[PR]

オンライン完結のファクタリング会社の利用の流れを徹底解説

ファクタリング
本ページはプロモーションが含まれています。

オンライン完結ファクタリングとは、申し込みから審査、契約に至るまですべてインターネットを使用したWeb上で完結できるファクタリングサービスを指します。クラウドファクタリングと呼ばれることもありますが、両社に明確な違いはありません。

従来のファクタリングでは書類を郵送したり、契約時には面談が必要だったりと必要以上に手間や時間がかかっていました。新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、世の中のあらゆるサービスがオンライン移行に進む流れに沿って、ファクタリング業界でもオンライン完結ファクタリング会社が増えています。

近年では、個人事業主やフリーランスに対応したオンライン完結のファクタリングサービスが増えており、今後も同様に増加していくと想定されるサービスです。

この記事ではそんなオンライン完結のファクタリング会社の利用メリットや利用の流れ、具体的なおすすめファクタリング会社などを紹介していきます。

オンライン完結ファクタリングのメリット

オンライン完結ファクタリングには、オンライン特有のさまざまなメリットがあります。ここでは、オンライン完結ならではのメリット5つについて解説します。

どこからでも申し込みや利用ができる

オンライン完結ファクタリングは、インターネット環境が整っている場所であればどこからでも申し込みが可能です。また、24時間365日いつでも申し込みに対応している場合が多いため、資金が必要になったらすぐにでも申し込みができます。

そのため、従来の電話やFAXによる申し込みにしか対応していない場合よりも、圧倒的に早く資金調達までのアプローチが可能になりました。

また、これまでは地方にいてファクタリングを利用しにくい環境にいた方でも、地方にいながらすべての手続きができるため、地方在住の方にとっては余計なコストがかからないメリットもあります。

さらに、電話や対面が苦手な方でもオンライン完結ファクタリングは手軽に申し込みができるため、地方在住の方に限らず利用しやすいサービスと言えるでしょう。

手続きに時間がかからず現金化も早い

オンライン完結ファクタリングでは、Web上で申し込みを行った後、審査に必要な書類はデータでアップロードできます。

そのため、従来のように書類がファクタリング会社に届くまでの間、審査を待つ必要がありません。また、審査自体もAI審査によって短時間で済む傾向にあるため、即日で審査結果がわかる場合が多いです。

スピーディーさを売りにしているファクタリング会社であれば、申し込みから契約までをその日のうちに完了し、即日入金を可能としたケースもあります。

ファクタリングを利用したいと考えている方の中には、すぐにでも資金が必要だからという理由を挙げる方も多いのではないでしょうか。

そういった方にも、迅速な対応による資金調達を可能としたオンライン完結ファクタリングは、魅力あるサービスだと言えるでしょう。

対面よりも手数料が安い傾向にある

オンライン完結ファクタリングは、対面型ファクタリングと比較して手数料が安いのもメリットです。

従来のファクタリング会社による2社間ファクタリング手数料は、10%~20%程度の相場に対して、オンライン完結ファクタリングは10%を下回る手数料でサービスを提供している会社もあります。

安い手数料でサービスを提供できる理由は、人件費や経費を抑えているからです。電話対応のオペレーターや対面担当者にかかる人件費を抑えるとともに、審査にAIを導入することで人件費を抑えています。

また、対面であれば手続きの際に必要となるオフィスや店舗をかまえなければなりませんが、オンライン完結ファクタリングではWeb上ですべて完結するため、維持管理の経費もかかりません。

運営費を圧縮した分を手数料に還元しているため、対面よりも安い手数料でサービスを提供しても利益が出る仕組みとなっています。

他人に知られるリスクを軽減できる

ファクタリング自体は、違法ではないため堂々と利用できるサービスです。

しかし、取引先や社員にファクタリング利用を知られてしまうと、経営が苦しいのではないかと不信感を抱かれることを不安に思う経営者もいらっしゃるでしょう。

従来であれば、ファクタリング会社に足を運ばなければならないため、他人に知られてしまうリスクが少なからずありました。

一方、オンライン完結ファクタリングであれば、やり取りがすべてWeb上で済んでしまうため人目を気にすることなくファクタリングを利用できます。

これまで資金繰りが苦しくてもファクタリング利用を知られることに抵抗があり、利用をためらっていた方でも、オンライン完結ファクタリングであれば、比較的安心して利用することができるでしょう。

少額利用にも対応可能

一般的なファクタリング会社では利用下限金額を設定しているため、その下限金額を下回るファクタリングができません。なぜなら、審査から契約に至るまで金額の大小にかかわらずコストがかかっているからです。

そのため、少額利用のファクタリングでは収益が少ないことから、ファクタリング会社は「20万円から利用できます」などの利用下限金額を設定し、ある程度の金額を超えなければ利用できない仕組みになっています。

一方、オンライン完結ファクタリング会社では、申し込みや審査・契約における人件費や経費を押さえているため、少額利用にも対応している場合が多いです。

オンライン完結ファクタリング会社の中には、1万円から利用できるサービスを提供しているケースもありますので、少額だからといってファクタリングをあきらめることもないでしょう。

オンライン完結ファクタリングのデメリット

メリットが多いオンライン完結ファクタリングですが、当然ながらデメリットもあります。ここでは、オンライン完結ファクタリングにおける3つのデメリットについて解説します。

3社間ファクタリングできない場合が多い

オンライン完結ファクタリング会社では、2社間ファクタリングのみを取り扱っているケースが多いです。数が少ないながらも3社間ファクタリングを取り扱っているケースもありますが、あまりおすすめできません。なぜなら、3社間ファクタリングを選択するとオンライン完結ファクタリングのメリットが失われるからです。

3社間ファクタリングでは、売掛先に対する通知や承認が必要になるため、どうしても時間がかかってしまうので、メリットである手続きの簡素化と入金スピードが失われてしまいます。3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングよりも安い手数料で利用できるため、少しでも手数料を浮かせてファクタリングを利用したいと考えている方は、オンライン完結ファクタリング会社ではないファクタリング会社を選びましょう。

柔軟な対応が難しい

オンライン完結ファクタリングでは、主にAIによる審査が行われるケースが多いです。

このAI審査では、定められたルールに基づく審査が行われるため、少しでもそのルールから外れてしまうと審査を通過することができません。

一般的なファクタリング会社であれば、担当者が利用者の諸事情に合わせた柔軟な対応によってある程度の融通もききますが、AIにおける審査では一切通用しません。

たとえば、担当者であれば仮に売掛金を証明するために必要となる請求書を提出することが難しい場合であっても、請求書以外の売掛金を証明できる書類があれば、担当者の判断によって審査が通るように計らってくれるかもしれません。しかし、AI審査では書類に不備があると判断されて審査落ちになってしまいます。

担当者とのやり取りがない分、スピーディーに手続きができるメリットがある反面、柔軟な対応が難しいため、諸事情を抱えての利用は適さないでしょう。

書類をデータ化して提出しなければならない

オンライン完結ファクタリングでは必要書類はオンラインで提出するため、すべてデータ化する必要があります。

そのため、提出前には書類をスキャンしてデータ化しなければならない手間を面倒に感じる方もいらっしゃるでしょう。特に、普段からコピーした書類を郵送で提出したり、FAXで送ったりするなど、紙でのやり取りに慣れている方には、必要以上に負担かもしれません。

書類のデータ化は慣れれば難しくありませんが、それが難しければ一般的なファクタリング会社を選びましょう。また、契約締結時には電子署名ツールを用いることが多いため、使用しているパソコンやスマートフォンが電子署名ツールに対応していないと契約を締結できない可能性があります。

使用している機器類が電子署名ツールに対応しているか事前に確認しておきましょう。

オンライン完結ファクタリング会社を利用する流れ

オンライン完結の会社だからといって、利用の流れ自体は一般的なファクタリング会社とさほど変わりません。ここでは、オンライン完結のファクタリング会社を利用し、入金されるまでのステップについて解説します。

会員登録を行う

まずは、利用したいファクタリング会社の公式ホームページサイトにアクセスし、会員登録を行いましょう。登録自体は詳細な情報を入力する必要はありません。

ファクタリング会社によっては、会員登録が必要ない場合もありますので、その際は次のステップである「利用申し込みをする」から始まります。仮登録としてメールアドレスを入力後、ファクタリング会社から送られてきた入力フォームに氏名や会社名などの情報を入力すると登録完了となります。

利用するファクタリング会社によっては、所有している売掛金がいくらで買い取ってもらえるのかを簡単に査定するシミュレーターを用意しています。

シミュレーターを使用することで、おおよその目安程度ですが事前に売掛金の相場を知ることができるでしょう。

ファクタリングの利用申し込みをする

ファクタリング会社の公式ホームページサイトにある専用の「お申し込み」や「お見積り」から入力フォーム画面に移行します。この入力フォームには、売掛先と買い取って欲しい売掛金の詳細な情報を入力します。具体的には、売掛先の企業名や所在地、電話番号と支払期日が記載された請求書などです。

入力フォームを開いた状態で入力する情報を探し回ることのないよう、あらかじめこれらの情報が記載されている書類を手元に準備してから利用申し込みを行いましょう。

また、入力後は入力ミスがないか確認してください。特に、数字の桁数違いは起こりやすいので、数字の入力チェックを必ず行いましょう。通信環境が不安定だと入力フォームの情報が正しく送信されない場合がありますので、出先での申し込みは極力控えることをおすすめします。

必要書類を提出する

専用フォームにデータ化した必要書類をアップロードしましょう。提出書類の内容はファクタリング会社によって異なります。

印鑑証明書が手元になく、書類の提出が遅れてしまったということのないよう、どのような書類を提出しなければならないか事前に確認しておくと良いでしょう。

1社だけでなく、複数社の利用を検討している場合は、提出ミスを防ぐためにもそれぞれの会社が必要とする書類の一覧を作っておくことをおすすめします。

提出書類は、なるべく少ない方が利用者の手間もなく楽かもしれませんが、一般的には提出書類が多くなればなるほど、売掛金の信用度が増すことによって手数料が安くなる傾向にあります。

手間をかけた分だけ手数料が安くなる可能性があることを覚えておきましょう。

審査を受ける

オンライン完結ファクタリング会社では、その多くが審査にAIを活用しています。

提出した書類から審査項目をスコア化する「AIスコアリング」によって、会社の情報や売掛金の情報などの分析を行った後、AIが総合的に判断して審査結果を出します。

人が行う審査よりも柔軟性に欠けますが、審査時間が短くスピーディーな審査を可能としているため、早ければ審査をした当日に審査結果が出ることもあるでしょう。

審査通過後は、ファクタリング会社から契約金額が提示されます。

契約金額は、買取金額としてあらかじめ手数料が差し引かれているため、あまりにも不当に安い金額を提示されて納得できない場合はキャンセルも可能ですので、納得してから契約に進みましょう。

契約の手続きをする

無事審査を通過し、金額などの条件に納得したら契約の手続きに移行します。

契約書は必ずすべての項目を確認し、内容に不自然な点や相違点がないか隅々までチェックしましょう。契約手続きも基本的にオンラインで進めることになりますが、確認したいことや不安があれば、ZOOMなどによる面談で疑問点を解決しましょう。

電子契約の署名はセキュリティで保護されたソフトを使用しているため、オンラインでも安心して手続きを行えます。

契約書は2通作成し、お互いが1通ずつ保管しておくことが原則ですが、ファクタリング会社によっては印紙代を節約するため、1通しか作成しない場合があります。

そういった場合でも、手元に契約書がないとトラブルに発展した場合の対処が困難になりますので、必ず契約書の写しをもらっておきましょう。

入金の確認をする

無事に契約の手続きが完了しても、入金されるまでは安心できません。

資金は利用者が指定する口座に入金されますので、いつ入金するのかを必ず確認しておきましょう。そのうえで入金予定日には、契約通りの金額が入金されているのかを確認します。仮に、入金されなかったり振込み金額に相違があったりした場合は、すぐにファクタリング会社に連絡を入れましょう。

無事に契約通りの金額が指定する口座に入金されていれば、手続きはすべて完了です。オンライン完結ファクタリング会社では、早ければ契約を締結した当日のうちに入金手続きまで完了する場合もあります。

初回利用では不慣れなため、手続きに手間取ることがあるかもしれませんが、慣れてくればスムーズに契約まで完了させることができ、申し込み当日でも早急な資金調達が可能になるでしょう。

【オンライン完結】おすすめのファクタリング会社の紹介

ここまでオンライン完結ファクタリング会社のメリット・デメリットの解説から利用の流れまでを解説してきました。そのうえで、オンライン完結ファクタリング会社の中でも、特におすすめの2社をご紹介します。

ビートレーディング

ビートレーディングは、2012年の創業以来20年以上ファクタリング事業を展開している老舗のファクタリング会社です。

買取債権額や利用者数は右肩上がりで年々増え続け、累計買取高1,000億円を超え、累計取扱い件数も46,000件を突破しました。

法人・個人を問わず日本全国を対象エリアとしているので、どこからでも申し込みができます。また、オンライン完結だけでなく、対面による対応も可能です。

専任の女性オペレーターを配置しており、わかりにくいことでも相談に乗ってくれるので、ファクタリング初心者でも安心して利用できるでしょう。申し込みから入金まで最短2時間というスピードも魅力です。

また、必要書類は売掛債権を証明する書類(請求書、注文書)と通帳のコピーの2つだけ。すぐに資金を用意しなければならない方や、余計な手間をかけたくない方におすすめのファクタリング会社です。

ビートレーディングの詳細を見る

ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリング(旧yup先払い)は、フリーランスや個人事業主に特化したファクタリングサービスを提供しています。

アカウント登録後は、サービスの案内に沿って申請を進めるだけですので、簡単に手続きができます。ペイトナーファクタリング最大の特徴は、業界最速の最短10分入金。

AIによる迅速な審査に加え、審査の完了と同時に入金までを行ってくれるため、審査や入金待ちによるストレスもありません。

手数料は一律10%とわかりやすく、手数料以外の追加費用は一切かからないため、資金繰りの目途がつきやすいでしょう。

初回利用時の利用金額は、1万円~25万円までですが、2回目以降の利用状況次第では最大100万円まで拡大されます。

ペイトナーファクタリングは、手元資金が足りなくなりがちなフリーランスにとって心強いサービスと言えるでしょう。

ペイトナーファクタリングの詳細を見る

オンライン完結のファクタリング会社の利用検討中の方へ

オンライン完結ファクタリングは、すべてWeb上で完結できるサービスであるため、利便性の高さと入金スピードが特徴です。簡素化された手続きと、少額利用が可能なこともあり、フリーランス・個人事業主の利用者も増えています。

必要書類さえ揃っていれば、申し込みから契約までスムーズに進みますし、電子契約の署名はセキュリティで保護されたソフトを使用しているため、オンラインでも安心して利用できます。とはいえ、書類をデータ化して提出しなければならないことに加え、審査の柔軟性がないといったデメリットもあるので注意しましょう。

Web上での手続きに不安を抱く方や、書類のデータ化が苦手な方を対象とした窓口を設けているファクタリング会社もありますので、不安や苦手を払拭するためにも一度相談してみることをおすすめします。

オンライン完結ファクタリングは、対面での手続きを面倒に感じる方や、一刻も早く資金を調達したい方にとっては、頼りになるサービスと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました