コンテンツマーケティングに強い会社6社を紹介|会社選びのポイントも解説

多くの企業がコンテンツマーケティングを実践している今日、これを支援するコンテンツマーケティング会社の市場規模は、2020年には3,000億円にまで到達すると言われています。

市場規模の広がりとともに、コンテンツマーケティング会社の数もまた、増加する一方。ともすると、「選択肢が多すぎてどのコンテンツマーケティング会社が自社に合うのかわからない」「優良な会社とそうでない会社の見分けがつかない」こういった悩みを持つ方は増えているのではないでしょうか。

コンテンツマーケティングが成功するか否かは、パートナーであるコンテンツマーケティング会社選びによって大きく左右されます。この記事では会社選びのポイントを交えながら、コンテンツマーケティングに強い会社を6社紹介します。

参考:本記事ではコンテンツマーケティング全般を支援する会社を紹介しますが、下のリンクにある記事では、記事制作代行サービスに焦点を当てておすすめの会社を紹介しています。合わせて参考にしてください。

コンテンツマーケティング代行サービス8選|費用相場も解説

コンテンツマーケティングに強い会社を選ぶポイント

コンテンツマーケティングに強い会社を選ぶ上で見るべきポイントは、大きく2つ。「得意ジャンル」「実績」です。

コンテンツマーケティング会社選びで悩ましいのは、実際に契約をして納品物を得てからでないと成果物の品質が確認できないところ。ただ、先に挙げた3つを押さえておけば、契約後に「失敗した」と後悔する確率は大きく減らせるはずです。

得意ジャンル

候補としているコンテンツマーケティング会社があるならば、まずは当該の会社がどんなジャンルのどの領域のコンテンツを得意としているのかを調べましょう。ジャンルとは「SNS向けの記事」「コンテンツSEOに特化した記事」といった記事の種類で、領域は「ビジネス」「ライフ」「エンタメ」といった展開する情報のテーマのことです。

あなたが「ビジネス」領域の情報を展開したい時、どんなに有名な会社であってもその会社が「ライフ」領域に強いのであれば、選定すべきではありません。ジャンルも同様です。誰をターゲットにどんなコンテンツでマーケティング活動を図るのか。これをまずは明確化し、その上で、当該ジャンル、領域に得意なコンテンツマーケティング会社を候補とするのが、会社選びの第一歩となります。

実績

もし候補となる会社が実績情報を公開しているなら、必ず目を通すようにしましょう。単に「あのサイトで実績があるんだな」で終わらせてはいけません。実際にその実績のサイトへ訪問し、公開されているコンテンツにまで目を通すのです。

候補の会社が携わったコンテンツやサイトを訪問・体験し、それが「計画しているコンテンツマーケティングで対象に与えたい体験かどうか」を確認する。このプロセスを経てなお候補として残るのであれば、契約した後も大きな失敗にはならないはずです。

実績が豊富なコンテンツマーケティング会社

実績がコンテンツマーケティング会社選びにおいて重要なことを先ほどお伝えしました。そこでここからは、豊富な実績を持つ会社を「コンテンツマーケティングに強い会社」とし、簡単な会社概要を交えながら6社のサービスを紹介します。

サムライト株式会社

サムライト株式会社は企業のデジタルマーケティングをサポートする会社です。

同社の特徴は、オウンドメディアの実績だけでなくペイドメディア、アーンドメディアといった、トリプルメディアすべての実績を保有すること。他のメディアとの違いを踏まえた上で、オウンドメディアにあるべき姿を体現する手助けをしてくれます。

株式会社ウィルゲート

株式会社ウィルゲートは最先端のデータマーケティングでコンテンツマーケティングをサポートする会社です。

特にコンテンツSEOの面で豊富な実績を持ち、キーワード分析やSEO対策、コンテンツ制作、サイト運営までをワンストップで提供します。

株式会社電通テック

株式会社電通テックは人を動かすデジタルマーケティングをサポートする会社です。

「人を動かす」の言葉通り、同社のサービスではWebサイトのアクセスログやキャンペーンデータなどのユーザーの行動に基づいたさまざまなデータの分析結果に基づいて、企業のコンテンツマーケティングを企画段階からサポートします。

株式会社イノーバ

株式会社イノーバは、日本でコンテンツマーケティングを広めたリーディングカンパニーとも呼ぶべき会社です。

その魅力は、圧倒的な実績の数。500社以上の導入実績を持ち、その豊富な実績から得た独自のノウハウをもって、サイト構築、SEO対策、コンテンツ制作など全面に渡って企業のコンテンツマーケティングをサポートしてくれます。

株式会社インフォバーン

株式会社インフォバーンはユーザー視点のコミュニケーションデザインでビジネスをサポートする会社です。

コンテンツマーケティングでは、対象となるユーザーのカスタマージャーニーを描くことが欠かせません。同社サービスでは、徹底的にユーザー視点に立ち、ここへ「イノベーション」「ブランディング」「クリエイティブ」の3つの要素を複合することで、対象に響くコンテンツマーケティングの戦略立案とその実行を支援します。

まとめ

豊富な実績を持つ「コンテンツマーケティングに強い会社」を紹介してきました。ぜひこのページでの閲覧で終わらず、各社のホームページを確認し、もし気になった場合には実績で紹介されているサイトも訪れてみてください。きっと、あなたが求めるコンテンツマーケティングの姿が見つかるはずです。ぜひこの記事を参考にして、成果の出るコンテンツマーケティングを実践してください。

流入数が増えないことに悩みを抱えている方へ

ここまでは自社サイト上でコンテンツマーケティングを行うことを前提にして、コンテンツマーケティングに強い会社を紹介してきました。

もしかすると既にコンテンツマーケティングを実践していて、流入数を増やすことに限界を感じている方がいるかもしれません。そうした際に検討候補に入れたいのが、ドメインパワーの強い外部メディアの提供するコンテンツマーケティングサービスを利用するという手です。

毎日のように良質なコンテンツを掲載しているメディアを活用してコンテンツマーケティングを行えば、今はうまくいっていないコンテンツも、すぐに検索上位に表示させて即効的に成果を生み出せるかもしれません。

たとえばマイナビニュースの場合、BtoBの事業を展開する企業を対象に、「TECH+ Lead-Gen Category (LGC)」という商品のもとで企業のコンテンツマーケティングを支援しています。下のリンクからぜひ詳細をご覧ください。

参考:マイナビニュース 「TECH+ Lead-Gen Category (LGC)」

自社サイトのSEOに携わる方々の現在の取り組み状況が分かる

自社サイトのメールマーケティングに携わる方々の現在の取り組み状況が分かる

成果につながるオウンドメディアの運用を支援

リード獲得につながオウンドメディアの運用を支援

自社サイトのメールマーケティングに携わる方々の現在の取り組み状況が分かる

自社サイトのメールマーケティングに携わる方々の現在の取り組み状況が分かる