歩です。

資格取得を考えている方は、当サイトに掲載されているマンション管理士の通信講座についての内容とあわせて、試験勉強の参考にしてください。

マンション管理士は独学で受験できる?

マンション管理士試験は非常に難易度が高い試験ですが、独学での合格も不可能ではありません。

難関試験であり、試験範囲が膨大なマンション管理士試験の受験対策として、資格学校へ通学する方法や通信講座を受講する方法が主流です。

独学の場合は、自分に合った教材選びや十分な学習時間の確保、綿密な学習計画など、試験対策を徹底することで合格に必要な知識が身に付くでしょう。

マンション管理士の独学が向いている人

  • 資格試験の勉強経験がある人
  • 宅地建物取引士など不動産関連資格を持っていて不動産知識がある人・実務経験がある人
  • 十分な学習時間が確保できる人
  • 自己管理能力が高い人

マンション管理士おすすめの勉強方法

マンション管理士に合格するための勉強方法は「通学」「通信講座」「独学」があります。

その中でも通信講座やテキスト・過去問を利用した学習方法は、仕事や家事・育児に忙しい方でも可能な勉強方法としておすすめです。

ここでは、おすすめの勉強方法として「通信講座を利用する」「過去問やテキストを利用する」学習方法について詳しくご紹介します。

通信講座を利用する

通信講座を利用するメリットは、試験傾向の把握や、要点を押さえた学習ができることです!

自宅や職場、移動中など時間や場所を問わずに効率性重視の学習できます。

試験までに時間がない方や、仕事と勉強の両立を考えている方でも短期集中コースや効率性重視の学習メソッドを活用して、短時間・短期間学習で合格に近付けるでしょう。

また、通信講座は費用が非常にリーズナブルです。

その中でも、スマホ学習メインの通信講座は、他通信講座と比べて受講料が安く、低予算で合格を目指したい方に最適です。

通信講座を利用した学習方法は

「効率よく学習を進めたい方」
「短期間・短時間で合格できる実力を身に付けたい方」
「低予算で質の高い学習教材をお探しの方」

におすすめです!

過去問やテキストを利用する

マンション管理士試験対策は、過去の出題傾向を掴むことが非常に大切です。

過去問を利用した学習方法は、過去の出題傾向や苦手分野がよく分かるおすすめ学習方法です!

テキストと過去問を利用した学習方法は「問題を解く→分からない箇所はテキストに戻る」という反復学習が基本となり、とにかく繰り返し問題を解くことが大切です。

基礎からしっかりと学習でき、反復学習で苦手分野も克服できることから、着実に知識量が増え、合格への実力に変わっていきます。

試験の要点を押さえたい、最新の試験情報を把握したいという方は、先ほどご紹介した通信講座と合わせて行う学習方法もおすすめです。

過去問やテキストを利用した学習方法は

「基礎からじっくり学習したい方」
「試験までに十分な勉強時間を確保できる方」
「学習教材費用は最小限に抑えたい方」

におすすめです!

過去問の有効的な活用方法については、後ほど詳しく解説します。

マンション管理士の勉強におすすめの過去問2選

マンション管理士合格のためには過去問を利用した学習方法が適しています。

ここでは、自宅学習でぜひ取り入れたい、おすすめの過去問題集を2つご紹介します。

特徴を比較して自分に合った問題集を見つけましょう!

2021年度版:マンション管理士項目別過去8年問題集(TAC)

2021年度版:マンション管理士項目別過去8年問題集(TAC)は過去8年分の過去問を集約し、項目別に分けて出題した問題集です。

問題数は全400問(4肢択一問題)で、重要度に応じたランク分けや頻出問題も分かりやすく表示されており、出題傾向や頻出問題を把握しやすい特徴があります。

問題集は、左ページに問題、右ページに解説と分かれ、問題と解説が見開きで確認できる構成となっています。

弱点を徹底的に学習し、問題を解く→確認するといった反復学習の使い勝手が良い問題集です。

出る順:マンション管理士分野別過去問題集(LEC)

出る順:マンション管理士分野別過去問題集(LEC)は、過去8年分の過去問を集約し、項目別に分けて出題した問題集で、希望者はハガキ応募でプラス2年分の過去問がプレゼントされます。

400問+100問(プラス2年分)の計500問で、各問題にはテキスト参照ページが表示されているため、分からない箇所はすぐテキストに戻って確認できます。

出る順:マンション管理士分野別過去問題集(LEC)は、テキストと連動した学習がスムーズにでき、徹底して基礎を身に付けたい方におすすめです。

マンション管理士の勉強におすすめの過去問活用方法

過去問は、出題傾向を知ることができ、短時間で効率よく必要知識が身に付く試験対策に最適の教材です。

より効果的な利用方法について詳しく解説しましょう。

テキストとセットで学習する

まず、意識したいことがテキストとセットで学習することです。

テキストを利用したインプット学習ばかりになっていると、知識が定着していない可能性もあります。

テキストを全て読み、理解してから問題集に取り組むといった勉強方法は、試験範囲が膨大なマンション管理士試験において非効率な学習方法です。

テキストの学習内容を小分けし、読み終えたら過去問に挑戦し、またテキスト学習へ戻るといったテキスト・過去問のセット学習がおすすめです。

インプットだけでなく、バランスよく過去問のアウトプット学習を取り入れていきましょう。

反復学習を行うこと

次は、反復学習を意識することです。先ほどお話したテキストと過去問のセット学習を、とにかく繰り返すことです。

難解な専門用語も多い法律の分野は、特にこの反復学習が必要でしょう。

テキストと過去問のセット学習が一通り終わったら再び始めから学習し、苦手箇所は丁寧に行っていくことが大切です。

反復学習を行っていくと、出題傾向や頻出する分野、必ず間違える問題など、試験合格に必要な情報が分かってきます。

「反復学習で得た情報をその後の学習に活用していくこと」が、難関試験に合格するために必要なスキルといっても過言ではありません。

知識定着のために、とにかく反復して学習することを心がけましょう!

弱点を把握して集中的に学習する

反復学習によって導き出した自分の弱点は、テキストに戻ったり、問題を繰り返し解いたり、とにかく集中的に理解するまで学習することが学習のポイントです。

試験範囲が広いマンション管理士の試験は、得意な分野・苦手な分野がはっきり分かれる方もいるでしょう。

弱点は、徹底的に学習して克服できるよう学習時間や学習ボリュームの調整を行う必要があります。

過去問題集は、分野別に問題を集約しているため、特定分野の学習に適した教材です。

全体的な知識を身に付けることはもちろん、弱点克服のためにも効率よく利用していきましょう。

まとめ

今回はマンション管理士におすすめの勉強方法や過去問利用方法について解説しました。

マンション管理士に合格するためには、自分に合った学習方法を見つけることや無理のない学習計画が必要です。

合格率が低い難関試験ですが、自分にとって最適な教材選びと、効率のよい学習スタイルを確立することで独学合格も夢ではありません。

通信講座やテキスト・過去問は、その特性を活かしながら用途を分けて利用し、合格に必要な実力を身に付けましょう。

徳永浩光

キャリアコンサルタントの国家資格を所有しています。実際に資格取得で役に立った情報をお届けしていきますので、これから資格取得を考えているあなたの手助けができれば幸いです。
キャリコンサーチページ

徳永浩光をフォローする
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュースに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
資格
タイトルとURLをコピーしました