社会保険給付金と失業保険の違いは?お金のプロが解説

退職代行

社会保険について、保険料は勝手に取られてしまいますが、お金をもらうことについては大変複雑ですよね。

社会保険の中にいくつもの個別の保険がありますし、それぞれからもらえる給付金も異なります。

そのため働けなくなっても社会保険からもらえるお金はあるのですが、どの保険のどの手当を申請すればよいのか分かりづらい難点がありますよね。

ここでは社会保険給付金についてお金の専門家である筆者がお伝えします。

一般的に言われる失業保険とは何か、失業保険との違いは何かについても解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

本記事の監修者
萩原 伸一郎
ファイナンシャルプランナー(FP)資格を持ち、東証一部上場企業に入社。資産形成、資産運用、個人のライフプランニングなどを経験。これまでに1000名以上の退職後のお金や退職代行に関する相談などを対応した経験から、社会保険や失業保険についてわかりやすく解説しています。

<退職後のお金がつらい人必見!>
「退職コンシェルジュ」で最大28か月分の給付金を受け取ろう!

「仕事を辞めたいけれど、退職後の生活を考えるとなかなか踏み出せない・・・。」

「退職後に失業保険や傷病手当を受給したいけど、申請の方法や受給要件がよくわからない・・・。」

今の会社を辞めたいと考えていても、退職後のお金の不安で一歩を踏み出せない人は多いです。

退職後に活用できる保険や給付金については、そもそも知らない人が多い上に、申請方法や条件がわかりづらく諦めてしまった人もいるはず。

そういった人にぜひ活用して欲しいのが、退職後の悩みを総合的にサポートしてくれる「退職コンシェルジュ」です。

退職後、最大28か月の長期に渡り社会保険(失業保険+傷病手当)給付金が受け取れるよう丁寧にサポートしてくれます。

退職コンシェルジュに支払う手数料は、もらえる給付金の10%-15%にあたるため損をするリスクはありません。

退職後のお金に悩んでいる人は、ぜひ気軽に相談してみてください。

社会保険給付金は社会保険からもらえるお金の総称

社会保険給付金とは何かについて、言葉からイメージはできるけれど聞いたことがないという方は多いでしょう。

社会保険給付金とは、社会保険からもらえる給付金の総称を指します。

厳密には社会保険から給付金を受け取るサポートをしている企業が定めた造語となりますが、意味は十分伝わりますよね。

失業保険は雇用保険と同じ

失業保険は雇用保険と同じ

社会保険給付金に対して失業保険とは具体的に何なのでしょうか。

馴染みのある失業保険という言葉ですが、これも実は正確ではありません。

失業保険は正確には雇用保険となります。

雇用保険における基本手当のことを、失業保険や失業手当と一般的に呼んでいるわけですよね。

法律的に正しい用語でなくても意味は伝わりますが、しっかりと申請していくためには正確な言葉も知っておくことをおすすめします。

失業保険は社会保険給付金に含まれる

失業保険は社会保険給付金に含まれる

ここまで見てきた通り、失業保険も社会保険給付金も一つの呼び方となります。

そのためここで全体像を整理しましょう。

社会保険の中に、雇用保険や健康保険、他にも年金保険、介護保険、労災保険も含まれます。

この雇用保険から基本手当を受け取ることが、失業保険や失業手当と呼ばれているものですよね。

そして社会保険からの給付金という位置づけにもなります。

結論として有名な失業保険は社会保険給付金に含まれると言えるでしょう。

失業保険をもらう手順

次に失業保険をもらう条件を見てみましょう。

つまり雇用保険の基本手当を受け取る方法ですね。

失業保険をもらう手順1.ハローワークに資料を提出

失業保険をもらうためには、ハローワークに資料を提出しハローワークに通う必要があります。

失業保険にはハローワークに行かないといけないといった話は聞いたことがあるでしょう。

なぜハローワークが必要かというと、失業保険とは失業したら誰でももらえるわけではなく、失業したけれどまだ働ける能力があり、かつ働く意思のもと就職先を探していることが条件となるためです。

ですからハローワークに通って働く姿勢を示すことが結果的に必要と言えます。

ハローワークで資料を提出しなければ、何もしなくても当然お金が振り込まれるなどということは絶対にありません。

失業保険をもらう手順2.受給説明会に参加

雇用保険の基本手当をもらうためには、受給説明会に参加する必要があります。

前述の通り、社会保険からお金をもらうためには自分から申請をして条件を満たす必要があります。

受給説明会に参加して手順を踏む必要があります。

失業保険をもらう手順3.失業認定を受ける

失業認定を受けることで失業保険はもらえます。

失業したら誰でも自動でお金がもらえるわけではありませんし、一方で申請さえすれば誰でも振り込まれても不正受給が生まれますよね。

しっかりと手順を踏んで認定されることで、雇用保険の基本手当がもらえる仕組みとなります。

社会保険給付金は失業保険だけではない

ここまで失業保険、正確には雇用保険の基本手当について説明してきました。

失業保険だけならば自力で取った方も多いですよね。

3か月もらった話や、失業保険のためにハローワークに通っている話はよく耳にします。

しかし社会保険からもらえるお金については失業保険だけではないことをご存じでしょうか。

先ほどお伝えした通り、そもそも社会保険は雇用保険だけではありません。

ここでは失業保険よりも長期でもらえる可能性がある傷病手当についてもお伝えします。

傷病手当も社会保険に入っていればもらえる可能性

傷病手当も社会保険に入っていればもらえる可能性

社会保険には雇用保険だけではなく健康保険などもあるとお伝えしました。

失業保険と呼ばれるものは雇用保険を指すと解説しましたが、他にももらえるお金があることをご存じでしょうか。

病気やケガの場合、社会保険の健康保険から、傷病手当金がもらえるケースがあります。

失業保険であれば自己都合退職ですと3か月ほどしか支給されないことが多いですが、傷病手当金ならばさらに長い年月もらえることがあります。

その分複雑で条件も細かいですが、失業保険以外にももらえるお金があることは嬉しいですよね。

社会保険給付金を自力で受け取ることは難しい

ここまで解説してきた通り、社会保険にはいくつもの種類があり、それ故に失業保険や傷病手当金なども社会保険からもらえると言えます。

しかし一方で全てを一人で理解して、一人で申請を無事通すことは難しいことも理解しましょう。

失業保険だけならば個人でも可能ですが、傷病手当金などを含めて最大限に社会保険を活用することは知識のない個人では大変な作業となりますよね。

手続きミスがあれば全くもらえない

手続きミスがあれば全くもらえない

個人での社会保険給付金申請が難しい理由として、例えば窓口に行けば親切丁寧に教えてくれるわけではないですし、代わりに修正してもらえるわけでもありません。

それどころかミスをすれば申請できずに1円にもならない事態になりかねません。

最悪の場合、不正受給というリスクもありますよね。

社労士に頼むケースもあるくらいです。

一人で取り組む場合はぜひ注意してください。

失業保険以上に期間も金額ももらえる可能性がある

失業保険をもらうことは決して否定しません。

仕事を探している人には有益な制度です。

しかし失業保険だけではもったいない理由もあるため解説します。

失業保険だけでは3か月ほどしかもらえない

失業保険は年齢や社会保険の加入期間によってもらえる期間が異なります。

若い方は一般的に3か月ほどしかもらえないでしょう。

最大でも約11か月となります。

失業保険より期間も金額も多くもらえる可能性

3か月ほどしかもらえない失業保険では心もとない方は多いでしょう。

期間も金額もより多くもらえる資格があるにも関わらず、知らないために申請しないのはもったいないですよね。

他に申請できる制度がないか調べることは重要です。

社会保険給付金はプロのサポートがおすすめ

このように社会保険給付金は社会保険に1年以上加入してきた方ならば受け取れる可能性がある、大事な制度です。

しかしほとんどの方が制度を理解していませんし、さらに自力で申請を通すとなるとほとんど不可能と言えるかもしれません。

失業手当だけではない点が、長期で高額の給付金を受け取るためのポイントとなります。

以上を考えると社会保険給付金については、自分の時間や労力を費やすのではなく、プロにサポートしてもらうことをおすすめします。

社会保険給付金をサポートしてもらえる「退職コンシェルジュ」

社会保険から最大2年ほどの給付金をもらうためには複数の社会保険を組み合わせる必要があるため、知識がない人にはかなり厳しく、実際に加入者の0.5%しかそもそも社会保険から受給できていないというデータがあるくらいです。

そのためもし社会保険から給付金を得たいという方は、社会保険の申請をプロにサポートしてもらえる「退職コンシェルジュ」がおすすめできます。

すでに1,700人が給付金をもらえた実績がある退職コンシェルジュ

複数の社会保険を申請者に合わせてアドバイスし、その人が最大限に給付を受けられるようサポートする「退職コンシェルジュ」という社会保険給付金サポートサービスが評判です。

自分1人で全てを調べて社会保険を隅々まで把握し、申請を通すことはほとんどの人には難しいと言えますし、労力や時間も相当な負担となるでしょう。

退職コンシェルジュはすでに1,700人が給付金をもらえた実績がありますので、サポートを依頼した方がはるかに効率的かつ有益ですし、信頼性もすでに高いです。

退職コンシェルジュの手数料は受け取れる給付金の10%から15%(損をするリスクはない)

社会保険給付サポートサービスとして退職コンシェルジュをおすすめできる理由は、すでに3年以上サービスを継続しており、1,700人の受給実績がありながらトラブルはなく、満足度は98%としているためです。

また重要な手数料については、受け取れる給付金の10%から15%を目安に設定しておりますので、サポートの代金は払ったけれど給付金が受け取れないような損をするリスクはないと言えるでしょう。

手数料で損をするリスクは絶対に確認する必要がありますが、申請者にとっては得しかしない仕組みとなっていますよね。

トラブルゼロで、98%の満足度ですのでまず大丈夫ですし、万が一にでも給付金を受け取れなかった場合は全額返金保証も付いていますのでぜひ安心してください。

退職コンシェルジュの運営会社情報

退職コンシェルジュはCREED BANK株式会社が運営している社会保険給付金サポートの名称です。

CREED BANK株式会社は設立から4年以上経っている企業で、退職コンシェルジュのサービスだけでも3年以上継続しており、すでに1,700人の実績があるため申し分ありませんよね。

事業内容は社会保険給付金サポートだけではなく通信や不動産、Web事業も手掛けていて安定企業でしょう。

弁護士と社会保険労務士を顧問にした上でサービスを運営していますし、会社の信頼性についてもまず問題ありません。

CREED BANK株式会社の会社概要

会社名

CREED BANK株式会社

設立

2016年9月2日

代表者名

磯田 幸四郎

社員数

15名(2020年2月1日現在)

資本金

35,000,000円(資本準備金含む)

所在地

〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-14-8 東海池袋ビル8階EAST

登録・許可・免許

《宅地建物取引業者免許番号》東京都知事(1)第101693号
《有料職業紹介事業許可番号》13-ユ-309378
《プライバシーマーク付与事業者登録番号》第10862685(02)号

事業内容

·        人材事業

有料職業紹介 / 退職コンシェルジュ

·        通信事業

法人携帯 / Pocket Wi-Fi

·        不動産事業

投資用マンション / 住居用賃貸

·        クリエイティブ事業部

グラフィック / WEB制作 / 動画制作

顧問弁護士

弁護士法人ワンピース法律事務所

顧問社会保険労務士

社会保険労務士事務所タスクフォース

まとめ

社会保険は保険料は強制的に取られる一方で、いざ給付となると大変複雑ですよね。

社会保険はいくつも種類がありますし、給付金や申請要件も複雑になっています。

ここでお伝えした雇用保険の基本手当や健康保険の傷病手当も分かりにくいですよね。

申請ミスして一切お金がもらえないリスクもあるため、初めからプロのサポートを頼むこともぜひおすすめします。

参考にしてもらえれば幸いです。

<退職後のお金がつらい人必見!>
「退職コンシェルジュ」で最大28か月分の給付金を受け取ろう!

「仕事を辞めたいけれど、退職後の生活を考えるとなかなか踏み出せない・・・。」

「退職後に失業保険や傷病手当を受給したいけど、申請の方法や受給要件がよくわからない・・・。」

今の会社を辞めたいと考えていても、退職後のお金の不安で一歩を踏み出せない人は多いです。

退職後に活用できる保険や給付金については、そもそも知らない人が多い上に、申請方法や条件がわかりづらく諦めてしまった人もいるはず。

そういった人にぜひ活用して欲しいのが、退職後の悩みを総合的にサポートしてくれる「退職コンシェルジュ」です。

退職後、最大28か月の長期に渡り社会保険(失業保険+傷病手当)給付金が受け取れるよう丁寧にサポートしてくれます。

退職コンシェルジュに支払う手数料は、もらえる給付金の10%-15%にあたるため損をするリスクはありません。

退職後のお金に悩んでいる人は、ぜひ気軽に相談してみてください。

萩原伸一郎

ファイナンシャルプランナー(FP)資格を持ち、東証一部上場企業に入社。資産形成、資産運用、個人のライフプランニングなどを経験。 これまでに1000名以上の退職後のお金や退職代行に関する相談などを対応した経験から、社会保険や失業保険についてわかりやすく解説しています。

退職代行
ライフスタイル
タイトルとURLをコピーしました