新年度となり、なにかと新たに目標や目的をもって生活したいと考える人も多いですよね。ここにも、「積立投資」を始めて、1,000万円の資産形成を目指す2人の会社員が……! 2人のライフスタイルそして資産形成の道のりを全3回の連載で紹介します。

第2子誕生。ついに念願のマンション購入……⁉

<前回までの小池さんのお話> 第1話   第2話
10年前に結婚し、5年前に第1子が誕生。マンション購入を目標に資産形成に取り組む。効率的な投資のため、自分だけでなく家族みんなで資産形成に取り組んできた。

小池さん家族が保有する「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」は、アップルやマイクロソフトなどを含む全世界の株式、2,976銘柄(2021年3月31日時点)に分散投資できる商品です。

ご参考に、小池さん家族は家族全員でこのように資産形成に励んでいたようです。投資元本が多ければ、その分のリターンが期待できそうですね。例として、小池さん家族の積立投資を紹介します。

以下のグラフは、小池さん家族が活用する「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」が連動する投資成果をめざすMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスで試算した、積立投資シミュレーションです。あくまでもシミュレーションですが、長期投資の効果がご理解いただけるのではないでしょうか。
※ご参考に、株式・リート・債券などに8分の1ずつ均等に投資する8資産バランスも掲載しています。

※ 上記は指数(株式とリートは配当込)を使用しています。
※ 先進国債券、新興国債券、全世界株式、先進国株式、新興国株式、先進国リートは、米ドルベースの指数を使用しており、三菱UFJ国際投信が円換算しています。
※全世界株式は、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスです。MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスとは、MSCI Inc.が開発した株価 指数で、世界の先進国・新興国の株式で構成されています。
※ 8資産バランスは、国内債券・先進国債券・新興国債券・国内株式・先進国株式・新興国株式・国内リート・先進国リートを1/8ずつ組み合わせたポートフォリオです。日次でリバランスしています。
※ 上記は毎月末10万円をつみたて投資(最終月末を除く)したと仮定して試算しています。表示桁未満は四捨五入して表示しています。
※ 上記はシミュレーションであり、実際の運用とは異なります。したがって、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。
引用元:三菱UFJ国際投信株式会社作成の情報ご提供資料(データ基準日:2021年3月末)

目標を決めて資産形成に取り組んだことで、小池さん家族は無事念願のマンション購入ができたようです。小池さんのように10年以上を見据えて着実に資産形成をしたい方におすすめしたいのが、投資から得た収益が非課税になる「つみたてNISA」です。
※小池さん家族が活用している「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」も「つみたてNISA」で投資可能です。

お得に資産形成するなら「つみたてNISA」も活用しましょう

つみたてNISAとは、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。 つみたてNISAの対象商品は「手数料が低水準」「分配金の分配頻度が高くない」など、長期・積立・分散投資に適した投資信託などに限定されています。投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。

  1. 投資から得た収益が非課税に!
  2. マネックス証券のつみたてNISAなら、100円から「毎日つみたて」で投資可能!
  3. コツコツ投資しながらマネックスポイントがもらえる!

1.投資から得た収益が非課税に!
つみたてNISAの口座で購入した投資信託の売却益や配当金が非課税で受け取れます。

2.マネックス証券のつみたてNISAなら、100円から「毎日つみたて」で投資可能!
マネックス証券のつみたてNISAは、積立額を100円以上1円単位で設定できます。まとまったお金がなくても、毎日のお小遣いの感覚で投資を始めることができます。無理のない金額で始めて、慣れてきたら少しずつ増やしても良いでしょう。
→マネックス証券のつみたてNISAをチェック

3.コツコツ投資しながらマネックスポイントがもらえる!
投資信託を持っているだけで、Amazonギフト券などと交換可能な「マネックスポイント」が貯まります。ぜひコツコツ投資しながら、マネックスポイントもゲットしましょう。
→NISAでも「マネックスポイント」たまります。

つみたてNISAに向いている人

つみたてNIISAは、これまで投資経験がない投資初心者の方や、今はまとまったお金が無いけれど少額からコツコツ投資にチャレンジしたい人に向いています。 老後資金づくりを真剣に考えている方や、長期運用で非課税制度を活用しながら10~20年を見据えて着実に資産形成をしたい方にもおすすめです。 なお、万が一の場合は途中で一部解約(一部売却)もできる点で柔軟性のある使いやすい制度です。

100円からでもOK!
マネックス証券で「つみたてNISA」を始めませんか?

いよいよ独立の準備。パン屋開業なるか……!

<前回までの山本さんのお話> 第1話   第2話
念願だったパン屋になるため、会社員からの独立を決意。開業資金準備のため、資産形成に取り組む。並行してベーカリースクールへの通学、そしてキッチンカー用の車の購入などコツコツと準備を重ねてきた。

山本さんが保有する商品は、中長期で経済成長が期待できる米国の主要産業を代表する約500社にこれ1本で投資できる「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」です。

ご参考に、米国株式(S&P500)に毎日1,000円積立投資したシミュレーション結果をチェックしてみましょう。

※ 上記は指数(配当込)を使用しています。
※ 本資料で使用している指数は、S&P500指数®です。
S&P500指数®とは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCが公表している株価指数で、米国の代表的な株価指数の1つです。市場規模、流動性、業種等を勘案して選ばれたニューヨーク証券取引所等に上場および登録されている500銘柄を時価総額で加重平均し指数化したものです。
※ 上記は米ドルベースの指数を使用しており、三菱UFJ国際投信が円換算しています。
※ 上記は一定期間・一定金額をつみたて投資(最終日を除く)したと仮定して試算しています。表示桁未満は四捨五入して表示しています。
※ 毎日とは、国内の非営業日を除く毎日をいいます。
※ 上記はシミュレーションであり、実際の運用とは異なります。したがって、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。
引用元:三菱UFJ国際投信株式会社作成の情報ご提供資料(データ基準日:2020年12月末)

山本さんは開業までの期間、会社勤めをしながら、直近5年ほど以下のように資産形成に励んでいたようです。「本気の資産形成」で、節約もしながら目標に向かってラストスパートで投資元本を増やしたようです。160万円×5年間=800万円の投資元本。頑張りましたね。

山本さんも小池さん同様、目標を決めて資産形成に取り組み、夢の実現ができたようです。彼らの将来は公私共に様々なイベントが起こり得ます。そんななか、積立投資を習慣にできていることが何よりも安心に繋がることでしょう。「積立投資」はマイペースで続けることが大切です。
あなたも小池さんや山本さんのように長期で本気の資産形成に取り組みませんか?

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)に投資するならマネックス証券
マネックス証券は、購入時手数料無料でeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を購入できます。もちろん、つみたてNISAなどの非課税口座でも可能です。
また、2021年4月1日から5月31日の期間にて「<米国投信つみたて>新規&増額積立キャンペーン」を実施しています。キャンペーン期間中に「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」など対象の6ファンドを1ヶ月あたり合計2万円以上、新規または増額の積立買付をしていただいたお客様の中から抽選で600名様にマネックスポイント1,000ポイントをプレゼントします。

キャンペーン詳細はこちらから

小池さん、山本さんもどちらも目標を決めてコツコツと積立投資に取り組み、夢を叶えることができました。日々の生活や仕事をそれぞれ楽しみながら淡々と定時定額で投資信託を買い続ける「積立投資」は、誰でも取り組みやすい資産形成の方法と言えるでしょう。マネックス証券は資産形成に取り組みたいあなたをサポートするサービスが充実しています。ぜひ皆さんも2人のようにマネックス証券で「本気の資産形成」をはじめてみてはいかがでしょうか。

<マンガ:タナカケンイチロウ>


静岡県焼津市生まれ、東京都小平市在住。明るく楽しく生きてます。ペンを持つ力を自覚して謙虚に優しく、イラストやマンガを通してポジティブなメッセージをお伝えできたら嬉しいです。

サイト  >

マネックス証券の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。

【投資信託取引に関する重要事項】
<リスク>
投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。
<手数料・費用等>
投資信託ご購入の際の申込手数料はかかりませんが(IFAを媒介した取引で購入される場合を除く)、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、約定日の基準価額に最大計1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。また、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.38%(税込:2.618%)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。なお、IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引から投資信託を購入される際は、申込金額に対して最大3.5%(税込:3.85%)の申込手数料がかかります。詳しくはマネックス証券ウェブサイトに掲載の「IFAコースの手数料」をご確認ください。

<その他>
投資信託の購入価額によっては、収益分配金の一部ないしすべてが、実質的に元本の一部払い戻しに相当する場合があります。また、通貨選択型投資信託については、投資対象資産の価格変動リスクに加えて複雑な為替変動リスクを伴います。投資信託の収益分配金と、通貨選択型投資信託の収益/損失に関しては、以下をご確認ください。
投資信託の収益分配金に関するご説明
通貨選択型投資信託の収益/損失に関するご説明
お取引の際は、マネックス証券ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

【NISA口座、ジュニアNISA口座の開設およびお取引に関するご留意事項】
■口座開設および金融機関変更に関して
・NISA口座、ジュニアNISA口座(未成年者口座)および課税未成年者口座は、同一年(1月~12月)において、1人1口座(1金融機関)までの開設となります。NISA口座は金融機関変更が可能ですが、ジュニアNISA口座および課税未成年者口座は不可となります。その年の買付けが既に行われている場合、金融機関変更はできません。また、NISA口座の残高を他金融機関へ移管することはできません。・NISA、つみたてNISAは選択制であり、同一年に両方の適用を受けることはできません。・ジュニアNISA口座および課税未成年者口座の開設には、親権者様(法定代理人)および未成年者ご本人様の証券総合取引口座の開設が必要です。マネックス証券では、当該親権者様のみがジュニアNISA口座および課税未成年者口座における運用管理者となることが可能です。
■お取引に関して
・上場株式などの配当金等を非課税で受け取るためには、「株式数比例配分方式」をご選択いただく必要があります。・投資信託の分配金のうち特別分配金については従来より非課税です。・投資信託の分配金の再投資買付は非課税投資枠を使用します。超過している場合は分配金受取となります。・外国株のお取引にはNISA口座および外国株取引口座の開設が必要です。・年間の非課税投資枠はNISAが120万円、つみたてNISAは40万円、ジュニアNISAは80万円となります。売却しても非課税投資枠は再利用できません。また、非課税投資枠の残額(未使用分)は翌年以降に繰り越せません。・NISA口座およびジュニアNISA口座で発生した損失は、特定口座・一般口座で保有する商品の譲渡益や配当金等と損益通算できず、また繰越控除もできません。・NISA口座の重複開設であることが判明した場合、そのNISA口座で買付けた上場株式等は当初から課税口座で買付けたものとして取り扱われ、買付けた上場株式等から生じる配当所得および譲渡所得等については、遡及して課税されます。・マネックス証券が税務署審査結果を受領するまでの間に支払われる投資信託の分配金については、分配金再投資コースで投資信託を購入いただいた場合でも再投資されず、分配金受取となります。・非課税口座(未成年者口座)内上場株式等払出通知書、つみたてNISA信託報酬等実額通知書は、電子交付サービスでのご提供となります。
■その他
マネックス証券におけるNISA、つみたてNISA、ジュニアNISA取扱商品や、その他の口座開設およびお取引に関するご留意事項につきましては、マネックス証券ウェブサイトにてご確認ください。→その他のご留意事項

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、
     一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

[PR]提供:マネックス証券株式会社