コンピューティングのサービスに新たに加わった追加NICを使うと、サーバーにNICを追加することができます(名前のまんまですね)。これまではグローバルに1つ、プライベートに1つしかNICを使うことができなかったので、より複雑なネットワーク接続ができるサーバーを作ることができます。

追加NICにはいくつか制限がありますが、注意すべき点は以下の点でしょう。

  • ゾーンあたりの追加NICは40まで 
  • サーバーあたりの追加NICは6まで 
  • 同一のプライベートネットワークに追加NICを2つ以上接続できない 
  • IPアドレスの割り当ては通常のプライベートと同様 

特に4点目は作業効率を考えると、ルーター+DHCPサーバーの設定がほぼ必須になります。設定方法については以下の記事を参考に設定を行ってください。

プライベートLANにDHCPサーバーを作成する http://blog.pfs.nifcloud.com/privatelanbuilddhcpserver

追加NICの詳細は以下のページをご覧ください。 https://cloud.nifty.com/service/nic.htm

追加NICを利用する手順は以下の通りです。

  1. プライベートLAN+DHCPサーバーを準備する
  2. サーバーを作成する
  3. 追加NICを作成する
  4. 追加NICをサーバーに設定する

ここでは、手順1と2は省略します。

追加NICの作成

追加NICの作成は、コントローラーの「コンピューティング」から行います。

左側のメニューから「追加NIC」を選択します。「追加NIC作成」ボタンをクリックすると作成が行えます。追加NICを作成したいゾーンを選択し、そのゾーンにあらかじめ作成されているプライベートLANと、IPアドレスの割り当て方法を選択します。IPアドレスの割り当て方法は、サーバーにデフォルトで設定されているNICと同様です。動作の詳細については、前述した「プライベートLANにDHCPサーバーを作成する」のブログを参考にしてください。

  • 追加NICの作成画面

  • 追加NICのリスト画面

追加NICをサーバーに設定

作成した追加NICをサーバーに設定し、利用可能な状態にします。

続きは、ニフティクラウド ユーザーブログよりご覧ください。
(別サイトへ移動します)

続きを読む

関連記事のご紹介

初心者によるニフクラ講座:SSHログイン~DNATを添えて~/後編 

ニフティクラウドにVPN接続する(VPNルーター設定編)

[PR]提供: 富士通クラウドテクノロジーズ