ブランドバッグのおすすめレンタルサービス5選!料金やアイテム数を比較

ファッションレンタル

ブランドバッグのレンタルサービスは、毎月定額の料金でさまざまなブランドのバッグを借りられます。

しかしサービスは何社かあり、どのサービスを選べばいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

今回はブランドバッグレンタルに関して、以下のトピックを解説します。

  • メリットとデメリット
  • サービスを比較するときのポイント
  • おすすめのサービス5選
  • よくある質問とその回答

ブランドバッグのレンタルサービスを利用したい方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

  1. ブランドバッグレンタルってどうなの?サービスのメリットを紹介
    1. メリット1 .ブランドバッグを格安でレンタルし放題!
    2. メリット2. 利用シーンごとにブランドバッグを楽しめる
    3. メリット3. 部屋にブランドバッグが増えない
  2. ブランドバッグをレンタルするときの比較ポイント
    1. 1. ブランドバッグのアイテム数が多いか
    2. 2. 利用料金が予算内か
    3. 3.支払い方法が豊富かどうか
  3. ブランドバッグのレンタルサービスを徹底比較【4つのポイント】
  4. ブランドバッグのおすすめレンタルサービス5選!
    1. ラクサス(Laxus)
      1. ラクサス(Laxus)のおすすめポイント
      2. ラクサス(Laxus)の特徴
    2. シェアル(SHAREL)
      1. シェアル(SHAREL)のおすすめポイント
      2. シェアル(SHAREL)の特徴
    3. ブランドシティ(BrandCity)
      1. ブランドシティ(BrandCity)のおすすめポイント
      2. ブランドシティ(BrandCity)の特徴
    4. オーブ(ORB)
      1. オーブ(ORB)のおすすめポイント
      2. オーブ(ORB)の特徴
    5. バッグリスト(baglist)
      1. バッグリスト(baglist)のおすすめポイント
      2. バッグリスト(baglist)の特徴
  5. ブランドバッグレンタルのデメリットや注意点
    1. 1.レンタルしたいブランドバッグが貸出中の場合もある
    2. 2.アイテムは新品ではない
    3. 3.紛失や盗難があった場合、費用を請求される可能性がある
  6. ブランドバッグレンタルに関するよくある質問
    1. Q1 .どんなブランドのバッグをレンタルできる?
    2. Q2.料金は「代引き」や「デビットカード」で支払える?
    3. Q3 .自分の持っているブランドバッグを貸すことはできる?
    4. Q4 .メンズ用にもおすすめなブランドバッグのレンタルサービスはどれ?
    5. Q5 .店舗があるブランドバッグのレンタルサービスはある?
    6. Q6 .汚れやキズをつけたらどうすればいい?
    7. Q7 .偽物のブランドバッグが届くことはある?
  7. ブランドバッグレンタルのおすすめサービスまとめ

ブランドバッグレンタルってどうなの?サービスのメリットを紹介

ブランドバッグレンタルサービスは、定価で購入すると何十万円もするハイブランドのバッグが、月額料金を払えば使い放題になります。

ここからは、あらためてブランドバッグレンタルのメリットをひとつずつ紹介します。

ブランドバッグレンタルのメリットは、大きくわけて以下の3つです。

それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

メリット1 .ブランドバッグを格安でレンタルし放題!

ブランドバッグレンタルのひとつめのメリットは、ブランドバッグを格安で借り放題なことです。

ブランドバッグは、安くても10万円以上するものがほとんどでしょう。また、ハイブランドとなると1つあたり何十万とする場合も珍しくありません。

ブランドバッグレンタルは、定価で購入するよりはるかに安い金額で、さまざまなブランドバッグを好きなだけ使えます。たとえば、ブランドバッグレンタルサービスの「ラクサス」は月額料金が7,480円(税込)です。

ラクサスは、HERMESやCHANEL・LOUIS VUITTONなどのハイブランドバッグを多く取り扱っています。HERMESのショルダーバッグ「トリム」は、定価が90万円を超えるシリーズもあります。

しかしラクサスなら、月額7,480円(税込)でこのトリムが使い放題になります。このようなお得さは、ブランドバッグレンタルの大きな特徴といえるでしょう。

購入と比べると、ブランドバッグレンタルがいかにお得か、レンタルサービスの取り扱いブランド一覧を見るだけでも実感できます。

メリット2. 利用シーンごとにブランドバッグを楽しめる

ブランドバッグレンタルの2つめのメリットは、利用シーンごとにブランドバッグを楽しめることです。

ブランドバッグのレンタルサービスでは、ハンドバッグやショルダーバッグ・お仕事バッグなどさまざまな大きさやデザインのバッグを取りそろえています。

購入しなくても、イベントに合わせて都度好きなブランドバッグを使いわけられる点は大きな魅力といえるでしょう。

また、ブランドバッグを購入する際、長く使えるように無難なデザインや色を選びがちです。

しかしレンタルサービスならそのような心配はなく、トレンドのデザインや自分の好みに合わせて自由に選択できます。選べる楽しさを実感できるのも、ブランドバッグレンタルのメリットです。

メリット3. 部屋にブランドバッグが増えない

ブランドバッグレンタルの3つめのメリットは、部屋にブランドバッグが増えない点です。

ブランドバッグを購入した際、収納方法やスペースが気になるという人もいるのではないでしょうか。

とくに、ハイブランドのバッグなどはいい状態を維持できるように、きちんと保管したいものです。箱に入れた状態で複数のバッグをしまっておくと、かなり場所を取ってしまいます。

ブランドバッグレンタルはそのときに必要なバッグ以外手元に残らないため、収納場所に困ることはありません。

また、メンテナンスの手間がかからないこともメリットのひとつです。

ブランドバッグをレンタルするときの比較ポイント

いざブランドバッグレンタルを利用しようとしたときに、どのサービスを選べばいいか迷ってしまう人も多いかもしれません。

さまざまなレンタルサービスを比較検討するうえで、大切なポイントはどのような点でしょうか。

ここからは、ブランドバッグをレンタルするときの比較ポイントを解説します。

重要な点は以下の3つです。

ひとつずつ見ていきましょう。

1. ブランドバッグのアイテム数が多いか

ブランドバッグのレンタルサービスを、アイテム数で選ぶときのポイントは以下のとおりです。

  • サービスによって取り扱いアイテム数が異なる
  • 希望するデザインがないケースがある
  • 人気バッグが常にレンタル中になる可能性がある
  • 取り扱いアイテム数は事前に確認しておく

レンタルサービスによって、取り扱いブランド数やアイテム数は異なります。

そのため、よく確認せずに契約するとレンタルサービスに自分が使いたいデザインのバッグがなく、利用しづらい事態にもなりかねません。

また、アイテム数が少ないと人気バッグが常にレンタル中で、なかなか借りられないといったケースも起こるでしょう。

したがって取り扱いアイテム数は、事前によくチェックしておくのがおすすめです。

自分が使いたいブランドが取り扱われているかも、重要な比較ポイントでしょう。

2. 利用料金が予算内か

ブランドバッグのレンタルサービスを、利用料金で選ぶときのポイントは以下のとおりです。

  • ブランドバッグレンタルには日額制と月額制がある
  • サービスごとに利用料金に差がある
  • ブランドバッグの交換時に返送料金がかかる場合がある

ブランドバッグのレンタルサービスには、毎月定額を払ってバッグをレンタルする月額制と利用する日数に合わせて都度料金を払う日額制の2種類があります。

ブランドバッグをデイリー使いしたい人は月額制、イベントのときだけ使いたい人は日額制と自分の目的に合った料金体系のあるサービスを選びましょう。

また、サービスごとに料金にも差があります。
たとえば、ラクサスの月額料金は一律7,480円(税込)です。

対してSHARELは月額5,280円(税込)とラクサスよりも安いですが、レンタルするバッグのグレードによっては追加料金が発生する場合があります。

ほかにもブランドバッグの交換時に返送料金がかかるケースもあり、月額料金とは別に請求される点にも注意が必要です。

毎月払うことを考え、利用料金が自分の予算内に収まるかどうかよく検討してみてください。

3.支払い方法が豊富かどうか

ブランドバッグのレンタルサービスを、支払い方法で選ぶときのポイントは以下のとおりです。

  • クレジットカード以外の支払い方法があるか(デビットカード、代引きなど)
  • 自分の利用しやすい支払い方法が選べるか

サービスによっては、クレジットカード以外の支払い方法にも対応している場合があります。

代引きやデビットカードが使用できるサービスなど、支払い方法が豊富ならば自分の利用しやすい形を選べるでしょう。

ブランドバッグのレンタルサービスを徹底比較【4つのポイント】

サービス名 アイテム数 ブランド数 料金 支払方法
ラクサス(Laxus) 約4万点 57ブランド 7,480円(税込) クレジットカード
シェアル(SHAREL) 55ブランド シングルプラン:5,280円(税込)
ダブルプラン:10,560円(税込)
クレジットカード
ブランドシティ(BrandCity) 記載なし 60ブランド以上 450円(税込)~16,020円(税込)
※3日間の場合
クレジットカード
オーブ(ORB) 21ブランド アウトレット:3,080円(税込)
ライト:4,180円(税込)
レギュラー:7,480円(税込)
プレミアムB:10,780円(税込)
プレミアムA:15,180円(税込)
プレミアムS:19,580円(税込)
クレジットカード
バッグリスト(baglist) 記載なし 4,378円(税込) クレジットカード

ここでは、5つのブランドバッグレンタルサービスを4つのポイントで比較します。

比較ポイントは、以下の4つです。

  • アイテム数
  • ブランド数
  • 料金
  • 支払い方法

項目をしぼって比較すると、定額でも複数の月額料金プランを持つサービスがあることがわかります。

一律料金のサービスは、便利です。

しかしレンタルしたいバッグのブランドやデザインが明確な人は、それぞれを比較してサービスのプランを選ぶと月額料金を抑えられるかもしれません。

ブランドバッグのおすすめレンタルサービス5選!

ここでは、ブランドバッグのおすすめレンタルサービスを5つ紹介していきます。

ピックアップするレンタルサービスは、以下のとおりです。

それぞれの特徴とおすすめポイントを見ていきましょう。

ラクサス(Laxus)

アイテム数 約4万点
ブランド数 60ブランド
料金 7,480円(税込)
支払い方法 クレジットカード

ラクサス(Laxus)のおすすめポイント

  • 「取り扱いブランド数」と「アイテム数」がほかのサービスよりも多い
  • 返却期限がないから気に入ったバッグをずっと借りていられる
  • キズや汚れの保証がついているので安心

ラクサス(Laxus)の特徴

ラクサス(Laxus)の最大の特徴は、取り扱いブランド数とアイテム数の多さです。CHANELやPRADAなどのハイブランドを中心に60ブランド・約4万点のアイテムをそろえています。

ブランド数・アイテム数の豊富さは、ほかのブランドバッグレンタルサービスより頭ひとつ抜きんでているといえるでしょう。

なおラクサスには、レンタルバッグの返却期限がありません。そのため、気に入ったブランドバッグをずっと借り続けることもできます。レンタル品ではありますが、購入したときとあまり変わらない使い方ができるのはメリットでしょう。

また、月額料金のなかに日常使いでバッグにつくキズや汚れで修繕費用が発生しない「キズ保証」というサービスが含まれています。該当するのは内側の軽い黒ずみや表面のスレ、金具のメッキ剥げなどです。

ブランドバッグをレンタルするうえで、このような保証がある点は大きな安心材料といえるでしょう。

ラクサスの公式HPへ

シェアル(SHAREL)

アイテム数
ブランド数 55ブランド
料金 シングルプラン:5,280円(税込)
ダブルプラン:10,560円(税込)
支払い方法 クレジットカード

シェアル(SHAREL)のおすすめポイント

  • ブランドバッグ以外に時計やアクセサリーもレンタルできて便利
  • 同時に2個レンタルできるプランがある
  • 返却期限がないから気に入ったアイテムをずっと借りられる

シェアル(SHAREL)の特徴

シェアル(SHAREL)は、ブランドバッグ以外にブランドの時計やアクセサリーもレンタルできるサービスです。ハイブランドのバッグや時計、アクセサリーの正規品を、定価よりはるかに安い月額料金5,280円(税込)でレンタルできます。

シェアルもラクサス同様返却期限がないため、気に入ったアイテムをずっと借り続けられる点も魅力です。シェアルには、シングルプランとダブルプランの2種類の料金プランがあります。

シングルプランは1回のレンタルにつき1個のアイテムをレンタルでき、1回のレンタルにつき2個のアイテムのレンタルが可能です。そのため、バッグはFENDI、腕時計はHERMESといったように2種類のハイブランドアイテムをも持つこともできます。

ブランドアイテムが好きな人にとっては、非常に魅力的なサービスといえるのではないでしょうか。1点覚えておきたいのは、シェアルのレンタル商品には「スペシャル商品」と「プレミアム商品」がある点です。

これは、グレードがワンランク上のアイテムのことを指します。この表示のついたアイテムをレンタルする際、月額料金に1,100円(税込)もしくは2,200円(税込)が課金される仕組みです。

具体的には、スペシャル商品だと月額料金にプラス1,100円(税込)、プレミアム商品だと月額料金にプラス2,200円(税込)と、そこまで高額ではありません。

シェアルの公式HPへ

ブランドシティ(BrandCity)

アイテム数 記載なし
ブランド数 60ブランド以上
料金 450円(税込)~16,020円(税込)
※3日間の場合
支払い方法 クレジットカード

ブランドシティ(BrandCity)のおすすめポイント

  • 3~90日間まで1日単位でレンタルできるので使いたいときに利用できて便利
  • ブランドバッグ以外にジュエリーや小物などのアイテムもそろっている
  • 買取時はレンタル料金分が割引される(最大30日間分)のでお得

ブランドシティ(BrandCity)の特徴

ブランドシティ(BrandCity)は月額制ではなく、借りる日数やアイテムによって料金が変わる日額制で、レンタル期間は最短3日~最大90日間までの柔軟なレンタルサービスをおこなっています。

ブランドバッグはもちろん、アクセサリーやスカーフ、財布などのブランドアイテムもレンタルできます。

日額制なのでイベントがあるときだけ借りたり、気になるブランドバッグを試す目的でレンタルしたり、さまざまな使い方ができる点がメリットです。さらに借りるアイテムに関わらず往復送料が無料なので、気軽に利用できるのも魅力といえるでしょう。

ブランドシティの大きな特徴は、買取時に、商品価格からレンタル料金1回分(30日間分の上限あり)を差し引いた価格で購入できる点。たとえば、販売価格が80,000円のバッグを4,000円分レンタルしていて買い取る場合、購入価格は76,000円になります。

長くレンタルすればその分割引されるので、損をしないようなサービスを提供しています。気に入ったアイテムをゆくゆくは買い取りたい、と考えている人にとってはお得なサービスです。

ブランドシティの公式HPへ

オーブ(ORB)

アイテム数
ブランド数 21ブランド
料金 アウトレット:3,080円(税込)
ライト:4,180円(税込)
レギュラー:7,480円(税込)
プレミアムB:10,780円(税込)
プレミアムA:15,180円(税込)
プレミアムS:19,580円(税込)
※2022年9月現在、アウトレット、ライトプランのみ利用可能
支払い方法 クレジットカード

オーブ(ORB)のおすすめポイント

  • アウトレットプランなら月額3,080円(税込)と非常にリーズナブル
  • 老舗のブランドバッグレンタルサービスなので実績があって安心
  • 交換回数に制限がないのでイベントに合わせてバッグを使い分けられる

オーブ(ORB)の特徴

オーブ(ORB)は、約14年間の運営実績を誇るブランドバッグレンタルサービスです。ブランドバッグレンタルサービスのなかでは老舗の部類に入るため、安心感があります。

コースごとにレンタルできるブランドバッグのグレードが分かれていて、プレミアムSコースではブランドの新作バックが中心となり、さらに往復送料は無料の定額制です。しかし、現在新規会員は「アウトレットコース」と「ライトコース」のみ受け付けています。

オーブのアウトレットコースは、月額料金が3,080円(税込)と、ほかサービスの月額料金に比べかなりリーズナブルでしょう。アウトレットコースはコンディションが低下したブランドバッグがメインですが、安い料金でブランドバッグをたくさん使いたいという人にはとくにおすすめです。

また、オーブは月の交換回数に制限がありません。そのため、イベントに合わせてブランドバッグをこまめに交換することも可能です。

ただし、一部の会員を除いては、交換のたびに返送料がかかる点にだけ注意してください。

オーブの公式HPへ

バッグリスト(baglist)

アイテム数 記載なし
ブランド数
料金 4,378円(税込)
支払い方法 クレジットカード

バッグリスト(baglist)のおすすめポイント

  • ラクサスの姉妹サービスという立ち位置で、ラクサスで扱っているバッグをレンタルできる
  • ブランドバッグが月4,378円(税込)で使い放題
  • キズや汚れの保証がついているので安心

バッグリスト(baglist)の特徴

バッグリスト(baglist)は、ラクサスの廉価版サービスです。ラクサスで扱っているハイブランドバックを、ラクサスよりも約3,000円も安くレンタルできる点が大きな魅力でしょう。

しかし月額料金が安い分、ラクサスよりも取り扱いブランドとアイテム数が少ないようです。それでも定価だと10万円以上するようなHERMESやPRADA・Diorなどの有名ハイブランドのバッグはひととおりそろっています。

自分の使いたいブランドバッグがはっきりしている人は、バッグリストを選んだ方が経済的かもしれません。また、バッグリストはラクサス同様、月額料金のなかに「キズ保証」サービスが含まれています。

日常使いでバッグにつくような軽い表面のスレや、経年劣化による破損は修繕費が発生しないので安心です。

バッグリストの公式HPへ

ブランドバッグレンタルのデメリットや注意点

ここからは、ブランドバッグレンタルのデメリットや注意点を解説していきます。

ブランドバッグレンタルの主なデメリットや、注意点は以下の3点です。

ひとつずつ見ていきましょう。

1.レンタルしたいブランドバッグが貸出中の場合もある

ブランドバッグレンタルの1つめの注意点は、レンタルしたいブランドバッグが貸出中の場合があることです。

バッグレンタルにはほかの利用者もいるため、好きなタイミングに好きなバッグを借りられるとは限りません。とくに人気ブランドのバッグや新作のバッグは、レンタル希望者が集中しがちです。

人気のバッグがずっと貸出中で、なかなか借りられないというパターンもよくあります。また、レンタル申し込みをしてもウェイティングリストが長く、何カ月も待たなければいけない場合もあるようです。

特別なイベントに合わせてブランドバッグをレンタルしたいときは、余裕を持って早めにレンタルの申し込んでみてください。

2.アイテムは新品ではない

ブランドバッグレンタルの2つめの注意点は、アイテムが新品ではないことです。

ブランドバッグレンタルで扱う商品は、過去に何度もレンタルされている中古品になります。そのため、中古品に抵抗がある人にはブランドバッグレンタルはおすすめできません。

レンタルしたバッグが届いたら、まずはキズや汚れの有無などバッグの状況を確認してみてください。状態がひどい場合、サービス会社に連絡をすると取り替えてもらえる場合があります。

また、自分が使う前にキズや汚れがあったことを伝えておけば、後々に修繕費を請求されるなどのトラブルを避けられるのでおすすめです。

3.紛失や盗難があった場合、費用を請求される可能性がある

ブランドバッグレンタルの3つめの注意点は、紛失や盗難があった場合、費用を請求される可能性があることです。

紛失や盗難にあった場合、シェアルやブランドシティは買取価格相当額の弁償金が請求され、オーブは紛失した場合、各コース規定の補償金を請求されます。

ラクサスとバッグリストは、弁償金額は明記されていませんでした。またキズや汚れであれば、サービスごとに保証が適用される可能性があります。

たとえばラクサスとバッグリストは、月額料金のなかに「キズ保証」が含まれているため、日常使いでついた汚れやキズならば修繕費用は請求されません。しかしブランドシティは、レンタル料金の10%で保証をつけられます。

オーブとシェアルは、通常の使用でついた若干のキズや汚れなら修繕費用は発生しません。しかしどのサービスでも、通常の範囲を超えた汚れやキズ、破損には修繕費用は弁償金が発生するため注意が必要です。

ブランドバッグレンタルに関するよくある質問

ここからは、ブランドバッグレンタルに関するよくある質問とその回答を紹介します。

主なトピックは以下のとおりです。

ひとつずつ見ていきましょう。

Q1 .どんなブランドのバッグをレンタルできる?

どのようなブランドバッグを扱っているかは、各サービスによって異なります。

各レンタルサービスの公式サイトに取り扱いブランド一覧が載っているので、そちらで確認してみてください。

例として、ラクサスで扱っているブランドを一部紹介します。

  • HERMES
  • LOUIS VUITTON
  • CHANEL
  • PRADA
  • GUCCI
  • CELINE
  • FENDI
  • Dior
  • GIVENCHY
  • Chloe
  • Michael Kors
  • COACH
  • Miu Miu
  • FURLA
  • kate spade

ブランドバッグレンタル会社によっては、会員のグレードで選べるブランドバッグが変わります。

契約前にチェックしてみてください。

Q2.料金は「代引き」や「デビットカード」で支払える?

ブランドバッグレンタルサービスのほとんどは、クレジットカードにのみ対応しているようです。

ブランドバッグ専門ではありませんが、Cariruというレンタルサービスでは代引きに対応しています。

Cariruはパーティードレスやセレモニースーツがメインですが、バッグも少しであれば扱っているようです。

Q3 .自分の持っているブランドバッグを貸すことはできる?

ラクサスの姉妹サービス「ラクサスX」では、手持ちのブランドバッグを貸し出せます。

貸出したブランドバッグがレンタルされると、その分お金が入るので、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもおすすめです。

貸出している間はブランドバッグの保管やメンテナンスをしてもらえるので、お金も稼げて一石二鳥でしょう。

Q4 .メンズ用にもおすすめなブランドバッグのレンタルサービスはどれ?

サービス名 ラクサス DMMいろいろレンタル
アイテム数 約4万点 記載なし
ブランド数 60ブランド 記載なし
料金 7,480円(税込) 2,980円(税込)~
※2日間の場合
支払い方法 クレジットカード クレジットカード、DMMポイント払い

メンズ用のおすすめブランドバッグレンタルサービスは、あまり多くありません。

ラクサスとDMMいろいろレンタルがメンズのブランドバッグを扱っていますが、どちらもアイテム数やブランド数は少ないのが実情です。

DMMいろいろレンタルでは、TUMI、 Felisiといった仕事に使えるビジネスバッグも取り扱っています。

Q5 .店舗があるブランドバッグのレンタルサービスはある?

今回紹介したブランドバッグレンタルサービスは、ラクサス、ブランドシティを除いてはどれも店舗を持っていません。

また、ほかのブランドバッグレンタルも、主要都市に実店舗を持っているサービスはないようです。

店舗を持たないことで、その分のコストをブランドバッグやサービスに還元できているのかもしれません。

Q6 .汚れやキズをつけたらどうすればいい?

日常使いをしていてつくような軽い汚れやキズであれば、月額料金に含まれている保証サービスか、加算できるタイプの保証によってカバーされます。

それ以外の汚れやキズには、修繕費用が発生する場合が多いです。修繕費用がいくらかは、レンタルしたブランドバッグやサービスによって異なります。

また、修繕ができないくらいの破損の場合、買取額相当の弁償金が発生することもあるようです。

そのため、レンタルしたバッグは丁寧に扱ってください。

Q7 .偽物のブランドバッグが届くことはある?

今回紹介したブランドバッグレンタルサービスのほぼすべてが、鑑定士が検品し貸出をおこなっています。

そのため、偽物のブランドバッグが届くことはないと言えるでしょう。

しかし運営会社が怪しかったり、個人でおこなっていたりするブランドバッグレンタルサービスは、偽物やコピー品を扱っている可能性もあります。

高級な商品をやりとりするので、信用できる会社が運営しているサービスを選ぶようにしてみてください。

ブランドバッグレンタルのおすすめサービスまとめ

今回はブランドバッグレンタルの特徴と、おすすめサービスについてまとめました。

ハイブランドのバッグを手ごろな価格で使えるレンタルサービスは、非常に魅力的です。

ブランドバッグレンタルについてまとめると、以下のようになります。

【ブランドバッグレンタルのメリット】

【ブランドバッグレンタルサービスの比較ポイント】

【ブランドバッグレンタルのデメリット・注意点】

ブランドバッグレンタルは、自分に合ったサービスを選べばコスパよく楽しめます。

ブランドバッグを気軽に持ってみたいという人は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュースに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
ファッションレンタルファッション全般
ライフスタイル
タイトルとURLをコピーしました