激動の年となった昨年に続き、今年も世の中は先行きの見通せない状況が続いています。そうした中で現実的に頼れるのはやはり「お金」。将来に備えて収入や貯蓄を重視するようになった人も多いことでしょう。お金を貯める手段といえば貯金ですが、それに加えて検討したいのが資産運用――つまり「投資」です。

マイナビニュース編集部でも「今年こそ資産運用を始めよう! 」と意気込む編集部員わたなべくんがいるようです。しかし、気合を入れたのはいいものの、わたなべくんはこれまでに資産運用の経験がなくちょっと不安そう。

果たしてわたなべくんは今年こそ資産運用を始められるのでしょうか……? その模様を全3回の連載で追ってみます!

時間も知識もない…でも「投資」を始めたい!

25歳 年収400万 貯金が最近3ケタ達成 資産運用未経験
とても元気で声が大きい。持ち前のコミュ力の高さでだいたい話題の中心にいる。最近ちょっと丸くなってきた。


28歳 年収450万 昨年から積立投資を行っている 
わたなべの先輩。後輩へのフィードバックも的確で周囲から何かと頼られる存在。いつも髪型がしっかり決まっている。

うーん……やっぱり不安だなぁ……。


わたなべ、難しい顔して、どうしたんだ? ランチでも食べそこねたか?

いのうえ先輩! いや、そんなんじゃなくて。実は貯金も少し貯まってきたから「資産運用」に興味が出てきたんですけど、知識がないんで何から始めたらいいかもわからないし、仕事が忙しくて資産運用に時間をとれない気もして……踏ん切りがつかないんです……。


へー! わたなべも投資に興味を持つようになったんだな。確かに俺たちは会社員だけど、給料以外でお金を増やす手段を持っておくと安心だよな。

そうなんです! 今は賞与とかのタイミングでまとめて貯金しているんですけど、それだけじゃ将来が不安だなって思うんです。


そうか。実は俺もわたなべと同じことを考えて資産運用をしているんだよ。昨年からうちの会社でもテレワークが始まったでしょ。会社に行く回数も減って、毎日の昼飯とか、飲み会とかにお金を使わなくなったなと思って。それで、将来のために投資を始めてみたんだよね~。始めてみると、良い感じなんだよ。

えっ! そうだったんですか? (ぜんぜん知らなかった……) いのうえ先輩こそ毎日忙しいのに大変じゃないですか?


仕事をサボっているわけじゃないぞ(笑)。俺の場合は毎日自動で積立貯金しているような感覚で資産運用をしているんだ。放置しているだけだから意外にラクなんだよ。

何なんですか? その「放置しているだけ」の資産運用って……。


見てみるか? 昨年3月下旬ぐらいに、米国のS&P500指数に連動する投資信託の積立を毎日500円から始めたんだけど、+1万円以上になったんだ(笑)

ほんとに「放置している」状態なのにすごいじゃないですか! 超いいっすね……僕にも資産運用のこと教えてくださいよ!


「何をしたらいいのかわからない」から抜け出そう
はじめての投資ガイド

そもそも「投資」ってなに?

そもそも「投資」って、どういうことなんですか? いろんな種類があるんですよね?


そうだな。代表的なものだと「株式」「FX」「投資信託」「債券」なんかがあるかな。

聞いたことはあります! でも、正直よくわかっていないです……。


まず「株式」は、企業が資金を調達するために発行するもので、株式を買うと株主(オーナー)になれる。上場している株式は日々価格が上下するから、購入価格と売却価格の差額で利益が出せるんだ。それ以外にも株式を持っているとその会社の利益の一部を「配当金」として受け取れたり、「株主優待」というサービスを受けたりできる。

株式投資は何となくイメージがわきますね。


次に「FX」だけど、これは「外国為替証拠金取引」のこと。外貨を売買して差額で収益をあげたり、金利の高い外貨を保有して「スワップポイント」と呼ばれる金利差額で利益を出したりすることを目指す。FXの特徴は「レバレッジ」を効かせられること。レバレッジはいわゆる"てこの原理"みたいなもので、手元資金の最大25倍までの取引ができる。

ふむふむ(うわー、やばいもう難しい……)。


「投資信託」は株式や債券などのいろいろな資産に分散投資して、プロが運用してくれる。おまかせで運用できるから、手軽に資産形成できるのがメリットだな。そして、少額から買える。

へー! (おっ、これならできそうかも? )


あと、「債券」も聞いたことくらいはあるんじゃないか? 債券は、国や企業などが投資家から資金を調達する際に、利息の支払いや元本の返済などを約束して発行する有価証券だ。ある程度まとまった金額が必要で、安全性の高い個人向け国債から為替相場の影響を受ける外貨建てのものまで幅が広く、債券の発行体の見極めなど初心者にはハードルが高いものもあるね。

よくわかりました! んーでも、やっぱり難しそうですね……仕事が忙しくて投資の勉強をする暇もないし、たくさんお金があるわけじゃないし、中途半端に始めると大損しそうな気がする……。そのあたり正直どうですか?


まあまあ! たしかに投資にはリスクがつきものだし、始めにくい気持ちもわかるよ。でも、なるべくリスクやコストを抑えた投資方法もあるんだ。俺もそういう投資だよ。銀行口座に預金として預けるのもいいけど、俺ら世代がお金を貯めるにはそれだけじゃダメだと思う。預貯金と投資を併用するのがおすすめだな。

はじめての資産づくりは
誰でも手軽にできる「投信つみたて」がオススメ!

おすすめは気軽に始められるマネックス証券の「投信つみたて」

先輩のおすすめの投資って何ですか?


俺が利用しているのはマネックス証券の「投信つみたて」だよ。ワンコイン貯金に近い感覚で投資信託の積立ができるし、1日100円から始められるから最初の一歩にもぴったりなんだ。

100円ですか!? それならコーヒーを買うより安いですね!


うん。「投信つみたて」は買うタイミングを細かく分散しながら、いろいろな資産に分散投資できるんだ。しかも、投資信託の運用は経済や金融に精通した専門家におまかせだし、一度始めたらあとは定期的に自動で買い付けてくれるんだ。これなら仕事が忙しくてもできるだろ?

たしかに! でも他にも同じようなサービスはありますよね? どうしていのうえ先輩はマネックス証券で資産運用しているんですか?


それは、マネックス証券には充実した商品・サービスがあるからだよ。

投資初心者に嬉しい5つの特典!

①100円から「つみたて投資」ができる
②マネックス証券が取扱うすべての投資信託は、購入時の申込手数料が0円
③投資信託は100円以上1円単位で購入金額を決められる
④つみたて頻度が選べる
(毎月もしくは毎日100円から始められる 年2回までボーナス月増額可)
⑤投資信託の保有残高に応じて、ポイントも貯まる
(Amazonギフト券、Tポイント、dポイント等と交換可能)

こんな感じで、手軽かつおトクに運用できるのがマネックス証券なんだ。

へー! たしかにイイですね! 購入時の申込手数料が0円とか選びやすそうだな~。僕も始めてみたいです!


よし! それじゃあ俺が手伝ってやるよ。投資するためには口座が必要なんだ。まずはマネックス証券の口座開設から始めようか。

やった! ありがとうございます!


「投信つみたて」をするべき理由をさらに解説!

わたなべくんのように投資には興味があるものの、リスクや知識不足などの不安からなかなか動けなかったという人も多いのでは。なるべくリスクを抑えて100円から始められるマネックス証券の「投信つみたて」を検討してみてはいかがでしょうか。 次回はわたなべくんがはじめて資産運用を始めるための「口座」を開設してみます、果たして、無事開設できるのでしょうか……!

マネックス証券の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。
【マネックス証券でのお取引について】
マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引、取引所株価指数証拠金取引、暗号資産関連店頭デリバティブ取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。なお、商品ごとに手数料等およびリスクなどは異なりますので、詳しくは当該商品等について掲載されたページ、契約締結前交付書面、投資信託説明書(交付目論見書)、目論見書補完書面等、お客様向け資料をご覧ください。

【投資信託取引に関する重要事項】
<リスク> 投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。 <手数料・費用等> 投資信託ご購入の際の申込手数料はかかりませんが(IFAを媒介した取引で購入される場合を除く)、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、約定日の基準価額に最大計1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。また、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.38%(税込2.618%)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。なお、IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引から投資信託を購入される際は、申込金額に対して最大3.5%(税込3.85%)の申込手数料がかかります。詳しくはマネックス証券ウェブサイトに掲載の「IFAコースの手数料」をご確認ください。 IFAコースの手数料 https://info.monex.co.jp/ifa/fee.html <その他> 投資信託の購入価額によっては、収益分配金の一部ないしすべてが、実質的に元本の一部払い戻しに相当する場合があります。また、通貨選択型投資信託については、投資対象資産の価格変動リスクに加えて複雑な為替変動リスクを伴います。投資信託の収益分配金と、通貨選択型投資信託の収益/損失に関しては、以下をご確認ください。 投資信託の収益分配金に関するご説明 https://info.monex.co.jp/help/fund/monthly-distribution.html 通貨選択型投資信託の収益/損失に関するご説明 https://info.monex.co.jp/help/fund/profit.html お取引の際は、マネックス証券ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、
     一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

[PR]提供:マネックス証券株式会社