本稿ではオリゾンシステムズが提供している仮想デスクトップソリューション「VERDE VDI」(開発:NComputing)について、スーパーマーケット「FRESSAY」を展開するフレッセイでの導入に至った経緯、およびその効果について紹介する。

第1回:VDI導入のメリットやデメリットを紹介

第2回:「VERDE VDI」でVDIのスモールスタートを実現


北関東を中心にスーパーマーケット「FRESSAY」を展開しているフレッセイの本部では、老朽化が進んだ200台のパソコンで、容量不足やパソコンの速度の遅延などの慢性的な問題が発生していました。さらに、社員ひとりひとりがパソコンのアップデートや不要データの削除、デフラグを行っている状況であり、運用管理やセキュリティ面の問題が顕在化している状況でした。そこで同社はWindows XPのサポート終了予定のアナウンスを機に、本格的にVDIによる社内運用体制の刷新を決断。フレッセイは「VERDE VDI」導入により、当初の目的であったパソコン環境の入れ替え、及びセキュリティ面の強化を達成し、さらには今後の業務改善に向けて「VERDE VDI」の活用を検討しています。

VERDE VDIの導入背景と経緯

フレッセイ 情報システム室 室長 桒原 淳一氏

フレッセイは、2014年4月にWindows XPのサポートが終了することを受け、クライアントPC環境の入れ替えを以前より検討していました。そのために同社ではシンクライアント導入も含めた情報収集を行っていましたが、いずれも費用面やスケジュール、セキュリティの面で折り合いがつかず、難航。同社情報システム室 室長の桒原淳一氏は、「全てのPCを一気に入れ替えるというのはコスト的にも体制的にも無理がありました。仮想化を使って上手く入れ替えができないかと考えていたところVERDE VDIの提案を受け、これなら目的を達成できるかもしれないと考えました」と当時を振り返ります。

クライアントPC環境の入れ替えという目的に加え、VERDE VDIのセキュリティ性の高さが導入を後押ししました。同社は、出張や外出をする社員が多数在籍し、会社が貸与しているPCを外部に持ち出すことも多いため、外出先でのPC紛失などの危険性は常に懸念しており、管理方法に課題を感じている状況でした。

「VERDE VDIは、全ての情報を本部のサーバで管理するため、個々のクライアントPCに情報を残すことはありません。万が一の事態が起こっても、情報を守れる環境を確立できる点は高く評価しています」(桒原氏)

全クライアントPCの200台のうち、70台をVDI対応

本部のクライアントPCは約200台。そのうち70台をVDI対応させたことで、まずは当初の目的である「クライアントPC環境の入れ替え」が達成できる目処がたちました。ただ、コストやスケジュール、体制といった問題をクリアし、導入の糸口は見えたものの、同社本部では基幹システムを使用しているため、仮想化を行う端末をそのシステムにどう対応させてくかという技術的な問題に直面しました。 「オリゾンシステムズと何度も打合せを行い、問題をひとつひとつ解決していきました」(桒原氏)というように、現状のシステムの使い方、VERDE移行後の使われ方などのシミュレーションを繰り返し行うことで、同社の使用方法に適応し、かつ安心して移行出来る環境の構築を行いました。こうした経緯を経て、2015年11月、VERDE VDIが同社で稼働しはじめました。

出張や外出先での業務効率が大幅に向上

フレッセイではVERDE VDIの導入により、大きく2つの効果がありました。1つ目は、クライアントPC環境の移行が無事に完了したことです。

同社では現在、VERDE VDIを使い、70台のクライアントPCに対してWindows7環境を適用しています。VERDE VDIはマスターとなるゴールドイメージと、ユーザ個別のプロファイルの組み合わせによって1つ1つのクライアントPCに対し、カスタマイズされたOS環境を提供する(ゴールドイメージ方式)ことが可能です。そして、個別のクライアントPCに対し、管理画面から簡単にスペックを変更することが出来ます。桒原氏は「社員によってメモリの増減を行ったり、ハードディスク容量の変更を行うことが容易に出来る」と評価します。またVERDE VDIでは、管理画面で一元的にパッチ対応やセキュリティの更新、OSのアップデートなどを行うことが可能。これにより、今まで各社員で対応をしなくてはならなかった手間が大幅に軽減されています。

2つ目は、業務効率の向上です。現在、同社では主に外出する社員がVERDE VDI端末を使用しています。業務上、市場での情報を常に最新の情報に更新して社内で共有するという仕事が発生しますが、今までは仕入れた情報を1箇所に集約し、その情報を再度周知する必要がありました。VERDE VDIを使用するようになってからは各社員が現地で直接情報を更新し、その場で最新の情報を見ることが出来るようになり大幅に業務効率が向上したといいます。また、現在同社では、VERDEサーバに加えて、ファイルサーバなどの運用保守もオリゾンシステムズに委託しており、遠隔監視やサポートを365日24時間体制で行っています。社内ユーザのデスクトップ環境を一元的に任せられることについて、「やっぱり餅は餅屋といいますか、安心して任せられる環境は大きなメリットですね」と桒原氏は評しています。

タブレット端末での利用など、今後のVERDE VDIの活用方法に期待

当初の導入目的を達成したうえで、桒原氏は次のVERDE VDI活用方法に目を向けています。それは、VERDE VDIとタブレット端末を使ったペーパーレス会議の実現です。

現在、同社では、研修や会議のために資料を印刷していますが、1回の会議用の資料でカラー印刷100数十枚ということも少なくなく、それが何十人分となると、印刷コストがかかり、大量の紙を使用することによる環境へのインパクトも大きくなります。VERDE VDIは、PCだけでなく、タブレット端末やスマートフォンなどの多様な端末で利用できることも特徴のひとつです。タブレット端末を通じて資料を閲覧できるような環境を整えれば、大幅なコスト圧縮を実現することが可能です。同時にVERDE VDIのセキュリティ性の高さから、万が一タブレット端末を置き忘れたり、紛失したりしたとしても、タブレット自体に情報が残らず、重要な資料の機密性を守ることも出来ます。

「VERDE VDIの可能性を考えると様々な業務改善が出来ると考えています。どのようにしたら使いやすいのか、どのようなカスタマイズが最適なのか、これからオリゾンシステムズと相談し、検討していきたいですね」と桒原氏はVERDE VDIの活用に期待を寄せています。

本稿で登場したソリューション

  • VERDEをクラスタマスタサーバ及びクラウドブランチサーバで構成(冗長化構成)
  • サーバ1台で100ユーザを収容できるキャパシティを用意
  • VERDE VDIで使用するゴールドイメージはクラウドブランチ方式により同期、 ユーザデータはプログラムで同期
  • 通常はクラスタマスタサーバを使用し、 障害時にクラウドブランチサーバに切り替えて継続使用
企業プロフィール 株式会社フレッセイ
所在地 〒379-2198 群馬県前橋市力丸町491-1
設立 1902年9月15日
事業概要 株式会社フレッセイは、群馬県前橋市に本社を置き、群馬県内を中心に栃木県、埼玉県でスーパーマーケット「フレッセイ」などを展開しています。1850年の松葉屋にルーツをもち、おいしさと鮮度、安全、安心にこだわった食品を提供することで、地域に親しまれている姿は今も昔も変わりません。近年では地域活動や自然保護活動への参画、リサイクル活動や社会貢献活動にも力を入れており、これからも地域の方々の心豊かな暮らしに貢献していきます。
URL 株式会社フレッセイホームページはこちら

本記事は、オリゾンシステムズによる寄稿記事です。

[PR]提供: オリゾンシステムズ