即日退職は違法?パートやバイトでも違法にならない?人事のプロが徹底解説

退職代行

即日、今すぐにでも会社を辞めたい人はどうすればよいのでしょうか。

即日退職したい理由は人それぞれで、ハラスメントに耐えられないなど自分の心身のために辞めたい方もいるでしょう。

即日退職できる方法をこの記事ではお伝えしていきますが、気を付けなければ違法になる場合もあります。

またバックレ行為は退職ですらなく、損害賠償請求されるケースまであるため絶対におすすめしません。

人事歴の長い筆者が解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事の監修者
山本圭佑

慶應義塾大学卒業。東証一部上場企業の人事部に入社し、人事労務、人材開発、新卒採用、中途採用、人事システム業務など人事領域全般を経験。

500人以上の人事キャリアと労務を担当し、昇格昇進、給与賞与、管理職育成、退職と採用、ハラスメントや懲戒などの労務問題まで対応してきた経験から、退職代行についてわかりやすく解説しています。

☆即日退職できるおすすめ退職代行☆

「辞めるんです」⇨即日退職+手厚くサポートして欲しい人におすすめ

  • 即日退職可&退職率100%、27,000円(税込)と相場より安い。
  • LINEで気軽に依頼ができる上に、対応が基本1分以内で返ってくる点も高評価。
  • 後払いもOKで全額返金保証付き、24時間365日対応。
  • 専門スタッフに無制限で相談できるサポート体制抜群の退職代行。

 

即日退職は違法になる可能性

即日退職について一番気になるのは、何かトラブルになるのか、違法になってしまうリスクはあるのかという点ですよね。

違法になった場合は最悪訴えられてしまうわけです。

結論を言うと、即日退職は絶対に違法というわけではありませんが、気を付けなくては違法になるリスクもあります。

複雑ですのでここで説明していきます。

正社員(期間の定めがない社員)は2週間前に申告が必要

正社員と呼ばれる期間の定めがない社員については、原則即日退職はできず、2週間前の申告が必要となります。

退職届は2週間前に出す必要性を聞いたことがある人もいるでしょう。

考え方を変えれば、2週間前にきちんと退職届を提出していれば原則会社が退職を拒否することはできません。

社員の退職を拒むことについては会社側に違法性がありますが、即日退職を一方的に主張して出社しないことは労働者側に違法性のリスクが発生します。

必ず注意してください。

即日退職が違法にならないケース4選

即日退職が違法になる可能性をお伝えしました。

しかし即日退職が違法にならないケースもありますので安心してください。

  • 即日でも会社が合意
  • 2週間以上有給休暇が残っている
  • 欠勤扱いを認めてもらう
  • 退職代行サービスを使う

それぞれ詳しく紹介していきます。

即日退職が違法にならないケース1.即日でも会社が合意

即日だとしても会社の合意を取れれば即日退職が可能となる場合があります。

突然辞めると言い出した場合、多くの場合は会社側の損害や引継ぎなどを考えるとすんなり認められることは難しいです。

あくまで雇用契約という契約ですので、即日一方的に解除することは望ましくないですよね。

しかし会社が合意した場合については、即日退職をしても違法性はなくなると言えます。

後からトラブルを避けるために、単に電話で辞めると言うだけではなく、退職届を出すべきということをアドバイスします。

即日退職が違法にならないケース2. 2週間以上有給休暇が残っている

2週間以上有給休暇が残っている場合、実質的に即日退職が可能となるケースはあります。

先ほどお伝えした2週間前の退職届ルールは守りつつ、退職日は2週間後にして、それまで有給休暇を消費するという仕組みです。

これならば穏便に退職できるかもしれませんよね。

注意すべきは自分の残りの有給休暇をしっかりと計算すること、会社が勝手に減らしていたりしないか確認することは必要です。

有給休暇は労働者の権利ですので会社が恣意的に減らすことは違法と言えるでしょう。

即日退職が違法にならないケース3.欠勤扱いを認めてもらう

あまり望ましくないですが、有給休暇が残っていない場合でも、欠勤扱いを認めてもらえれば即日退職が可能となるかもしれません。

欠勤ですので給料は出ませんが、それよりも今すぐ辞めることを優先したいわけですよね。

絶対におすすめできないのは無断欠勤で、バックレ行為も最悪です。

これは退職ですらなく、契約が続いているのに連絡もせず働かないことで会社に損害を与えるリスクがありますよね。

これは会社から損害賠償請求されるリスクまでありますので、絶対にやめましょう。

無断欠勤、バックレ行為は間違ってもしてはいけません。

即日退職が違法にならないケース4.退職代行サービスを使う

ここまでお伝えした会社との合意や有給休暇の消化を、個人でできればそれに越したことはありません。

しかし多くの場合、会社が拒否することや、労働法に詳しくないため会社と対等に交渉することは難しくなりますよね。

その場合、退職代行サービスを使うことをおすすめします。

退職代行サービスはあなたの代わりに業者が会社に退職の意志を伝えてくれます。

実績が豊富で一度も失敗したことのない業者も存在します。

退職代行サービスを使うことは一切違法ではありませんし、あなたの代わりに合意を取ってもらえれば即日退職もできるでしょう。

会社と会話をするのもつらい、とにかく出社したくないという方は、初めから退職代行サービスを検討してみてはいかがでしょうか。

パートやバイトの即日退職方法

ここまでは正社員を中心に即日退職についてお伝えしてきました。

それではパートやバイトの即日退職方法はあるのでしょうか。

パートとアルバイトについても説明します。

1年以上勤務のパートやバイトは即日退職が可能

パートとアルバイトについては、1年以上勤務した場合は即日退職が可能と言えます。

1年未満の場合はやむを得ない理由がないと即日退職が厳しいこともあります。

やむを得ない理由とは親の介護などですが、嘘は絶対にダメですし、1年以上勤務という点を覚えておいてください。

パートやバイトでも有給休暇で即日退職ができる

1年以上勤務のパートやバイトでなくても、有給休暇を使って即日退職できるケースもあります。

あまり知られていないことですが、パートやアルバイトでも有給休暇の権利があります。

有給休暇は勤務期間等によって与えられる権利ですので、パートだとしても自分に有給休暇の権利があるか確認してみることをおすすめします。

違法ではない即日退職したい人におすすめの退職代行サービス

ここまで見てきた通り、退職代行というプロを挟むことで即日退職できる可能性は高まります。

即日退職したい人におすすめの退職代行サービスを紹介します。

違法ではない即日退職したい人におすすめの退職代行サービス1.辞めるんです

相談可否 可能(無制限)
料金 27,000円(税込)
オプション 後払いOK、返金保証つき、有休サポート付き
顧問弁護士 あり

辞めるんですは、後発ながら7,000件の退職代行実績がある人気のサービスです。

27,000円(税込)と相場より安いにも関わらず、

  • 24時間365日対応
  • 最短即日退職可
  • 退職率100%
  • 後払いOK
  • 全額返金保証付き
  • 有休サポート付き
  • 無制限で相談可能

と、退職代行を検討している人が不安になるであろう要素がほとんど解消されるほどの充実したサービス内容になっています。

顧問弁護士から業務指導も受けているため、デメリット・欠点といえる箇所が見当たらないほどです。

「退職代行(+有休サポート)」のみを依頼したい人であれば、辞めるんですを利用しておけばまず間違いないでしょう。

辞めるんですの運営会社概要

会社名 LENIS Entertainment株式会社
電話番号 03-6279-3967
本社住所 〒169-0075
東京都新宿区高田馬場4-18-152中村ビル

違法ではない即日退職したい人におすすめの退職代行サービス2.退職代行ニコイチ

相談可否 回数無制限
料金 27,000円(税込)(退職できなければ返金保証)
オプション 有休消化、2か月アフターフォロー
退職までの日数 最短即日
実績 35,142人以上
退職率 100%

会社が退職を拒否するような対応をしてきたとしても、実績豊富な退職代行ニコイチならば問題なく退職できるでしょう。

運営会社は創業2004年なので、できたばかりの会社ではなく、すでに35,000人以上を退職させてきた豊富な実績があります。(2022年5月時点)

実績からも十分なノウハウと経験があることが分かるので、ブラック企業相手だとしても安心ですよね。

バイトでも利用できて、有休消化と2か月のアフターフォローが付いていて、退職率も100%を継続しているので、最短即日で辞めることも問題ないと言えます。

実績豊富な退職代行サービスに依頼したい方におすすめできます。

退職代行ニコイチの運営会社概要

会社名 株式会社ニコイチ
創業 2004年
退職代行店舗名 退職代行ニコイチ

まとめ

即日退職について、絶対に違法というわけではありませんが、場合によっては違法性があります。

間違っても無断欠勤やバックレ行為はやめましょう。

即日退職する方法もお伝えしましたが、退職代行サービスを使って代わりに合意を取ってもらうことも今では普及してきましたよね。

即日退職したい理由は人それぞれです。

ぜひ自分に合った方法で円満退社することをおすすめします。

☆即日退職できるおすすめ退職代行☆

「辞めるんです」⇨即日退職+手厚くサポートして欲しい人におすすめ

  • 即日退職可&退職率100%、27,000円(税込)と相場より安い。
  • LINEで気軽に依頼ができる上に、対応が基本1分以内で返ってくる点も高評価。
  • 後払いもOKで全額返金保証付き、24時間365日対応。
  • 専門スタッフに無制限で相談できるサポート体制抜群の退職代行。

 

山本圭佑

慶應義塾大学卒業。東証一部上場企業の人事部に入社し、人事労務、人材開発、新卒採用、中途採用、人事システム業務など人事領域全般を経験。500人以上の人事キャリアと労務を担当し、昇格昇進、給与賞与、管理職育成、退職と採用、ハラスメントや懲戒などの労務問題まで対応してきた経験から、わかりやすく解説しています。

退職代行
ライフスタイル
タイトルとURLをコピーしました