介護食に関するおすすめの資格を比較!取得できるおすすめ通信講座も紹介

「介護食の資格を取得したい」

「介護食の資格におすすめの通信講座を知りたい」

介護食の資格とは、介護食の専門家として、介護が必要な人に適した食事や栄養学の専門知識を習s得できる資格です。

資格を取得すれば、介護・福祉関連の仕事で活用でき、家族の介護にも役立ちます。

介護食の専門知識を効率よく学び、資格を取得するためには、通信講座の受講がおすすめです。

この記事では、介護食の資格やおすすめの通信講座について紹介します。

併せて、介護食資格の試験内容や難易度、仕事内容も紹介するので、介護や介護食に興味がある方はぜひ参考にしてください。

介護食の資格を短期間で効率よく取得したい方には、SARAスクールの介護食資格取得講座諒設計アーキテクトラーニング介護食マイスター®W資格取得講座がおすすめです。

学校名 料金 取得できる資格 学習期間
SARAスクール 介護食資格取得講座

  • 基本コース/59,800円(税込)
  • プラチナコース/79,800円(税込)
  • 日本安全食料料理協会(JSFCA)「介護食マイスター®」
  • 日本インストラクター技術協会(JIA)「介護食作りインストラクター®」
6ヶ月
諒設計アーキテクトラーニング 介護食マイスター®W資格取得講座

  • 基本講座/59,800円(税込)
  • スペシャル講座/79,800円(税込)
  • 日本安全食料料理協会(JSFCA)「介護食マイスター®」
  • 日本インストラクター技術協会(JIA)「介護食作りインストラクター®」
6ヶ月

最短2ヶ月の講座受講で介護食マイスター®と介護食インストラクター®の資格を取得できます。

サイト監修者
“徳永浩光”

徳永浩光

【キャリアコンサルタント】 Webメディア監修

【キャリアコンサルタントとして経験を活かし、キャリア関してのサイトの監修】

国家資格キャリアコンサルタント所持。キャリア支援の観点から、理想のキャリアや働き方を実現するためのヒントとなる情報を発信。

マイベストプロ掲載ページ

キャリコンサーチ掲載ページ
目次

介護食の資格とは?

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

介護食の資格とは、介護が必要な人に適した食事や栄養学、調理法に関する専門知識を習得できる資格です。

介護食についての基本的な知識の持ち主に与えられる資格で、介護食の作り方はもちろん、介護食の種類や食べ始めるタイミング、常態に応じた介護食の種類などについての知識が必要になります。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

高齢者の食事には、栄養面での配慮はもちろん、メニュー・食材・調理法を工夫する必要があり、調理に携わるためには、専門的なスキルが求められます。

介護食の知識を得ることで、高齢者への理解が深まり、介護サービスの質の向上につながるでしょう。

また、介護食の資格は、介護・福祉サービスの現場や病院だけでなく、自宅介護や家族の食事管理でも幅広く活用できます。

さらに、介護関係の就職・転職にも役立つので、介護従事者や今後介護の仕事に就きたいと考えている方におすすめです。

介護食士・介護食アドバイザー・介護食コーディネーター資格の違い

介護食の資格の中で、介護食士・介護食アドバイザー・介護食コーディネーターの3資格は全て、介護食に関する民間資格です。

介護食の専門スキルを習得できる共通点がありますが、認定団体や試験内容・受験資格・費用に違いがあります。

3資格の試験内容は以下の通りです。

資格名 介護食士 介護食アドバイザー 介護食コーディネーター
主催団体 全国調理職業訓練協会 日本能力開発推進協会 日本味育協会
受験資格
  • 3級:誰でも受験可能
  • 2級:介護食士3級の合格者
  • 1級:介護食士2級の合格者であり、2年以上介護調理の実務に従事した25歳以上の方
指定講座の受講 指定講座の受講
受験料(認定審査料) 約70,000~90,000円(税込) 5,600円(税込) 29,000円(税込)
受験方法 会場受験(筆記・実技) 在宅受験 在宅受験
試験日程 会場ごとで異なる 随時 随時

介護食士は、介護食の調理技術向上を目指した試験で、レベル・目的別に1~3級に分かれています。

試験には、筆記と実技の試験があり、会場受験が必要です。

一方で、介護食アドバイザーと介護食コーディネーターは、通信講座で資格が取得でき、試験は随時受験できます。

介護食の内容や調理法、食事介助の方法など、介護食の知識を基礎から丁寧に習得できる初心者にもおすすめの試験です。

介護食士と介護食アドバイザー、介護食コーディネーターの特徴・違いを紹介します。

介護食士

(引用元:全国調理職業訓練協会)

介護食士は、通信講座で取得できる介護食アドバイザーや介護食コーディネーターと異なり、指定機関での講座受講が必要です。

学習期間が6ヶ月あり、費用もかかりますが、介護食の調理における、専門性の高いスキルを習得できます。

カリキュラムには、実習も含まれ、プロから直接調理技術の指導を受けられるので、介護食の調理に携わる方やスキルアップを目指し、調理技術を向上させたい方におすすめです。

また、内閣総理大臣認定の民間資格であり、資格の信用性が高いのも特徴です。

有資格者は、履歴書に記載ができ、就職・転職のアピールポイントにもなるでしょう。

管理栄養士・調理師資格とのダブルライセンスとしてもおすすめです。

介護食アドバイザー

(引用元:日本能力開発推進協会)

介護食アドバイザーは、通信講座で資格取得が目指せる、介護食の民間資格です。

介護食士と異なり、在宅で試験が受けられます。

学歴・実務経験などの受験資格はなく、学習期間は約3ヶ月と短いので、介護食初心者でも手軽に挑戦できる資格といえるでしょう。

介護食の基礎から学び、軟菜食・ソフト食の調理法など実践的なスキルも習得できるので、介護食の調理に携わる方や、介護従事者におすすめです。

介護食コーディネーター

(引用元:ユーキャン公式HP)

介護食コーディネーターは、介護食アドバイザーと同じく、通信講座を利用して、在宅で受験できます。

通信講座の受講期間は3ヶ月、写真を多用した分かりやすいフルカラーテキストや調理動画を見て、介護食の調理法の基礎を学べます。

家庭で活用できる手作り介護食のノウハウが習得できる、初心者向けの資格です。

介護食士・介護食アドバイザー・介護食コーディネーターは、資格取得方法・試験内容に違いがあります。

学習方法や資格取得の目的を明確にすることで、資格選びのミスマッチを防げるでしょう。

介護食調理に携わる方のスキルアップ・キャリアアップにおすすめの資格は、介護食士です。

通信講座で短期間に資格取得を目指したい方は、介護食アドバイザー・介護食コーディネーターが合っています。

その他にも、介護食資格は数多くあるので、内容をよく比較しましょう。

介護食におすすめの資格7選

介護食におすすめの資格は以下の7種類です。

福祉心理学におすすめの資格7選
  • 介護食マイスター®
  • 介護食作りインストラクター®
  • 介護食士
  • 介護食アドバイザー
  • 介護食コーディネーター
  • 介護食コンサルタント
  • 管理栄養士

介護食マイスター®は、介護食の基礎知識から介護食の作り方、食事介助の手順まで、介護食に関連する知識と技術を幅広く学べます。

初心者でも挑戦しやすく、通信講座を利用すれば最短2ヶ月で取得できるおすすめの資格です。

介護食作りインストラクター®は、介護食に必要な栄養学を学び、指導する知識・技術を習得できる資格です。

資格取得後は、講師や介護食のインストラクターとして活躍できます。

介護食士は、介護食の調理技術の向上を目的とした民間資格です。

通信講座には対応していないので、資格取得のためには、講習会への参加が必要です。

一方で、介護食アドバイザー・介護食コーディネーター・介護食コンサルタントの3資格は通信講座の受講で、初心者でも短期間で資格が取得できます。

介護食アドバイザーは、高齢期の栄養学や介護食の作り方など、介護食の専門知識を基礎から丁寧に学べます。

介護食コーディネーターは、介護食の調理法やコツ、レシピを学べるので、家族の食事管理のために学びたい方におすすめです。

介護食コンサルタントは、介護食の作り方や栄養管理だけでなく、介護のコミュニケーションスキルまで幅広く学べるので、介護の現場で即戦力となるでしょう。

そのほかに、介護食が学べる資格として管理栄養士が挙げられます。

管理栄養士は、介護食に特化した資格ではありませんが、栄養学の基礎から丁寧に学び、幅広い年齢層の食事管理・栄養管理に対応できます。

ここでは、介護食に関連する資格の特徴を紹介するので、どの資格が自分にとって必要なスキルを習得できるのか確認し、資格選びの参考にして下さい。

諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスターW資格取得講座は、「介護食マイスター®」と「介護食作りインストラクター®」の2資格を取得できます。

介護食調理のスキルアップを目指し、ダブルライセンスを目指す方におすすめです。

介護食マイスター®

(引用元:日本安全食料料理協会)

介護食マイスター®資格は、日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定資格です。

介護食マイスター®として、介護食についての基本的な知識を有していることが認定される資格です。

(引用元:日本安全食料料理協会)

介護食の種類や栄養管理など、介護食の基礎から、調理・介助の実践的な技術まで幅広く学べます。

介護食マイスター®の試験内容は以下の通りです。

  • 介護食と水分と排泄の関係性
  • 加齢と食欲の関係
  • 食事介助の手順と方法
  • 食事制限と疾病
  • 専門的な栄養指導
  • 栄養と褥瘡(床ずれ)の関係性
  • 高齢者にとって必要な栄養とカロリー

(参考:日本安全食料料理協会)

介護と栄養学の基礎から丁寧に学べるので、介護食を初めて学ぶ方でも取り組みやすく、短期間で効率よく資格取得が目指せます。

また、資格取得後は、介護施設や医療機関、飲食店など、さまざまな場所で知識を活かし、活動することも可能です。

介護施設で働き、食事の調理に携わる方はもちろん、介護職のスキルアップを目指す方にもおすすめの資格といえるでしょう。

介護食マイスター®の資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本安全食料料理協会
受験資格 特になし
受験料 10,000円(税込)
受験方法 在宅受験
合格基準 正答率70%以上
試験日程 年6回(2・4・6・8・10・12月)
サイトURL https://www.asc-jp.com/kenkousyoku/kaigosyoku/

(参考:日本安全食料料理協会)

介護食マイスター®の試験は、年6回実施されています。

在宅受験のほか、通信講座を利用して、資格免除で資格を取得する方法もあります。

「SARAスクールの介護食資格取得講座」は、最短2ヶ月で介護食マイスター®と介護食作りインストラクター®の資格が取得できる通信講座です。

初心者でも無理なく資格を取得したい方や在宅で資格を取りたい方にもおすすめです。

介護食作りインストラクター®

(引用元:日本インストラクター技術協会)

介護食作りインストラクター®資格は、日本インストラクター技術協会(JIA)の認定資格です。

介護食作りインストラクター®として、介護食の役割や介護食の作り方に関する基本的な知識を持っていることが証明されます。

(引用元:日本インストラクター技術協会)

介護食の栄養管理や、高齢者の症状にあわせた食事の注意点など、介護食の食事管理・栄養指導に必要なスキルを幅広く習得できます。

介護食作りインストラクター®の試験内容は以下の通りです。

  • 介護食を食べ始めるタイミングと種類
  • 介護食のつくり方
  • 介護食づくりの便利なアイテム
  • 高齢者と食事の関係
  • 流動食について
  • レトルト介護食のメリットとデメリット
  • 高齢者と食中毒
  • 認知症と介護と食事
  • 食育と介護食の関係
  • 経管栄養の種類
  • 経管栄養の手順
  • 経管栄養の注意点
  • 流動食の種類と特徴
  • 胃ろうの食事に関する注意
  • 腸ろうの食事に関する注意
  • 経鼻経管栄養の食事に関する注意
  • 介護食の栄養バランス
  • 病院での食事と栄養の管理
  • 老人施設での食事
  • 高齢者の食事の注意(誤嚥性肺炎)
  • 高齢者の口腔ケア
  • 中心静脈栄養について
  • 高齢者に必要な栄養と食べ方
  • 高齢者と水分補給
  • 食事摂取量が低下したときの対策
  • 高齢者の嚥下障害
  • 嚥下能力のチェックとトレーニング

(参考:日本インストラクター技術協会)

試験内容は、経管栄養の種類・手順・注意点や胃ろう・腸ろうの食事、経鼻経管栄養・中心静脈栄養など、専門性の高い内容が含まれています。

また、食材別の介護食レシピや、高齢者の嚥下能力に合わせたきざみ食・ゼリー食・ミキサー食など、調理に直接役立つ内容もあり、知識・技術ともにスキルアップが目指せます。

資格を取得すれば、介護食の食事指導ができるプロとして認められ、自宅教室や介護施設、カルチャースクールでの講師活動も始められるでしょう。

介護食作りインストラクター®の資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本インストラクター技術協会(JIA)
受験資格 特になし
受験料 10,000円(税込)
受験方法 在宅受験
合格基準 正答率70%以上
試験日程 年6回
サイトURL https://www.jpinstructor.org/shikaku/kaigosyoku/

(参考:日本インストラクター技術協会)

介護食作りインストラクター®の資格試験は、在宅受験が可能です。

また、通信講座の指定講座を受講し、卒業課題の提出によって資格を取得する方法もあり、通信講座の申し込み時に自由に選択できます。

「諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®W資格取得講座」は、介護食マイスター®と介護食作りインストラクター®の2資格を効率よく取得できるおすすめの通信講座です。

最短2ヶ月で資格取得が目指せるので、短期間・短時間に資格を取得したい方に最適です。

介護食士

(引用元:全国調理職業訓練協会)

内閣総理大臣認定の全国調理職業訓練協会が実施する資格試験です。

1~3級の3つの階級があり、介護に従事する人の調理技術の向上を目的としています。

ホームヘルパーや介護福祉士・栄養士・調理師など、介護の現場で働く方のダブルライセンスとしても人気の資格です。

介護食士の資格概要は以下の通りです。

主催団体 全国調理職業訓練協会
受験資格
  • 3級:誰でも受験可能
  • 2級:介護食士3級の合格者
  • 1級:介護食士2級の合格者であり、2年以上介護調理の実務に従事した25歳以上の方
受験料(認定審査料) 約70,000~90,000円(税込)
受験方法 会場受験(筆記・実技)
試験日程 会場ごとで異なる

(参考:全国調理職業訓練協会)

資格取得には、講習会への参加が必須であり、在宅では取得できません。

また、介護食士の試験は、筆記試験と実技試験があり、合格するためには筆記・実技どちらも合格基準を満たさなくてはいけません。

注意点としては、1級・2級は資格や実務経験・年齢などの受験資格があることです。

上位級を目指す方は、受験資格を満たしているのか、申し込み前に必ず確認しておきましょう。

介護食アドバイザー

(引用元:日本能力開発推進協会)

介護食アドバイザーは、日本能力開発推進協会が認定する民間資格です。

介護食を初めて学ぶ方でも挑戦しやすく、介護食の基礎から、軟菜食・ソフト食の調理法など介護食の総合的なスキルを習得できます。

資格取得後は、介護食作りと栄養学の専門知識を習得している証明となり、自宅介護や施設・病院での介護食の調理に活用できるでしょう。

介護食アドバイザーの資格概要は以下の通りです。

主催団体 日本能力開発推進協会
受験資格 指定講座の受講
受験料(通信講座受講料込み) 5,600円(税込)
受験方法 在宅受験
試験日程 随時

(参考:日本能力開発推進協会)

介護食アドバイザーを取得するためには、指定講座の受講と資格試験の合格が必要です。

通信講座の受講から試験まで、全て在宅で完結できるので、効率よく資格を取得したい方や自分のペースで試験対策を進めたい方におすすめできます。

介護食コーディネーター

(引用元:ユーキャン公式HP)

通信講座を利用して取得できる、日本味育協会が認定する民間資格です。

介護食の調理法から食事介助のポイントまで、自宅介護でもすぐに取り入れやすい実践的な知識を習得できます。

介護食コーディネーターの試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本味育協会
受験資格 指定講座の受講
受験料(通信講座受講料込み) 29,000円(税込)
受験方法 在宅受験
試験日程 随時

(参考:ユーキャン公式HP)

介護食コーディネーターの資格を取得するためには、指定講座を修了する必要があります。

通信講座の教材の中に、資格試験が含まれ、随時在宅で受験できるのが特徴です。

試験には教材持ち込み可能で、難易度も低いので、初心者におすすめの資格です。

介護食コンサルタント

(引用元:日本能力教育促進協会)

日本能力教育促進協会が認定する民間資格です。

高齢者の心と体の健康を保つための介護の心構えや方法、介護食の基礎など、介護サービス・サポートに関連する幅広い知識が習得できます。

介護食コンサルタントの試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本能力教育促進協会
受験資格 指定講座の受講
受験料(講座受講料込み)
  • 講座料金一括払い:35,200円(税込)
  • 講座料金月額:3,980円(税込)
受験方法 在宅試験
試験日程 随時

(参考:日本能力教育促進協会)

介護食コンサルタントの資格を取得するためには、指定講座(fomie・介護食コンサルタント資格取得講座)の受講と資格試験の合格が必要です。

受験料は講座費用に含まれているので、低コストで資格取得を目指せます。

費用を抑えながら、家族の食事サポートに役立つ資格を習得したい方におすすめです。

管理栄養士

(引用元:厚生労働省)

管理栄養士は介護食の資格で唯一の国家資格です。

栄養・食事管理のプロとして、基本的な栄養学だけでなく、特別な配慮が必要な方を対象とした栄養管理と食事指導の専門知識を習得できます。

管理栄養士の資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 厚生労働省
受験資格
  • 栄養士免許を取得している
  • 管理栄養士養成施設(4年)の修了者
  • 栄養士養成施設(4年)の修了、かつ栄養士の実務経験1年以上
  • 栄養士養成施設(3年)の修了、かつ栄養士の実務経験2年以上
  • 栄養士養成施設(2年)の修了、かつ栄養士の実務経験3年以上
受験料 6,800円(税込)
受験方法 会場受験(北海道・宮城・埼玉・東京・愛知・大阪・岡山・福岡・沖縄)
2024年度試験日程 2024年3月3日(日)

※2025年度試験日程は未定

(参考:厚生労働省HP)

管理栄養士の受験資格を満たすためには、4年制の管理栄養士養成施設を修了する方法と、栄養士養成施設を修了し、実務経験を積む方法があります。

オンラインでは受験できず、全国各地の会場で試験を受験します。

試験は年1回しか実施されていないので、効率よく資格を取得するためには、試験対策を徹底し、計画的に学習を進めていきましょう。

介護食の資格の取り方

(引用元:SARAスクール公式HP)

介護食の資格を取得するためには、以下の3つの方法があります。

  • 独学で介護食の資格を取得する
  • 通信講座で介護食の資格を取得する
  • 大学・専門学校で介護食の資格を取得する

独学は、コストを抑え、自分のペースで学習できるメリットがありますが、取得できる資格の種類が限られることはデメリットといえます。

一方で、通信講座は、厳選された質の高い学習教材を使用して、短時間・短時間に効率よく学習し、最短ルートで資格を取得できるのが魅力です。

大学・専門学校で資格取得を目指す場合は、専門性の高い知識を習得できますが、継続して通学できるよう、学習環境を整える必要があります。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、効率よく介護食の資格を取得できるおすすめの学習方法は、通信講座を利用する方法です。

コストパフォーマンスに優れ、費用を抑えながらも介護食の調理・介助に必要な知識と技術をバランスよく習得できます。

挫折せず、確実に資格を取得するためにも、自分の学習環境に合った方法を選択しましょう。

短期間・短時間で資格取得を目指したい方は「SARAスクールの介護食資格取得講座」がおすすめです。

講座を受講することで、介護食マイスター®と介護食作りインストラクター®の資格が同時に取得できます。

介護食の資格を独学で取得する

独学は、自分のペースで勉強を進められ、低コストで資格を取得できるのがメリットです。

介護食に関係する書籍やネット情報も充実しているので、自分に必要な内容を選択して学べます。

もしできるだけコストを掛けずに学びたいという場合には、書籍やネットを通じて独学を行う方法もあります。独学のメリットは何と言ってもお金がかからないこと。図書館やネット、動画の情報を利用すれば、無料で知識を身につけることができます。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

一方で、必要な情報を得るための教材選びが難しいことや、取得できる資格が限られてしまうことは、デメリットといえます。

介護食の資格の中には、通信講座の受講や講習会への参加が必要な資格もあります。

例えば、介護食アドバイザー・介護食コーディネーター・介護食コンサルタントの3資格は、指定講座の受講が必要であり、独学では受験できません。

また、介護食士の資格も講習会へ参加が必須です。

独学は、学習計画や教材選びの自由度が高く、低コストで資格取得を目指せる学習方法ですが、勉強の効率性が悪く、勉強期間が長期間に及ぶ可能性もあるので、注意が必要です。

独学では受験できない資格もあるので、各資格の試験内容や受験資格を事前に必ず確認しましょう。

介護食の資格を通信講座・通信教育で取得する

(引用元:SARAスクール公式HP)

通信講座を利用すれば、初心者でも短期間で効率よく資格を取得できます。

資格試験が免除になる通信講座もあるので、最短ルートで資格が欲しい方や確実に資格を取得したい方にもおすすめです。

通信講座のメリットは自分の都合で勉強できるということ。テキストやカリキュラムもしっかりしているため、効率的な学習を進めることが可能です。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

テキストや動画講義、問題集など厳選された学習教材を利用して、介護食や栄養学の基礎から分かりやすく、丁寧に学べるのが通信講座の魅力です。

また、学習カリキュラムに沿って学べば、介護食の基本から調理法・介助方法まで、幅広い知識・技術を習得できます。

さらに、各通信講座では質問制度や添削指導などの学習サポートも充実しているため、自宅学習でも挫折しにくく、モチベーションを高めながら学習を進められます。

通信講座は、短期間で効率よく学習し、自宅学習で資格取得を目指せるコスパ抜群の学習方法です。

通信講座を初めて利用する方や、学習時間が限られている方は、学習サポートが手厚く、最短2ヶ月で資格が取得できる「SARAスクールの介護食資格取得講座」がおすすめです。

自宅学習で手軽に資格を取得でき、介護の現場で即戦力となるスキルが身につくでしょう。

介護食の資格を学校で取得する

介護食の知識だけでなく、介護や栄養学について、専門的に学びたい方は、学校で資格を取得する方法がおすすめです。

大学・専門学校では、プロから直接指導を受けられ、実習を通して、実践的なスキルを習得できるメリットがあります。

これらの学校に通った場合の大きなメリットは、短期間に専門知識を効率的に学ぶことができるということ。通学の場合、実技に関する講習が行われることも多いため、実際に介護食を作る場合の注意点などを細かく身につけることができます。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

一方で、学校に通う場合は、独学や通信講座と比較して、費用が高額になるデメリットがあります。

また、学習期間が長期間に及ぶため、継続的に通えるよう学習環境を整えなくてはいけません。

大学・専門学校で学ぶ方法は、専門性の高い知識と技術を着実に身につけられるメリットがありますが、学校の立地や費用、学習期間の条件によっては受講できる対象が限られてしまうことがデメリットです。

介護・介護食に関する資格を複数取得したい方や、就職・転職を見据えて本格的に学びたい方におすすめの勉強法です。

介護食におすすめの通信講座・資格学校7選

各通信講座の費用と取得できる資格・講座内容・学習期間を比較し、介護食におすすめの通信講座7選をランキング形式でご紹介します。

学校名 料金 取得できる資格 学習期間
SARAスクール 介護食資格取得講座

  • 基本コース/59,800円(税込)
  • プラチナコース/79,800円(税込)
  • 日本安全食料料理協会(JSFCA)「介護食マイスター®」
  • 日本インストラクター技術協会(JIA)「介護食作りインストラクター®」
6ヶ月
諒設計アーキテクトラーニング 介護食マイスター®W資格取得講座

  • 基本講座/59,800円(税込)
  • スペシャル講座/79,800円(税込)
  • 日本安全食料料理協会(JSFCA)「介護食マイスター®」
  • 日本インストラクター技術協会(JIA)「介護食作りインストラクター®」
6ヶ月
キャリカレ
  • 介護食アドバイザー資格取得講座/78,800円(税込)
  • 日本能力開発推進協会「介護食アドバイザー」
3ヶ月
ユーキャン
  • 介護食コーディネーター資格取得講座/29,000円(税込)
  • 日本味覚協会認定「介護食コーディネーター」
3ヶ月
フォーミー(formie)
  • 介護食コンサルタント資格取得講座/35,200円(税込・一括)
  • 介護食コンサルタント資格取得講座/3,980円(税込・月額)
  • 日本能力教育推進協会(JAFA)認定「介護食コンサルタント」
1ヶ月~
東京カルチャーセンター
  • 介護食アドバイザー養成通信講座/39,800円(税込)
  • 介護食アドバイザー
6ヶ月
ラーキャリ
  • 介護食プランナー資格取得講座/49,500円(税込)
  • 日本技能開発協会認定「介護食プランナー」
3週間~

SARAスクールの介護食資格取得講座は、介護食マイスター®と介護食作りインストラクター®のダブルライセンスを目指せるおすすめの通信講座です。

厳選された学習教材と学習カリキュラムを組み合わせ、初心者でも無理なく資格を取得できます。

諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®W資格取得講座は、介護食マイスター®と介護食作りインストラクター®の2資格が最短2ヶ月で取得できる通信講座です。

試験免除制度を活用すれば、試験を受験する必要がなく、卒業課題のみで資格を取得できます。

キャリカレは、学習サポートの充実度が高い通信講座です。

質問制度を利用して疑問点をすぐに解決でき、スムーズに学習を進められるでしょう。

ユーキャンは、eラーニングによるWEBテストや調理動画の視聴を利用でき、時間・場所を問わず学習を進められる通信講座です。

テキスト学習とオンライン学習を組み合わせ、効率よく資格を取得できます。

一方で、eラーニングを中心に学習したい方は、フォーミー(formie)がいいでしょう。

月額3,980円(税込)のリーズナブルな値段で受講でき、費用も抑えられます。

東京カルチャーセンターとラーキャリは、添削指導付きの通信講座です。

講師による丁寧な添削指導で、知識を着実に定着できるメリットがあります。

数ある通信講座のなかでもおすすめなのが、短期間で介護食の2資格を取得できる「SARAスクールの介護食資格取得講座」です。

効率よく学習し、仕事・プライベートで役立つ介護食マイスター®と介護食作りインストラクター®を取得できます。

SARAスクール・介護食資格取得講座

(引用元:SARAスクール公式HP)

SARAスクールの介護食資格取得講座は、介護食マイスター®と介護食作りインストラクター®の2資格が同時に取得できるおすすめの通信講座です。

講座名 SARAスクール・介護食資格取得講座
取得できる資格
  • 日本安全食料料理協会(JSFCA)「介護食マイスター®」
  • 日本インストラクター技術協会(JIA)「介護食作りインストラクター®」
費用
  • 基本コース:59,800円(税込)
  • プラチナコース:79,800円(税込)
教材
  • ガイドブック
  • 学習テキスト01・02
  • 練習問題集/解答
  • 模擬試験/解答
  • 添削課題(5回分)
  • 卒業課題(プラチナコースのみ)
サポート
  • 回数無制限の質問サポート
  • 添削指導
学習期間
  • 6ヶ月(最短2ヶ月)
サイトURL https://www.saraschool.net/syoku/kaigosyoku/

介護食の栄養管理、介護食のレシピ、食事介助の方法など、介護食の栄養管理と調理に役立つ実践的なスキルを習得できます。

学習カリキュラム

(引用元:SARAスクール公式HP)

カリキュラムは、初級・中級・上級の3段階に分けられ、段階的に学べるのが特徴です。

介護食を初めて学ぶ初心者でも挑戦しやすく、介護食・栄養学の基本から丁寧に学べます。

学習カリキュラムの詳細と学習スケジュール例は以下の通りです。

初級編(1~2ヶ月目)
  • 介護食の基礎知識
  • 介護食を食べ始めるタイミングと種類
  • 介護食のつくり方
  • 高齢者と食事の関係
  • 食育と介護食の関係
中級編(3~4ヶ月目)
  • 経管栄養について
  • 経管栄養の種類
  • 流動食の種類と特徴
  • 栄養とケア
  • 介護食の栄養バランス
  • 病院での食事と栄養の管理
上級編(5~6ヶ月目)
  • 食事について
  • 食事介助の手順と方法
  • 専門的な栄養指導
  • 簡単な介護食のレシピ
  • お肉、卵、野菜を使った介護食レシピ
  • 介護食のデザートレシピ

(参考:SARAスクール公式HP)

SARAスクールの通信講座は、資格取得に向け、約6ヶ月間の学習スケジュールを提案しています。

カリキュラムに沿って計画的に学ぶ方法もありますが、短期間に集中して学びたい方は、最短2ヶ月で資格取得が可能です。

まず、初級編では、介護食を食べ始めるタイミングと種類、介護食の必要性など、介護食の基礎知識を学びます。

そして、中級編では、介護食の栄養管理を学び、上級編でレシピや食事介助の手順など、実践的な内容を学習していきます。

上級編で学ぶ食材別の介護食のレシピ・調理法は、仕事や家庭での介護食の献立作りや食事作りですぐに活用できるでしょう。

介護食の仕事で、スキルアップを目指す方や、家庭での日々の食事管理に活かしたい方、介護食のレパートリーを増やしたい方にもおすすめです。

学習コース

SARAスクールの介護食資格取得講座では、基本コース・プラチナコースの2種類のコースを提供しています。

プラチナコースは、講座の受講から資格取得に必要な卒業課題の提出まで含まれた、オールインワンカリキュラムが特徴です。

卒業課題を提出すれば、試験を受験する必要がないので、確実に資格を取得できます。

一方で、基本コースは、費用を抑えながら資格試験に向けた学習を進められるコースです。

講座受講後に各自で資格試験を受験する必要がありますが、初期費用を抑えて学習したい方におすすめです。

基本コースと、プラチナコースは、テキストや問題集など、基本的な講座内容は同じですが、費用と資格取得方法に違いがあるので、自分に合ったコースを選択しましょう。

学習サポート

(引用元:SARAスクール公式HP)

SARAスクールでは、質問制度と添削指導の学習サポートを利用できます。

質問制度では、講座受講中の疑問点をすぐに確認できるので、自宅学習でもスムーズに学習を進められるメリットがあります。

一方で、添削指導は、講師の指導力に定評があり、有効活用することでモチベーションアップにもつながるでしょう。

自宅学習を支える学習サポートが充実していることで、通信講座を初めて利用する方でも安心して学習を継続できます。

SARAスクールの介護食資格取得講座は、段階的な学習カリキュラムを基に、初心者でも無理なく資格を取得できるおすすめの通信講座です。

資格を取得することで、講師活動も可能となり、介護食のプロとして、活躍の場を広げられるでしょう。

諒設計アーキテクトラーニング・介護食マイスター®W資格取得講座

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®W資格取得講座は、最短2ヶ月で、介護食の2資格が取得できる講座です。

講座名 諒設計アーキテクトラーニング・介護食マイスター®W資格取得講座
取得できる資格
  • 日本安全食料料理協会(JSFCA)「介護食マイスター®」
  • 日本インストラクター技術協会(JIA)「介護食作りインストラクター®」
費用
  • 基本講座:59,800円(税込)
  • スペシャル講座:79,800円(税込)
教材
  • ガイドブック
  • 学習テキスト01・02
  • 練習問題集/解答
  • 模擬試験/解答
  • 添削課題(5回分)
  • 卒業課題(スペシャル講座のみ)
サポート
  • 回数無制限の質問サポート
  • 添削指導
学習期間
  • 6ヶ月(最短2ヶ月)
サイトURL https://www.designlearn.co.jp/kaigosyoku/

介護食の基礎知識や栄養・食事管理、介護食の作り方など、基礎から応用まで、幅広い知識を習得できます。

学習カリキュラム

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

きざみ食・ゼリー食・ミキサー食の3種類の介護食に対応し、介護食作りのノウハウを習得できるのが特徴です。

学習カリキュラムの詳細は以下の通りです。

カリキュラム 内容
介護食の基礎知識
  • 介護食を食べ始めるタイミングと種類
  • 介護食のつくり方
  • 介護食づくりの便利なアイテム
  • 高齢者と食事の関係
  • 流動食について
  • レトルト介護食のメリットとデメリット
  • 高齢者と食中毒
  • 認知症と介護と食事
  • 食育と介護食の関係
  • 介護食を作る苦労 (介護者のストレス)
経管栄養について
  • 経管栄養の種類
  • 経管栄養の手順
  • 経管栄養の注意点
  • 流動食の種類と特徴
  • 胃ろうの食事に関する注意
  • 腸ろうの食事に関する注意
  • 経鼻経管栄養の食事に関する注意
栄養とケア
  • 介護食の栄養バランス
  • 病院での食事と栄養の管理
  • 老人施設での食事
  • 高齢者の食事の注意 (誤嚥性肺炎)
  • 高齢者の口腔ケア
  • 中心静脈栄養について
  • 高齢者に必要な栄養と食べ方
  • 高齢者と水分補給
  • 食事摂取量が低下したときの対策
  • 高齢者の嚥下障害
  • 嚥下能力のチェックとトレーニング
  • 介護食と水分と排泄の関係性
  • 加齢と食欲の関係
食事について
  • 食事介助を始める前に
  • 食事介助の手順と方法
  • 食事介助のコツとポイント
  • 食事制限と疾病
  • とろみ剤の正しい使い方
  • 専門的な栄養指導
  • 調理サービスを利用した介護食
  • 非常時における介護食
  • 栄養と褥瘡 (床ずれ) の関係性
  • 楽しむための食事
  • 飲酒と高齢者 42 外食での介護食
  • 粗食や和食では栄養はたりなくなる
  • 高齢者にとって必要な栄養とカロリー
  • 食べられなくなることを受け入れる
  • 高齢者世帯での食事作りの工夫
  • 好き嫌いが多い人のための介護食
  • 介護食を作るコツ
介護食のレシピ
  • 介護食・簡単レシピ
  • 介護食のレシピ (きざみ食)
  • 介護食のレシピ (ゼリー食)
  • 介護食のレシピ (ミキサー食)
  • 魚を使った介護食レシピ
  • お肉を使った介護食レシピ
  • 卵を使った介護食レシピ
  • 野菜を使った介護食レシピ
  • 介護食のデザートレシピ
  • 冷凍できる介護食レシピ

(参考:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

高齢者の食事の注意点や嚥下障害、食事摂取量が低下したときの対策など、症状や体調に合わせた食事法や対処法を学習できます。

介護における食事は、高齢者一人ひとりに合わせた栄養管理や調理法、食事介助が必要です。

基礎知識を習得しておくことで、臨機応変に対処できる、応用力を養えるでしょう。

学習教材は、メイン教材のテキストと問題集、添削問題があります。

テキストによるインプット学習と問題集を利用したアウトプット学習を繰り返すことで、知識を着実に定着できるのがメリットです。

学習コース

諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®W資格取得講座では、基本講座・スペシャル講座の2種類のコースがあります。

基本講座・スペシャル講座の違いは、講座費用と資格取得方法です。

スペシャル講座は、卒業課題を提出することで、試験が免除され、講座受講後に資格が取得できます。

試験日を待たなくても資格が取れるので、最短ルートで資格を取得したい方におすすめです。

一方で、基本講座は試験を受験する必要がありますが、スペシャル講座と比較して2万円安く、講座を受講できます。

初期費用を抑えて試験対策を進めたい方に最適です。

それぞれメリット・デメリットがあるので、自分の学習計画に合うコースを選択しましょう。

学習サポート

諒設計アーキテクトラーニングの通信講座では、添削課題による個別指導を受けられます。

定期的に添削指導を受けることで学習の理解度をしっかり把握でき、モチベーションも維持できます。

また、質問制度を利用すれば、勉強の疑問点もすぐに解決できるでしょう。

「諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®W資格取得講座」は、初心者でも取り組みやすい学習カリキュラム・教材を利用して、短期間で効率よく資格を取得できる通信講座です。

キャリカレ・介護食アドバイザー資格取得講座

(引用元:キャリカレ公式HP)

キャリカレの介護食アドバイザー資格取得講座は、日本能力開発推進協会認定の介護食アドバイザー資格が取得できる講座です。

講座名 キャリカレ・介護食アドバイザー資格取得講座
取得できる資格 日本能力開発推進協会「介護食アドバイザー」
費用
  • 介護食アドバイザー資格取得講座/78,800円(税込)
教材
  • テキスト
  • 学習ガイド
  • 介護食レシピ
サポート
  • 質問制度
  • キャリアコーディネートサポート
学習期間 3ヶ月

高齢者の健康や摂食・嚥下障害、栄養学など、高齢者の食事をサポートするために必要な知識を、基礎から丁寧に学べます。

基礎を学習した後は、介護食のレシピや調理法など、実践的な内容も学べるので、家庭の食事作りや介護食調理の現場でもすぐに活用できるでしょう。

メイン教材となるテキストは、イラストや図表を多用して分かりやすくまとめられ、初心者でも無理なく理解できます。

また、質問サービスを利用すれば、専任講師からの個別指導を受けることも可能です。

(引用元:キャリカレ公式HP)

質問はいつでも受け付けているので、疑問点をすぐに解決でき、勉強をスムーズに進められるでしょう。

さらに、キャリカレでは、キャリアコーディネーターによる進路相談も受け付けています。

資格取得後の進路や就職活動の悩みを相談でき、就職・転職に役立つ個別指導を受けられるのがメリットです。

キャリカレは、専任講師やキャリアコーディネーターなど、プロのサポートを手軽に受けられることで、初めて通信講座を利用する方や自宅学習に不安がある方でも安心して受講できる通信講座といえるでしょう。

ユーキャン・介護食コーディネーター資格取得講座

(引用元:ユーキャン公式HP)

ユーキャンの介護食コーディネーター資格取得講座は、日本味覚協会認定の介護食コーディネーターが目指せる講座です。

講座名 ユーキャン・介護食コーディネーター資格取得講座
取得できる資格
  • 日本味覚協会認定「介護食コーディネーター」
費用
  • 介護食コーディネーター資格取得講座:29,000円(税込)
教材
  • メインテキスト2冊
  • DVD1枚
  • 旬の食材ポスター
  • ガイドブック
  • 添削
  • 検定試験
サポート
  • 質問サポート(1日3問まで)
  • 添削指導
  • 受講期間延長制度(6ヶ月まで)
学習期間 3ヶ月

テキストは基本知識を学ぶ知識編と、実践的なスキルを学べる実践編の2冊に分かれています。

まずは介護食の基礎を学び、習得した知識を基に実践に入れるので、介護食を初めて作る方でも無理なく学習を進められます。

また、添削課題ではプロからの個別指導を受けられるので、自分の実力や苦手分野を確認しながら、モチベーションを高めて学習できるのも魅力です。

さらに、レシピ集やDVD、旬の食材ポスターなどの副教材を活用すれば、試験対策だけでなく、自宅での介護食作りにも役立つでしょう。

(引用元:ユーキャン公式HP)

ユーキャンの介護食コーディネーター資格取得講座は、eラーニングを利用したWEBテストや調理動画の視聴にも対応しています。

隙間時間にスマホ一つで手軽に学べるので、勉強時間の確保が難しい方でも、短期間で資格取得が目指せます。

手作りの介護食で、家族の食事をサポートしたい方や、隙間時間を活用して、効率よく介護食の資格を取得したい方におすすめです。

formie・介護食コンサルタント資格取得講座

(引用元:formie公式HP)

フォーミーの介護食コンサルタント資格取得講座は、介護食コンサルタント資格が取得できるサブスクリプション型の通信講座です。

講座名 フォーミー(formie)・介護食コンサルタント資格取得講座
取得できる資格
  • 日本能力教育推進協会(JAFA)認定「介護食コンサルタント」
費用
  • 介護食コンサルタント資格取得講座:35,200円(税込・一括)
  • 介護食コンサルタント資格取得講座:3,980円(税込・月額)
教材
  • オンラインテキスト
サポート
  • 回数無制限のメール質問サービス
学習期間 1ヶ月~

月額3,980円(税込)のリーズナブルな価格で、介護食の基本的なスキルが学べます。

サブスク型を選択し、1ヶ月以内に試験に合格すれば、費用を5,000円以下に抑えて資格を取得できるでしょう。

フォーミーは冊子版のテキストには対応していませんが、講座の受講から試験までオンラインで完結する手軽さが魅力です。

インプット学習・アウトプット学習全てをスマホで完結でき、隙間時間を利用して効率よく学習を進められます。

(引用元:formie公式HP)

講座では、介護食の必要性や栄養管理から始まり、食材選びや献立決め、調理法まで、介護食を作るために必要な実践力を習得できます。

約1ヶ月の学習期間で資格取得を目指せることから、最短ルートで資格取得を目指す方や、低コストで資格を取得したい方におすすめです。

東京カルチャーセンター・介護食アドバイザー養成通信講座

(引用元:東京カルチャセンター公式HP)

東京カルチャーセンター・介護食アドバイザー養成通信講座は、介護食アドバイザーが取得できる講座です。

講座名 東京カルチャーセンター・介護食アドバイザー養成通信講座
取得できる資格
  • 介護食アドバイザー
費用
  • 介護食アドバイザー養成通信講座:39,800円(税込)
教材
  • テキスト
  • サブテキスト
  • マイレシピノート
  • 受講ガイドブック
  • 添削課題(全6回)
  • 提出用紙集
サポート
  • 質問制度
  • 添削課題
学習期間 6ヶ月

介護食をより食べやすく、そして作りやすくアレンジした「ユニバーサルレシピ」の習得を目的とした通信講座です。

家族と同じ食材を使用しながらも、介護食としてどのようにアレンジすれば良いのか、具体的な手順やポイントを分かりやすく解説してもらえるため、家庭でも取り入れやすいのが魅力です。

(引用元:東京カルチャセンター公式HP)

また、東京カルチャーセンターの通信講座はサポート体制の充実度が高いことも特徴です。

計6回の添削指導のほか、資格取得後のアフターフォローもあります。

講師を勤める山田講師から直接指導が受けられる実践セミナーに参加できるので、プロの指導を直接受けたい方や、受講生と交流を持ちたい方におすすめです。

ユニバーサルレシピを始めとする介護食つくりの実践的なスキルは、自宅介護の食事つくりに活用でき、介護食を作る仕事に携わる方の即戦力にもなるでしょう。

ラーキャリ・介護食プランナー資格取得講座

(引用元:ラーキャリ公式HP)

ラーキャリの介護食プランナー資格取得講座は、日本技能開発協会認定の介護食プランナーが目指せる講座です。

講座名 ラーキャリ・介護食プランナー資格取得講座
取得できる資格
  • 日本技能開発協会認定「介護食プランナー」
費用
  • 介護食プランナー資格取得講座:49,500円(税込)
教材
  • テキスト
  • 問題集
  • 添削課題
  • 本試験
サポート
  • 質問サポート
  • 添削指導
学習期間 3週間~

介護食の基礎・介護食の食事のポイント・介護食の実践の3つの学習カリキュラムを段階的に学べます。

介護食への理解を深めるために、高齢者の特徴や体の変化を学び、一人一人の状態に合わせた食事の提供ができるよう、徐々に実践的なスキルを身に付けていきます。

また、ラーキャリの通信講座は、短期集中型のカリキュラムを活用し、最短3週間で資格取得が目指せることが特徴です。

24時間利用できるLINEの質問サービスにも対応しているので、自宅学習で分からない点があればすぐに確認が取れます。

(引用元:ラーキャリ公式HP)

さらに、学習の継続が難しい場合には受講期間を延長し、最長2年間サポートを利用できるので、仕事や家事・育児で忙しい状況でも安心して始められるでしょう。

ラーキャリは、最短ルートで介護食の資格取得を目指したい方や、質問制度が整った通信講座を利用したい方におすすめの通信講座です。

介護食におすすめの通信講座を比較

介護食の資格取得におすすめの通信講座を、講座料金・取得できる資格・学習教材・学習サポートの4つのポイントから比較します。

介護食の資格におすすめの通信講座は以下の通りです。

学校名 料金 取得できる資格
SARAスクール 介護食資格取得講座

  • 基本コース/59,800円(税込)
  • プラチナコース/79,800円(税込)
  • 日本安全食料料理協会(JSFCA)「介護食マイスター®」
  • 日本インストラクター技術協会(JIA)「介護食作りインストラクター®」
諒設計アーキテクトラーニング 介護食マイスター®W資格取得講座

  • 基本講座/59,800円(税込)
  • スペシャル講座/79,800円(税込)
  • 日本安全食料料理協会(JSFCA)「介護食マイスター®」
  • 日本インストラクター技術協会(JIA)「介護食作りインストラクター®」
キャリカレ
  • 介護食アドバイザー資格取得講座/78,800円(税込)
  • 日本能力開発推進協会「介護食アドバイザー」
ユーキャン
  • 介護食コーディネーター資格取得講座/29,000円(税込)
  • 日本味覚協会認定「介護食コーディネーター」
フォーミー(formie)
  • 介護食コンサルタント資格取得講座/35,200円(税込・一括)
  • 介護食コンサルタント資格取得講座/3,980円(税込・月額)
  • 日本能力教育推進協会(JAFA)認定「介護食コンサルタント」
東京カルチャーセンター
  • 介護食アドバイザー養成通信講座/39,800円(税込)
  • 介護食アドバイザー
ラーキャリ
  • 介護食プランナー資格取得講座/49,500円(税込)
  • 日本技能開発協会認定「介護食プランナー」

SARAスクールの介護食資格取得講座は、リーズナブルな費用で、介護食のダブルライセンスを目指せるおすすめの通信講座です。

厳選された学習教材と学習カリキュラムを組み合わせ、最短2ヶ月で資格が取得できます。

諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®W資格取得講座では、介護食マイスター®と介護食作りインストラクターの2資格が同時に取得できます。

スペシャル講座を選択すれば、卒業課題を提出するだけで資格を取得できるので、試験日を待つことなく、短期間で資格が取得できます。

キャリカレは、受講中に質問制度やキャリアコーディネーターサポートのサービスを利用できます。

学習サポートの充実度が高く、自宅学習に不安がある方でも安心して受講できるでしょう。

eラーニングを利用して、隙間時間に効率よく学びたい方はユーキャンがおすすめです。

WEBテストや調理動画の視聴に対応しているので、時間・場所を問わず学習を進められます。

一方で、コストを抑えて資格を取得したい場合には、フォーミー(formie)のサブスクを利用する方法があります。

月額3,980円(税込)のリーズナブルな値段で受講できるので、費用を最低限に抑えられるでしょう。

東京カルチャーセンターとラーキャリは、添削指導付きの通信講座です。

講師から定期的に直接指導を受けられることで、実力を確認し、モチベーションを高めながら試験対策を進められるメリットがあります。

数ある通信講座の中でおすすめなのが「SARAスクールの介護食資格取得講座」です。

学習教材やカリキュラムの充実度が高く、短期間に介護食の資格を2資格同時に取得できます。

効率性重視の方や、仕事・プライベートで幅広く活用できる介護食資格を取得したい方は「SARAスクールの介護食資格取得講座」がいいでしょう。

介護食におすすめの通信講座の料金を比較

介護食資格が取得できる通信講座の講座料金をまとめました。

学校名 料金
SARAスクール 介護食資格取得講座

  • 基本コース/59,800円(税込)
  • プラチナコース/79,800円(税込)
諒設計アーキテクトラーニング 介護食マイスター®W資格取得講座

  • 基本講座/59,800円(税込)
  • スペシャル講座/79,800円(税込)
キャリカレ
  • 介護食アドバイザー資格取得講座/78,800円(税込)
ユーキャン
  • 介護食コーディネーター資格取得講座/29,000円(税込)
フォーミー(formie)
  • 介護食コンサルタント資格取得講座/35,200円(税込・一括)
  • 介護食コンサルタント資格取得講座/3,980円(税込・月額)
東京カルチャーセンター
  • 介護食アドバイザー養成通信講座/39,800円(税込)
ラーキャリ
  • 介護食プランナー資格取得講座/49,500円(税込)

介護食の通信講座の相場は、約3~8万円で、選択する通信講座によって料金が大きく異なります。

最もリーズナブルな通信講座は、ユーキャンの介護食コーディネーター資格取得講座です。

29,000円(税込)の低コストで受講でき、介護食コーディネーターの資格を取得できます。

また、フォーミー(formie)の介護食コンサルタント資格取得講座もコスパの良い通信講座としておすすめです。

サブスク型で受講した場合、必要な費用は月額料金の3,980円(税込)で済み、講座受講から、資格取得まで費用を1万円以下に抑えられます。

一方で、SARAスクールや諒設計アーキテクトラーニングの資格取得講座では、5万円以上の費用が必要であり、その他通信講座と比較するとやや高めです。

しかし、介護食の2資格が同時に取得できる通信講座はほかになく、効率性の高い学習ができることから、費用対効果は高いといえます。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

その他通信講座を組み合わせて、介護食の資格を複数取得する方法もありますが、費用が8~10万円ほど必要となる可能性もあり、学習期間も長期に及びます。

SARAスクール諒設計アーキテクトラーニングであれば、学習期間は2~6ヶ月、短期間に集中して学べるので、初期費用はかかりますが、コストパフォーマンスの面で優れた通信講座といえるでしょう。

低コストで資格取得を目指したい方は、ユーキャンフォーミー(formie)がおすすめです。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

ユーキャンのHPで講座詳細を見る

formieのHPで講座詳細を見る

介護食におすすめの通信講座と取得できる資格を比較

介護食の通信講座で取得できる資格の種類をまとめました。

学校名 取得できる資格
SARAスクール
  • 日本安全食料料理協会(JSFCA)「介護食マイスター®」
  • 日本インストラクター技術協会(JIA)「介護食作りインストラクター®」
諒設計アーキテクトラーニング
  • 日本安全食料料理協会(JSFCA)「介護食マイスター®」
  • 日本インストラクター技術協会(JIA)「介護食作りインストラクター®」
キャリカレ
  • 日本能力開発推進協会「介護食アドバイザー」
ユーキャン
  • 日本味覚協会認定「介護食コーディネーター」
フォーミー(formie)
  • 日本能力教育推進協会(JAFA)認定「介護食コンサルタント」
東京カルチャーセンター
  • 介護食アドバイザー
ラーキャリ
  • 日本技能開発協会認定「介護食プランナー」

介護食の資格が複数取得できる通信講座は、SARAスクールと諒設計アーキテクトラーニングです。

介護食マイスター®と介護食作りインストラクター®が同時に取得でき、資格を活用して多方面で活躍できます。

また、SARAスクールはプラチナコースを、諒設計アーキテクトラーニングはスペシャル講座を選択すると卒業課題の提出によって、試験免除で資格が取得できます。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

確実に資格を取得したい方や、短期間で資格取得を目指したい方にもおすすめです。

介護・調理の仕事のスキルアップ・キャリアアップを目指す方は、介護食アドバイザーが取得できるキャリカレがいいでしょう。

介護の現場で即戦力となる、実践的なスキルを学べるだけでなく、有資格者をアピールできれば、就職・転職でも有利になる資格です。

一方で、ユーキャンの介護食コーディネーター資格取得講座では、介護食を初めて作る方でも取得しやすい、介護食コーディネーターの資格取得に向けて、基礎から丁寧に学べます。

家庭での食事管理・栄養管理にも役立つスキルが習得できるので、家族の介護食作りに活用したい方におすすめです。

短期間で資格取得を目指したい方は、最短3週間で資格取得が目指せるラーキャリがいいでしょう。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

各通信講座で取得できる資格が異なりますが、多方面で活躍できる介護食資格の取得を目指す方は「諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®W資格取得講座」「SARAスクールの介護食資格取得講座」がおすすめです。

講座の受講で、介護食マイスター®と介護食作りインストラクターの2資格が同時に取得できます。

介護施設や病院など、現場で役立つ資格を取得したい方は、介護食の知識を総合的に学び、応用力まで養えるキャリカレがおすすめです。

家族の介護食作りに役立てたい方は、豊富なレシピと調理法が学べるユーキャン・ラーキャリを選ぶといいでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

介護食におすすめの通信講座の学習カリキュラム・教材を比較

介護食におすすめの通信講座の学習カリキュラム・学習教材をまとめました。

学校名 取得できる資格
SARAスクール
  • ガイドブック
  • 学習テキスト01・02
  • 練習問題集/解答
  • 模擬試験/解答
  • 添削課題(5回分)
  • 卒業課題(プラチナコースのみ)
諒設計アーキテクトラーニング
  • ガイドブック
  • 学習テキスト01・02
  • 練習問題集/解答
  • 模擬試験/解答
  • 添削課題(5回分)
  • 卒業課題(スペシャル講座のみ)
キャリカレ
  • テキスト
  • 学習ガイド
  • 介護食レシピ
ユーキャン
  • メインテキスト2冊
  • DVD1枚
  • 旬の食材ポスター
  • ガイドブック
  • 添削
  • 検定試験
フォーミー(formie)
  • オンラインテキスト
東京カルチャーセンター
  • テキスト
  • サブテキスト
  • マイレシピノート
  • 受講ガイドブック
  • 添削課題(全6回)
  • 提出用紙集
ラーキャリ
  • テキスト
  • 問題集
  • 添削課題
  • 本試験

SARAスクールと諒設計アーキテクトラーニングは、学習教材の充実度が高く、添削指導付きの学習カリキュラムでプロから個別指導を受けられます。

丁寧な添削指導は、受講生から定評があり、モチベーションアップにもつながるでしょう。

また、インプット教材とアウトプット教材のバランスがよく、反復学習で知識を着実に定着できるのも、SARAスクールと諒設計アーキテクトラーニングのメリットです。

一方で、ユーキャンとフォーミーは、隙間時間に効率よく学習できるeラーニング機能を利用できます。

ユーキャンは、調理動画の視聴とWEBテスト、フォーミーはオンラインテキストが利用可能です。

東京カルチャーセンターとラーキャリは、テキスト学習中心の通信講座で、副教材も充実しています。

問題集や添削問題も利用できるので、定期的に知識の定着度を確認しながら、資格取得に向けて計画的に学習を進められるでしょう。

(引用元:SARAスクール公式HP)

学習カリキュラムの充実度や個別指導の内容を重視するなら、SARAスクール諒設計アーキテクトラーニングがおすすめです。

eラーニングを利用したい方は、ユーキャンとフォーミーがいいでしょう。

テキスト・副教材の充実度を重視するなら東京カルチャーセンターとラーキャリがおすすめです。

学習環境や方法、スケジュールを考慮して、通信講座を選択すると失敗が少なく、自分に合った通信講座を見つけられます。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

介護食におすすめの通信講座の学習サポートを比較

介護食におすすめの通信講座の学習サポートをまとめました。

学校名 取得できる資格
SARAスクール
  • 回数無制限の質問サポート
  • 添削指導
諒設計アーキテクトラーニング
  • 回数無制限の質問サポート
  • 添削指導
キャリカレ
  • 質問制度
  • キャリアコーディネートサポート
ユーキャン
  • 質問サポート(1日3問まで)
  • 添削指導
  • 受講期間延長制度(6ヶ月まで)
フォーミー(formie)
  • 回数無制限のメール質問サービス
東京カルチャーセンター
  • 質問制度
  • 添削課題
ラーキャリ
  • 質問サポート
  • 添削指導

学習サポートの充実度が高いおすすめの通信講座は、SARAスクールと諒設計アーキテクトラーニングです。

回数無制限の質問サービスのほか、添削指導にも対応しています。

自宅学習では、モチベーションを維持するのが難しく、挫折してしまうリスクがありますが、定期的に添削指導を受けられることで、モチベーションアップにつながるでしょう。

また、ユーキャンでも質問と添削指導に対応していますが、質問回数に上限があり、利用条件が限られてしまうのがデメリットです。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

回数を気にせず、気軽に質問サービスを利用したい方は、SARAスクール、諒設計アーキテクトラーニングがいいでしょう。

キャリカレでは、資格をどのように活用すればいいのか、資格取得後のキャリアを相談できるキャリアコーディネートサポートがあります。

資格を活かして就職・転職を考えている方や、就職活動でお悩みの方におすすめのサービスです。

一方で、フォーミーは、eラーニングを利用して時間・場所問わずいつでも質問できるサービスを提供しています。

オンラインで学習しながら、その場ですぐに疑問点を質問・確認できる、利便性の高さが魅力です。

そのほかに、東京カルチャーセンターやラーキャリでも添削指導や質問制度があり、講師による個別指導が受けられます。

介護食の通信講座では、質問制度と添削指導に対応している講座が多く、有効活用することで、自宅にいながら講師による個別指導を受けられます。

(引用元:SARAスクール公式HP)

自宅学習に不安がある方や通信講座を初めて利用する方は、回数無制限の質問制度と、添削指導のどちらにも対応しているSARAスクール諒設計アーキテクトラーニングがおすすめです。

キャリア相談を利用した方はキャリカレのサポートが合っているでしょう。

質問サービスの機能性、使いやすさを重視する方はフォーミーが最適です。

学習サポートが充実した通信講座を選択し、学習やモチベーションの管理を徹底して、試験対策を効率よく進めましょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

介護食の資格の試験概要

介護食資格の試験概要は以下の通りです。

表は左右にスクロールできます。

資格名 介護食マイスター® 介護食作りインストラクター® 介護食士 介護食アドバイザー 介護食コーディネーター 介護食コンサルタント 管理栄養士
主催団体 日本安全食料料理協会 日本インストラクター技術協会(JIA) 全国調理職業訓練協会 日本能力開発推進協会 日本味育協会 日本能力教育促進協会 厚生労働省
受験資格 特になし 特になし
  • 3級:誰でも受験可能
  • 2級:介護食士3級の合格者
  • 1級:介護食士2級の合格者であり、
    2年以上介護調理の実務に従事した
    25歳以上の方
指定講座の受講 指定講座の受講 指定講座の受講
  • 栄養士免許を取得している
  • 管理栄養士養成施設(4年)の修了者
  • 栄養士養成施設(4年)の修了、
    かつ栄養士の実務経験1年以上
  • 栄養士養成施設(3年)の修了、
    かつ栄養士の実務経験2年以上
  • 栄養士養成施設(2年)の修了、
    かつ栄養士の実務経験3年以上
受験料 10,000円(税込) 10,000円(税込) 約70,000~90,000円(税込) 5,600円(税込) 29,000円(税込) 講座料金一括払い:35,200円(税込)

講座料金月額:3,980円(税込)

6,800円(税込)
受験方法 在宅受験 在宅受験 会場受験(筆記・実技) 在宅受験 在宅受験 在宅試験 会場受験(北海道・宮城・埼玉・東京・
愛知・大阪・岡山・福岡・沖縄)
試験日程 年6回(2・4・6・8・10・12月) 年6回(2・4・6・8・10・12月) 会場ごとで異なる 随時 随時 随時 2024年3月3日(日)

介護食資格の多くは、在宅受験に対応しています。

会場受験が必要な資格は、介護食士と管理栄養士で、どちらも全国各地に試験会場があります。

通信講座を利用して資格取得を目指す場合は、随時試験を受験できる資格が多いので、試験日を待つ必要がなく、短期間で資格が取得できるでしょう。

介護食の資格を有効活用するためには、自分に合った資格選択が欠かせません。

試験の内容を比較し、資格取得の目的や学習計画に適した資格を選択しましょう。

「諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®W資格取得講座」は、介護食マイスター®と介護食作りインストラクター®の2資格が在宅で取得できます。

試験免除制度も利用できるので、確実に資格を取得したい方におすすめです。

介護食マイスター®

(引用元:日本安全食料料理協会)

介護食マイスター®は、在宅受験が可能な介護食の資格です。

試験は年6回開催されていますが、試験日を待たずに資格を取得したい方は、通信講座を受講して卒業課題を提出し、資格を取得する方法もあります。

「SARAスクールの介護食マイスター®資格取得講座」は、介護食マイスター®と介護食作りインストラクター®の資格が同時に取得できるおすすめの通信講座です。

体系的な学習カリキュラムと充実したインプット・アウトプット教材を組み合わせ、介護食の基礎から丁寧に学べるでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

介護食作りインストラクター®

(引用元:日本インストラクター技術協会)

介護食インストラクター®は、資格取得後に講師・インストラクターとして活躍できる人気の介護食資格です。

在宅で受験でき、初心者でも短期間で資格取得を目指せます。

効率よく学び、資格を確実に取得するためには「諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®W資格取得講座」がおすすめです。

最短2ヶ月の学習期間で、介護食マイスター®と介護食作りインストラクター®の資格が同時に取得できます。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

介護食士

(引用元:全国調理職業訓練協会)

介護食士の資格を取得するためには、指定の講習会に参加するか、専門学校で講習を受講する必要があり、通信講座による在宅受験には対応していません。

また、1・2級は受験資格として、資格や実務経験が問われるので、申し込み前には条件を満たしているか、必ず確かめておきましょう。

筆記試験・実技試験の2種類の試験があり、それぞれに特化した試験対策が必要です。

介護食アドバイザー

(引用元:日本能力開発推進協会)

介護食アドバイザーは、キャリカレの指定講座を受講後、試験に合格することで資格を取得できます。

試験は随時在宅で受けられるので、試験日を待たずに受験できるのが特徴です。

また、実務経験や学歴等の受験資格もなく、初心者でも受験しやすい試験といえます。

介護食コーディネーター

(引用元:ユーキャン公式HP)

介護食コーディネーターは、ユーキャンの通信講座を利用して取得できる資格です。

在宅受験が可能で、学習教材の中に添削問題として試験が含まれています。

通信講座の受講から試験まで、3万以下のリーズナブルな費用で済むので、低コストで介護食の資格を取得したい方におすすめです。

介護食コンサルタント

(引用元:日本能力教育推進協会)

介護食コンサルタントは、フォーミーの通信講座を利用して取得できます。

資格試験はオンラインで実施され、随時受け付けています。

資格取得までの学習期間が1ヶ月と短く、費用も抑えて受験できるので、最短ルートで資格取得を目指す方におすすめです。

管理栄養士

(引用元:厚生労働省)

管理栄養士は、介護食の資格のなかで、唯一の国家資格です。

試験を受験するためには、大学や専門学校で単位を取得する必要があります。

また、試験は年1回しか実施されないので、試験に向け計画的に試験対策を進めていく必要があるでしょう。

資格取得後は、介護食の分野だけでなく多方面で活用でき、就職や転職にも有利な資格です。

介護食の資格の合格率

介護食の民間資格は合格率が発表されていません。

明確な数字は分からないものの、介護食資格の多くは在宅受験に対応し、教材持込や再試験も可能なことから、合格率が非常に高いと予想されます。

介護食資格のなかで唯一合格率を発表しているのは、国家資格である管理栄養士です。

管理栄養士の過去5年間の合格率を紹介します。

試験年度 合格率
令和5年度試験 56.6%
令和4年度試験 65.1%
令和3年度試験 64.2%
令和2年度試験 61.9%
令和元年度試験 60.4%

(参考:厚生労働省HP)

管理栄養士の合格率は、例年約55~65%を推移しています。

国家試験のなかでは、合格率が高い試験ですが、確実に合格するためには、最新の試験傾向を踏まえ、計画的に試験対策を進めていく必要があるでしょう。

介護食資格は、合格率を公表している資格が少なく、明確な数字が分かりません。

しかし、在宅受験・教材持込・再試験制度など、受験のサポート体制が整っているので、試験に挑戦しやすく、合格率が非常に高いことが予想されます。

通信講座内の学習カリキュラムを確実に進めていくなど、試験対策を徹底し、効率よく資格取得を目指しましょう。

介護食コーディネーターの合格率

(引用元:ユーキャン公式HP)

介護食コーディネーターの合格率は公表されていません。

しかし、試験内容が全てカリキュラムに含まれ、在宅受験・再受験が可能なことから、試験対策を徹底していれば問題なく合格できる試験といえます。

試験合格者の口コミを紹介します。

試験が簡単だったという口コミがある一方で、試験に向けて油断せずに対策を進めた方がよいという意見もありました。

介護食コーディネーターの試験は、合格率が高いことが推測されますが、確実に試験に合格するためには、学習カリキュラムを着実にこなし、試験対策を徹底しておきましょう。

介護食アドバイザーの合格率

(引用元:日本能力開発推進協会)

介護食アドバイザーの試験は、得点率70%以上の合格基準は発表されているものの、合格率は公表されていません。

しかし、在宅試験で、教材持ち込み可能、万が一不合格だった場合は再受験を受け付けていることから、最終的な合格率は高いことが推測できます。

また、標準の学習期間や資格取得までの期間は3ヶ月に設定されていますが、最長で700日間の延長サポートが受けられます。

仕事や家庭の事情で学習を継続できない場合も、環境を整えてから再度受験できるので、無理なく資格取得が目指せるでしょう。

SNSでは、介護食アドバイザーの合格報告が数多く見られましたが、不合格という口コミはほとんど見られませんでした。

また、ダブルライセンスを取得した方も多く、短期間で取得しやすい資格ということが分かります。

明確な合格率は分からないものの、通信講座を受講し、学習カリキュラムに沿って学ぶことで無理なく合格を目指せるでしょう。

介護食の資格の難易度

介護食資格の難易度は選択する資格によって異なります。

介護食マイスター®や介護食作りインストラクター®、介護食アドバイザーなどの民間資格は、在宅受験・教材の持ち込みも可能なので、試験の難易度は低く、初心者でも取得しやすい資格です。

講座の受講と卒業課題の提出によって、試験が免除できる資格もあり、カリキュラムを終了すれば確実に資格を取得できます。

一方で、介護食資格で唯一の国家資格である管理栄養士は、例年約55~65%の合格率を推移しています。

受験資格を満たすためには、大学・専門学校で必要単位を取得する必要もあり、長期的な学習計画が必要です。

受験資格や学習期間、合格率から判断して、介護食資格のなかでも、難易度の高い試験といえるでしょう。

通信講座で取得できる介護食資格は、学習期間が短く、在宅試験・教材持込・再試験が認められている試験も多いことから、難易度が低く、初心者でも取得しやすい試験といえます。

管理栄養士の資格は、比較的難易度が高く、綿密な学習計画と徹底的な試験対策が必要です。

初心者でも無理なく資格取得を目指したい方は在宅受験が可能な「SARAスクールの介護食資格取得講座」がおすすめです。

介護食マイスター®の難易度

(引用元:日本安全食料料理協会)

介護食マイスター®は、在宅受験や教材持込が認められている試験であり、試験の内容は全て学習カリキュラムに含まれていることから、比較的難易度の低い試験といえます。

通信講座を利用し、学習カリキュラムに沿って試験対策を進めれば、初心者でも短期間で資格取得が目指せるでしょう。

また、試験免除制度を利用できるコースを選択した場合、卒業課題を提出することで、講座終了と同時に資格を取得できます。

最短ルートで資格を取得したい方や、確実に資格を取りたい方におすすめです。

SARAスクールの介護食資格取得講座では、介護食マイスター®と介護食作りインストラクター®の資格が同時に取得できます。

試験免除制度を利用すれば、受験の必要がなく、最短2ヶ月で資格ができるので、短期間で集中して資格を取得したい方にもおすすめです。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

介護食作りインストラクター®の難易度

(引用元:日本インストラクター技術協会)

介護食インストラクター®の資格は、合格率が発表されていませんが、通信講座の学習カリキュラムに沿って学べば、初心者でも無理なく取得できる資格です。

受験方法としては、通信講座を受講して卒業課題を提出する方法と、講座受講後に各自で試験を受験する方法があります。

卒業課題を提出する方法を選択すれば、試験を受ける必要がなく、短期間で資格取得が可能です。

一方で、試験を受験した場合も、在宅受験・教材持込が認められているので、落ち着いた環境で試験を受けられるでしょう。

試験内容は、通信講座の学習教材・カリキュラムに含まれた内容であり、インプット・アウトプット学習で知識を定着できれば、試験でも高得点が狙えます。

短期間で合格を目指せる、初心者にも挑戦しやすい資格といえるでしょう。

「諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®資格取得講座」は、介護食マイスター®と介護食作りインストラクター®のダブルライセンスを目指せるおすすめの通信講座です。

学習サポートも手厚く、通信講座を初めて利用する方でも安心して受講できるでしょう。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

介護食士の難易度

(引用元:全国調理職業訓練協会)

介護食士の試験は、筆記試験・実技試験どちらも60点の合格基準が設定されています。

講習会で筆記・実技の講習を受け、試験範囲を網羅的に学べるので、講習会に休まず参加し、着実に知識を習得していれば合格できる試験といえます。

合格率は発表されていませんが、合格基準の設定が低く、学習カリキュラムが充実していることから、難易度は低いと推測できます。

特に3級は受験資格もないので、初心者でも無理なく資格取得を目指せるでしょう。

一方で、1・2級の上位級は、資格取得や実務経験などの受験資格を満たす必要があります。

3級と比較して、求められるスキルも高まるので、確実に試験に合格するためには、学習カリキュラムに沿った学習を継続し、着実に知識を身につけましょう。

介護食アドバイザーの難易度

(引用元:日本能力開発推進協会)

介護食アドバイザーは、在宅受験や再受験が認められている試験であり、サポート期間が長いことから、通信講座の利用が初めての方や介護食の初心者でも合格しやすい試験といえます。

サポート期間は、最長で700日あり、仕事や家庭の事情で勉強を中断しないといけない場合でも、環境を整えて再度挑戦できるのが特徴です。

サポートが手厚いことから、合格率は発表されていないものの、最終的な合格率は高いことが予想されます。

また、介護や調理の専門知識がない方でも学びやすいよう、学習教材も分かりやすく工夫されているので、短期間で無理なく資格取得を目指せるでしょう。

介護食コーディネーターの難易度

(引用元:ユーキャン公式HP)

介護食コーディネーターは、正解率70%以上で合格できる試験です。

合格基準が低く、在宅受験・再受験が可能なことから取得しやすい資格といえます。

また、試験内容は、通信講座の学習カリキュラムや教材に含まれているので、試験に向けて計画的に学習を進めていけば、確実に資格が取得できます。

家庭で実践できるような、介護食の基礎知識・調理法を中心に学ぶので、難解な内容も少なく、専門知識がない方でも無理なく学べるでしょう。

介護食コンサルタントの難易度

(引用元:日本能力教育促進協会)

介護食コンサルタントは、通信講座の受講後、オンラインで試験を受けられる資格です。

試験受験後に即時に結果が分かります。

試験の前には、eラーニングの問題演習で知識をアウトプットできるので、実力や定着度を確かめてから試験に挑戦できます。

試験対策から、受験まで全てオンラインで完結できることから、受験しやすく、短期間で資格取得が目指せる試験といえるでしょう。

管理栄養士の難易度

(引用元:厚生労働省)

管理栄養士は、国家資格のなかでは難易度が低い試験といわれています。

しかし、合格率は50%台になる年があり、試験範囲も広いことから、試験合格には徹底した対策が必要です。

管理栄養士の過去5年間の合格率を紹介します。

試験年度 合格率
令和5年度試験 56.6%
令和4年度試験 65.1%
令和3年度試験 64.2%
令和2年度試験 61.9%
令和元年度試験 60.4%

(参考:厚生労働省HP)

合格率に大きな差はなく、60%前後の合格率を推移しています。

管理栄養士の資格は、介護食資格のなかでは難易度が高い試験であり、受験資格を満たすために、大学や専門学校への進学が必要です。

長期的な学習が必要なので、無理のない学習計画を立てましょう。

介護食の資格を取得するメリット

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

介護食の資格を取得するメリットは以下の3点です。

  • 介護食の知識が効率よく学べる
  • 家族の介護に役立つ
  • 就職・転職に有利になる

介護食の資格を取得すれば、介護食の基礎から効率よく学び、介護食作りに役立つスキルを短期間で習得できるメリットがあります。

また、介護食の調理や食事介助の正しい方法を習得できれば、家族の食事管理・介護サポートにも役立ちます。

さらに、介護食の有資格者をアピールできれば、就職・転職でも有利になるでしょう。

介護食の資格取得は、正しい知識を効率よく習得でき、家庭や仕事で即戦力となる実践的なスキルが身につくメリットがあります。

資格を取得するべきかお悩みの方は、取得することでどのようなメリットがあるのか把握しておくことで、学習のモチベーションも高められ、資格を有効活用できるでしょう。

介護食の知識が効率よく学べる

介護食の作り方やレシピは、本やネットから情報を入手でき、独学でも習得できます。

しかし、介護食の情報は数多くあるので、自分に必要な知識・情報を選択し、実践できるレベルまでスキルを高めるには、限界があります。

一方で、資格取得を目指して学習すれば、厳選された学習教材を使用して、介護食の基礎から応用まで、幅広い知識を学べるのがメリットです。

諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスターW資格取得講座は、初心者でも1日30分・約半年で修了できるカリキュラムとなっています。仕事や子育てなどで忙しい人でも、隙間時間を活用して効率良く勉強を進めることができるでしょう。さらに、学習ペースを速めれば、最短2ヵ月で資格取得を目指せます。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

初心者でも、1~3ヶ月の短期間で、専門的なスキルの習得が目指せるでしょう。

「諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®W資格取得講座」では、段階的な学習カリキュラムで、介護食に必要な知識や技術を効率よく習得できます。

介護食を初めて学ぶ方や、短期間に集中して学びたい方は通信講座を利用した資格取得がおすすめです。

家族の介護に役立つ

介護食の知識は、介護施設や病院で、介護食の調理・提供に携わる方だけでなく、家族の介護が必要な方にも役立ちます。

介護食に関する資格を取得すると、その人の年齢や健康状態、体の機能に応じた適切な食事を作れるようになります。特に、祖父母や両親など、高齢の家族の健康をサポートしたいと考えている人にとっては、介護食の知識は非常に役立つでしょう。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

介護食を必要とする高齢者の体や心の変化を正しく理解し、食事内容や栄養バランスを管理することで、生活の質の向上や健康的な暮らしのサポートにもつながるでしょう。

咀嚼機能・嚥下機能が低下したときにも、症状の変化や体調・気分に合わせ、最適な食事を用意できるようになります。

介護食は専門性の高い食事ですが、資格があれば、自宅でも正しい食事管理ができ、自信を持って毎日の食事つくりに望めます。

介護が必要な家族の健康を管理したい方や介護食のレパートリーを増やしたい方にもおすすめです。

就職・転職に有利になる

介護食の資格を取得すれば、介護食のプロとして、専門的な知識・技術を身につけている証明になります。

介護、医療の就職・転職で、有資格者をアピールできれば、ライバルに差をつけられるでしょう。

また、介護食の資格があればカルチャースクールや教室で、講師活動も始められます。

今後ますます進むとみられる超高齢社会において、介護・福祉業界の人手不足は大きな課題となっています。介護食の専門知識を身に付けた資格保有者は、介護・福祉に関わる幅広いシーンで即戦力として重宝されるに違いありません。未経験から介護・福祉業界への転職を希望する場合にも、資格が大きな武器になるはずです。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

既に介護・医療の現場で食事の調理・提供に携わる方も、介護食の理解を深めることで、スキルアップが期待でき、サービスの質を高められるメリットがあります。

介護食の分野で働きたい、介護サービスの質を向上させたいと考えている方も資格取得がおすすめです。

「SARAスクールの介護食資格取得講座」は就職・転職で活用できる介護食マイスター®と介護食作りインストラクター®の資格を取得できます。

仕事のスキルアップ・キャリアアップを目指す方にもおすすめです。

介護食の資格を取得するデメリット

資格選択のミスマッチを防ぐため、メリットだけでなく、デメリットも合わせて確認するといいでしょう。

介護食の資格を取得するデメリットは以下の2点です。

  • 講座費用が高い
  • 習得できる知識・技術に偏りがある

介護食の資格を取得するためには、受験費用のほかに、指定講座の受講費用が必要となり、トータルコストが高くなる可能性があります。

また、介護食の資格によって習得できる知識や技術が異なるので、自分に合った講座を見極めるのが難しいと感じることもあるでしょう。

介護食の資格は、講座費用が高く、習得できる知識・技術に偏りがあることがデメリットです。

資格を取得するべきかお悩みの方は、自分の予算や目的に合った資格を選択できるよう、資格や通信講座の内容を事前によく確認しておくことをおすすめします。

資格取得の費用が高い

介護食の知識や技術は、市販の教材やネットを利用して学べるので、費用をかけずにスキルを習得することも可能です。

一方で、資格取得を目指し、本格的に学ぶ場合には、通信講座の場合は約3~8万円、通学の場合は10~100万円以上の費用が必要となります。

資格取得方法によっては、トータルコストが高くなる可能性があるでしょう。

栄養学について学べる大学や専門学校に通えば、介護食に関する専門的な知識を身に付けることができます。また、大学などに通うのはハードルが高いという場合は、栄養や介護分野について学べる民間スクールに通う方法もあります。選択するコースによっては、介護食以外の介護・福祉に関わる知識も習得することができるでしょう。ただし、いずれも卒業までにはある程度の期間と費用を要します。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

介護食の資格取得は、仕事や家族の介護に役立つメリットがありますが、学習方法によっては、費用が高くついてしまうことがデメリットといえます。

講座費用が無駄になってしまわないよう、資格取得の目的や予算を明確にしておきましょう。

習得できる知識・スキルに偏りがある

介護食の資格は、各資格で対象となる食事や習得できる知識・技術に偏りがあり、自分に必要な資格を見極めるのが難しいデメリットがあります。

必要な知識を習得するためには、講座内容やカリキュラムを比較することが大切です。

介護食資格にはさまざまな種類がありますが、どの資格取得を目指すかは、受験条件や難度・自分のライフワークバランスなどを総合的に考えて決めるといいでしょう。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

例えば、介護食士は介護食の調理技術の向上を目的とした資格であり、より専門性の高い技術が習得できます。

有資格者は、就職・転職にも有利になりますが、介護や調理の分野で基礎知識がない方や基本的なスキルの習得を目指す方には、ハードルが高く感じる可能性があります。

介護食資格は、種類が多く、安易に選んでしまうと資格を上手く活用できないリスクがあるので、ミスマッチを防ぐためにも、資格選びを慎重に行いましょう。

数ある介護食資格取得講座のなかでも、初心者や基本的スキルの習得におすすめなのが「SARAスクールの介護食資格取得講座」です。

介護食の基礎から丁寧に学び、介護食資格を2種類同時に取得できるので、マルチに活用できるでしょう。

介護食の資格取得が向いている方

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

介護食の資格取得が向いている人・おすすめできる人を紹介します。

介護食の資格取得がおすすめできる人
  • 家族の介護が必要な方
  • 介護職に従事している方
  • 介護について知識を深めたい方

介護食の資格は、自宅介護で活用できる、介護食の調理法を習得できます。

実践的なスキルを身につけられるので、家族の介護が必要な方や日常的に介護食を作っている方におすすめです。

また、介護食の理解を深めることは、サービスの質の向上につながり、介護職に従事している方にも資格取得のメリットがあります。

さらに、介護食の資格は、介護の必要性やあり方など、介護の基本的な知識も学べます。

介護に興味がある方はもちろん、専門性の高い知識を習得し、理解を深めたい、スキルアップを目指したい方にも合っているでしょう。

介護食の資格は、介護・調理の現場で働いている方や介護が必要な家族をサポートしたい方にもおすすめの資格です。

取得した資格を最大限に活用するためにも、適性があるのか、事前に確認するといいでしょう。

「SARAスクールの介護食資格取得講座」は、介護食の現場で役立つ、介護食の実践的なスキルが習得できる通信講座です。

就職・転職に活かせる介護食の資格を取得したい方におすすめです。

家族の介護が必要な方

介護食の知識は、高齢者の健康や、介護食の種類、適切な調理法など、高齢者に必要な食事・栄養管理について学べます。

嚥下機能が低下する高齢者は、年齢や症状に合わせた栄養管理や食事法の工夫が必要ですが、正しい知識を身につけることで、家族の毎日の健康状態に適した食事が提供できるようになるでしょう。

介護食に関する資格は、両親や祖父母など身近な人の健康サポートにも役立ちます。高齢の家族や親族がいる場合、資格を通して学んだ介護食の知識を、毎日の食事づくりに活かすことができます。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

家族が食べやすい食事を提供することで、食事がスムーズに摂れるようになり、生活の質の向上にもつながります。

家族の食事や健康管理を強化したい方は、介護食の資格の取得が向いているでしょう。

介護職に従事している方

介護・介護食の分野で働いている方は、学習内容が理解しやすく、すぐに実践・応用できるメリットがあります。

また、専門性の高い知識を身につければ、介護サービスの質の向上やスキルアップにもつながるでしょう。

介護食に関する資格保有者へのニーズはますます高まっています。活躍の場を広げたい人や、すでに介護食として働いている人にとって、資格取得はキャリアの幅を広げるきっかけになるはずです。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

さらに、介護食の資格は、介護従事者だけでなく、介護の現場で調理に携わる栄養士や調理師の方にも、適性があります。

栄養管理や調理のスキルを習得している上で、介護食の専門性を高められれば、レシピ考案や調理法の工夫、栄養管理の面でも役立つでしょう。

即戦力となるスキルが習得できる介護食の資格は、介護従事者や栄養士・調理師の方にメリットがあるといえます。

介護について知識を深めたい方

介護食の資格は、専門性の高い資格ですが、介護に初めて携わる方や将来を見据えて、介護の知識を深めたい方にも役立つ資格です。

今は介護が必要でなくても、将来的に家族を介護しなければいけない時期がやってくるかもしれません。時間と気持ちに余裕のあるうちに介護食の知識を学んでおけば、いざというときにも慌てずに対応できます。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

高齢者が健康的な毎日を過ごすためには、日々の食事管理が欠かせません。

介護食の知識が習得できれば、健康的な生活をサポートし、介護サービスの質の向上にもつながるでしょう。

介護食の資格は、在宅で短期間に取得できるものが多いので、介護について興味がある方や介護初心者も手軽に挑戦できます。

家族のため、将来のため、介護の理解を深めたい方は介護食資格の適性があるでしょう。

「諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®W資格取得講座」では、介護食に必要な知識や技術を短期間で効率よく習得できます。

介護食の総合的なスキルを習得できるので、介護食初心者の方にもおすすめです。

介護食の資格取得が向いていない方

介護食の資格取得が向いていない人・おすすめできない人を紹介します。

介護食の資格取得が向いていない人・おすすめできない人
  • 食についての基礎知識がない方
  • 介護や食に興味がない方

介護食の資格は、介護における食事や栄養に特化した資格なので、介護や食に興味がない方は、意欲的に学習できない可能性があります。

また、介護食の調理法について学ぶカリキュラムがあるので、食についての基礎知識がない方、調理の経験がない方にはおすすめできません。

介護に興味がない方や調理の基礎知識がない方は、資格取得が向いていない可能性があります。

資格取得に向けて意欲的に学び、活用するためにも、介護食資格が自分に向いているのか、事前に確認しておきましょう。

介護や食に興味がない方

介護食の資格は、介護に深く関係する学習分野です。

介護に興味がない方や介護に馴染みがない方は、学習内容がイメージしにくく、理解が難しい部分もあるでしょう。

実際に高齢者や家族と話をしたり、食事の介助をしたりする中で、「どんなメニューが喜ばれるのか」「介護食に求められているものは何か」といったことが、より明確に見えてくるかもしれません。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

また、調理や食事管理に興味がない方も、講座内容が理解できず、挫折してしまうデメリットもあります。

介護食の資格取得には、介護の経験は問いませんが、意欲的に学ぶためにも、興味があるのか、活用する予定や目的があるのか明確にしておきましょう。

食についての基礎知識がない方

介護食の資格取得のためには、介護食を正しく作るための調理法を学びます。

今まで料理をしたことがない方、日常的に食事の準備に携わっていない方は、調理法・手順を理解するのが難しい可能性もあるでしょう。

調理の専門的なスキルは問われませんが、食の基礎知識があることは、資格を取得するうえで必要なスキルといえます。

一方で、調理の技術に苦手意識があるからこそ、介護食への理解を深めて、自信を持ちたい、より良い食事を提供したいと考える方もいるでしょう。

資格を活かして作る介護食は、家族とのコミュニケーションにも一役買ってくれます。彩りや盛り付けを工夫すれば食卓が華やかになり、家族の気持ちも明るくなるはずです。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

介護食の資格では、調理法のポイント、コツも習得できるので、スキルアップや苦手克服の意欲がある方は、資格を有効的に活用できます。

介護食士・介護食の各資格を取得する費用

介護食士や介護食の資格取得にかかる費用は、取得する資格の種類や学習方法によって異なります。

独学・通信講座・大学・専門学校に通う場合の相場は以下の通りです。(試験受験料を含む)

学習スタイル 費用(試験受験料込み)
独学 約1~2万円
通信講座 約3~8万円
大学・専門学校 約100万円~

独学の場合、自分のペースで勉強を進めながら、低コストで資格取得を目指せます。

通信講座は、費用を抑えながらも、厳選された学習教材で効率よく勉強を進められるので、費用対効果が高い学習方法といえます。

一方で、大学・専門学校に進学する方法は、そのほかの学習方法に比べて費用が高額です。

介護食や、関連する知識まで総合的に学べるメリットがありますが、100万円以上の予算や長期的な学習期間が必要です。

独学で取得する場合の費用

独学で資格を取得するために必要な費用は、テキスト代と試験の受験料のみです。

独学で取得できる各資格試験の受験料は以下の通りです。

資格名 受験料
介護食マイスター® 10,000円(税込)
介護食作りインストラクター® 10,000円(税込)

独学で受験できる介護食の資格は、介護食マイスター®と介護食作りインストラクター®の2資格で、介護食士の試験は、講習会への参加が必須であり、独学では受験できません。

介護食マイスター®と介護食作りインストラクター®を独学で取得する場合、トータルコストは、テキストと試験受験料を合わせて、1~2万円ほどです。

費用を抑えられるメリットはありますが、教材選択が難しい、勉強の効率性が悪い、学習期間が長期に及ぶなどのデメリットもあります。

十分な学習期間が確保できない場合は、そのほかの学習方法も検討するといいでしょう。

通信講座で取得する場合の費用

(引用元:SARAスクール公式HP)

通信講座は、独学と比較して費用は高くなりますが、厳選された学習教材を使用して効率よく試験対策が進められます。

およその費用は3~8万円ほど、選択する通信講座によっても費用は異なります。

介護食の資格におすすめの通信講座の費用は以下の通りです。

学校名 料金
SARAスクール 介護食資格取得講座

  • 基本コース/59,800円(税込)
  • プラチナコース/79,800円(税込)
諒設計アーキテクトラーニング 介護食マイスター®W資格取得講座

  • 基本講座/59,800円(税込)
  • スペシャル講座/79,800円(税込)
キャリカレ
  • 介護食アドバイザー資格取得講座/78,800円(税込)
ユーキャン
  • 介護食コーディネーター資格取得講座/29,000円(税込)
フォーミー(formie)
  • 介護食コンサルタント資格取得講座/35,200円(税込・一括)
  • 介護食コンサルタント資格取得講座/3,980円(税込・月額)
東京カルチャーセンター
  • 介護食アドバイザー養成通信講座/39,800円(税込)
ラーキャリ
  • 介護食プランナー資格取得講座/49,500円(税込)

最もリーズナブルな通信講座はユーキャンで、3万円以下のコースがあります。

また、フォーミーでも、サブスクプランを選択すれば費用を1万円以下に抑えることが可能です。

選択する通信講座によって費用が異なりますが、学習カリキュラムやサポートが充実した通信講座を選択すれば、介護食の初心者でも無理なく資格取得が目指せるでしょう。

「SARAスクールの介護食資格取得講座」では、講座受講から資格取得まで、全て含まれたオールインワンカリキュラムを提供しています。

プラチナコースを選択すれば、別途受験費用を用意する必要がなく、試験免除で資格が取得できます。

受講には79,800円(税込)の費用がかかりますが、効率よく介護食資格を取得したい方や、費用を抑えながら介護資格のダブルライセンスを目指し、活躍の場を広げたい方にもおすすめです。

大学・専門学校で取得する場合の費用

大学・専門学校では最低でも年間100万円以上の学費が必要です。

介護食士2級の資格取得が目指せる専門学校の費用例を紹介します。

【東京多摩調理製菓専門学校・調理高度技術科】

入学金 100,000円(税込)
授業料(1年次) 600,000円(税込)
施設費(1年次) 230,000円(税込)
実験実習費(1年次) 330,000円(税込)
合計 1,260,000円(税込)

(参考:東京多摩調理製菓専門学校公式HP)

大学・専門学校で学ぶメリットは、介護食以外の調理の専門的なスキルを学べることやプロからの直接指導や就職のサポートを受けられることです。

一方で、そのほかの学習方法と比較して費用が高く、継続して通学できる学習環境を整える必要があります。

調理技術を磨き、介護食以外の分野でもマルチに活躍できるスキルを身につけたい方や、介護食士の資格取得を目指す方は、学校進学がおすすめです。

介護食の資格を取得する費用は、選択する学習方法によって大きく異なります。

効率よく学習し、確実に資格を取得するためにも、自分の予算や環境に合った学習方法を選択しましょう。

また、介護食士を目指す場合は、独学や通信講座では取得できません。

取得するためには、指定の講習会に参加する方法と、専門学校に通う方法があります。

専門学校に通学する場合は、年間100万円以上の費用がかかるので、取得目的や活用方法を明確にし、予算に合った方法を選択しましょう。

介護食士になるには

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

介護食士になるには、以下の2つの方法があります。

  • 指定の講習会に参加する
  • 介護食士の講習会を開講する専門学校に通学する

指定講習会に参加する方法は、学校に通学する必要がなく、費用を抑えられるのがメリットです。

また、学習期間も短く、6ヶ月で資格取得を目指せます。

講習会の開催場所によって、開催の日時が異なるので、まずは自分が通える範囲で講習会が開催しているのか確認が必要です。

一方で、専門学校に通学する方法は、受講費用が高く、学習期間は1~2年ほど必要です。

介護食の知識を多角的に学び、専門性の高い調理技術を習得できるほか、資格取得後に就職・転職のサポートまで受けられるメリットがあります

介護食士の資格取得を希望する方は、自分の学習スケジュールや予算、資格取得に合った方法を選択しましょう。

介護食士の2024年試験概要・受験資格

(引用元:全国調理職業訓練協会)

介護食士1~3級の試験内容・受験資格は以下の通りです。

等級 講習・試験内容 受験資格
3級
  • 学科(25時間)

介護食士概論
医学的基礎知識、高齢者の心理
栄養学
食品学
食品衛生学

  • 実習(47時間)

調理理論・調理実習Ⅰ
調理理論・調理実習Ⅱ

  • 誰でも受験可能
2級
  • 学科(16時間)

医学的基礎知識
高齢者の心理
栄養学
食品学
食品衛生学

  • 実習(56時間)

調理理論
調理実習

  • 介護食士3級の資格を取得した方
1級
  • 学科(32時間)

医学的基礎知識
高齢者にかかわる制度
栄養学
食品学
食品衛生学

  • 実習(40時間)

調理理論
調理実習

  • 2級取得後、2年以上介護食調理の実務に従事した25歳以上の方

(参考:全国調理職業訓練協会)

介護食士の資格には受験資格があります。

3級は受験資格がなく、誰でも受験できますが、1・2級の資格取得を目指す場合には、資格取得や実務経験が必要です。

上位級を目指す方は、申し込み前に受験資格を満たしているか必ず確認しておきましょう。

また、試験受験前には、それぞれ学科・実習の講習会があります。

各資格取得に必要な講座時間は計72時間あり、試験を受験するには講座の参加率が80%以上必要です。

各会場で、講習会の日程は異なるので、まずは参加できる会場を探し、対応する等級や講義・試験日程の確かめておきましょう。

介護食士の講習会を開催する学校・会場は以下の通りです。

学校名 対象(一般・学生) 3級 2級 1級
弘前医療福祉大学短期大学部 一般・学生
北日本ハイテクニカルクッキングカレッジ 一般・学生
日本調理技術専門学校 一般・学生
中川学園調理技術専門学校 学生
国際TBC調理・パティシエ専門学校 一般・学生
アイ・エフ・シー調理製菓専門学校 一般・学生
群馬調理師専門学校 学生
東日本調理師専門学校 学生
国際学院埼玉短期大学 学生
千葉調理師専門学校 学生
香川調理製菓専門学校 学生
東京誠心調理師専門学校 一般・学生
華調理製菓専門学校 一般・学生
東京多摩調理製菓専門学校 学生
ヨコスカ調理製菓専門学校 一般・学生
新潟調理師専門学校 一般・学生
悠久山栄養調理専門学校 学生
富山調理製菓専門学校 学生
青池調理師専門学校 一般・学生
中京学院大学短期大学部 学生
浜松調理菓子専門学校 一般・学生
川口調理師専門学校 学生
中央歯科衛生士調理製菓専門学校 学生
中央調理製菓専門学校 学生
名古屋調理師専門学校 学生
名古屋福祉専門学校 学生
伊勢調理製菓専門学校 学生
大阪城南女子短期大学 学生
梅花女子大学 学生
日本調理製菓専門学校 一般・学生
神戸国際調理製菓専門学校 学生
育成調理師専門学校 学生
奈良調理短期大学校 一般・学生
松江栄養調理製菓専門学校 一般・学生
西日本調理製菓専門学校 一般・学生
広島酔心調理製菓専門学校 学生
YIC調理製菓専門学校 学生
愛媛調理製菓専門学校 一般・学生
RKC調理製菓専門学校 学生
北九州調理製菓専門学校 一般・学生
西九州大学佐賀調理製菓専門学校 一般・学生
九州文化学園調理師専修学校 一般・学生
田北調理師専門学校 学生
都城調理師高等専修学校 学生
沖縄調理師専門学校 学生
琉球調理製菓専門学校 学生

(参考:全国調理職業訓練協会)

3級の講習会・試験は全国各地で開催されています。

学生だけでなく、一般向けの講習会も多く、受験しやすい試験です。

1・2級を開催する会場は以下の通りです。

1・2級は対応している会場が限られているので、通学や受験が難しい場合もあるでしょう。

上位級を目指す方は、講習会への参加が可能か、事前に確認しておくことが大切です。

2024年の講習会・試験日については公式HPでは公表されていません。

各会場で開催日・開催日程が異なるので、受験希望者は直接施設に問合せましょう。

介護食アドバイザーは独学で取得できる?

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

結論からいうと、介護食アドバイザーの資格は、独学で取得できません。

資格取得には、指定講座であるキャリカレの介護食アドバイザー資格取得講座を受講する必要があります。

介護食アドバイザーの試験詳細は以下の通りです。

主催団体 日本能力開発推進協会
受験資格 指定講座の受講
受験料(通信講座受講料込み) 5,600円(税込)
受験方法 在宅受験
試験日程 随時

(参考:日本能力開発推進協会)

介護食アドバイザーの試験は、自宅受験が可能であり、出題範囲は指定講座の学習カリキュラムに含まれることから、試験の難易度は低く、初心者でも取得しやすい資格といえます。

しかし、資格を取得するためには、通信講座の受講が必須であり、資格の取得方法が限られているので注意しましょう。

介護食アドバイザーの取り方

(引用元:キャリカレ公式HP)

介護食アドバイザーを取得するためには、指定講座であるキャリカレの介護食アドバイザー資格取得講座の受講が必要です。

通信講座の詳細は以下の通りです。

講座名 キャリカレ・介護食アドバイザー資格取得講座
取得できる資格
  • 日本能力開発推進協会「介護食アドバイザー」
費用
  • 介護食アドバイザー資格取得講座/39,600円(税込)
    ※キャンペーン価格:30,100円(税込)【4月15日まで】
教材
  • テキスト
  • 学習ガイド
  • 介護食レシピ
サポート
  • 質問制度
  • キャリアコーディネートサポート
学習期間 3ヶ月

学習期間は3ヶ月で、テキスト学習を中心に試験対策を進められます。

講座内の疑問点は、質問制度を利用して24時間いつでも確認できるのがメリットです。

また、資格取得後のキャリアを相談できるキャリアコーディネートサポートも利用できることから、就職・転職に不安がある方でも安心して受講できる通信講座といえるでしょう。

講座受講後の試験は、在宅受験が可能です。

試験日を待つ必要がなく、随時試験を受け付けているので、短期間・短時間に介護食の資格取得を目指したい方にもおすすめです。

介護食アドバイザーにおすすめのテキスト・本

介護食アドバイザーの資格は公式のテキストを販売していません。

しかし、介護食の理解を深め、資格取得に向けて知識を効率よく取得するためには、本やテキストを副教材として利用する方法がおすすめです。

介護食アドバイザーの資格取得におすすめのテキストや本を紹介します。

かむ・飲み込むが難しい人の食事

(引用元:Amazon.co.jp)

テキスト名 かむ・飲み込むが難しい人の食事
価格 1,870円(税込)
特徴
  • 簡単に調理できる介護食レシピを126種類掲載
  • 嚥下障害食に対応した調理法や手順・ポイントを分かりやすく学べる

(上記は2024年4月時点の情報です。)

介護食の調理の工夫から、食材別の調理テクニックまで、実践的な内容が学べる一冊です。

嚥下食を簡単においしく作るためには、どのような調理器具や具材を使用すればいいのか、手順やポイントを写真や図表を多用して分かりやすく解説しています。

また、介護食アドバイザーに必要な、介護食の調理テクニックはもちろん、毎日の食事作りに役立つレシピが126種類も掲載されているので、資格取得後も活用できるでしょう。

資格取得や自宅介護に役立つテキストや本をお探しの方におすすめです。

家庭でできる高齢者ソフト食レシピ

(引用元:Amazon.co.jp)

テキスト名 家庭でできる高齢者ソフト食レシピ
価格 1,760円(税込)
特徴
  • ソフト食のレシピを全81種類掲載
  • オールカラーで見やすく、調理法や食事管理、ソフト食作りのテクニックが学べる

(上記は2024年4月時点の情報です。)

飲み込みが困難な方でも食べやすいソフト食のレシピを中心とした本です。

咀嚼・嚥下しやすいだけでなく、免疫力アップや低カロリーなど、健康管理にも気を配ったレシピが掲載されています。

また、介護食にありがちな、見た目や味の問題を解決し、高齢者がおいしく楽しく食事が摂れるような工夫も学べます。

介護食アドバイザーに必要な介護食の調理法や食事管理、また食事の質を上げるためのテクニックを学び、資格取得後も介護食の調理で活用できるでしょう。

きざみ食・ミキサー食以外の介護食について学びたい方におすすめです。

介護食の資格の年収・給料

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

介護食の資格を活かした活躍分野は多岐に渡るので、就業場所や就業形態によっても年収や給料は異なります。

また、取得する資格によっても、得られる知識や技術が異なるので、平均的な年収や給料に差が生まれる可能性もあるでしょう。

介護食の資格の中でも、就職や転職に活用しやすい下記の資格の年収・給料を比較しました。

  • 介護食マイスター・介護食作りインストラクターの年収・給料
  • 介護食コーディネーターの年収・給料
  • 介護食士の年収・給料

専門性が高く、取得の難易度が高い介護食士の資格は、調理師や管理栄養士との資格と合わせて取得することで、安定的な収入が期待できます。

一方で、介護食マイスター・介護食作りインストラクター・介護食コーディネーターの資格は、仕事に直結するスキルを習得でき、キャリアアップも期待できます。

各資格の年収・給料を紹介するので、就職・転職時や資格選択の参考にして下さい。

介護食マイスター・介護食作りインストラクターの年収・給料

介護食マイスター・介護食作りインストラクターの給料・年収に関する、明確なデータはありません。

就職場所や就業形態によっても、給料は大きく変わるでしょう。

一例として、学研の情報サイト健達ネットに紹介されている介護食マイスター・介護食作りインストラクターとして働く人の平均月収を紹介します。

資格名 資格保有者給与
介護食マイスター 平均261,600円
介護食インストラクター 平均261,600円

(参考:学研の情報サイト健達ネット)

就業形態や場所を問わず、資格取得者の平均月収は、約26万円といわれています。

主な就職場所は介護施設や病院で、なかには介護食を提供する企業で研究・開発や調理に携わる方もいます。

正社員として就職すれば、安定的な収入が得られるでしょう。

介護食コーディネーターの年収・給料

介護食コーディネーターの資格は、通信講座の受講によって取得できます。

資格取得後は、介護施設や病院での介護食の調理や提供に役立ちます。

資格名 資格保有者給与
介護食コーディネーター 平均261,600~311,600円
介護食アドバイザー 平均29~36万円

(参考:学研の情報サイト健達ネット)

学研の情報サイト健達ネットに紹介されている介護食コーディネーターとして働く人の平均月収は約26~31万円です。

調理師や管理栄養士とのダブルライセンスを取得する方も多く、活躍の場も広いので、安定した月収が得られるでしょう。

介護食士の年収・給料

介護食士の年収は、就業先や就業形態、または調理師や管理栄養士などそのほかの資格を持っているかによっても異なりますが、一般的に300万円前後です。

介護食士の平均年収は300万円前後といわれています。

(引用元:学研情報サイト健達ネット)

ダブルライセンスを取得している方や、資格取得によってキャリアアップが可能な場合は、さらに収入を伸ばすことも可能です。

主な就職先は、介護施設や病院の厨房や飲食店などがありますが、正社員として雇用されれば、専門的な知識・技術を活かし、安定した収入を得られるでしょう。

介護食の資格取得者の活躍分野・仕事内容

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

介護食の資格を取得するとどのような仕事に活かせるのか、具体的な仕事内容・活躍分野を紹介します。

代表的な仕事内容・活躍分野は以下の3つです。

  • 介護施設や病院で働く
  • 介護食を取り扱う企業で働く
  • 介護食の講師・インストラクターとして働く

介護食の資格は介護施設や病院で介護食の調理・提供をする仕事に役立ちます。

また、介護食を取り扱う企業では、介護食の研究・開発に携わるだけでなく、利用者に介護食を提供する際にアドバイスをするなど、サービス向上のためにもつながるでしょう。

さらに、講師として開業・独立すれば、介護食に関する教室やセミナーも開講できます。

介護食の資格取得後は、介護施設や病院で働くだけでなく、介護食を提供する企業で働いたり、講師として活動したりと、幅広い分野で活躍できます。

取得した資格を有効活用するためにも、資格をどのように活かしたいのか、どのような職業に就きたいのか、資格取得後の活動をイメージしておくことが大切です。

「SARAスクールの介護食資格取得講座」では、介護の現場で役立つ介護食マイスターと介護食作りインストラクターの資格を取得できます。

介護食資格を活かして就職・転職を考えている方や講師・インストラクターとして独立を考えている方にもおすすめです。

介護施設や病院で働く

介護食の資格は、介護食の知識や調理法などの即戦力となる技術を習得できるので、介護施設や病院で介護食の調理・提供の際に活用できます。

特に介護施設や訪問介護などでは食事が欠かせないものですが、多くの人は専門知識がなく、限られた知識で食事の準備をすることも少なくありません。そういった現場では、介護食の正しい知識と技術はすぐにでも必要とされています。また、介護食の資格を取得しておくと、病院での管理栄養士などとしても活躍することができます。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

高齢者の食事は、一人ひとりの症状や嚥下・咀嚼機能の低下に伴う食事の状況が異なるので、適切なケアや調理法の工夫が求められます。

専門知識があれば、臨機応変に対応でき、より良いサービスの提供や生活の質の向上にもつながるでしょう。

また、介護従事者は資格取得によってスキルアップやキャリアアップも可能です。

調理だけでなく、食事介助や高齢者の体の変化・適切な対処法についても知識を習得できるので、介護サービス全般で役立つでしょう。

介護食を取り扱う企業で働く

介護食の資格は、介護食を提供する企業や飲食店でも活用できます。

現在、介護食のマーケットは急拡大中。そのため、メーカーでは使いやすい介護食の開発が急務となっています。もし介護食の資格を取得すれば、商品開発やメニュー開発の現場でも役立つと考えられます。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

介護食のニーズは年々高まり、介護食を提供する企業やサービスも拡大しています。

介護食の栄養管理や調理法についてプラスαの知識があれば、介護食の研究・開発の分野で活躍できるでしょう。

また、介護食を利用者に提供する際にも、有資格者であれば介護食の選び方や食事の摂り方について、適切な指導やアドバイスができます。

介護食の資格は、介護食サービスを提供する企業においても有効活用できる資格であり、ニーズが拡大している現代で、将来性が高い分野といえます。

介護食の講師・インストラクターとして働く

介護食の資格を取得すれば、独立・開業し、講師やインストラクターとして働くことも可能です。

資格取得後は介護食作りインストラクターとして自宅やカルチャースクールなどで講師として活躍することも可能です。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

介護を必要とする高齢者を持つ家庭では、食事法や食事管理に悩む方も多く、プロによる指導や講座の開講が求められています。

また、介護食の作り方や食事・栄養管理に関係する教室・セミナーは、介護する家族だけでなく、将来を見据えて、幅広い年齢層に向け、発信することも可能です。

介護食のニーズは高く、活躍の場も多岐に渡ることから、講師やインストラクターとしても独立・開業しやすい資格といえます。

「諒設計アーキテクトラーニングの介護食マイスター®W資格取得講座」では、介護食の講師・インストラクターとして活躍できる介護食作りインストラクターの資格を取得できます。

介護食のプロとして、多方面で活躍したい方におすすめです。

介護食資格に関するよくある質問

介護食の資格に関するよくある質問をまとめました。

  • 介護食士は国家資格?民間資格?
  • ユーキャンで介護食士と介護食アドバイザーの資格は取得できる?
  • 介護食士の資格取得に役立つ講習会はある?
  • 介護食アドバイザーと管理栄養士の違いは?
  • 介護食アドバイザーの資格取得は難しい?
  • 介護食アドバイザーの仕事内容は?

資格選択や通信講座選びの参考にして下さい。

介護食士は国家資格?民間資格?

(引用元:全国調理職業訓練協会)

介護食士は、全国調理職業訓練協会が認定する民間資格であり、国家資格ではありません。

介護食士の資格概要は以下の通りです。

主催団体 全国調理職業訓練協会
受験資格
  • 3級:誰でも受験可能
  • 2級:介護食士3級の合格者
  • 1級:介護食士2級の合格者であり、2年以上介護調理の実務に従事した25歳以上の方
受験料(認定審査料) 約70,000~90,000円(税込)
受験方法 会場受験(筆記・実技)
試験日程 会場ごとで異なる

(参考:全国調理職業訓練協会)

介護食士は、1〜3級までの階級があります。

3級には受験資格がありませんが、1・2級には受験資格があるので、受験を希望する方は条件を満たしているか、事前に確かめておきましょう。

また、資格取得のためには、指定の講習会に参加するか、専門学校に通学し、指定講座を受講する必要があります。

通信講座や独学では、取得できないので、注意が必要です。

ユーキャンで介護食士と介護食アドバイザーの資格は取得できる?

(引用元:ユーキャン公式HP)

結論からいうとユーキャンでは、介護食士と介護食アドバイザーの資格は取得できません。

ユーキャンで介護食の資格を取得したい方は、介護食コーディネーター資格取得講座がおすすめです。

ユーキャンの介護食コーディネーター資格取得講座の詳細は以下の通りです。

講座名 ユーキャン・介護食コーディネーター資格取得講座
取得できる資格
  • 日本味覚協会認定「介護食コーディネーター」
費用
  • 介護食コーディネーター資格取得講座:29,000円(税込)
教材
  • メインテキスト2冊
  • DVD1枚
  • 旬の食材ポスター
  • ガイドブック
  • 添削
  • 検定試験
サポート
  • 質問サポート(1日3問まで)
  • 添削指導
  • 受講期間延長制度(6ヶ月まで)
学習期間 3ヶ月

(参考:ユーキャン公式HP)

テキスト学習を中心に、介護食の基礎から調理法まで、実践的なスキルを取得できます。

また、eラーニングを利用でき、隙間時間を利用して資格取得を目指せるのがメリットです。

介護食士の資格は、通信講座での取得に対応していません。

資格を取得するためには、指定講習会の受験か専門学校での講座受講が必須です。

一方で、介護食アドバイザーの資格においてはキャリカレの介護食アドバイザー資格取得講座を受講することで、取得できます。

介護食士・介護食アドバイザー・介護食コーディネーターは、いずれも介護食に関する資格ですが、資格取得方法に違いがあるので、それぞれ比較し、自分に合った資格を選択しましょう。

ユーキャンのHPで講座詳細を見る

介護食士の資格取得に役立つ講習会はある?

介護食士の資格取得のためには、指定の講習会に参加する必要があります。

講習会は、講義形式で開催され、オンラインでの実施はありません。

介護食士の1〜3級の資格取得に対応している講習会は、全国各地で開催されていますが、階級によって、講習会の実施場所が異なるので注意しましょう。

また、開催日時に関しても、各開始場所で異なるので、受講を希望する方は施設に直接問い合わせが必要です。

介護食アドバイザーと管理栄養士の違いは?

介護食アドバイザーと管理栄養士は、どちらも介護食について学べる資格ですが、介護食アドバイザーは民間資格、管理栄養士は国家資格です。

また、受験資格や試験内容にも大きな違いがあります。

介護食アドバイザーと管理栄養士の試験内容の違いは以下の通りです。

資格名 介護食アドバイザー 管理栄養士
主催団体 日本能力開発推進協会 厚生労働省
受験資格
  • 指定講座の受講
  • 管理栄養士養成施設(4年)の修了者
  • 栄養士養成施設(4年)の修了、かつ栄養士の実務経験1年以上
  • 栄養士養成施設(3年)の修了、かつ栄養士の実務経験2年以上
  • 栄養士養成施設(2年)の修了、かつ栄養士の実務経験3年以上
受験料(認定審査料) 5,600円(税込) 6,800円(税込)
受験方法 在宅受験 会場受験(北海道・宮城・埼玉・東京・愛知・大阪・岡山・福岡・沖縄)
試験日程 随時 2024年3月3日(日)

介護食アドバイザーは通信講座を利用して短期間で資格取得が目指せます。

一方で、管理栄養士を取得するためには、学歴や実務経験の条件を満たすことが必須です。

資格取得のためには、長期的な学習計画が必要であり、通信講座や独学では取得できないので、注意しましょう。

介護食アドバイザーは、通信講座を利用し、初心者でも3ヶ月で資格取得を目指せることから、比較的易しい試験といえます。

短期間に効率よく資格を取得したい方におすすめです。

管理栄養士は専門性が高く、資格取得まで長期的な学習が必要なため、計画的に試験対策を進める必要があります。

就職・転職に有利な資格を取得したい方や、多方面で活躍したい方に最適です。

介護食アドバイザーの資格取得は難しい?

(引用元:キャリカレ公式HP)

介護食アドバイザーの資格は、通信講座を利用して、初心者でも約3ヶ月の学習で取得を目指せることから、比較的易しい試験といえます。

明確な合格率は発表されていませんが、在宅試験が可能で、教材の持ち込みも可能なことから、難易度は低いと予想できるでしょう。

介護食アドバイザーの資格を取得したい方は、指定講座であるキャリカレの介護食アドバイザー資格取得講座の受講が必要です。

講座内容は以下の通りです。

講座名 キャリカレ・介護食アドバイザー資格取得講座
取得できる資格 日本能力開発推進協会「介護食アドバイザー」
費用
  • 介護食アドバイザー資格取得講座/78,800円(税込)
教材
  • テキスト
  • 学習ガイド
  • 介護食レシピ
サポート
  • 質問制度
  • キャリアコーディネートサポート
学習期間 3ヶ月

試験に向けて、講座内で疑問点があれば質問制度を利用してすぐに確かめられます。

学習カリキュラム・サポートが充実しているので、初心者でも無理なく資格取得が目指せるでしょう。

キャリカレのHPで講座詳細を見る

介護食アドバイザーの仕事内容は?

介護食アドバイザーの仕事内容は、以下の通りです。

  • 介護施設や病院で介護食を調理・提供する
  • 介護食を取り扱う企業で働く
  • 介護食の講師・インストラクターとしてセミナーや教室を開く

主な仕事内容は、介護施設や病院、飲食店で介護食の調理や提供に携わることです。

介護食の調理法や食事介助、栄養管理のスキルは、介護の現場で即戦力となります。

また、介護食サービスを提供する会社で、介護食の研究・開発をする仕事や介護食の専門知識を活かして、教室を開くなど、講師としての活動も可能です。

介護食アドバイザーの資格は、介護食に関係する職場でマルチに活用できる資格といえるでしょう。

介護食資格のおすすめ:まとめ

介護食に関係する資格や、資格取得が目指せるおすすめの通信講座を紹介しました。

介護食の資格は、介護施設や病院で介護食を調理・提供する介護サービスのスキルアップに役立つだけでなく、自宅介護でも活用できるおすすめの資格です。

資格取得に向けて効率よく学習し、確実に資格を取得するには、通信講座を有効活用するといいでしょう。

介護食の資格取得におすすめの通信講座は以下の7社です。

学校名 料金 取得できる資格 学習期間
SARAスクール 介護食資格取得講座

  • 基本コース/59,800円(税込)
  • プラチナコース/79,800円(税込)
  • 日本安全食料料理協会(JSFCA)「介護食マイスター®」
  • 日本インストラクター技術協会(JIA)「介護食作りインストラクター®」
6ヶ月
諒設計アーキテクトラーニング 介護食マイスター®W資格取得講座

  • 基本講座/59,800円(税込)
  • スペシャル講座/79,800円(税込)
  • 日本安全食料料理協会(JSFCA)「介護食マイスター®」
  • 日本インストラクター技術協会(JIA)「介護食作りインストラクター®」
6ヶ月
キャリカレ
  • 介護食アドバイザー資格取得講座/78,800円(税込)
  • 日本能力開発推進協会「介護食アドバイザー」
3ヶ月
ユーキャン
  • 介護食コーディネーター資格取得講座/29,000円(税込)
  • 日本味覚協会認定「介護食コーディネーター」
3ヶ月
フォーミー(formie)
  • 介護食コンサルタント資格取得講座/35,200円(税込・一括)
  • 介護食コンサルタント資格取得講座/3,980円(税込・月額)
  • 日本能力教育推進協会(JAFA)認定「介護食コンサルタント」
1ヶ月~
東京カルチャーセンター
  • 介護食アドバイザー養成通信講座/39,800円(税込)
  • 介護食アドバイザー養成通信講座:39,800円(税込)
6ヶ月
ラーキャリ
  • 介護食プランナー資格取得講座/49,500円(税込)
  • 日本技能開発協会認定「介護食プランナー」
3週間~

介護食の資格は、通信講座を利用することで、最短約1ヶ月で資格取得を目指せます。

ユーキャンやフォーミーは、低コストで資格取得を目指せるおすすめの通信講座です。

eラーニングを利用でき、隙間時間に効率よく資格を取得できます。

キャリカレ・ラーキャリでは、約1~3ヶ月で資格が取得できるので、最短ルートで資格が欲しい方に最適でしょう。

SARAスクール諒設計アーキテクトラーニングでは、「介護食マイスター®」と「介護食作りインストラクター®」の2資格が同時に取得できます。

また、質問制度や添削指導など、学習サポートが充実しているので、初心者でも無理なく学習を継続できます。

仕事でもプライベートでも役立つ知識を学びたい方や効率よく資格を取得したい方、多方面で活躍したい方におすすめです。

記事を参考にして、自分に合った通信講座を見つけ、効率よく介護食の資格取得を目指しましょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

編集者

キャリアコンサルタントの国家資格を所有しています。実際に資格取得で役に立った情報をお届けしていきますので、これから資格取得を考えているあなたの手助けができれば幸いです。

マイベストプロ掲載ページ

キャリコンサーチ掲載ページ

目次