連載

2015/04/27 10:00:00

生き物たちの驚きの能力に迫る

- PR -

生き物の「多様性」や「生態」に今、注目が集まっている。しかし、「ゲノム解析技術が進歩し、細胞もヒトも同じという普遍性を知ったうえで、やはり多様な生き物を見なければ生命現象はわからない」とJT生命誌研究館館長の中村桂子博士はいう。3月22日に行われた第18回 自然科学研究機構シンポジウム「生き物たちの驚きの能力に迫る」では第一線の生き物研究者や昆虫・植物写真家らが、最新の研究や活動について講演を行った。その内容を紹介していく。

連載一覧

第2回 「世界最大」で「世界一臭い」花を追い求めて20年! - 写真家 山口進氏
第1回 海の砂漠化を防げ! - サンゴの白化の謎に挑む日本の研究者