新年度となり、なにかと新たに目標や目的をもって生活したいと考える人も多いですよね。ここにも、「積立投資」を始めて、1,000万円の資産形成を目指す2人の会社員が……! 第2話は、前回(第1話)から5年経過した2人のそれぞれの様子を紹介します。

子どもが誕生。教育・就学費用について知る。

<前回までの小池さんのお話> 第1話
5年前に結婚し、マンション購入を目標に資産形成に取り組む。効率的な投資を目指し、パートナーと資産形成に取り組んできた。

(※1)引用元:第136回社会保障審議会医療保険部会 資料(令和元年度(速報値))

マネックス証券でお子様(20歳未満)の口座開設をして資産形成することも可能!

マネックス証券では未成年(20歳未満)の方も口座を開設できます! 「口座開設 お申込み(無料)」より「郵送による口座開設」の手順をご覧ください。なお郵送手続きのため、本人確認書類やマイナンバーのアップロードはできません。また、未成年(20歳未満)の方の口座開設手続きは、成年の方と異なります。詳しくは「未成年者の口座開設の注意点」をご確認ください。

(※2)引用元:平成30年度子供の学習費調査の結果について(文部科学省)

小池さんが保有する商品は、アップルやマイクロソフトなどを含む全世界の株式、約2,976銘柄(2021年3月31日時点)に分散投資できる「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」です。

ご参考に、毎月1万円を15年間積立投資したシミュレーション結果をチェックしてみましょう。

(出所)Bloombergのデータを基に三菱UFJ国際投信作成
※上記は毎月末1万円をつみたて投資(最終月を除く)したと仮定して試算しています。表示桁未満は四捨五入して表示しています。
※ 上記はシミュレーションであり、実際の運用とは異なります。したがって、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。
引用元:三菱UFJ国際投信株式会社作成の情報ご提供資料(データ基準日:2021年2月末)

さらに毎月1万円に加え、2年目以降にボーナス月設定をすると、資産形成の底上げが出来そうです。以下は6月と12月に増額積立した場合のシミュレーションです。小池さん家族は全員同じ投資信託(全世界株式)でコツコツ資産形成を検討しているようです。

(出所)Bloombergのデータを基に三菱UFJ国際投信作成
※上記は毎月末1万円を積立投資(最終月を除く)したと仮定して試算しています。表示桁未満は四捨五入して表示しています。
※ 上記はシミュレーションであり、実際の運用とは異なります。したがって、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。
引用元:三菱UFJ国際投信株式会社作成の情報ご提供資料(データ基準日:2021年2月末)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の魅力
  1. 世界経済の成長を取り込む!
  2. 世界中の株式に分散投資が可能
  3. 長期投資に適した低コスト

1.世界経済の成長を取り込む!
世界経済は様々な危機を乗り越えながら成長を続けています。全世界株式への投資は、世界経済の成長を享受する、有効な資産形成の手段であると考えられます。

世界・日本のGDP、全世界株式、定期預金のパフォーマンス推移

(出所)Bloomberg、IMF World Economic Outlook Database October 2020、日本銀行のデータを基に三菱UFJ国際投信作成
全世界株式は、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込)を使用しています。米ドルベースの指数を使用しており、三菱UFJ国際投信が円換算しています。MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスとは、MSCI Inc.が開発した株価指数で、世界の先進国・新興国の株式で構成されています。
※定期預金のパフォーマンスは、1年以上2年未満の日本の定期預金の平均金利(新規受入分、年率)を使用しています。複利計算しています。
引用元:三菱UFJ国際投信株式会社作成の情報ご提供資料(データ基準日:2021年2月末)

2.世界中の株式に分散投資が可能
日本を含む先進国および新興国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。この投資信託1本で、全世界(日本を含む先進国・新興国)の約50ヶ国に国際分散投資ができます。

引用元:三菱UFJ国際投信株式会社作成の交付目論見書

3.長期投資に適した低コスト
「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」の信託報酬率(年率、税込)は、 0.1144%以内(2021年4月5日時点)。長期の資産形成において、コスト目線は大切です! eMAXIS Slimは業界最低水準の運用コストを目指し続けます。*

※ 100万円で運用をスタートし、信託報酬控除前の運用利回りを年率3%と仮定して計算しています(複利計算)。
※上記は、信託報酬率の大小が長期的なパフォーマンスに与える影響を示すためのシミュレーションであり、実際の運用とは異なります。また実際に投資信託に投資する場合、信託報酬以外の費用をご負担いただく場合があります。詳しくは投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
引用元:三菱UFJ国際投信株式会社作成のファンド情報ご提供資料(データ基準日:2020年10月末)
*業界最低水準の運用コストを目指す一環として、公正な比較の対象となる他社類似ファンドに係る信託報酬率が三菱UFJ国際投信のファンドを下回る場合、ファンドの継続性に配慮した範囲で信託報酬率を引き下げることを基本とします。ただし、信託報酬率が業界最低水準となることを、保証等するものではありませんのでご留意ください。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)で
積立投資しませんか?

独立に向け、会社員をしながら学校に通学、ついに車を購入

<前回までの山本さんのお話> 第1話
生活に張り合いのなさを感じていたある日、友人から言われた「人生1回だし好きなことをした方がいい」の言葉に一念発起。会社員から独立し、念願だったパン屋を目指す。開業資金準備のため、資産形成に取り組んできた。

拡大積立も利用して効率よく資産を増やそう!

まとまった現預金で買い増す

毎月一定額の積立や、ボーナス月に増額設定して資産形成する方法も有効です。積立投資する期間をある程度決めて、例えば4年~5年程度(48ヶ月から60ヶ月)を拡大積立として積立投資をする方法があります。例えば、まとまったお金300万円がある場合、一括投資ではなく、毎月5万円(=300万円÷60ヶ月)を5年間で時間を分散しながら少しずつ投資に回す方法もあります。4~5年の時間があれば、市場の乱高下もある程度吸収しながら分散投資の効果が期待できます。

山本さんも夢の実現に向けて、拡大積立を検討しているようです。

(※3)引用元:2007年度乗用車市場動向調査(一般社団法人日本自動車工業会)

山本さんが保有する商品は、中長期で経済成長が期待できる米国の主要産業を代表する約500社にこれ1本で投資できる「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」です。

ご参考までに、直近で2018年7月末~2021年3月末の期間中に毎月末で5万円積立投資したシミュレーション結果をチェックしてみましょう。

・上記は、2018年7月末~2021年3月末の期間中、毎月末のファンド営業日に5万円をつみたて投資したと仮定してマネックス証券が試算しています。表示桁未満は四捨五入して表示しています。評価基準日は2021年4月5日です。
・上記は過去のデータを基にマネックス証券が行ったシミュレーションの結果であり、実際の投資成果ではありません。したがって、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。

この場合、投資元本165.0万円に対し、4月5日時点で評価額が225.8万円でした。その差額60.8万円が「積立効果」ということになります。毎月5万円の積立投資をコツコツ続けることは、長期での資産形成に有効な手段になりそうですね。

eMAXIS SlimでS&P500に
投資する3つのメリット

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)に投資するならマネックス証券
マネックス証券では、2021年4月1日から5月31日の期間にて「<米国投信つみたて>新規&増額積立キャンペーン」を実施しています。キャンペーン期間中に「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」など対象の6ファンドを1ヶ月あたり合計2万円以上、新規または増額の積立買付をしていただいたお客様の中から抽選で600名様にマネックスポイント1,000ポイントをプレゼントします。

キャンペーン詳細はこちらから

子どもが生まれた小池さんは家族での資産運用を検討し、パン屋さんに憧れる山本さんは、まとまったお金で拡大積立を検討するなど夢の実現に向けてしっかり考えていますね! さらに継続して1,000万円を目指して資産形成に取り組むとどうなるでしょうか? 次回は継続して取り組んだ結果を2人の物語とともに紹介します。

<マンガ:タナカケンイチロウ>


静岡県焼津市生まれ、東京都小平市在住。明るく楽しく生きてます。ペンを持つ力を自覚して謙虚に優しく、イラストやマンガを通してポジティブなメッセージをお伝えできたら嬉しいです。

サイト  >

マネックス証券の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。

【投資信託取引に関する重要事項】
<リスク>
投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。
<手数料・費用等>
投資信託ご購入の際の申込手数料はかかりませんが(IFAを媒介した取引で購入される場合を除く)、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、約定日の基準価額に最大計1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。また、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.38%(税込:2.618%)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。なお、IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引から投資信託を購入される際は、申込金額に対して最大3.5%(税込:3.85%)の申込手数料がかかります。詳しくはマネックス証券ウェブサイトに掲載の「IFAコースの手数料」をご確認ください。

<その他>
投資信託の購入価額によっては、収益分配金の一部ないしすべてが、実質的に元本の一部払い戻しに相当する場合があります。また、通貨選択型投資信託については、投資対象資産の価格変動リスクに加えて複雑な為替変動リスクを伴います。投資信託の収益分配金と、通貨選択型投資信託の収益/損失に関しては、以下をご確認ください。
投資信託の収益分配金に関するご説明
通貨選択型投資信託の収益/損失に関するご説明
お取引の際は、マネックス証券ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

【NISA口座、ジュニアNISA口座の開設およびお取引に関するご留意事項】
■口座開設および金融機関変更に関して
・NISA口座、ジュニアNISA口座(未成年者口座)および課税未成年者口座は、同一年(1月~12月)において、1人1口座(1金融機関)までの開設となります。NISA口座は金融機関変更が可能ですが、ジュニアNISA口座および課税未成年者口座は不可となります。その年の買付けが既に行われている場合、金融機関変更はできません。また、NISA口座の残高を他金融機関へ移管することはできません。・NISA、つみたてNISAは選択制であり、同一年に両方の適用を受けることはできません。・ジュニアNISA口座および課税未成年者口座の開設には、親権者様(法定代理人)および未成年者ご本人様の証券総合取引口座の開設が必要です。マネックス証券では、当該親権者様のみがジュニアNISA口座および課税未成年者口座における運用管理者となることが可能です。
■お取引に関して
・上場株式などの配当金等を非課税で受け取るためには、「株式数比例配分方式」をご選択いただく必要があります。・投資信託の分配金のうち特別分配金については従来より非課税です。・投資信託の分配金の再投資買付は非課税投資枠を使用します。超過している場合は分配金受取となります。・外国株のお取引にはNISA口座および外国株取引口座の開設が必要です。・年間の非課税投資枠はNISAが120万円、つみたてNISAは40万円、ジュニアNISAは80万円となります。売却しても非課税投資枠は再利用できません。また、非課税投資枠の残額(未使用分)は翌年以降に繰り越せません。・NISA口座およびジュニアNISA口座で発生した損失は、特定口座・一般口座で保有する商品の譲渡益や配当金等と損益通算できず、また繰越控除もできません。・NISA口座の重複開設であることが判明した場合、そのNISA口座で買付けた上場株式等は当初から課税口座で買付けたものとして取り扱われ、買付けた上場株式等から生じる配当所得および譲渡所得等については、遡及して課税されます。・マネックス証券が税務署審査結果を受領するまでの間に支払われる投資信託の分配金については、分配金再投資コースで投資信託を購入いただいた場合でも再投資されず、分配金受取となります。・非課税口座(未成年者口座)内上場株式等払出通知書、つみたてNISA信託報酬等実額通知書は、電子交付サービスでのご提供となります。
■その他
マネックス証券におけるNISA、つみたてNISA、ジュニアNISA取扱商品や、その他の口座開設およびお取引に関するご留意事項につきましては、マネックス証券ウェブサイトにてご確認ください。→その他のご留意事項

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、
     一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

[PR]提供:マネックス証券株式会社