■Windows 10とOffice 365

Office 365のサービスをフルに活用するためには、デスクトップ版のMicrosoft Office、Microsoft TeamsなどをOffice 365のサイトからダウンロードしてPCにインストールします。

しかし、デスクトップ版Microsoft Officeは高機能な反面、タブレットPCや小型ノートPCなどの容量や処理速度が限られているモバイルPCでは、重すぎて使いにくいという問題があります。

一方、Windows 10では、Windows 10自身がOffice 365に対応した機能やアプリを装備しています。Windows 10の標準アプリはOffice 365の豊富な機能のうち、基本的な一部の機能を使えるにすぎません。しかし、Office 365本来のアプリよりも、軽快で快適に使用できるという特徴があり、タブレットPCや小型PC向きと言えます。

今回は、Windows 10標準アプリの活用について紹介します。

ほかに、モバイルPCで快適にOffice 365を快適に活用するには、WebブラウザでOffice 365にアクセスして、Webアプリを活用する方法もあります。

実際には、2つの方法のどちらか1つの方法を選択するのではなく、併用するのが実用的でしょう。基本的にはWindows標準アプリを活用し、Windows標準アプリでは利用できない機能やサービスについてWebアプリを使用するのです

使用アプリ 利点 欠点
Windows 10標準アプリ
(Windows 10標準装備のアプリ)
Microsoft Office Mobile
インストールの手間が不要。
軽快に動作する。
機能がシンプルで使いやすい。
基本的な機能にしか対応していない。
Webアプリ
(WebブラウザでOffice 365にアクセス)
アプリをインストールしなくても使用できる。
ほぼ全ての機能を使用できる。
インターネットに接続しているときしか使用できない。
Office 365標準アプリ
(Microsoft Office等)
部署の作成や編集など、インターネットに接続していなくても使用できる。
ほぼすべての機能を使用できる。
高機能なアプリなので、モバイルPCでは、重すぎて使いにくい。
最悪、インストールできないこともある。

■ユーザーアカウントの種類とセットアップ

Windows 10標準アプリをセットアップするときは、自分のアカウントの種類を知っておくことも必要です。Windows 10のユーザーアカウントには、以下の3種類があります。

アカウントの種類 説明
ローカルアカウント Windowsで伝統的な、単一のPCで完結したアカウント。
各PCに作成するアカウントで、他のPCとの関連はない。
Windowsドメインアカウント Windows ServerのActive Directoryのユーザーアカウント。
Windows Serverによる管理を受ける。法人向けアカウント。
Microsoftアカウント マイクロソフトのオンラインサービスで使用できるアカウント。
メールアドレスをそのままユーザー名として使用する。
Office 365のユーザー名もMicrosoftアカウントとして使用できるし、
ほかのメールアドレスをMicrosoftアカウントとして登録することもできる。

WindowsドメインアカウントやMicrosoftアカウントでは、複数のPCを同じアカウントで利用できます。

Office 365のユーザー名(メールアドレス)は、そのままMicrosoftアカウントとして使用できます。Windows 10にユーザーアカウントを作成するときにOffice 365のユーザー名を使用すると、Windows 10がOffice 365と連携するための基本設定を半自動的に行います。 ローカルアカウントやWindowsドメインアカウントの場合、あるいはOffice 365アカウントではないMicrosoftアカウントをユーザーアカウントにした場合は、Windows 10の標準アプリにOffice 365アカウントを改めてセットアップする必要があります。

■自分のユーザーアカウントの種類の確認

Windows 10で「スタート」→「設定」→「アカウント」を開き、ユーザー情報にOffice 365のユーザー名(メールアドレス)が表示されていれば、Office 365の設定の一部は自動的に行われています。

  • Windows 10で「スタート」→「設定」→「アカウント」を開き、ユーザー情報にOffice 365のユーザー名(メールアドレス)が表示されていれば、Office 365の設定の一部は自動的に行われています。

ユーザーアカウントの新規作成について

Windows 10を初めて起動するときに、ユーザー名としてOffice 365のユーザー名を入力すれば、最初からOffice 365との連携を構築します。

すでに使用しているWindows 10のPCに新規にユーザーアカウントを追加するときは、次のように作成します。

(1)設定ウインドウの「他のユーザー」をクリックし、「その他のユーザーをこのPCに追加」をクリックする。

  • (1)設定ウインドウの「他のユーザー」をクリックし、「その他のユーザーをこのPCに追加」をクリックする。

(2)Office 365のユーザー名(メールアドレス)を入力し、「次へ」をクリックする。

  • (2)Office 365のユーザー名(メールアドレス)を入力し、「次へ」をクリックする。

あとは、ウィザードの指示に従って手順を進めてください。新しく作成したユーザーアカウントでWindows 10にログオンするときは、Office 365のユーザー名とパスワードを入力します。

【補足】アカウントを作成するとき


Windows 10で伝統的なスタイルのローカルアカウントを作成するときは、上記画面で「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックし、次の画面で「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。

  • Windows 10で伝統的なスタイルのローカルアカウントを作成するときは、上記画面で「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックし、次の画面で、「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。

次回は、実際にWindows 10の標準アプリにOffice 365をセットアップする手順を紹介します。


Office 365の導入支援はネクストセットへ!


■■「組織ワークフロー」を100社無償提供中!■■
ネクストセットはOffice 365の導入支援とアプリケーション開発に特化したソリューションベンダーです。Office 365をより安全に、より便利にご利用いただくため、「シングルサインオン」や「組織アドレス帳」、「組織ワークフロー」など、さまざまなプロダクトを開発し、ご提供しています。現在、100社限定で「組織ワークフロー」を無料提供中です。この機会に、ぜひ、導入をご検討ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

[PR]提供: ネクストセット