コーヒーに関する資格が取得できる通信講座6選と失敗しない選び方

通信講座

コーヒーに関する資格を取得すると、喫茶店やカフェなどさまざまな現場で活用できます。

  • 費用を抑えつつ短期間で学習できるか
  • 受講内容や制作できるレパートリー
  • サポート体制の充実

これら3つの観点を中心に、コーヒーに関する資格の資格取得におすすめの通信講座をピックアップしました。

さらに、失敗しない通信講座の選び方やコーヒーに関する資格と似ている資格についても解説します。

コーヒーに関するの通信講座を探している方は、ぜひ最後までご覧ください

コーヒーに関する資格のおすすめ通信講座ランキング

通信講座 料金(税込) 講義時間 取得できる資格
ユーキャン
  • UCC匠の珈琲講座・おうちdeカフェコース/39,000円
  • UCC匠の珈琲講座・ドリップマスターコース/69,000円
4ヶ月 ドリップマスターコースは講座修了で「UCCドリップマスター」に認定
キャリカレ コーヒー&紅茶カフェマスターW資格取得講座/85,900円※キャンペーン価格:67,400円(11月15日まで) 3ヶ月 カーサバリスタ®」と「ティースペシャリスト®」の取得を目指す
SARAスクール
  • カフェオーナー基礎コース/95,000円
  • カフェオーナープラチナコース/115,000円
6ヶ月※最短2ヶ月 「コーヒーソムリエ資格」と「カフェオーナー経営士資格」の取得を目指す

※プラチナコースは試験免除

フォーミー コーヒースペシャリスト資格取得講座/月額3,980円または個別購入38,500円 コーヒースペシャリストの取得を目指す
ラーキャリ
  • コーヒー&マネジメント資格+試験(付属品なし)/77,000円※キャンペーン価格:66,000円
  • コーヒー&マネジメント資格+試験(付属品あり)/88,000円※キャンペーン価格:78,000円
学習期間の制限なし 「珈琲プロフェッショナル資格」と「カフェテリアマネージャー資格」の取得を目指す
ハッピーチャレンジゼミ コーヒーコーディネーター講座/70,400円 6ヶ月 講座終了で認定証発行

ユーキャンの通信講座・特徴

通信講座名/料金
  • UCC匠の珈琲講座・おうちdeカフェコース/39,000円
  • UCC匠の珈琲講座・ドリップマスターコース/66,000円
テキスト
  • メインテキスト3冊/DVD2巻/資料集「コーヒー博物館」/DVD「コーヒー博物館紹介」/珈琲手帖/ガイドブック/添削関連資料/材料・用具・機器(おうちdeカフェコースはコーヒー豆6種類のみ)
eラーニング
  • 非対応・すべて冊子で受講
サポート体制
  • 質問:1日3問まで
  • 添削:3回
合格率/実績
  • ドリップマスターコースは講座修了で「UCCドリップマスター」に認定
キャンペーン内容

ユーキャンの通信講座には、趣味の範囲で楽しめるコースとドリップマイスターの知識を取得できるコースがあります。

自分の好きな道具で学習できるおうちdeカフェコースは、コーヒーを趣味の範囲で楽しめます。

プロ厳選の道具を使用するドリップマイスターコースは、UCCドリップマイスターの資格認定を目指せるのが特徴です。

写真やイラストが豊富なテキストは3冊に分けられており、フルカラーで見やすいのがポイントです。

テキスト1では、コーヒー豆の基礎知識を始め、ペーパードリップを使用した抽出方法やNG例を詳しく掲載しています。

テキスト2では、コーヒーに不可欠なフードやスイーツの組み合わせをインプットします。

また、用途に合わせたカップ選びやコーヒーを飲む時のマナーも学習できるのがポイントです。

ブレンド方法を基礎から学べるテキスト3では、ブレンドを楽しみながら自分好みの味を見つけられます。

ペーパードリップ以外の淹れ方も紹介しているため、同じブレンドでも違う淹れ方をすれば、味の違いを楽しめるのも魅力です。

テキストに対応したDVDは分かりやすく解説されているので、実際に映像を見ながら実践できます。

繰り返し見ながら実践すれば、着実にペーパードリップのスキルが身に付けられるでしょう。

UCC珈琲博物館の展示内容をまとめた冊子とDVDには、コーヒーの歴史や文化が掲載されています。

ビジュアル満載で見やすく、コーヒーの奥深い世界を堪能できます。

DVDは短時間で視聴できるので、学習の合間に利用してみてはいかがでしょうか。

UCCが厳選した6種類のコーヒー豆は、ブラジル・コロンビア・マンデリン・モカ・タンザニア・ジャワロブスタを100gずつ楽しめます。

ドリップマイスターコースなら、ペーパードリップ用の道具も一式完備されています。

道具を使ってドリップすれば、本格的なコーヒーの味を堪能できるでしょう。

ドリップマイスターは全ての課題をクリアすると、UCCドリップマイスターの認定証を取得できます。

コーヒーに関する知識と確かなテクニックを証明できるため、大切に保管してください。

キャリカレの通信講座・特徴

通信講座名/料金
  • コーヒー&紅茶カフェマスターW資格取得講座/85,900円※キャンペーン価格:67,400円(11月15日まで)
テキスト
  • テキスト/リサーチノート/コーヒー豆4種類/茶葉4種類/器具11個
eラーニング
  • 講義動画はスマートフォン・タブレット・パソコンで視聴可能
サポート体制
  • 講師による質問対応は何回でも可能
合格率/実績
キャンペーン内容
  • 5月26日までに受講すると、Amazonギフト券5,000円分プレゼント

キャリカレの通信講座には、初心者でも無理なく学習できるカリキュラムが整っています。

取得できる資格は、JAPD認定「カーサバリスタ資格®︎」と「ティースペシャリスト資格®︎」です。

どちらも在宅受験に対応しているので、忙しい方でも無理なく受験できるのがポイントです。

フルカラーとイラストが豊富なテキストは、道具の使い方や淹れ方のコツに関する知識を身に付けられます。

難しい法則も、豊富な図表で無理なくインプットできるのが特徴です。

また、コーヒーの抽出手順は写真で解説されているため、初めてでもすぐに実践できます。

紅茶のバリエーションを学習できるカリキュラムは、人気のチャイティーやミルクティーなどの淹れ方をインプットできます。

分からない点はテキストのQRコードからすぐに質問できるため、すぐに解決できるでしょう。

また、質問は何回でもできるため、苦手をそのままにする必要もありません。

テキストと連動した講義動画は、スマートフォン・タブレット・パソコンで視聴可能です。

テキストだけでは分かりにくい淹れ方のコツも、講義動画で詳しく解説されています。

繰り返し視聴しながら実践すれば、知識の定着に役立つでしょう。

コーヒーや紅茶を淹れる場合は付属のキットを活用すると、すぐにアウトプットできます。

4種類のコーヒ豆や茶葉、珈琲ミールなどが完備されているので、自分で用意する必要がありません。

コーヒーや紅茶を淹れた後は、味や香りを記録できる「コーヒー&紅茶リサーチノート」にまとめましょう。

苦味や酸味を記録できるため、自分好みの味を見つけたり復習に活用したりできます。

2022年4月の段階で、5月26日までに受講すると、amazonギフト券5,000円分がもらえます

受講を検討している方は、この機会に申し込んでみてはいかがでしょうか。

SARAスクールの通信講座・特徴

通信講座名/料金
  • カフェオーナー基礎コース/95,000円
  • カフェオーナープラチナコース/115,000円
テキスト
  • ガイドブック/受講証/受講カード/テキスト01・02/練習問題集/解答・添削課題5回分/質問用紙・封筒/特別教材「実践!サイフォンで淹れる」※プラチナコースのみ卒業課題
eラーニング
  • 非対応・すべて冊子で受講
サポート体制
  • 講師による質問対応は何回でも可能
合格率/実績
  • プラチナコースは卒業課題提出で試験免除
キャンペーン内容

SARAスクールの通信講座は、コーヒーに関する2つの資格を取得できるのが特徴です。

1日30分程度の学習でカフェオーナーの知識を学習できるカリキュラムは、6ヶ月で資格取得を目指します。

無理なく学習に取り組めるので、忙しい方でも安心です。

また、短期集中で取り組みたい場合は、最短2ヶ月で資格取得とカリキュラム修了が可能です

費用を抑えて受講できる基本コースと、2つの試験が免除となるプラチナコースが用意されています。

どちらも受講期間は変わらないものの、プラチナコースは卒業課題を提出すれば、試験免除が可能です。

確実に資格取得を目指す場合は、プラチナコースの受講をおすすめします。

取得できる資格は、日本安全食料料理協会の「コーヒーソムリエ資格」と「カフェオーナー経営士」です。

どちらも70%以上の得点を取れば合格できます。

カリキュラムに沿って学習すれば、十分な合格点を狙えるでしょう。

初級編・中級編・上級編に分かれているテキストでは、コーヒーソムリエに必要な知識を効率よく学習できます。

初級編ではコーヒーの歴史や理念、コーヒー豆の基礎知識を中心にインプットします。

中級編はカップとソーサーの種類やカラトリーの役割を学び、知識を深められるのが特徴です。

上級編では学習の総集編として、開業方法やカフェの経営方法を学びます。

初級編と中級編は付属のキットで実践しながら学習すれば、よりコーヒーの知識を深められるのもポイントです。

学習中に講師に質問したい場合は、メールで相談可能です。

返信は翌日までにされるので、疑問をそのままにする必要がありません。

質問は何回でも受付可能のため、疑問を残さないためにも、すぐに質問することをおすすめします。

フォーミーの通信講座・特徴

通信講座名/料金
  • コーヒースペシャリスト資格取得講座/月額3,980円または個別購入38,500円
テキスト
  • テキスト(オンラインのみ)
eラーニング
  • テキスト・講義動画はスマートフォン・タブレット・パソコンで閲覧可能
サポート体制
  • 講師による質問対応は何回でも可能
合格率/実績
キャンペーン内容

フォーミーの通信講座は受講期間が設けられておらず、自分のペースで学習できるのが特徴です。

月額と個別購入から選択できる講座は、学習期間が定められていません

そのため、短期集中で取り組みたい場合や他の資格を学習したい場合は、月額制度がおすすめです。

自分のペースでじっくり学習したい場合は、個別購入が最適でしょう。

完全オンライン型のカリキュラムは、スマートフォンで気軽に学習できます。

全15章、95レッスンで構成されており、コーヒーの基礎知識からカフェ開業ノウハウまで盛り沢山です。

フルカラーで写真が満載のテキストや講義動画は、初学者でも無理なくインプットできるのが特徴です。

専門用語や難易度が高い焙煎技術など、分かりやすく解説しているため、楽しみながら学習できます。

受講期間中は何回でもメールでサポートを受けられます。

そのため、些細な疑問でもすぐに質問すれば、解決できるのがポイントです。

カリキュラムを修了したら、コーヒースペシャリストの試験に挑戦できます。

ネット受験に対応しており、空いた時間に受験できるのもポイントです。

また、試験結果もその場で確認できるため、合格すれば認定証が発行されます。

試験・認定証発行費用は受講料に含まれているので、追加費用も発生しません。

しかし、再受験となった場合は、1,500円(税込)が必要です。

公式サイトには、受講者の声が掲載されています。

カリキュラムのポイントや学習ポイントが掲載されているので、気になる方は事前にチェックすることをおすすめします。

ラーキャリの通信講座・特徴

通信講座名/料金
  • コーヒー&マネジメント資格+試験(付属品なし)/77,000円※キャンペーン価格:66,000円
  • コーヒー&マネジメント資格+試験(付属品あり)/88,000円※キャンペーン価格:78,000円
テキスト
  • テキスト/問題集/添削課題/ミル&コーヒー豆(付属品ありの場合)
eラーニング
  • 非対応・すべて冊子で受講
サポート体制
  • 講師による質問対応は何回でも可能
合格率/実績
キャンペーン内容

ラーキャリの通信講座では、コーヒーとカフェ開業の基礎知識を学習できます。

付属品ありと付属品なしのコースが用意されており、付属品ありだとミルと3種類のコーヒー豆が完備されています。

本格的な道具で学習したい方は付属品あり、費用を抑えたい方は付属品なしがおすすめです。

学習期間が設けられていないため、自分のペースで学習が可能です。

試験日も定められていないため、Webから気軽に受験を申し込めます。

仕事や家事・育児が忙しい方でも、無理なく取り組めるのもポイントです。

A4サイズのテキストは、コーヒーの歴史やコーヒーの淹れ方を始め、開業基礎知識をインプットできます。

図解を多く取り入れており、スムーズに理解できる工夫が満載です。

また、重要点や忘れやすい部分はマーカーで線を引けば、記憶の定着に役立つでしょう。

テキストに掲載されている焙煎方法は、付属のミルとコーヒー豆を使用するとドリップを実践できます。

一つのコーヒー豆で粗挽き・中挽き・細挽きをすれば、香りと味の違いを堪能できるのも魅力です。

ミルはカリキュラム以外でも、カフェ開業時のメニュー考案やコーヒーを淹れる際に活用できるので、おすすめです。

テキストでインプットした知識は、問題集でアウトプットします。

問題集で間違えた部分は、テキストで復習すれば苦手の克服に役立つでしょう。

また、添削問題も用意されており、解答後に提出すると、添削を受けられます。

自分では気づかない利点や弱点を把握できるので、試験対策に最適です。

しかし、添削課題の提出は必須ではないため、そのまま本試験に進むことも可能です。

学習中にわからないことがあれば、メールで質問できます。

何回でも質問できるため、疑問点があれば、すぐに質問しましょう。

また、質問から3日以上経過しても返信がない場合は、行き違いの可能性があるため、メールを再送してください。

ハッピーチャレンジゼミの通信講座・特徴

通信講座名/料金
  • コーヒーコーディネーター講座/70,400円
テキスト
  • テキスト4冊/DVD/ガイドブック/課題問題用紙/質問用紙/通信票/封筒/ドリッパー・専用ペーパーフィルター・レンジサーバー・電動コーヒーミル/自習用コーヒ豆・8種類×50g
eラーニング
  • 非対応・すべて冊子で受講
サポート体制
  • 講師による質問対応は何回でも可能
合格率/実績
キャンペーン内容

ハッピーチャレンジゼミの通信講座は、充実したサポート体制が魅力です。

コーヒーコーディネーターの資格取得を目標とするカリキュラムでは、コーヒーの基礎知識からカフェの経営ノウハウを学習できます。

すべてのカリキュラムを修了し、課題に合格すると、コーヒーコーディネーターの資格取得が可能です。

専門家が監修したテキストとDVDは、分かりやすさと学びやすさを重点に作成されています。

そのため、初学者でもスムーズにインプットできるのが特徴です。

オリジナルDVDは3枚に分かれており、テキストだけでは確認しづらい技術をマスターできます。

プロの技を確認しつつ付属のセットでチャレンジすれば、すぐに覚えられるのでおすすめです。

テキストとDVDでインプットした知識は、課題問題でアウトプットします。

学科課題と実践課題の4つに分かれており、提出すると講師による添削を受けられます。

丁寧なアドバイスも貰えるので、アドバイスを元に復習すればモチベーションの維持につながるでしょう。

受講者専用サイト内の「ホームルーム」では、コーヒーに興味がある受講者同士で情報交換が可能です。

コーヒーに関する豆知識や学習中に些細な疑問が生じたら、質問してみてはいかがでしょうか。

また、マイページで成績確認や最新情報も入手できるので、登録することをおすすめします。

受講中は講師への質問が何度でもできます。

質問に応じて専門家が分かりやすく回答するため、疑問を解決し、次のステップへ進行できるのもポイントです。

公式サイトには、受講者の声が掲載されています。

学習方法や資格取得後の活用方法などが掲載されているので、申し込み前に確認してみてはいかがでしょうか。

失敗しないコーヒーに関する通信講座の選び方

コーヒーに関する通信講座は、3万円〜10万円以上と受講費用の幅が広く用意されています。

「10万円を超える講座を申し込んだものの、想像以上に難しそう」
「実際にコーヒーを焙煎できるか不安」

こんな悩みを抱えないためにも、通信講座選びは重要です。

通信講座を選ぶ3つの重要ポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

学習スタイルやカリキュラム

コーヒーに関する通信講座を選ぶ場合は、学習スタイルとカリキュラムの内容を確認しましょう。

コーヒーは豆の種類や淹れ方がたくさんあります。

そのため講義動画でコーヒーの焙煎方法を解説している講座がおすすめです。

コーヒー豆の淹れ方やアレンジ方法など、視聴後すぐに実践すれば、楽しみながら覚えられるでしょう。

また、カリキュラムが充実している講座もおすすめです。

今回紹介した講座の中には、コーヒーに関する知識以外に、開業に関するカリキュラムが含まれています。

開業までの流れや注意点を把握すれば、独立も夢ではありません。

フォロー体制

コーヒーに関する通信講座では、焙煎方法が難しい工程もあります。

講師に質問できる環境が整っていれば、コツを掴んで焙煎に取り組めるでしょう

また、質問回数に制限があるか確認することをおすすめします。

通信講座によって、メールや受講者専用のマイページなど質問方法も異なります。

こちらも、事前に確認しましょう。

コストパフォーマンス

コーヒーに関する通信講座を選ぶ方法の一つとして、コストパフォーマンスもポイントです。

コーヒーを焙煎する場合、コーヒー豆やミル、ドリッパーなどさまざまな道具が必要です。

受講料が安い場合、キットが付属されておらず、自分で調達しなければなりません。

しかし、受講料が高い場合、キットが完備されているので、到着後すぐに実践できます。

また、付属されているキットは講師が厳選して調達しているので、受講修了後も長く使えます。

コーヒーに関する資格は独学でも合格できる?

コーヒーに関する資格は、独学でも知識を習得できます。しかし、独学の場合は教材と材料選びから始めなければなりません。

教材はインターネットや本屋で購入し、コーヒー豆はスーパーや珈琲店、ドリッパーやコーヒーカップは100円ショップで揃えると良いでしょう。

しかし、ミルや電動ドリッパーも揃えると費用がかかります。

自分で用意するのが面倒な場合は、キットが充実している通信講座を活用しましょう。

また、専門的な技術の取得やカフェの開業を検討している場合は、通信講座を利用しましょう

通信講座で認定講師を取得すれば、お客様への信頼につながります。

コーヒーに関する資格と似ている・関連する資格

資格 受験資格 合格率
紅茶マイスター なし 課題提出で認定証発行
紅茶アドバイザー なし 課題提出で認定証発行
紅茶コーディネーター なし 課題提出で認定証発行

コーヒーに関する資格と類似しているものをピックアップしました。

紅茶はカフェや喫茶店でも欠かせないメニューであり、さまざまな茶葉の種類や淹れ方があります。

紅茶に関する資格も取得すれば、カフェや喫茶店でメニュー開発やSNS映えのメニューに活用できるでしょう。

気になる方は、上記の資格を検索してみてはいかがでしょうか。

まとめ

コーヒーに関する資格でおすすめの通信講座をご紹介しました。

コーヒーに関する資格は、年齢や職歴など関係なく誰でもチャレンジできます。

また、カフェ開業のノウハウも学べるので、独立開業を検討している方にもおすすめです。

もし、気になる通信講座があれば、資料請求から始めてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました