連載

2014/09/21 11:00:00

Amazon創設者の宇宙ベンチャーが米国の宇宙開発を救う?

- PR -

「世界の警察」を標語する米国は、全世界をくまなく観測できる偵察衛星や、安全で確実な通信を実現する軍用の通信衛星、そして通信やレーダーなどの電波を傍受するための衛星など、多くの軍事衛星を地球の周囲に配備しているが、それらを打ち上げるロケットのエンジンがロシア製であることがあまり知られていない。しかし、最近の米ロ関係の悪化によりロシア製エンジンが入手困難になる可能性が出てきた。この危機を救うために立ち上がったのが、Amazon.comの創設者が設立したベンチャー企業「ブルー・オリジン」だ。

連載一覧

第2回 ULAがブルー・オリジンが開発する新型エンジンに資金を提供
第1回 ブルー・オリジン、ロシア製ロケットエンジンに代わる新エンジンを開発へ