連載

2017/05/17 08:37:00

広がるMATLAB/Simulinkの世界

- PR -

本稿では、J-PARCをJAEAとともに共同運営する高エネルギー加速器研究機構(KEK)栗本佳典 博士のインタビューから、ニュートリノが内包する可能性とそこへの日本の取り組みを紹介する。

連載一覧

第5回 世界最高クラスの陽子ビームを生成。その成功を支えた電源設計技術 –KEK
第4回 電力需給解析モデルをMATLAB/Simulinkで構築し、標準化を目指す – 東北大学
第3回 MATLABを使った鉄道の乗り心地の可視化ツール - 鉄道総合技術研究所
第2回 ディープラーニングの研究開発で、交通事故の減少に取り組む - デンソーアイティーラボラトリ
第1回 車載向けマルチコアマイコン向けに、ソフトウェア開発ツールを提供 - ルネサスエレクトロニクス