ホームページリニューアル成功の手順とコツ 判断基準・目的整理から稟議・運用までわかりやすく解説

約80万件の架電実績データと、204名のテレマ担当の声から、インサイドセールスにおける「架電」の在るべき姿が分かる動画資料を配布中!

企業にとって、ホームページでの情報発信はコンテンツマーケティングの一種となり、リード(見込み顧客)の獲得育成に活用できます。ホームページでの集客効果を高めるには、日々のメンテナンスやアップデートが必要です。

大幅な改編を行う際は、ホームページのリニューアルも選択肢の1つになります。この記事ではホームページリニューアル実施の判断基準や実施手順、注意点などを解説します。

ホームページリニューアルをする・しないの判断基準は?

現在のホームページを改善する手段には、一部の技術的な面を変更する改修と、根本的な部分から変更するリニューアルの2つが挙げられます。どのような場合にリニューアルの実施判断をすべきか、基準とタイミングの考え方について解説します。

まずは、投資対効果の判断軸である、相場(価格)について確認しましょう。

ホームページリニューアルの相場

費用相場改修作業の内容例リニューアル作業の内容例
1000円~テキスト等の簡易な修正
3000円~画像の差し替え
5000円~図表の埋め込み

1万円~バナー埋め込み
3万円~ロゴデザインCMS導入
5万円~企業ロゴデザイン
10万円~ホームページ全体の
リニューアル
15万円~会社紹介の動画作成デザインをカスタマイズした
ホームページのリニューアル
50万円~オリジナルデザインの
ホームページのリニューアル
100万円~リニューアル作業の外注
300万円~ECサイトのリニューアル

ホームページリニューアルの相場価格は、ホームページ全体をリニューアルする場合で10万円程といわれています。ただし、設計工数やページ数等によっても費用は異なり、デザインのカスタマイズやオリジナル性を高める工程が加わると、一般的に費用が加算されます。

一部改修の場合は、簡易な内容であれば1000円程から依頼可能なケースもありますが、高度な作業になると15万円以上かかるケースもあり、作業内容により費用に幅があります。

また、作業内容だけではなく制作会社によっても相場費用は異なるため、ホームページをリニューアルする際は事前に複数の会社を比較することを推奨します。

リニューアルする適切な基準・タイミングとは?

ホームページのリニューアル時期の主な指標となるのが、デザイン、機能面、掲載情報量の3つです。それぞれ詳しく説明していきます。

1.デザインの流行の変わり目

一般的にホームページのデザインは3~4年でトレンドが移り変わるとされています。ホームページを立ち上げてから年月が立っている場合は、デザインが時代の風潮から外れていないか、一度客観的な視点で見直すと良いでしょう。

2.機能面に不足が生じた時

現在はスマートフォンやタブレットからのアクセス割合も増えており、それらに対応するホームページが求められています。アクセシビリティを向上させるためには、ホームページを閲覧媒体の変化に適応させる必要があります。

3.掲載情報量が多くなった時

ホームページ内の情報が整理されないまま蓄積されていくと、探している情報にたどり着けない事態が想定されるため注意が必要です。リニューアルによって求めている情報への導線が明確になれば、より利便性の高いホームページとなります。

成果が出るホームページリニューアルの具体的な手順

カテゴリ作業内容押さえるポイント
目的整理マーケティング全体像と課題抽出自社の課題の明確化
社内稟議リニューアルの企画書作成リニューアル目的
現状の課題とリニューアルするメリット
予算の見積もり
依頼提案依頼書(RFP)の作成
制作会社の選定

制作会社の実態
公開後のサポート体制

要件定義・設計サイトマップの設計
サイト構成の作成
制作側との進行度の共有
実装WEBデザインとコーディング作業完了までの修正
公開対応公開前後の確認動作や表示は正常にされるか

ホームページリニューアルの大まかな流れとしては、「目的整理」、「社内稟議」、「依頼」、「要件定義・設定」、「実装」、「公開対応」のフェーズに分けられます。ここからは各フェーズで行うべき内容について解説します。

目的整理:マーケティング全体像と課題抽出

ホームページでの情報発信は、インバウンドマーケティングの一種であるコンテンツマーケティングの土台となります。良質なコンテンツの提供とSEO(検索エンジン最適化)によって商材への興味が高い顧客へのアプローチが可能です。主に潜在顧客の発掘や購買意欲の高いホットリードの獲得・育成に活用できます。

たとえばホームページの目的が、商品や自社の認知拡大なのか、顧客数の増加なのかによっても必要なコンテンツや対策は異なります。ホームページの効果を高めるにはホワイトペーパーやセミナーなどの各種施策との連携も必要になるため、ホームページリニューアルを行う際はマーケティング全体像の整理と自社の課題の明確化が重要です。

参考記事:コンテンツマーケティングで記事を検索上位に表示させるために気をつけるべきこと

社内稟議:リニューアルの企画書作成

ホームページリニューアルを行うには、社内全体でホームページリニューアルの必要性を共有する必要があります。そのためには企画書の作成が重要です。企画書を作成する際は、誰が読んでも意図が伝わるように、下記の3つのポイントを押さえて作成しましょう。

  • リニューアル目的
  • 現状の課題とリニューアルするメリット
  • 予算の見積もり

1.リニューアル目的

まずはリニューアルの目的を明確にします。目的の具体例としては成約率の向上やホットリードの獲得などがあげられます。この際、デザインを新しくしたい、スマートフォン対応のシステムにしたいといった内容は、あくまでも目的達成のための手段です。手段と目的を混合しないよう注意しましょう。

2.現状の課題とリニューアルするメリット

課題については、具体的な数値やお客様アンケートなどのデータを用いて説明すると効果的です。MAツールを活用すれば、各ページやコンテンツの効果分析やLTV(顧客生涯価値)の高い顧客の把握も容易になります。現状の課題が明確になれば、リニューアルの必要性やメリットの提示にも説得力を持たせられるでしょう。

3.予算の見積もり

予算に関しては、相場についての知識と理解が必要です。目的達成の効果が期待できたとしても、莫大な予算が必要な場合には費用対効果の面から難しいと判断される可能性もあります。リニューアル費用だけではなくその後の運営にかかる費用も考慮した上で、妥当性のある予算を提示しましょう。

依頼:提案依頼書(RFP)の作成と制作会社の選定

ホームページリニューアルを実施するためには専門的な知識が必要になるため、外部の業者に依頼するのが一般的です。外部に業務を発注する際には、提案依頼書(RFP)が必要になります。

提案依頼書とは、複数の外注候補先の中から自社のリクエストに合致する最適なプランを選択するために作られる資料です。ホームページ作成の目的や目標、予算、スケジュール、必須の機能や運用方法などを記載します。

提案依頼書によって発注先の候補を絞ったら、実際に依頼する制作会社を選定しましょう。選定基準には会社の規模や制作会社が得意としている分野などがあげられます。制作会社の実際のホームページをチェックするのも1つの方法です。

費用の安さは魅力ですが、極端に安価な会社に依頼すると、不満の残る結果となる可能性があるため、価格だけで安易に決めずに事前によく調査する必要があるでしょう。

また、自社で対応できる作業は自社内で完結させることでコストを抑えられます。

また、リニューアルしたホームページ公開後のサポート体制が整っているかも重要なポイントです。リリース後にトラブルが起きた場合しっかりと対応してくれるかどうか、担当者とのやり取りがスムーズかも確認するようにしましょう。

要件定義・設計:サイトマップの設計とサイト構成の作成

ここからはホームページリニューアルを行う際の実際の手順を解説します。

ホームページを作成する際は、サイトマップが重要です。サイトマップとは、全体の構成や導線を検討するための資料を指します。サイトマップの設計としては、トップページが第一階層、カテゴリーページが第二階層と続く形が一般的です。階層が深すぎる場合、管理の手間が増えるだけではなく、検索結果にもヒットしにくくなってしまうため留意が必要です。

サイトマップ完成後は、ワイヤーフレームを作成します。ワイヤーフレームは各ページの設計図で、ページのレイアウトや配置、コンテンツの配置について検討する際に活用します。

ワイヤーフレームを作成する際は、ユーザーがページをどういった流れで見るのかを考え、読みやすさを意識しなければなりません。また、ホームページのイメージを可視化する役割もあるため、進行には制作側との共有が重要です。

実装:WEBデザインとコーディング

最終段階では全体の構成案とワイヤーフレームを元にデザインの方向性を決定し、コーディングを行います。

見た目が良いデザインは目を引きますが、ページ内の情報が整理されていなければ混乱の元となります。ユーザーがページ内のすべてに目を通すとは限らないため、求めている情報にすぐにアクセス可能なデザインにするように心がけましょう。

コーディングは、Webデザインをブラウザ上で閲覧可能な状態にする作業です。当初のデザイン案通りにブラウザ上で表示されるよう、確認を重ねながらコーディングを実施します。コーディングでは作業完了まで何度も修正が必要です。

コーディングにはHTMLやCSS、Javaなどの言語が主に利用されます。これらの言語に加え、コンテンツ管理システムであるCMSの知識があると役立ちます。

公開対応

ホームページが完成したら、いよいよ公開対応に入ります。

まず公開直前に表示の確認を必ず行います。パソコンやスマートフォンなど、デバイスごとに正確に表示されるかをチェックします。

ユーザーが利用するデバイスの画面サイズに応じて、レイアウトやデザインを最適化できているか(※レスポンシブWebデザインを採用した場合)など、細かく確認しましょう。

確認時には公開前のホームページがブラウザ上の検索結果に表示されないよう、noindexを設定するのが一般的です。ホームページの公開時にはnoindexの設定を解除し忘れないように注意しましょう。

次に、公開直後の確認事項についてです。ホームページを公開したらURLを入力し、ブラウザ上で正しく表示されるかを確認します。問い合わせフォームなどを設置しているのであれば、その動作確認も必要です。

リニューアルの際に気をつけたい注意点

ここからはホームページをリニューアルする際に注意したいポイントを3つ解説します。

1.リニューアルの重点がデザインに偏らないようにする

たとえ良質なデザインでサイトへのアクセス数を増やせても、コンテンツの内容がユーザーのニーズを満たせていなければ実際の商品の購買にはつながりません。ホームページリニューアルを行う際は、利便性の高さとコンテンツの質の両立を目指しましょう。

2.リニューアル前のページを削除しない

リニューアル前のページを削除してしまうと、それまでの検索結果からキーワードについていた順位も消えてしまいます。SEOによる流入が失われないようにするためには、可能な限りページを残す必要があります。

3.URLの変更を漏れなく行う

リニューアルにともないURLが変更となる際には、以前のURLから新しいURLへとリダイレクトを設定しなければなりません。引き継ぎミスが無いように、対応表などを事前に用意することを推奨します。トップページだけではなく、各種コンテンツ内のリンクも含めすべてのURLが正しく更新されているか必ず確認しましょう。

リニューアル後の運用で重要な3つのやるべきこと

ホームページリニューアルは公開完了が作業の終着点ではありません。ここからはホームページリニューアル後の運用段階で行うべき3つの内容について解説します。

1.プレスリリース・SNSでの告知

ホームページのリニューアルは、会社のイメージ一新をアピールする機会です。公開後はSNSやプレスリリース等で告知を行い、ユーザーの目に触れる機会を増やしましょう。

特にSNSは拡散力が高く顧客との双方向のコミュニケーションが可能なため、マーケティングに取り入れる企業も増えています。告知により注目を集め、新規ユーザーの獲得につなげます。

2.解析ツールの連携と計測指標のトラッキング

アクセス数やユーザーの動きを具体的な数値で把握し、計測指標を満たしているか確認する必要があります。計測指標には、例として以下の内容が挙げられます。

  • ホームページへのアクセス数
  • ホームページの直帰率
  • ランディングページからのコンバージョン率

Googleアナリティクスなどの解析ツールを導入すれば、リニューアルしたホームページが計画当初の目標に向かっているかモニタリングできます。

3.コンテンツの追加と発信

ホームページのリニューアルを機にターゲットユーザーの関心を高められれば、顧客化する可能性は高くなります。潜在リードに対して継続的にアプローチするためには、定期的なコンテンツの追加と発信が必要です。

コンテンツを追加する際はユーザーが多く使用しているキーワードなどと整合性を持たせ、コンバージョンへとつなげやすくする工夫をしていきましょう。

まとめ

ホームページリニューアルの実施は重要ですが、前提整理の作業が多く工程がかさみます。Webマーケティングの開始にあたっては、各フェーズを区切った上で実施できる範囲から進めていくのも良策です。

Web集客にはホームページ以外にも、MAの導入やオウンドメディアの活用、セミナーの開催、ホワイトペーパーの作成など各種活動との連携が必要です。しかしWeb集客を成功させるには様々なノウハウが必要であり、導入から成果が出るまでに長い期間がかかる傾向があります。効率的にリードを獲得するには、代行委託を利用するのも有効です。

弊社が提供中のサービス「TECH+ Lead Gen Category(LGC)」はWeb集客に貢献できるオウンドメディア運用をサポートします。LGCは「定例MTG参加と意思決定」「CTA資料提供」「コンテンツ確認」の3点を用意するだけで、サイト構築にかかる工数と手間を大幅に削減してオウンドメディアが運用可できます。デジタルマーケティングを活用したWeb集客に課題を抱えているのであれば、ぜひLGCの導入をご検討ください。

TECH+ Lead Gen Category (LGC)」

 

自社サイトのSEOに携わる方々の現在の取り組み状況が分かる

自社サイトのメールマーケティングに携わる方々の現在の取り組み状況が分かる

成果につながるオウンドメディアの運用を支援

実態調査で読み解く テレマのリアル 2022

リード獲得につながオウンドメディアの運用を支援

自社サイトのメールマーケティングに携わる方々の現在の取り組み状況が分かる

自社サイトのメールマーケティングに携わる方々の現在の取り組み状況が分かる

著者

TECH+ セールスプロモーション事務局

TECH+は、総合ニュースポータルサイトであるマイナビニュースより生まれたITを中心としたテクノロジーを活用したい人に向けたビジネス情報サイトです。

世界的なデジタル化の潮流によりこれまで限られた人しか使いこなせなかった高度なテクノロジーであっても、誰でも手軽に利用できるようになっています。その結果、企業の中でも、エンジニアやIT管理者に限らず幅広いビジネスユーザーが、IT・テクノロジーの導入に関与する時代が到来しています。

TECH+では「テクノロジーとビジネスの課題解決を ”つなげる” メディア」をコンセプトに掲げ、高度なテクノロジーであっても、普通のビジネスユーザーがわかりやすく理解してもらえる形で情報を届けることで、課題をもって訪れていただいた読者の皆様が必要とするテクノロジーを適切に選択できる場となることを目指し、最新のテクノロジーに関する情報のみならず、実際にどうすれば活用できるのか、さまざまな視点に立ったコンテンツの充実に努めてまいります。ご利用のほど、何卒、宜しくお願いいたします。