今回はニフティクラウドのプライベートLANにDHCPサーバーを用意して、サーバーに対するIPアドレスの割当を容易にする方法を解説します。

プライベートLANにDHCPサーバーが無いと、プライベートLANに接続したインターフェースのIPアドレスをゲストOSで手動設定する必要があります。プライベートLANに接続するサーバーの台数が多い場合、DHCPサーバーを用意する方がはるかに効率が良くなります。

プライベートLANの作成

前回の解説を参考にして、プライベートLANを作成します。CIDRは「192.168.0.0/24」に設定します。

  • スクリーンショット1

プライベートLAN用のDHCPサーバーを作成する

プライベートLANで利用するDHCPサーバーを作成します。DHCPサーバーの作成は以下の3つの手順に分かれます。

  1. DHCPコンフィグの作成
  2. DHCPオプションの作成(任意)
  3. ルーターの作成

DHCPサーバーは、ルーターの機能として実装されているため、ルーターの作成が必要となります。

DHCPコンフィグの作成

DHCPコンフィグの作成は、以下の手順で行います。

コントロールパネルを「DHCPコンフィグ」の設定に切り替える
コントロールパネルから、ネットワークの設定を選択し、左のメニューから「DHCPコンフィグ」を選択します。

DHCPコンフィグの作成を開始する
「DHCPコンフィグ作成」をクリックします。

自動割り当てIPアドレスの入力
「自動割り当てIPアドレス」の「追加」ボタンをクリックします。「開始IPアドレス」は「192.168.0.101」に設定します。「終了IPアドレス」は「192.168.0.200」に設定します。「作成する」ボタンをクリックし、DHCPコンフィグが作成されたことを確認します。

  • スクリーンショット3
  • alt

続きは、ニフティクラウド ユーザーブログよりご覧ください。
(別サイトへ移動します)

続きを読む




>■目次
>プライベートLANの作成
>プライベートLAN用のDHCPサーバーを作成する
>DHCPコンフィグの作成
> >コントロールパネルを「DHCPコンフィグ」の設定に切り替える
> > DHCPコンフィグの作成を開始する
> >自動割り当てIPアドレスの入力
> DHCPオプションの作成(任意)
> ルーターの作成
> >コントロールパネルを「ネットワーク」の設定に切り替える
> >ルーターの作成を開始する
> >ルーターのネットワーク設定を行う
> >ルーターのファイアーウォール設定を行う
>サーバーを作成してDHCPサーバーからIPアドレスを割り当てる

  • alt

この記事の執筆者
宮原徹

関連記事のご紹介

プライベートLANの作成方法 

ニフティクラウドにVPN接続する(準備編)

ニフティクラウドにVPN接続する(ニフティクラウド設定編)

[PR]提供: 富士通クラウドテクノロジーズ