【おしゃれ】キッチン(台所)リフォームの人気メーカーおすすめ16選!

リフォーム

「キッチンをリフォームしたい」と思ったら、ご自身で情報収集をしつつ施工業者へ相談に行くのが一般的です。本当におしゃれで素敵なキッチンへリフォームしたいなら、ぜひ序盤でキッチンのメーカーまでリサーチしておきましょう。

これは、メーカーによって得意なデザインや採用している素材が異なるためです。取り扱いの素材が変われば、見た目だけでなく機能性も変わります。メーカーをリサーチすれば、希望のキッチンの条件を満たすかどうかあらかじめわかり、その後のリフォーム計画にも役立つでしょう。

そこで本記事ではキッチンのメーカーの選び方とおすすめのメーカー16社を解説しました。リフォームに備え、キッチンのメーカーを調べておきたい方はぜひ参考にしてくださいね。

キッチンリフォームメーカーの選び方

キッチンは毎日の料理と後片付けをしやすい機能性、おしゃれなインテリア性、家族とのコミュニケーション空間などのさまざまな役割を担っています。ご自身の家庭にとって本当に必要なキッチンを探してリフォームするには、キッチンのメーカー選び方にこだわりたいものです。

しかしキッチンのメーカーは数がたくさんあります。どのメーカーのキッチンが人気なのか、どういったポイントに違いがあるのかなどがわからない方も多いのではないでしょうか。キッチンのメーカーを選ぶ際は「価格帯」、「デザイン性」、「機能性」の3つのポイントに注目してみてください。ここで詳しく解説します。

価格帯で選ぶ

メーカーによって用意されているキッチンの価格帯は異なります。リフォームの際は予算を組んでから行うことが大切ですが、相場以上の価格帯の製品が多いメーカーもあれば、お手頃な製品が多いメーカーもあります。

ちなみに、キッチンの価格はグレードによって異なります。

▼グレード別キッチンの費用の相場

  • シンプル:50万円から90万円
  • スタンダード:70万円から100万円
  • ハイグレード:100万円から150万円

メーカーによっては、ハイグレードのキッチンしか用意していないところもあります。予算計画の中でキッチンを選べるように、メーカーごとの大体の使用感や価格帯を確認しておくとよいでしょう。

グレード以外にもI字型やL字型、アイランド型などどのような配置にするかによって、キッチンの価格は変わります。配置の種類による価格の相場など、キッチンのリフォームにかかる費用については事前に調べておきましょう。

キッチンのデザイン性で選ぶ

「リフォームするなら、自分好みのオシャレなキッチンにしたい」と胸を膨らませている方もいるのではないでしょうか。そのような方は、メーカー選びの際に、希望のデザインを叶えられるかどうかというポイントも視野に入れておきましょう。

リフォーム業者の標準仕様によっては、希望のキッチンを選べないかもしれません。そんなときに取り寄せてもらうためにも、デザイン性に着目してメーカーや希望のキッチンを探しておくのがおすすめです。

メーカーはありとあらゆる素材を揃えているわけではないためです。ナチュラルな雰囲気を出せる木の素材を主に取り扱っているメーカーもあれば、無機質なステンレスキッチンを取り揃えているメーカー、モダンで高級感のある人工大理石を取り扱っているメーカーもあります。

そのため、メーカーにデザインの希望を伝えても叶えられない可能性が。メーカー選びの際は、取り扱っている素材まで確認してみてください。

キッチンの機能性で選ぶ

毎日何度も立つ台所ですから、使いやすいキッチンにリフォームできるかどうかも重要なポイントです。メーカーによって以下の機能性には差があります。

  • キッチンの収納力
  • 掃除のしやすさ
  • 省エネ性能
  • 耐久性

そのメーカーにしかない独自の機能を有する便利なキッチンもたくさん登場しています。あらかじめ重視したい機能をピックアップしておき、各機能性とオリジナル機能を比較してメーカーを選んでみましょう。

おしゃれで人気の高いキッチンリフォームメーカー16選

リフォームのキッチンを比較検討するには、リフォーム業者に相談したり、ショールームで実際に製品に触れてみたりする方法があります。

希望のメーカーのキッチンを導入したことのあるリフォーム業者であれば、工事がスムーズに進み工事費が安くなるかもしれません。メーカーを決めたら相談してみましょう。ショールームではメーカー直属のスタッフから詳しいアドバイスを聞けるメリットがあります。

ここではおしゃれで人気のシステムキッチンのメーカーを17社ピックアップしました。どこからメーカー選びをしたらいいかわからない方はぜひ参考にしてください。

リクシル

出典:リクシル公式サイト

大手住宅設備メーカーのリクシルは収納力の高さに定評があります。デッドスペースを無くすことで大容量を実現した製品や、キャビネットを組み合わせて収納力をアップできる製品が人気です。収納扉は軽くいためサッとものを取り出せるメリットもあります。

選べるカラーはナチュラルで合わせやすいものばかり。珍しいカラーはないため、キッチンインテリアの配色にとことんこだわるのは難しいかもしれません。

シンプルグレードからハイグレードまで、さまざまなグレードから選べるラインナップもリクシルの強みです。お手頃な価格でキッチンリフォームを検討している方も選びやすいでしょう。リクシルのシステムキッチンの価格帯は60万円から130万円です。

リクシルの詳細を見る

パナソニック

出典:パナソニック公式サイト

大手家電メーカーのパナソニックでは、家電の技術を最大限に活かしたキッチンが人気。特に評価されている機能が「トリプルワイドコンロ」です。一般的な三口のガスコンロは、3つバーナーのうち1つが小さく、奥に設置されています。IHでもヒーター部分は三角形になるように設置されているものがほとんど。

一方でパナソニックトリプルワイドコンロは、同じサイズのバーナーやヒーターが3つ横並びに備わっています。ガスでもIHでも、3つの鍋を横並びに同時調理できるため、毎日の料理の効率がアップするに違いありません。パナソニックには、横並びに4つの鍋を同時調理できるマルチワイドIHも用意されています。

製品はシンプルグレードの「ラクシーナ」と、スタンダードグレードの「リフォムス」、ハイグレードの「エルクラス」の3種類です。価格の目安はラクシーナが106万円から。ハイグレードのエルクラスは124万円からとなっています。

パナソニックの詳細を見る

TOTO

出典:TOTO公式サイト

トイレメーカーとして知られるTOTOは、水回りの機能が優秀なキッチンを販売しています。ほうきのような形で水が出る「水ほうき水栓」は、少ない水でも広い範囲を洗い流せる優れもの。節水と時短を同時に叶えます。

「タッチレス水ほうき水栓」なら手を触れずに水を出せるため、手に泡が付いていても使いやすく、水栓回りがびしょびしょになりません。水ほうき水栓には浄水機能も備わっていて、タッチレスタイプなら手をかざすだけで切り替えできます。水栓だけでなく、汚れが溜まりにくいシンクの形状も高評価です。

製品はスタンダードグレードの「ミッテ」とハイグレードの「ザ・クラッソ」の2種類。ミッテは約81万円から、ザ・クラッソは約100万円からです。

TOTOの詳細を見る

クリナップ

出典:クリナップ公式サイト

東京に本社を構える大手住宅設備機器メーカー「クリナップ」では、ステンレス製のキッチンが人気です。他の金属と比べてステンレスは、とてもサビにくく汚れを落としやすい金属です。臭いが付きにくくメンテナンスに手がかからないため、キッチンの素材にぴったり。クリナップはキャビネットや骨組みまでステンレス製のキッチンが特徴です。

シンクには手前に勾配とレールを施した「流レール機能」を搭載し、泡やゴミをサッと流れやすくしています。「水回りの掃除を簡単に済ませたい」、「いつも綺麗なシンクにしたい」とお考えなら、クリナップのキッチンをチェックしてみてください。

製品はシンプルグレードの「コルティ(賃貸マンション・賃貸アパート向け)」、「ラクエラ」、スタンダードグレードの「ステディア」、ハイグレードの「セントロ」があります。ラクエラの価格は約64万円から。セントロの価格は約100万円からです。

クリナップの詳細を見る

タカラスタンダード

出典:タカラスタンダード公式サイト

大手住宅設備機器メーカーのタカラスタンダードは、システムキッチンや洗面台の国内シェアトップクラスを誇る会社です。全国にショールームを構えているため、足を運びやすいメーカーでもあります。

こちらのシステムキッチンはなんといってもホーロー素材を使ったキッチンパネルが大きな魅力。鉄をガラス製の釉薬でコーティングしたホーローは、油汚れや傷、湿気、臭いに強く耐久性が高い素材です。ホーローを採用したキッチンは、軽い汚れなら拭くだけで簡単に落とせます。

製品はシンプルグレードの「リフィット」や、「エーデル」、スタンダードグレードの「トレーシア」、ハイグレードの「レミュー」があります。価格帯はリフィットは約27万円から、トレーシアは約72万円からです。

タカラスタンダードの詳細を見る

イケア

出典:イケア公式サイト

北欧スウェーデン生まれの家具メーカーイケアは、おしゃれで安価な家具が魅力的です。販売している製品は、購入者が自分の手で自宅まで持ち帰り、自分で組み立てるスタイルが基本となっており、キッチンも例外ではありません。

日本のメーカーのキッチンはキャビネットなどのレイアウトがセットになったセット販売が一般的です。それに対しイケアの製品は、キャビネットひとつ、シンクひとつから選ぶ半オーダーメイド形式。パーツを自分でセレクトできるため、細かいところまでこだわってキッチンをリフォームしたい方に向いています。

一般的なリフォーム業者は取り扱っていないため、自分でキッチンの勉強しつつ製品を選ばなければならない点に注意しましょう。

イケアの詳細を見る

ニトリ

出典:ニトリ公式サイト

北海道に本社を置く家具メーカーニトリは、北海道から沖縄、海外も含めて800店舗以上を展開しています。住宅の家具だけでなくシステムキッチンもあります。シンクにはお手入れしやすいステンレスを採用し、大きな鍋も簡単に洗える広さが確保されました。オプションでは人造大理石シンクも選べます。

ワークトップの標準素材は清潔感ある白の人工大理石です。こちらもオプションで、高級人造石のフィオレストーンや、水晶や石英を主成分とした新素材ウルトラサーフェスに変更できます。

製品はシンプルグレードの「BSライトプラン」と「BS2プラン」、スタンダードグレードの「セレクトプラン」の3種類。価格は約21万円からです。

ニトリの詳細を見る

サンワカンパニー

出典:サンワカンパニー公式サイト

住宅設備機器だけでなく建築資材も豊富に取り揃えているサンワカンパニーは、グッドデザイン賞の受賞歴も多数あるメーカーです。

システムキッチンもデザイン性の高さが魅力。シンプルで洗練された印象を与えるオールステンレスキッチンや、システムキッチンには珍しくブラックであしらったものが人気です。

製品のグレードは価格約20万円〜のシンプルグレードから、約114万円〜のハイグレードまで多種多様。モダンで洗練されたキッチンリフォームを考えている方は1度確認してみてはいかがでしょうか。

サンワカンパニーの詳細を見る

トクラス

出典:トクラス公式サイト

トクラスは楽器メーカーで有名なヤマハのグループ会社です。見た目がおしゃれな上に、機能性も高い人工大理石を使ったシステムキッチンが人気を集めています。

ワークトップに使われる素材は新質感の人工大理石テノールとクラストンの2種類。人工大理石に特殊な塗装を施したテノールは、汚れや傷はもちろん、熱にも衝撃にも強い素材です。汚れがしみこみにくいクラストンは、ちょっとした傷であればナイロンたわしで再生できるため、長く大切に使い続けられます。

製品はシンプルグレード「bB」、スタンダードグレードの「Berry」、ハイグレードの「DOLCE X」の3種類。価格の目安はbBが約90万円から、DOLCE Xが約230万円からとなっています。

トクラスの詳細を見る

ハウステック

出典:ハウステック公式サイト

ヤマダ電機のグループ企業であるハウステックは、収納やレイアウトを細かくカスタマイズできることで評判を集めています。

独自の収納機能「どこでもパレット」を備えていて、大型冷蔵庫並みの収納量が実現できるようになりました。好みの高さで収納を区切れるため、積み重ねを減らして物の出し入れをしやすくできます。

豊富な扉カラーのバリエーションや選べる取っ手、綺麗を保つ工夫がされたシンクも魅力的。スタンダードグレードのキッチン「カナリエ」の価格は約100万円から。シンプルグレードの「コパンナ」は約36万円からです。

ハウステックの詳細を見る

クチーナ

出典:クチーナ公式サイト

クチーナは「インテリアはキッチンからはじまる」という思いのもと、キッチンのトータルコーディネートを提案してくれるメーカーです。カスタムオーダーのキッチンを販売するメーカーのため、決まった製品のラインアップはありません。価格帯はハイグレードに当たります。

細部まで徹底的にこだわりを表現できるよう、扉や天板の素材、色、デザインが豊富に取り揃えられている点が大きな魅力。調理台や収納のサイズも細かく指定できます。

本当に理想のキッチンを実現する一世一代のリフォームを考えている方もきっと満足できるはず。東京、大阪、名古屋など全国八ヵ所にショールームを展開しているため、可能であれば足を運んでみてはいかがでしょうか。

クチーナの詳細を見る

トーヨーキッチンスタイル

出典:トーヨーキッチンスタイル公式サイト

おしゃれなキッチンのメーカーを探しているなら、トーヨーキッチンスタイルにもご注目を。こちらはシステムキッチンを中心に家具なども取り扱い、インテリア全体を提案するメーカーです。「「住む」をエンターテインメント」をコンセプトに掲げ、他では見られないデザイン性の高いシステムキッチンを用意しています。

キッチンをインテリアの中心として考えているため、メインスタイルはアイランド型。パネルが選べるようになっていて、家の中心に置いてもインテリア性を損ねないようなデザインを叶えます。価格はシンプルグレードで約42万円から。ハイグレードタイプには600万円を超えるものもあります。

トーヨーキッチンスタイルの詳細を見る

ウッドワン

出典:ウッドワン公式サイト

ウッドワンは木を植えて育てるところから取り組んでいる木質建材・住宅設備機メーカーです。システムキッチンにも良質な無垢材が使われていて、木のぬくもりを感じられるのが魅力です。

そもそも無垢材は、周囲の環境によって寸法や色が変わってしまうことがある程繊細な素材。そんな木材を適切に扱い、最高のキッチンを届けるために、ウッドワンは注文を受けてから製品を作り上げる「邸別生産」を採用しています。

一言で無垢材と言っても、ニュージーパイン、ウォールナット、オーク、メープルなどの木材から選べるのもウッドワンの強みです。しかし木のキッチンは汚れが気になるという方もいるかもしれません。ウッドワンの木材は木の風合いを損なわない塗装を施しているため、簡単にお手入れが可能です。

ウッドワンの詳細を見る

ナスラック

出典:ナスラック公式サイト

東建コーポレーションのグループ会社であるナスラックは、18-8ステンレスを活用したシステムキッチンを取り揃えています。製品はシンプルグレードの「ベルフラワー」、スタンダードグレードの「バゼロ」、ハイグレードの「セスパ」の3種類。いずれも扉カラーが豊富で、30種類以上のから好みに合わせてカスタマイズできます。

「セスパ」はオールステンレスキッチンにすることも可能です。継ぎ目のないワークトップやシンクは、スタイリッシュで綺麗なだけでなく、汚れやサビに強くてお手入れしやすい機能性も備えています。「リフォーム大賞」受賞実績もあるキッチンは、東北から広島にかけて10箇所にあるショールームで実際に確認できます。

ナスラックの詳細を見る

長府製作所

出典:長府製作所公式サイト

山口県に本社を置く長府製作所は、給湯器や空調設備で有名なメーカーです。実は水回りの設備が充実しているシステムキッチンも用意されています。

特に評価されているポイントは使い勝手のよさです。ワークトップは汚れ、サビ、傷に強いステンレスと、熱や衝撃、汚れにも強い人工大理石から選ぶことができます。広めの調理スペースを確保できるため「以前より料理をしやすくなった」という評判も。

製品はスタンダードグレードの「LCT/LCTF シリーズ」、ハイグレードの「JCT/JCTF シリーズ」が用意されています。価格帯はLCTシリーズが約73万円から、JCT/JCTFシリーズが約118万円からとなっています。

長府製作所の詳細を見る

永大産業

出典:永大産業公式サイト

永大産業はシステムキッチンだけでなく洗面台やシステムバス、ドアなども取り扱っている住宅設備メーカーです。ステンレスの自社工場を持っていて、キッチンの素材にもステンレスを取り入れています。

永大産業のハイグレードキッチン「ピアサスS-1ユーロモード」は「欧州のデザインと日本のクオリティの両立」をコンセプトに作られたキッチン。長く衛生的に使い続けられるように、目に見えない部分までステンレスを採用しています。ワークトップはステンレス以外に人工大理石やメラミンも取り扱っています。

価格帯はシンプルグレードキッチンで約60万円から。ハイグレードキッチンは約110万円からとなっています。

永大産業の詳細を見る

自分にぴったりなキッチンリフォームメーカーを見つけよう!【無料見積もりもおすすめ】

キッチンのリフォームを検討している方の中には、老朽化したキッチンを取り替えたいだけでなく、今まで以上に使いやすくしたい方もいるでしょう。カフェのようにおしゃれにしたい、などさまざまな希望があるはずです。

おしゃれな上に掃除もしやすく、使い勝手がよくなったら、キッチンリフォームは大成功。理想のキッチンに出会うためにも、メーカーの特徴を把握しておきましょう。選び方のポイントは「価格帯」、「デザイン性」、「機能性」です。

キッチンの選び方がよくわからなくなってしまったときに、メーカーの特性を見直してみるのもおすすめ。迷ってしまったらぜひこの記事をもう一度、読み返してみてくださいね。

もし金額など具体的な情報が欲しい方は一括見積もりもおすすめ。無料利用できるため検討してみましょう。以下では人気の2サイトを紹介します。

ハピすむ

ハピすむは、キッチンリフォームの相見積もりを取る業者を紹介してくれる人気サイトです。おしゃれなキッチンから低予算でできるキッチン、高級感のあるキッチンまで多様なバリエーションに対応しています。

ハピすむの詳細を見る

リショップナビ

リショップナビもキッチンリフォームの見積もりで人気のサイト。無料で利用できて最大5社まで見積もりがもらえます。見積もりを入手した上でキッチンリフォームを検討しませんか?

リショップナビの詳細を見る

YAMATO

キッチンリフォーム・浴室リフォーム・外壁塗装・屋根塗装などのコラム執筆中。複数のリフォーム会社への取材経験あり。

リフォーム
ライフスタイル
タイトルとURLをコピーしました