連載

2015/03/20 08:00:00

ゼロから始めるスイッチ講座

- PR -

ネットワークを管理するには、ネットワークを構成するレイヤ2/レイヤ3スイッチ、ルータといったネットワーク機器の設定や状態を把握しておくことが重要だ。前回は、SNMPによって、ネットワーク機器の設定や状態を把握し、ネットワークを管理する仕組みについて紹介した。今回は、NETGEAR社のレイヤ2スイッチおよびレイヤ3スイッチと統合ネットワーク管理ソフトウェア「NMS300」を利用して、実際にSNMPの設定と確認の手順を解説する。

連載一覧

第25回 SNMPを利用したネットワーク機器の監視と制御(後編)
第24回 SNMPを利用したネットワーク機器の監視と制御(前編)
第23回 IEEE802.1X認証を用いてセキュアなネットワークを構築する(後編)
第22回 IEEE802.1X認証を用いてセキュアなネットワークを構築する(前編)
第21回 VRRPによるデフォルトゲートウェイの冗長化
第20回 リンクアグリゲーションの仕組みと利用
第19回 レイヤ2スパニングツリーによる冗長化
第18回 マルチキャストルーティングの設定(後編)
第17回 マルチキャストルーティングの設定(前編)
第16回 レイヤ3スイッチの仕組み - VLANとVLAN間ルーティング(後)
第15回 レイヤ3スイッチの仕組み - VLANとVLAN間ルーティング(前)
第14回 ACLを利用したネットワークセキュリティ - ACLの設定
第13回 ACLを利用したネットワークセキュリティ - ACLの概要
第12回 ネットギアのUTM製品を試す(2) - 設定から運用まで
第11回 ネットギアのUTM製品を試す(1) - そもそもUTMとは
第10回 ネットギアスイッチのGUIによる管理(2)
第9回 ネットギアスイッチのGUIによる管理(1)
第8回 PoEスイッチを活用してネットワークカメラを設置する(後編)
第7回 PoEスイッチを活用してネットワークカメラを設置する(前編)
第6回 ポートミラーリングの設定
第5回 実際のQoS設定の手順
第4回 QoS機能とは
第3回 カスケード接続したタグVLANの設定
第2回 ポートVLANを設定する