ビジネス版LINEとして2017年2月にサービスが開始された「LINE WORKS」。チャットによるコミュニケーションをベースにしたLINEの使い勝手やインターフェースをそのまま踏襲し、グループウェア機能の追加やセキュリティ機能を強化するなど、ビジネス向けに機能拡張された進化版だ。

連載第4回目となる今回は、サテライトオフィスが「LINE WORKS」向けに用意しているアドオン機能のうち、「サテライトオフィス・チャットボットマネージャー for LINE WORKS」を紹介する。

監修:原口 豊(はらぐち・ゆたか)

大手証券会社システム部に在籍後、1998年サテライトオフィス(旧ベイテックシステムズ)を設立し社長就任。2008年に、いち早くクラウドコンピューティングの可能性に注目し、サービスの提供を開始、G Suite(旧名:Google Apps)の導入やアドオンの提供で、これまで実績2万社以上。「サテライト・オフィス」ブランドでLINE WORKSの普及に尽力。



提供:サテライトオフィス

“ボット(BOT)”とは、システムが自動的に返信してくれる、人工知能的な返信エンジン。問い合わせなどの問いかけに対して、チャット形式による返信や、AIスピーカーでの音声で応答する。サテライトオフィスでは、「LINEWORKS」側が公開しているAPIをベースに、チャットボットをはじめ、AIスピーカーボット、メールボットといった企業内で活用できるボットアプリケーションを開発し、提供している。

  • サテライトオフィスが提供するビジネスボット

    サテライトオフィスが提供するビジネスボット
    詳しくは画像をクリック

「サテライトオフィス・チャットボットマネージャー for LINE WORKS」は、チャットボットの作成から管理、機能の追加まで行うことが可能なフレームワークだ。

便利なチャットボット機能をはじめ、既存システムや「G Suite」「Office365」といったほかのグループウェアとの連携など随時機能を拡張しているなど、社内のエンジニアが独自に機能を開発することもできる。

  • (左)アラートチャットボット (右)アラートメールボット

    (左)アラートチャットボット
    (右)アラートメールボット

ボットエンジンを活用すれば、チャットを送信する感覚で、お知らせの通知や確認といった行為をシステマチックで簡単に自動化できるため、操作の手間を省くことができ、時短にもなる。"ちょっとした"小技的機能ではあるものの、積み重なることで業務効率の大きな差につながっていく。ぜひとも活用してほしい機能だ。

サテライトオフィス


■クラウド環境でのビジネス支援に特化したインターネットシステムソリューションベンダー■

さまざまなビジネスモデルに最適なソリューションパッケージを開発し、ユーザー目線に立った戦略の企画・提案を行っています。業界No.1の導入実績を持つG Suite(旧 Google Apps)をはじめ、Office365、LINE WORKS(旧 Works Mobile)など、クラウドコンピューティングに関わるビジネスの可能性を追求しています。

●●無料活用セミナー 随時開催中!!●●

提供:サテライトオフィス

[PR]提供: サテライトオフィス