PR

キッチン(台所)リフォーム |マンションと戸建ての違いとは?

リフォーム
本ページはプロモーションが含まれています。

自宅リフォームの第一歩は「無料見積もり比較サイト」

リフォーム検討中の方へ。いきなり1社と話を進めるのではなく、まずは複数社の見積もりをもらうのが賢い選択肢。複数の見積もりをとればリフォーム内容や費用を比較した上で具体的にリフォームを検討できます。

以下でリフォームの見積もりに便利なサイトを2つ紹介します。無料で複数社の見積もりがもらえます。全国対応なので、どこにお住まいの方も利用できます。

ハピすむ

ハピすむの詳細を見る

リショップナビ

リショップナビの詳細を見る


暮らしに欠かせないキッチン(台所)は、マンション・戸建てを問わず家族の食生活を支える大切な場所です。使い始めて10年以上経つと「落ちない汚れや経年劣化が気になる」、「綺麗なキッチンにしたい」と願う家庭も多いのではないでしょうか。また配管や設備のトラブルにより、キッチンリフォームの必要に駆られている家庭もあるはずです。

ただしマンションと戸建てでは、キッチンのリフォームに関する注意点が異なります。希望に沿うキッチンへとリフォームするためにも、この記事で違いを把握してリフォームの計画にお役立てください。

キッチンリフォームに関する基礎知識

「キッチンのリフォームをしたい!」と思ったら、まずは情報収集からスタートしましょう。情報収集をしていくにつれて現在のキッチンへの不満が明瞭になり、リフォーム後の理想の姿を考えやすくなります。

ここでは戸建て、マンション問わず知っておくと役に立つキッチンリフォームの基礎知識を紹介します。キッチンの種類や費用感、工期の目安、リフォームの流れを念頭に置き、素敵なキッチンづくりを始めましょう!

キッチンの種類

キッチンの形には、開放感を出せるものやスペースを有効活用できるもの、費用を抑えやすいものなどさまざまな種類があります。それぞれメリットとデメリットが異なるため、種類と特徴を把握してからリフォーム計画を進めましょう。

壁付け型
調理台を壁にピタッとくっつけた壁付け型は、背面の空間を有効活用しやすい半面、おしゃれなレイアウトにしにくいデメリットがあります。

I字型
調理台やシンク、コンロを一列に配置したI字型は、壁付けタイプのキッチンに多いレイアウトで、背面スペースを有効利用しやすい形状です。横移動する距離が長くなる分、動線に不便を感じるケースがあります。

対面型
リビングのほうを向いて調理できる配置にする対面型は、家族とコミュニケーションを取りやすく、開放感あるレイアウトにしやすい形です。ただし壁付け型よりもスペースが必要な場合があります。

アイランドキッチン
対面キッチンの一種アイランドキッチンとは、カウンターを壁に付けず「島」のようにレイアウトした形状です。おしゃれなレイアウトに向いている一方で、汚れや臭いの対策が必要です。

L字型
コンロと調理台、シンクをアルファベットのLの形に配置する形状がL字型です。調理スペースを大きく確保できるメリットがあります。壁付けタイプ、対面タイプどちらにも応用可能です。

U字型
U字型は、コンロと調理台、シンクをアルファベットのUの形に配置する形です。L字型同様、広いスペースで作業できる上、作業動線が短くて済みます。

ペニンシュラ型(カウンターキッチン)
キッチンの一部を壁付けにし、一部を対面型にするのがペニンシュラ型です。家族とコミュニケーションを取りやすいというメリットはそのままに、調理に集中しやすい空間も確保できます。

キッチンリフォームの費用

キッチンリフォームにかかる費用は50万円から150万円が相場です。相場はキッチンの種類や配置によっても変わります。

たとえば壁付け型と対面型を比較すると、相場感が安いのは壁付け型です。壁付けタイプに多いI字型キッチンだと、相場は50万円から100万円前後と言われています。対面タイプのL字型キッチンの相場は70万円から130万円です。

キッチンの場所を移動したり、前の形状と別のタイプに変更したりする場合は、追加で費用がかかります。キッチンリフォームの費用については事前調査必須です。

キッチンリフォームに必要な期間

キッチンの工事期間は、場所の変更をせずに入れ替えるだけであれば2日から6日が目安です。この日数でキッチンの解体や新しいキッチンの設置などをおこないます。

壁紙や床材の変更などの内装を変更する場合、工期の目安は1週間程度です。キッチンの形を以前のものから変更するなどの大規模なリフォームの場合は2~3週間かかるケースも少なくありません。

リフォームには情報収集や業者との打ち合わせ、発注などの作業も伴います。キッチンのリフォームに必要な期間には、前述の工期の目安プラス1ヶ月程度見積もっておくようにしましょう。

キッチンリフォームの流れ

キッチンリフォームは一般的に以下の流れでおこないます。

  1. 情報収集
  2. 相談
  3. 打ち合わせ
  4. 見積もりの確認
  5. 契約
  6. 工事
  7. 引き渡し

各ステップではどのようなことをおこなうのでしょうか。ここで解説します。

ステップ1.情報収集
現状の不満や新しいキッチンに求める機能などをリストアップし、イメージを明確にしていきましょう。このタイミングでキッチンスペースの寸法を記録しておき、リフォーム事例を集めておくと業者への相談時に役立ちます。

ステップ2.相談
ステップ1で用意した資料を持ってリフォーム業者へ相談に行きましょう。具体的なプランを提案してもらえます。疑問があれば些細なものでも都度尋ねて、解決しておきましょう。

ステップ3.現場確認・打ち合わせ
プランが固まってきたら具体的な打ち合わせに入ります。担当者が実際にリフォームする現場を訪問し、寸法などを細かく確認します。

4.見積もりと確認
現場確認を経て詳細なリフォーム計画と見積書を業者からもらいます。これまで話し合ってきた計画の内容と齟齬がないかどうかをきちんと確認してください。追加の要望があれば再度打ち合わせましょう。

5.契約
リフォーム計画と見積もりに問題が無ければ契約を交わします。契約後から工事開始までは期間が2週間ほど空くため、キッチン周りの片付けや工事前に必要な届け出、近隣への挨拶を済ませておきましょう。

6.工事
業者の準備が整ったらいよいよ工事のスタートです。リフォーム中はキッチンを使えず、騒音や接着剤などの臭いも発生します。工事期間の食事や生活空間をどのようにするか、事前に対策しておきましょう。

7.引き渡し
工事が完了したら待望の引き渡しです。仕上がりを確認する際は、設備や機器が問題なく使えるかどうかもチェックしましょう。

マンションと戸建のキッチンリフォームの違い

キッチンのリフォームに関連する基礎知識を身に付けたら、次はマンションと戸建ての違いをチェックしましょう。マンションと戸建てを比較すると、キッチンの種類やリフォームの流れは同じでも、異なるメリット・デメリットがあります。

近年は中古マンションを購入し、リフォームしてから住むケースも増えました。中古住宅購入とリフォームを同時に検討している方も、マンションと戸建てのリフォームの違いを把握しておきましょう。

マンションのキッチンリフォーム

ここではマンションのキッチンリフォームのポイントを解説します。

そもそも戸建てと比べてマンションは、エントランスやゴミ捨て場、エレベーターなどの共有部分の管理を自分でする必要がない物件です。住まいはワンフロアになっているケースがほとんどのため、料理を含む家事の動線をコンパクトにまとめられます。

一方で戸建てより面積が狭く、日ごろから生活音にも配慮が必要です。このような特徴のあるマンションのキッチンをリフォームする際は、次に紹介するポイントに気を付けましょう。

専有部分しかリフォームできない

前述の通りマンションには、住民みんなで使う共有部分と、部屋の住人だけの所有スペースである専有部分があります。マンションの専有部分は、玄関のドアの内側から窓(サッシ)の内側までです。

このうち、リフォームが可能なのは専有部分のみ。専有部分は構造上の問題がなければ、間仕切り壁を取り外しレイアウトを変更することもできます。ただし排水管の本管は共有部分にあたり、簡単には位置を変更できません。そのためキッチンの場所の変更は難しい可能性があります。

費用が抑えられる

マンションのキッチンは専有部分しか工事できないため、大がかりなリフォームが困難です。また、耐震補強などの戸建てに必要な工事をする必要がありません。そのため、マンションのほうがキッチンリフォームの費用を抑えられる傾向にあります。

戸建てのキッチンリフォーム

ここからは戸建てのキッチンリフォームのポイントを解説します。マンションと比較して戸建ては、建物を人と共有して暮らすわけではありません。その分、新築でもリフォームでも自由度が高い特徴があります。

マンションよりも屋内外に空間を取りやすいため、広い駐車場を用意できたり、家族同士のプライバシーを確保しやすかったりする点も戸建ての特徴です。階上、階下への騒音を気にする必要もありません。

このような戸建てのキッチンリフォームでは、次に紹介するポイントに気を付けましょう。

外装から内装まで好きなようにリフォームできる

戸建てはマンションのような共有部分や管理規約がないため、レイアウトや位置の変更なども自由にリフォームできます。内装だけでなく外装までリフォーム可能なため、理想のキッチンを目指しやすいでしょう。

実際にある程度の段階で妥協してリフォームしてしまったせいで、日々使いにくさを感じてしまうという事例はゼロではありません。納得いくまでとことん希望のキッチンを追求できれば、これから何十年も使う台所が快適な空間であり続けるはずです。

費用が高くなることが多い

戸建てはマンションよりも好みのキッチンを追求しやすい他、耐震工事やメンテナンスが必要となるケースがあります。その結果リフォームが大がかりになりやすく、費用もマンションより高額になりがちです。

マンションのキッチンリフォームをする際の注意点

マンションと戸建てのキッチンリフォームには異なるポイントがあることがわかりましたね。それを踏まえて、ここからはマンションのキッチンをリフォームする際の注意点を紹介します。

マンションのリフォームでは、共有部分と専有部分の決まりや必ず設置しなければならない設備などが定められた規約がネックとなるケースがあります。「計画をしたものの実際の工事はできなかった」となると、リフォーム完了までに余計な時間や手間を取られ兼ねません。失敗しないようにするためにもここで注意点を確認してください。

マンションの管理規約を確認してから工事をする

マンションには共有部分や使い方などを定めた”ルールブック”ともいえる「管理規約」があります。管理規約にはリフォームに関連する制約が定められているケースも。以下のような規約がある場合は、その制約の範囲内でキッチンをリフォームしなければなりません。

  • 床材の指定
  • 電気の容量、ガス給湯器のサイズの制限
  • ディスポーザー設置に関する規約
  • 工事の騒音対策、工事時間、搬入・組み立てに関する規約
  • 管理組合への届け出に関する規約

管理規約に違反したリフォームをおこなうと、規約に則った設備に直したり、原状回復したりしなければなりません。そうなると費用も時間も余計にかかってしまいます。「知らなかった」では済まされないため、リフォーム計画を進める時点で管理規約を確認するようにしましょう。

電気容量に注意する

マンションでは全体の電気の供給量が決められているため、前項で少し触れた通り、一戸あたりの電気の容量(アンペア)の上限も定められています。一般家庭では30Aから40アンペアが一般的です。

キッチンのリフォームではIHクッキングヒーターや食洗器を導入する場合もあるでしょう。アンペアが足りなくなる可能性があるものの、マンションによっては電気容量をアップできない場合もまれではありません。

キッチンに新しい電化製品を増やす場合は、今の電気容量で使用可能かどうかを確認してください。不足している場合は容量をアップできるかどうかをマンションの管理会社や組合に問い合わせてみましょう。どうしても電気容量を上げられないときはリフォーム計画を見直す必要があります。

戸建てのキッチンリフォームをする際の注意点

戸建てのキッチンリフォームにおいても覚えておきたい注意点があります。前にも述べたようにマンションよりも戸建てのほうが費用が高くなりやすいもの。「思った以上に予算がかかってしまった」、「費用を抑えたせいで納得のいかないできになってしまった」。そのような失敗事例も見受けられます。

残念なリフォームとなってしまわないためにも、戸建てならではの注意点を把握し、納得のキッチンをつくりましょう。

他のリフォームも検討している場合はまとめて依頼する

築年数が経過している戸建てだと、キッチン以外のリフォームを検討している家庭も少なくありません。またリフォームのきっかけが水回りの不具合である場合、キッチンだけでなくお風呂や洗面台、トイレにも悪影響が出てしまうケースもあります。

このような場合は、キッチンとキッチン以外の場所のリフォームをまとめて依頼するのがおすすめです。まとめて依頼すると値引きしてもらえる可能性があるため、1箇所ずつリフォームするよりもトータルの費用が安く済む場合があります。

まとめて依頼すると、一度に大きなお金が出ていってしまうため不安になる方もいるかもしれません。しかし、長い目で見るとお得なケースもたくさんあるため、担当者に相談したり、見積もりを出してもらったりして検討してみてください。

費用がネックの場合はDIYも検討する

戸建てのキッチンは、リフォームする箇所が多いと費用がかさんでしまう場合があります。金額がネックとなっている場合は、DIYを取り入れられないかどうか検討してみましょう。

キッチンのリフォームは、配管や電気に触れない壁や床、収納部分であれば簡単にできるものもあります。

キッチンのDIY例

  • 壁紙を変えたりペンキを塗ったりする
  • 床にクッションシートを貼る
  • 壁面棚やキッチンカウンターを手作りする

その一方で、キッチン設備そのものの交換や床の貼り換えなどのリフォームは、専門の業者でなければ対応できません。キッチンによってはメーカー施工の指定している製品もあります。自分たちの手で対応できる部分を見極め、上手にDIYを取り入れていきましょう。

マンションや戸建てのキッチンをリフォームしてみよう!

マンションと戸建ては建物の形状や使い方がまったく異なる分、キッチンのリフォームでも異なるポイントがあります。

マンション

  • 専有部分のみリフォーム可能
  • 戸建てより費用を抑えやすい
  • 管理規約の確認が必須、電気容量にも要注意

 

戸建て

  • 外装や内装を自由に変えられる
  • マンションより費用がかさむ可能性がある
  • 別のリフォームも検討している場合、まとめての依頼がおすすめ
  • 費用のハードルが高い場合はDIYも検討を

 

キッチンのリフォームに求めるものは家庭によってさまざまです。マンションや戸建ての特徴を把握するとともに、どんな目的を達成したいのかも考えてみましょう。現在の不備・不満を解決したい、QOLを上げたい、自分好みにしたい、予算に合わせたい、など目的に合わせてリフォーム計画を練ってみてください。

もしキッチンリフォームを具体的な金額を知りたい方は、今やキッチンリフォームの第一歩ともいえるほどに利用者が増えている「一括見積もりサイト」を利用してみませんか?以下で人気サイトを2つ掲載していますので是非ご参考下さい。マンションでも戸建でも利用可能です。

ハピすむ

ハピすむは、上場企業運営のリフォーム会社紹介サービスです。キッチンリフォームで利用するユーザーが多く、複数社の見積もりを取り寄せることが可能です。戸建てでもマンションでも利用できます。

ハピすむの詳細を見る

リショップナビ

リショップナビもキッチンリフォームの業者仲介で人気のサービスのひとつです。リショップナビを使えば、希望エリアに対応している人気のキッチンリフォーム会社とその見積もり金額がわかります。

リショップナビの詳細を見る

[PR]
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
YAMATO

キッチンリフォーム・浴室リフォーム・外壁塗装・屋根塗装などのコラム執筆中。複数のリフォーム会社への取材経験あり。

リフォーム
ライフスタイル
タイトルとURLをコピーしました