事例サマリ:ケンファーストは、金融系システム構築で培った品質・セキュリティノウハウにより、さまざまな顧客の課題を解決するシステム構築を実現しているSIerである。同社が受託開発した法人向けFinTechサービスを運用する顧客から、万一の災害対策を含め安定的に運用できるシステム基盤について相談を受け、ニフクラを提案。万一の際もフェイルオーバーが可能で、かつ閉域網を用いたサービスを、自社構築よりも運用コストを抑制して実現することができた。

キーワード(外部サイトへ移動します):導入事例一覧

本事例の登場人物

  • 佐久間 直氏
    株式会社ケンファースト 執行役員 SI事業部長

  • 田所 貴士氏
    株式会社ケンファースト SI事業部 課長

  • 佐藤 貴之氏
    株式会社ケンファースト SI事業部 主任

DR構成を含む高品質なインフラを安価に迅速に実現

金融系システム構築に豊富な経験を持つケンファーストは、ある顧客企業の法人向けFinTechサービスを受託開発した。従来その顧客は、オンプレミスのサーバーをハウジングで運用しており、かなりのランニングコストがかかっていた。さらに運用上でも課題もあったと、株式会社ケンファースト 執行役員 SI事業部長 佐久間直氏は話す。「システムが1台構成であったため、万が一の障害時や災害時にはサービスが停止してしまう恐れがありました。しかし、新たにDRサイトを構築するとなると、現状よりもコスト増になってしまいます。コストを抑制しつつ、災害時の対策ができる方法はないかと相談を受けました」。

この相談を受ける以前に、株式会社ケンファースト SI事業部 課長 田所貴士氏は別の顧客の案件でECサービスの運用をニフクラに切り替える作業を行っていた。当時の移設作業について田所氏は「以前、外資系の大手クラウドサービスなどを使ったことはあったのですが、英語表記であることとサポート面の不十分さから不便さを感じていました。それに比べてニフクラはインターフェイスがシンプルでわかりやすく、サポート面もしっかりしていて、使いやすいと感じました」と評価している。

その経験を踏まえ、今回相談された機能性やコスト面を実現するためのFinTechサービスの新たな基盤として、ニフクラが適しているのではないかと検討を開始した。ほかの外資系クラウドサービスとも比較検討した結果、DR構成にした時のコストが桁違いに安価であることがわかった。検討結果を得て田所氏は、「ニフクラなら高品質ながら安価で、顧客の要望にもマッチしたシステム基盤を実現できると確信しました。さらに、ニフクラは複数リージョンで負荷分散やフェイルオーバーができるので、万が一本番環境が停止してもすぐに切り替えが可能です。DCが日本国内にあることや、フェイルオーバーにかかる時間が最速1分、最大で5分という速さでできる点もポイントでした」と語る。

2015年秋、システム基盤をニフクラに移行することが決定されると、東日本リージョンを本番環境とし、西日本リージョンにウォームスタンバイでDR環境を構築することとなった。2016年1月末、導入を決定してからおよそ3カ月という短期間でニフクラでの運用を開始した。

*  *  *

 続きは、ニフティクラウド 導入事例ページよりご覧ください。(別サイトへ移動します)

続きを読む

その他の業務利用事例のご紹介

ニフクラデスクトップ(富士通クラウドテクノロジーズ株式会社)  全社のOA環境を、セキュアで自由度の高いニフクラデスクトップに移行

TRASCOPE(丸紅無線通信株式会社) クラウド型映像監視サービスのインフラとして 、拡張性に優れ安定稼働を実現するニフクラを採用

明光義塾(株式会社明光ネットワークジャパン) 塾運営の基幹業務を支えるインフラに高性能で操作性に優れたニフクラを採用

[PR]提供: 富士通クラウドテクノロジーズ