日本たばこ産業株式会社(以下、JT)は、たばこを吸う人と吸わない人の距離を喫煙所でつくる「スーシャルディスタンス」キャンペーンにおいて、世代を超えた人気漫画「ベルサイユのばら」と「ゴルゴ13」とコラボレーションしたWEB動画CM「答えて! マリーさん篇」、「答えて! ゴルゴさん篇」を公開しています。

スーシャルディスタンス」とは、たばこを吸う人と吸わない人がお互いに気持ちよく過ごせるちょうどよい距離を表現した造語。たばこを吸う人にとってはマナーを守ってたばこを愉しむために、吸わない人にとっては望まない煙による迷惑を減らすために、スーシャルディスタンスを保つためには、喫煙所が役にたつということを、様々なコンテンツを通じて、お届けしています。

今回ご紹介する「スーシャルインタビュー」では、吸う人と吸わない人の気持ちを代弁するキャラクターとして、スモーカーのゴルゴとたばこを吸わないマリー・アントワネットをキャスティングしました。

キャラクターの個性が発揮された絶妙な掛け合いが見どころ

動画の見どころは、なんといってもマリー・アントワネットやゴルゴといったキャラクターの個性が存分に発揮されたテンポの良いやりとりです。

マリー・アントワネット篇では、ナレーターが「好きな人がたばこを吸っていたらどうですか?」と質問し、これにマリーさんは「そんなことで愛は揺るがないわ! たばこを吸うお方がキライなわけじゃなくってよ」ときっぱりと回答します。

マリーさんの反応はいかに……?!

本動画は質問に対するマリーさんの反応が見どころとなっています。いきなりですが、本動画を見る前に、マリーさんの反応を予想してみてください。「もし、その好きな人が歩きたばこをしていたら?」と問いかけられたマリーさんの反応は?

A.「それでも愛しているわ!」と言い切る
B.「あ、愛している人だもの……」と動揺する
C.「そんなぁぁぁ」と発狂する
D.「……」沈黙のまま白くなる

動画をチェックする

一方ゴルゴさんは……?!

一方のゴルゴ篇では、ゴルゴさんが「たばこを吸う人」の立場でスモーカーのマナーを啓蒙しています。口数が少なくクールなゴルゴさんからの返答は「うむ」の一言が連続する動画ですが、見どころは問いかけに対するゴルゴさんの反応が変化していくシーンです。マリーさんの動画同様、ゴルゴさんの反応も予想してみましょう!

A.追い詰められていることに腹を立てていく
B.一瞬動揺するものの最後の問いかけにもクールに「うむ」
C.泣き始めてしまう
D.状況の変化を想像しどんどん青ざめていく

動画をチェックする

予想の結果はいかがでしたか? ゴルゴというキャラクターらしくセリフ数は多くないにも関わらず、圧倒的な存在感を見せつけてくれたのではないでしょうか。

マリー・アントワネットとゴルゴ13について

あらためてマリー・アントワネットとゴルゴ13について解説していきます。

マリーさん

<マリー・アントワネット>

本作の主人公。ルイ16世の王妃。美しく誇り高く、人を惹き付ける天性の魅力を持つ。


池田理代子氏による大人気少女漫画。通称「ベルばら」。フランス革命前から革命前期のベルサイユを舞台に、男装の麗人オスカルとフランス王妃マリー・アントワネットらの人生を描く、史実を基にしたフィクション作品。
宝塚歌劇団による舞台化の大成功が作品のヒットに拍車をかけ、テレビアニメ、実写映画などが制作されて社会現象化した。2013年12月時点で、累計発行部数は2000万部を突破している。

マリーさん

<デューク東郷>

本作の主人公。超A級スナイパーであり、生年月日・年齢・国籍・経歴いずれも不明。素性については多くの仮説が立てられているが、正確なところはわかっていない。


さいとう・たかを氏による大人気劇画。超一流のスナイパー・暗殺者「ゴルゴ13」ことデューク東郷の活躍を描く劇画である。
1968年11月から小学館『ビッグコミック』にて連載中。連載継続中の漫画としては日本で4番目の長寿漫画であり、2020年9月時点で51年10か月となる。単行本は2020年9月時点で198巻を数え、累計発行部数は2018年12月時点で2億8000万部を超えている。

「スーシャルディスタンス」キャンペーンに込めた思い

今回、JTが「スーシャルディスタンス」キャンペーンを展開した背景には、2020年4月に施行された改正健康増進法があります。屋内でのたばこに関するルールが大きく変わり、たばこを吸わない人が屋内で望まない煙の迷惑に遭う機会が減りました。一方で、屋外の喫煙所は、たばこを吸う人が吸わない人に配慮しマナーを守って喫煙するための貴重な場所となっています。

JTは今後もたばこを吸う人と吸わない人の共存社会の実現を目指し、引き続き喫煙環境の整備やマナー啓発に取り組んでいくとしています。

スーシャルインタビューの特設ページはこちら

スーシャルディスタンスの特設ページはこちら

[PR]提供:JT