マイナビニュースが実施した「WEBサイトに関するアンケート」。そこに寄せられたWebサイト一般に関する不満を、貴社のサイト改善に役立てていただこうと始まった本連載も、今回で最終回となる。採り上げるテーマは「多言語サイトを用意できているか」だ。

タイトルをご覧になって「ウチの会社は外国語サイトなんて作っていないから、大丈夫」と思われた方もいらっしゃるだろう。しかしそういう方にこそ、本稿を読んでいただきたい。

「WEBサイトに関するアンケート」概要
回答方法:インターネットによるアンケート
回答者数:1,007人
実施期間:2018年9月20日~26日

貴社の需要は、国内だけではない

「SNSで気に入った商品を見つけて購入しようと思い、その商品のサイトを訪問したが外国語サイトのみだったため、購入をあきらめた」という経験のある回答者は約35%いた。「経験がない」と回答した人が、あきらめずに購入したのか、そもそも海外サイトを見ないのかは、この結果からは分からないが、少なくともこの35%(人数にして352人)は、「買う気はあったが買わなかった」のだ。これらのサイトの運営企業は、日本語サイトを用意していなかったためにビジネスチャンスを失ったと考えることができる。

  • SNSで気に入った商品を見つけて購入しようと思い、その商品のサイトを訪問したが外国語サイトのみだったため、購入をあきらめた

その運営企業にしてみれば、日本語版制作のコストをかけて狙うほど、日本市場は大きなものではないのかもしれない。しかしこの例を「日本語サイトだけしか用意していなかった日本企業」に置き換えて考えてもらいたい。貴社の商品画像や技術紹介動画などを見て関心を持った海外顧客がいても、日本語がハードルになってコンタクトをあきらめているとしたら、貴社もビジネスチャンスを失っている、つまりデジタル機会損失(デジ損)(※)になってしまっていることになるのではないだろうか。

☆海外からのサイト訪問を機会創出のチャンスにするには☆

訪日外国人に向けた多言語展開が必要に

また「海外旅行中に現地の情報を調べていたが、外国語サイトしか表示されなかった」という経験をした回答者も半数近くいた。同様のアンケートを訪日外国人に行えば、「日本語しか表示されなかった」という不満を抱く人の割合は、もっと多くなると思われる。訪日外国人は3,000万人を突破する勢いで増えているが、日本語サイトしかなければ、訪日外国人へのアピール力は弱いものとなってしまう。貴社が運営する店舗の近くまで来ていても、理解できる言葉で情報が提供されなければ、素通りされてしまうだろう。

  • 海外旅行中に現地の情報を調べていたが、外国語サイトしか表示されなかった

海外や訪日外国人という市場でのデジ損を防ぐために、グローバルサイトを用意することは重要課題といえる。だが多言語のサイトを持つと、コンテンツを翻訳するだけでなく、翻訳コンテンツを適切に配置したWebページを制作したり、全言語版の管理を行う必要ができたりと、手間暇がかかってしまうのも事実だ。

☆訪日外国人の閲覧に最適なサイト構築とは☆

多言語版の制作・管理を円滑に進められるSitecore XP

こうした課題を解決するのに役立つのが、コンテンツ管理プラットフォームSitecore® Experience Platform™(以下、Sitecore XP)だ。Sitecore XPではコンテンツとデザインテンプレートを切り離して制作できるのが特長で、言語ごとにページすべてを作り直す必要はない。翻訳コンテンツだけを用意すれば、アクセスしているユーザーが主にどの言語を使っているのかを瞬時に判断し、適切な翻訳コンテンツを、適切なレイアウトに落とし込んで配信してくれる。また言語の数が増えても管理は一括で行えるので、統制の取れたグローバル展開を円滑に進められる。

言語やレイアウトの出し分けだけではない。Sitecore XPを活用すれば、ユーザーそれぞれのプロファイルを収集・分析し、それぞれの関心事や現在位置などを考慮に入れた最適なコンテンツを提供すること、つまりWebサイトのパーソナライズが可能となる。

Webサイトのパーソナライズは、世界的な競争激化が進む今、非常に重要視されている手法だ。これを機会に、貴社でも取り組みを検討されてみてはいかがだろうか。手法やメリット、その実現に役立つSitecore XPの詳細については、以下のリンクより資料をダウンロードできる。貴社サイトをより効果的に活用するためのヒントとして、ぜひご一読いただきたい。

資料のダウンロードはこちら

(※) デジタル機会損失(デジ損)とは


多くの訪問者は、何かしら目的をもってそのWebサイトにアクセスしてきます。しかし、せっかく訪問しているにも関わらず、その訪問者にはまったく関係がない、あるいは興味のないコンテンツを表示してしまっていることで、訪問者の興味を喚起することができず、すぐにサイトを離脱してしまい、訪問者をコンバージョンに導く機会を逸してしまっていること、またはその状態。

[PR]提供: サイトコア