コンテンツマーケティング代行・支援サービス8選|外注費用相場も解説

コンテンツマーケティングは、有益なコンテンツを継続的に発信することで見込み客を獲得するマーケティング手法です。

参考記事:コンテンツマーケティングとは? 必要とされる理由と実践手順をわかりやすく解説

高い集客効果が期待できる手法ですが、実施にあたっては良質なコンテンツを適切なタイミングで発信していく必要があります。コンテンツ作成や発信のために作業時間を確保せねばならず、また経験にも左右されるため、「社内に適切なタレント、チームがない」というケースも多いでしょう。

このような場合、アウトソーシングを利用するのも1つの選択肢となります。この記事では費用の相場や依頼にあたっての注意点を交えながら、市場にあるサービスの中から、特に事前分析やライティングを支援する8つの代行サービスを紹介します。

本記事では事前分析やライティングを支援する会社を紹介しますが、下のリンクにある記事では、コンテンツマーケティング全般を支援する会社に焦点を当てて、おすすめの会社を紹介しています。合わせて参考にしてください。

参考記事:コンテンツマーケティングに強い会社6社を紹介|会社選びのポイントも解説

コンテンツマーケティング代行の外注費用相場

コンテンツマーケティングのアウトソースといっても、ライティングだけを外注するものからサイト運用を含む全てをアウトソースするものまで、その範囲は様々です。依頼する領域によって相場は変わるため、ここでは「ライティングのみ」「分析とライティング」「サイト運営全般」の3つに分けて、費用の相場をみていきましょう。

ライティングのみ外注

記事の執筆を依頼する「ライティングのみ」の場合、1記事あたり2万円前後、月間10記事20万円前後という金額が、アウトソースの相場となります。記事のジャンルや執筆に専門知識が必要かどうかなどによって、金額は多少変動します。

ライティング

分析とライティングを外注

コンテンツマーケティングを実践する上では、ターゲット定義や検索クエリの抽出などで予め分析を行うことが欠かせません。どんなターゲットを対象とするのか、それらを記事に引き込むにはどんなキーワードを持つどのような構成の記事を用意すべきか。こういった分析作業を含め記事作成を依頼する場合、ライティングとは別費用が発生します。

同じ10記事を依頼する場合でも、ライティングのみでは20万円前後が相場ですが、「分析とライティング」を依頼する場合には30万円から40万円ほどの料金が一般的な金額となります。

分析とライティング

サイト運営全般から支援・外注

最も費用相場に開きがあるのが、サイト運営全般をアウトソースするケースです。同サービスは事前分析やライティングのみでなく、CMS設置によるサイトの構築、実運営、流入数やCV数の分析、広告運用、PDCAサイクルの実践まで、オウンドメディアの運用全般を支援します。

記事執筆や事前分析など「点の作業」をアウトソースする前の2つと違ってオウンドメディアという取り組みそのものを支援するため、発注元の企業と同じ成果目標を持ってプロジェクトを並走してくれる事業者がほとんどです。そのため、どんな成果目標を立てるのか、どんな組織体制でサポートするのかなどによって、金額は大きく変動します。月額50万円ほどではじめられるものから数百万円かかるものまで、費用には開きがあります。

サイト運営全般

選定にあたって注視すべきポイント

ライティングのみを依頼する場合もサイト運用全般を依頼する場合も、選定にあたっては “必ず見るべきポイント” が2つあります。

得意なジャンル

代行会社は、当該の会社が囲っているライター、記事を校正する編集者によって、それぞれ得意とするジャンル、領域が異なります。

ジャンルとは作成する記事が「SNS向けの記事」なのか「アフィリエイター用の記事」なのか「コンテンツSEOに特化した記事」なのかといった、記事そのものの種類のこと。また、領域は、「ビジネス」「ホビー」「ゲーム」「飲料」といった、展開する情報のテーマを指します。

どの領域でコンテンツマーケティングを展開するのか、そこではどのようなユーザーを対象にしてどんなジャンルの記事で集客を図っていくのか。これらをまず明確にして、当該のジャンル・領域への適性を持つ代行サービスを選ぶ必要があります。

実績

コンテンツマーケティング代行の選定が難しい理由に、実際の納品物が得られるまで品質が不透明である点が挙げられます。どれだけサイト上で得意ジャンルや領域を謳っていても、ふたを開けるまではそれが確かかどうかわからないのです。

少しでも失敗リスクを減らすために、候補とする企業があるならば、漏れなく「目的のジャンル、領域」に近い実績を送ってもらうようにしましょう。既に公開されている「候補企業が関与した」コンテンツをチェックし、自身が求めるものと大きな乖離がないかをチェックする。そうすることで、失敗リスクを減らせるはずです。

コンテンツマーケティングの代行会社8選

先ほど述べたように、サイト運営全般を支援する代行サービスは、サービスの提供領域や費用の幅に代行会社ごとで大きな開きがあります。ですのでここでは、比較のしやすい「事前分析」「ライティング」を代行する会社を対象に、コンテンツマーケティングの代行会社として8社を紹介します。代行会社選びの参考にしてみてください。

SEデザイン

株式会社SEデザインはグローバルコンテンツのローカライズにも対応した代行会社です。コンテンツの企画、作成、海外コンテンツのローカライズ、国内コンテンツの海外向け翻訳に対応します。

事前分析やコンテンツ作成が主な代行業務の領域ですが、オウンドメディアの構築やメールマーケティングの実施もサポートします。

Sagoooワークス

Sagoooワークスは株式会社ウィルゲートが運営する記事作成代行サービスです。

用途や目的に合わせて専任コンサルタントがご提案から納品まで行う「オーダーメイドプラン」、1記事から発注できる「オンライン発注プラン」など、豊富なプランの中から適切なものを選択することが可能。記事構成を設計して依頼することで、納品物として記事データが納品されるシステムになっています。

ブランディングテクノロジー

ブランディングテクノロジーは中小・中堅企業のブランディングコンテンツの作成を強みとする代行会社です。

デジタルを軸としたアウターブランディングをはじめ、インナーブランディングに関するソリューションも提供。WEB、紙媒体、映像メディアといった複数チャネルのコンテンツをワンソースで提供する他、取材からライティングまで一気通貫で対応してくれる点が特徴です。

ビルドアップ

ビルドアップは高品質な記事に定評がある記事作成代行会社です。SEOコンサルティング会社が提供しているサービスのため、コンテンツSEOを実施したい場合には候補となるでしょう。

高度な専門知識を持ったスタッフが編集を担当し、ユーザーの行動分析も行っているため、ユーザーニーズとSEOの両方を考慮したキーワードを選定してくれます。

SEO Japan

SEO Japan(アイオイクス)もまた、コンテンツSEOに強みを持つ記事作成代行会社です。

Googleでは価値の低いサイトや悪質な外部リンクを実施しているサイトにペナルティを課すアルゴリズムを検索エンジンに実装しています。こうしたペナルティに抵触することのない正攻法のコンテンツSEOを支援してくれるのがSEO Japan(アイオイクス)です。同社もまた、企画、取材、ライティング、コンテンツ制作までワンストップの記事作成サービスを提供します。

記事作成代行Pro

記事作成代行Proはコストパフォーマンスに優れた記事作成代行サービスです。

1文字3.5円からという低価格ながら、品質も担保して記事をライティング。発注元の企業ごとに専属ディレクターが付き、情報のヒアリングを行い検索意図の分析や情報収集を行った上で記事作成を行います。

かくたま

かくたまも同じくコストパフォーマンスが評価の高い記事作成代行サービスです。

同サービスはコンテンツSEOの領域で10年以上の実績を持つ会社が運営しており、累計18,000記事以上の記事作成ノウハウを武器に企業のコンテンツマーケティングを支援します。社内に抱えたディレクターと120名以上の校正者の下、安定した品質で記事を納品します。

クラウドワークス

クラウドワークスはクラウドソーシング型の大手代行サービスです。

クラウドソーシング型で、ライティングだけでなく、開発をはじめとするその他のコンテンツマーケティング作業もアウトソースが可能。スキル認定制度があるため、品質の安定したプロクラウドワーカーの方に仕事を依頼することができます。

まとめ

コンテンツマーケティングの代行を依頼する場合の費用相場を交えながら、「事前分析、ライティング」を主業務とする代行会社を紹介してきました。本稿で紹介した情報を参照頂きながら、ぜひコンテンツマーケティングを実践してみてください。

なお、もしかすると既にコンテンツマーケティングを実践していて、流入数を増やすことに限界を感じている方がいるかもしれません。そうした際に検討候補に入れたいのが、ドメインパワーの強い外部メディアの提供するコンテンツマーケティングサービスを利用するという手です。

毎日のように良質なコンテンツを掲載しているメディアを活用してコンテンツマーケティングを行えば、今はうまくいっていないコンテンツも、すぐに検索上位に表示させて即効的に成果を生み出せるかもしれません。

たとえばマイナビニュースの場合、BtoBの事業を展開する企業を対象に、「TECH+ Lead-Gen Category (LGC)」という商品のもとで企業のコンテンツマーケティングを支援しています。以下リンクから詳細ご覧いただけるため、ぜひ参考にしてみてください。

参考:マイナビニュース 「TECH+ Lead-Gen Category (LGC)」

自社サイトのSEOに携わる方々の現在の取り組み状況が分かる

自社サイトのメールマーケティングに携わる方々の現在の取り組み状況が分かる

成果につながるオウンドメディアの運用を支援

リード獲得につながオウンドメディアの運用を支援

自社サイトのメールマーケティングに携わる方々の現在の取り組み状況が分かる

自社サイトのメールマーケティングに携わる方々の現在の取り組み状況が分かる