資格独学

メイクアップ資格は独学で勉強できる?過去問についても解説

資格独学

メイクアップ資格は独学で勉強して合格するために、独学受験も可能か確認することが大切です。

また、独学ならではのメリットやデメリット、推進する勉強方法も存在します。

今回はメイクアップ資格が独学受験も可能であるかの詳細や勉強方法、過去問について解説します。

当サイトに掲載されているメイクアップ資格の通信講座についての内容と併せてご覧ください。

メイクアップ資格は独学で受験できる?

日本メイクアップ技術検定
  • 3級・2級・1級共に独学受験可能(実技あり)
  • 飛び級受験不可
  • 3級・2級のみ試験同日に併願受験可能
メイクアップ認定講師
  • 指定の課題を提出で資格取得
コスメ検定®︎
  • 3級・2級・1級共に独学受験可能
  • 飛び級受験可能
  • 2級・1級は試験同日に併願受験可能
メイクセラピー検定
  • 3級・2級・1級共に独学受験可能(2級・1級は実技あり)
  • 2級のみ飛び級受験可能(1級は2級合格者のみ)
  • 3級・2級は併願受験可能(試験日は異なる)
国際メイクアップアーティスト
  • 独学受験不可(認定校でのカリキュラム修了後受験)

このように、メイクアップ資格はほとんど独学受験が可能です。

しかし、中には試験がない資格や認定校でのカリキュラムを終えないと受験できない場合もあるため、事前に確認しましょう。

また、メイクアップ資格では飛び級受験が可能な資格もあるため、最初から2級や1級を受けられます。

試験によって併願受験も可能ですが、条件や試験日などの詳細は異なる場合があるため、事前に確認しましょう。

独学のメリットは?

メイクアップ資格を独学で勉強するメリットは2つあります。

独学で勉強を検討している場合は、ここでどのようなメリットがあるかしっかりと確認しましょう。

費用を抑えられる

まず、メイクアップ資格を独学で勉強すると費用を抑えられます。

独学で勉強するために必要な物は、公式テキスト・問題集・情報収集で活用するスマホやパソコン・メイク道具です。

また、メイクアップ資格の種類にもよりますが、公式テキストや問題集は1,000円〜5,000円と購入しやすい金額です。

実技のある資格ではメイク練習も必要ですが、メイク道具は購入せず手持ちのメイク道具を使えば低コストで抑えられます。

これらがあれば独学でも問題なく勉強できますし、分からない部分はスマホやパソコンで調べると解決できるでしょう。

ライフスタイルに合わせて勉強できる

メイクアップ資格を独学で勉強するとライフスタイルに合わせて、計画的に勉強できるメリットがあります。

仕事・学生・家事・育児など人によってライフスタイルはさまざまであり、1日に勉強できる時間も異なるでしょう。

独学だと通勤時間や家事の合間、就寝前に時間を確保して勉強するなど自分で時間を決めて勉強ができます。

そのため、仕事や家事・育児を行いながらでも無理なく計画的に勉強できるため、毎日でも継続できます。

多忙で時間が取れない場合は、数分だけでもテキストの重要点を一読して勉強しない日がないようにすることをおすすめします。

独学のデメリットは?

メイクアップ資格を独学で勉強すると、メリットだけではなくデメリットも生じてしまいます。

ここからは、独学で勉強する場合のデメリットをご紹介します。

質問・相談できる環境がない

メイクアップ資格を独学で勉強すると質問・相談できる環境が整っていないため、自力で解決しなければなりません。

分からない部分は、スマホやパソコンを使ってインターネットで調べると解決できるためそこまで問題はありません。

しかし、メイクアップ資格の講師に質問・相談ができないため、専門用語や難しい問題は自力で解決する必要があります。

独学で勉強したいものの講師によるサポートを求める方は、通信講座の活用をおすすめします。

また、質問・相談したい部分だけ資格を所持している専門家に質問できる時間制サービスの利用もおすすめです。

実技練習は自分で行うかモデルを探す必要がある

メイクアップ資格の中には、実技試験もあることからメイク練習する際、自分で行うかモデルを探す必要があります。

メイク練習は自分で行うと効率的ですが、メイクの仕方や仕上がりもいつも通りになる可能性があるでしょう。

また、モデルを探す場合は友達や親族にお願いするかSNSで募集をかける必要があるため、時間と手間が発生します。

SNSでモデルを募集する場合は、練習から試験までの期間に専属モデルとして付き添ってくれる方を探す必要があります。

しかし、SNSでモデルを見つけても、練習や試験日に音信不通となるトラブルも発生しているため、注意が必要です。

おすすめのメイクアップ資格の勉強法

メイクアップ資格を独学で勉強する際にはいくつかの勉強法があります。

どの勉強法もすぐに取り掛かれるため、自分に最適な方法があるか確認しましょう。

公式テキストや過去問集で勉強する

メイクアップ資格を勉強する場合は、公式テキストと過去問集は必ず用意しましょう。

それぞれのメイクアップ資格では級ごとに、公式テキストと過去問・問題集が公式サイトで販売されています。

本屋などで販売されている資格本でも問題ないものの、公式テキストなどを活用すると正確な知識がインプットできます。

公式テキストや問題集等は、資格によって販売場所も異なりますが、公式サイトか本屋、インターネットで購入可能です。

事前に、公式テキストや過去問・問題集がどこで販売されているか公式サイトを見て確認することをおすすめします。

ブログ・YouTube・美容アプリを利用する

メイクアップ資格を独学で勉強する方法として、ブログ・YouTube・美容アプリも利用しましょう。

ブログやYouTube・美容アプリはスマホやパソコンですぐに調べられ、経験者の声を聞ける情報源です。

「資格名(コスメ検定など)・独学又は勉強法」で検索すると合格者のブログに勉強法や試験の詳細がまとめられています。

また、YouTubeでも上記と同様に検索すると合格者の勉強法や試験の詳細、勉強する際のポイントを知ることが可能です。

美容アプリでは、コスメ情報や基礎からトレンドのメイク方法を勉強できるため、実技試験がある資格で活用できるでしょう。

さらに、上記以外でもTwitter・Instagram・TikTokを情報収集や勉強の一環として活用することもおすすめです。

試験対策のスクーリングを受講する

メイクアップ資格の中には試験日前に、試験対策スクーリングが開催されているため、受講することもできます。

メイクアップ資格の中でも、試験対策スクーリングを開催しているのは下記の通りです。

  • 日本メイクアップ技術検定:JMAメイクアップ動画ストアにて試験対策セミナーをWebで受講
  • コスメ検定®︎:全国の認定校・認定教室で試験対策セミナーを受講(オンラインセミナーの場合もあり)
  • メイクセラピー検定:2級受験者のみLIVEにてメイク実技レッスンを受講

このように、スクーリングのセミナーでは、試験で出題されるポイントや実技に役立つノウハウを伝授してもらえます。

また、セミナーでは質問タイムが設けられているため、独学だと解決できなかった問題点や疑問点を質問できるでしょう。

さらに、今回紹介した全てのセミナーではオンラインも実施していることから、自宅から気軽に受講できます。

セミナーの申請方法、募集人数、受講費用などは資格によって異なるため、事前確認することをおすすめします。

通信講座を受講する

メイクアップ資格を独学で勉強する方法として、通信講座を利用するのも一つの手です。

通信講座は完全に独学向きではありませんが、自分のペースで勉強しながらプロのサポートを活用できるため、効率的です。

また、テキストや問題集、暗記ツール、動画演習、質疑応答、メイク用具など必要な教材やカリキュラムが揃っています。

通信講座ならではの動画演習やアプリでミニテストが受けられるため、スキマ時間を活用した学習も可能です。

多少の費用も発生しますが、時間と手間は省けるため忙しい方や一発合格を目指している方は検討するといいかもしれません。

メイクアップ資格の勉強におすすめのテキストと過去問

ここからは資格別におすすめのテキストと過去問について解説します。ぜひ参考にして下さい。

【資格別】公式テキスト

日本メイクアップ技術検定
  • 【20年度改訂版】日本メイクアップ技術検定試験3級・2級公式テキスト/3,960円
  • JMAメイクアップ技術検定スタートセット(鏡付き)【3級・2級公式テキスト+鏡】/8,200円
  • 内容:スキンケア・基本のベース・ポイントメイクテクニック等
  • 【20年度改訂版】日本メイクアップ技術検定試験1級公式テキスト/3,960円
  • 内容:メイクアップ理論・メイクアップ テクニック応用・コミュニケーション・知識等
メイクアップ認定講師
  • 通信講座で用意されています。
コスメ検定®︎
  • 日本化粧品検定2級・3級対策テキスト/1,870円
  • 日本化粧品検定2級・3級対策テキスト(A4拡大版)/2,420円
  • 内容:スキンケア、メイク、ヘアケア、ボディケア等のお手入れ方法、皮膚科学、肌悩みの原因や対処法、メイクアップ、生活習慣等
  • 日本化粧品検定1級対策テキスト/1,980円
  • 日本化粧品検定1級対策テキスト(A4拡大版)/2,530円
  • 内容:化粧品の成分や歴史、処方、香り、ネイル、口腔、サプリメント、法律等
メイクセラピー検定
  • メイクセラピー入門3級対策(DVD付)/2,750円
  • テキスト内容:カウンセリング、メイクアップ、スキンケア概論、練習問題等
  • DVD内容:スキンケア・ベースの仕方、実践、施術例
  • メイクセラピー2級対策(DVD付)/3,850円
  • テキスト内容:カウンセリング概論、化粧心理学、印象分析等
  • DVD内容:遠心・求心メイク、パーツバランス、コスメの質感、オーダーによる合致度等
  • メイクセラピー1級対策(DVD付)/1,650円
  • テキスト内容:カウンセリング内容と実演、練習問題
  • DVD内容:オーダーカウンセリング例等
国際メイクアップアーティスト
  • 認定校で用意されています。

このように、それぞれの資格では公式テキストが用意されており、DVDが付いている場合もあります。

テキストは等級ごとに分かれており、試験に出る内容をピンポイントでまとめられているため、効率良く勉強できるでしょう。

全てのテキストは公式サイトから購入できるため、本屋へ行かなくても気軽に注文可能です。

しかし、テキストの購入時には別途送料が発生する場合もあることから、事前に送料がいくら発生するか確認しましょう。

【資格別】公式の過去問

日本メイクアップ技術検定
  • 公式問題集はありませんが、動画にて試験対策セミナーを開催
メイクアップ認定講師
  • 通信講座で用意されています。
コスメ検定®︎
  • 日本化粧品検定2級対策問題集【20年改定新版】/2,200円
  • 日本化粧品検定1級対策問題集【20年改定新版】/2,640円
  • 内容:試験と同様、4択式問題と詳しい解説・要点チェックノート付き
メイクセラピー検定
  • 公式テキストの中に練習問題あり
国際メイクアップアーティスト
  • 認定校で用意されています。

公式の過去問が用意されているメイクアップ資格は、コスメ検定®︎とメイクセラピーのみです。

コスメ検定®︎は試験同様の4択式問題で詳しい解説と模擬試験を収録。また、重要な成分等を暗記できるチェックシート付きで効率よく暗記ができます。

メイクセラピーは公式テキストの中に練習問題が収録、DVD付きで問題集だと分からなかった重要点を動画で学習できます。

日本メイクアップ技術検定の過去問はありませんが、試験対策セミナーの動画を視聴することで試験対策が行えるでしょう。

メイクアップ資格でよくある質問

メイクアップ資格を独学で勉強するにあたって、よくある疑問点から3つピックアップしました。

独学で勉強を検討している方は、事前の情報収集として参考にして下さい。

ベーシックメイク検定でおすすめの過去問は?

ベーシックメイク検定とは、日本メイクアップ技術検定と同じ種類のメイクアップ資格です。

正式名称は日本メイクアップ知識検定試験ベーシックです。

ベーシック検定でおすすめの過去問は、公式サイトから販売されている問題集を活用すると効率良く学習できるでしょう。

また、日本メイクアップ知識検定試験ベーシックの公式問題集は送料無料で購入できます。

問題集は楽天で購入できる?

コスメ検定®︎のテキストと問題集のみ楽天で購入可能です。

メイクアップ資格のテキストや問題集は公式サイトのみで購入が基本ですが、コスメ検定®︎のみ楽天で購入できます。

Webから注文すると本屋に足を運ぶ手間もかかりませんし、楽天ポイントを貯められるため、楽天会員の方はお得です。

メイク検定の合否はいつ分かる?

メイク検定である日本メイクアップ技術検定の合否は、試験日から1ヶ月以内に通知書で送付されます。

万が一、試験日から1ヶ月経過しても通知書が届かない場合は、運営会社であるJMAに連絡することをおすすめします。

また、合否発表日から1ヶ月経過すると合否通知書の再発行ができないため、再発行する場合は早めに申請しましょう。

まとめ

今回は、メイクアップ資格を独学で勉強する方法や過去問について解説しました。

メイクアップ資格はさまざまな種類がありますが、独学で勉強する場合は公式テキストを活用することをおすすめします。

また、独学のメリット・デメリットを把握した上で自分に合った勉強方法も取り入れて合格に向けて頑張りましょう。

徳永浩光

キャリアコンサルタントの国家資格を所有しています。実際に資格取得で役に立った情報をお届けしていきますので、これから資格取得を考えているあなたの手助けができれば幸いです。
キャリコンサーチページ

徳永浩光をフォローする
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュースに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
資格
タイトルとURLをコピーしました