働き方改革に向けて業務効率化が求められているほか、新型コロナウイルス感染症の拡大によってテレワークも多くの企業で実施されるようになりました。場所にとらわれない働き方の実現にはクラウドサービスの利用が不可欠ですが、オンプレミス型の業務基幹システムを利用している企業もまだまだ多い状況にあります。そこでおすすめしたいのが、クラウド型の業務基幹システムである「クラウドERP」です。今回はクラウドERPの特徴について詳しく解説します。

資料請求をする(無料)≫

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。

クラウドERPとは

そもそもERPとは、「Enterprise Resource Planning」の略称で、企業や組織で業務に利用する基幹システムのことを指します。 従来、多くの企業では自社でサーバーを構築・運用するオンプレミス型の基幹システムが主流でした。しかし、クラウドシステムの普及により、クラウド環境で動作する「クラウドERP」の需要が高まりました。 クラウド上でシステムが構築できれば、導入コストや運用コストに悩む中小企業も手軽に導入できることから、クラウドERPは大いに注目されているのです。

クラウドERPが注目されている背景

昨今、ERPに限らず、あらゆるシステムがオンプレミスからクラウドへと移行しています。この背景には、PCだけではなくスマートフォンやタブレット端末など、インターネットに接続できる情報端末が増えたことが要因として挙げられます。 また、働き方改革を推進する企業が増え、業務効率化につながるツールが求められていることや、多様な働き方に対応できるシステムが求められていることもクラウドERPが注目されている要因といえます。

クラウドERPの種類~それぞれのメリット・デメリット~

クラウドERPにはプライベートタイプとパブリックタイプ、ハイブリッドタイプの3種類が存在します。それぞれのメリットとデメリットも含めて詳しく紹介しましょう。

1、プライベートタイプ

自社で運用しているオンプレミス型のERPを、そのままクラウドに移行して利用する方式をプライベートタイプとよびます。

メリット

プライベートタイプの最大のメリットとしては、新たにシステムを一から構築し直す必要がないことが挙げられます。システムの開発費用を抑えられることはもちろんですが、システムの仕様が大きく変わることもないため、これまでシステムを利用してきたユーザーにとっても操作方法を覚え直す必要がありません。

デメリット

プライベートタイプのデメリットとしては、現在運用している基幹システムがない場合は、一からシステムを構築する手間とコストがかかる点です。 また、オンプレミス型とクラウド型ではセキュリティ対策の方法も異なるため、システム環境を移行することでセキュリティ対策のツールを新たに導入する必要性があります。あくまでも自社専用の基幹システムをクラウド上で利用する形態のため、セキュリティ対策も自前で検討しなければならないのはデメリットといえるでしょう。

2、パブリックタイプ

すでにクラウドERPとして一般向けに提供されているサービスを契約する方式を、パブリックタイプとよびます。スマホアプリやPC用のアプリケーションソフトなどと同じように、不特定多数のユーザーが使いやすいように提供されている形態です。

メリット

パブリックタイプは、現在利用しているERPシステムがない場合でもすぐに利用できることが大きなメリットといえるでしょう。 これまでERPがなかった企業にとっては、既製のサービスを活用することで一からシステムを構築する手間やコストがかからず、手軽に利用できます。 また、セキュリティ対策もパッケージとしてシステムに組み込まれていることが多いため、プライベートタイプに比べて企業の負担が少なくて済みます。

デメリット

メリットで紹介したケースとは反対に、従来ERPを利用してきた企業にとってはシステムの構成や仕様が大幅に変更されることになります。そのため、既存のシステムを活かせず無駄になってしまう点がデメリットといえるでしょう。 また、システムを利用するユーザーの立場で考えても、これまで使い慣れてきたシステムのUIや使い方から大幅に変更されるため、負担が大きくなります。

3、ハイブリッドタイプ

プライベートタイプとパブリックタイプを複合させる方式をハイブリッドタイプとよびます。

メリット

ハイブリッドタイプは、これまで紹介してきたプライベートタイプとパブリックタイプそれぞれの長所を活かして利用できる点が大きなメリットといえます。 オンプレミスとも連携可能なため、たとえば個人情報や機密情報などを扱う業務にはオンプレミス、それ以外にはクラウド型のERPといった使い分けも可能です。 また、本社はプライベートタイプ、営業拠点ではパブリックタイプを利用したいといった場合においても、ハイブリッドタイプのERPシステムを活用することで実現できます。

デメリット

ハイブリッドタイプはプライベートタイプやパブリックタイプ、そしてオンプレミスなど複数の形態のシステムを連携することになるため、システムの構成や仕様が複雑になりがちです。

資料請求をする(無料)≫

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。

おすすめのクラウドERP3選

クラウドERPとして提供されているシステムの中から、おすすめのサービスを3つ紹介します。

1、NetSuite

NetSuiteは日本オラクルが提供しているクラウドERPシステムです。日本国内600社、世界では22,000社以上の導入実績を誇り、あらゆる規模に対応するフルクラウドERPとして知られています。ERPとして求められる販売管理や在庫管理、生産管理といったさまざまな機能が集約されており、ほとんどの業種に対応できる使い勝手の良いシステムです。

2、Microsoft Dynamics 365 Business Central

Microsoft Dynamics 365 Business Centralはマイクロソフトが提供しているクラウドERPシステムです。Office365をはじめとしたマイクロソフト製品との連携が可能で、これまでERPを活用しておらずExcelやWordなどで管理してきた企業にとっても導入しやすいシステムといえるでしょう。

3、GRANDITサブスクリプションサービス

GRANDITサブスクリプションサービスはGRANDIT株式会社が提供しているクラウドERPシステムです。販売・在庫管理から経理、人事にかかわる業務まで幅広く網羅しており、あらゆる企業の業務効率化および生産性向上に寄与します。

働き方改革にも不可欠なクラウドERP

新型コロナウイルスの影響と働き方改革の実現に向けて、場所にとらわれない働き方が求められています。しかし、オンプレミス型のシステムのままでは物理的にテレワークの実現は難しく、オフィスへの出社を余儀なくされるケースも少なくありません。 業務基幹システムのような大規模なシステムの場合、クラウドへの移行は難しいのではないかと考える経営者や担当者も多くいます。しかし、そのような課題を解決できるクラウドERPシステムが続々と登場しているため、まずは資料請求のうえ複数社のサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

資料請求をする(無料)≫

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。

[PR]提供:マイナビニュース