ファクタリング会社の選び方とは

ファクタリングをご利用の際、業者選びは非常に重要です。
優良ファクタリング会社と呼ばれる業者を選んだとしても、ミスマッチは起こり得ます。
業者を選定する際にどのような項目に注意すべきなのか、また、サービスにはどのような違いがあるのかについて解説いたします。

サービス内容の違いについて

2017年ごろからファクタリングサービスは急激に普及し、現在では日本全国に多数のファクタリング会社が存在するようになりました。
各ファクタリング会社によってサービス内容が大きく異なるため、ファクタリングを利用する人は比較・検討をしっかりした上で利用するべきでしょう。
同じファクタリングサービスではあるものの、具体的に以下の点については大きな違いが見られます。

ファクタリング手数料

サービスを利用した際に支払う「手数料」は、ファクタリング会社によって大きく異なります。
手数料が低ければ低いほど財務状況の改善がしやすくなるのは言うまでもありませんが、債権の性質や内容、期日の到来日がいつか等によって大きく変動しますので、一概に“いくらが相場”とは言い難い項目です。
とにかくコストを抑えたい、というシーンであればいくつかのファクタリング会社に見積りを出し、その中から買取金額が高い業者を選ぶと良いでしょう。

取り扱うファクタリング方式

ファクタリングには、大きく分けて2社間方式と3社間方式があります。
2社間方式はファクタリング会社と債権者(債権を売りたい会社)のみで行われる取引、3社間方式は債務者側(取引先)に債権譲渡を通知又は承諾を得た上で進められる取引のことをいいます。
そのため、取引先にファクタリングを知られたくない場合は2社間ファクタリングを選ぶのが一般的です。
ファクタリング会社の中にはいずれか一方しか扱っていない場合がありますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

買取可能な債権かどうか

債権によっては買取が断られてしまう恐れがあります。
例としては、介護や診療で生じた医療報酬債権や海外企業に対して有する売掛金などの「専門性の高い債権」が挙げられます。
特殊な債権の場合、当該分野に特化したファクタリング会社を選んだ方が、取引がスムーズな上に買取金額も高くなりやすいです。

対応エリア

ファクタリング会社の多くは全国対応となっておりますが、旅費・交通費は実費請求(利用者負担)となるのが一般的です。
そのため、コストを抑えるのであれば地元の業者も選択肢に入れておくと良いでしょう。また、最近ではweb上の手続きのみで全てが完結する「オンラインファクタリング」というサービスも登場しております。
ファクタリング会社に足を運ぶ時間がない、手続きをサッと済ませたい、という方は当該サービスも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

優良ファクタリング会社5社

個人事業主・中小企業向けの民間ファクタリング会社をご紹介します。
上記の5社は手数料が低く、スピード・対応力に優れていると人気のファクタリング会社です。
それぞれの特長について詳しく確認していきましょう。

アクセルファクター

アクセルファクターは、高田馬場(東京)、仙台(宮城)、名古屋(愛知)に事務所を持つ中堅のファクタリング会社です。
“お客様の立場になって考える”という経営理念の通り、誠実かつ臨機応変な対応、ファクタリング手数料、スピード、どれを見ても業界トップクラスの会社と言えます。
運営期間は決して長くはありませんが、その持ち前の対応力で多くのリピーターを獲得しています。
併せてコンサルタント業も営んでいるため、長期的なキャッシュフロー・財務改善をお考えであればピッタリのファクタリングサービスです。

アクセルファクターの詳細はこちら

日本中小企業金融サポート機構

一般社団法人という金融サービスでは珍しい事業形態を持つファクタリング会社「日本中小企業金融サポート機構」。
手数料は1.5%~・最短30分で審査結果の提示と、とにかく低コスト・ハイスピードを売りにしているファクタリング会社です。
また、オンラインでの手続きにも対応しているため、事務所が遠くて足を運べない…という方にもマッチします。

日本中小企業金融サポート機構の詳細はこちら

ウィット

比較的運営規模が小さい又は個人事業主の方は「ウィット」がオススメです。
小口から大口まで幅広い債権に対応している上、法人・個人を問わずご利用できます。
また、最短2時間振込のスピーディーな対応に加え、契約手続きはスマートフォンからOK・LINE相談可など、他社には真似できない魅力のサービスが満載です。

ウィットの詳細はこちら

BestFactor

BestFactor(ベストファクター)は、建設業や運送業等の債権はもちろん、診療報酬・介護報酬といった医療債権の買取にも対応しているファクタリング会社です。
2%~という非常にリーズナブルな手数料も相まって、利用可能な企業の範囲は広いと言えるのではないでしょうか。
なお、同社では「とにかく分かりやすく、簡単に」をコンセプトにしており、必要なエビデンス資料が少なくて済む点も大きな魅力です。

BestFactorの詳細はこちら

ビートレーディング

民間企業によるファクタリングサービスのパイオニア的な存在です。
民間ファクタリング会社の中ではトップクラスの事業規模を有しており、その安定感と実績は他社よりも頭一つ抜きんでています。
2019年の利用者数はなんと5250社超、取引高は142億円弱と、銀行系のファクタリングサービスにも引けを取りません。
「申込書」「請求書又は注文書」「通帳のコピー」の3点のみで審査が可能なため、急ぎで見積りを取りたいというシーンにマッチします。

ビートレーディングの詳細はこちら

損をしないためにすべきこと

まずは、ファクタリングを利用する上で“何を重視するのか”を決めましょう。
「1分でも早く資金調達がしたい」
「時間はかかってもよいので高く買い取ってほしい」
「簡単に手続きができるのか」
どのような項目を重視するのかは、ご利用時の状況によって異なります。
手数料や取り扱い業務といったサービス内容、実績、対応エリアなど、各社の特徴やスペックを確認し、マッチするサービスを選ぶようにしてください。

相見積もりも忘れずに

繰り返しお伝えしてきた通り、ファクタリング会社によって得意な分野や手数料、買取の可否は異なります。
債権額によっては数十万円ないしは数百万円もの差が生じることも珍しくはありませんので、候補(3~5社が目安)のファクタリング会社全てから見積りを取るようにしましょう。
また、長期的な財務改善を視野に入れている場合、3~6か月間はファクタリング会社を利用することになります。
このような利用方法をお考えの際は、その旨も必ず伝えるようにしてください。 ファクタリング手数料を下げてもらえる可能性に加え、財務コンサルタントにも対応している会社であれば改善の提案が受けられます。
ベストマッチするファクタリング会社は必ずありますので、できるだけ即決はせず、時間をかけて選定することを強くお勧めいたします。

[PR]提供:株式会社アクセルファクター