Webサイトを作るにあたって、CMSの導入を検討している企業の方も多いのではないでしょうか。この記事では、CMSを利用するメリット、知っておくべきセキュリティ面の脆弱性とその対策方法についてご紹介します。利用を検討されている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもCMSとは何?

CMSとは、「Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム」の各単語の頭文字を取った略称で、Webサイトのコンテンツに必要になる文章や写真、レイアウトの配置など全体を統一して管理することができるシステムです。

多くの企業で使われているCMSですが、通常のWebサイト制作と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここからは、CMSを利用するメリットについてご紹介していきます。

\ 資料請求はこちら /

無料で資料請求する

※ITトレンドに遷移します

CMSの主な3つのメリットとは?
まず最大のメリットとしては、Webサイト構築に必要となる専門的な知識がない場合でも、CMSを活用することによってWebサイトの構築から管理まで行うことができるということです。

また、簡単にWebサイトの構築が可能になるだけでなく、細かく分けて3つのメリットがあるので確認していきましょう。

メリット1:Webサイトを簡単に編集できる

CMSを利用することで得られるメリットの1つ目は、誰でもWebサイトを簡単に編集、管理できることです。

通常、Webサイトの編集作業をするためには、HTMLやCSSなど専門的な知識を駆使して編集する必要があるため、専門的な知識がない場合は、業者に依頼する必要があります。

その一方、CMSを導入してWebサイトを構築した場合、専門的な知識がなくても、簡単に編集作業をこなすことが可能です。

メリット2:外注コストが削減できる

CMSを利用することで得られるメリットの2つ目は、自分でWebサイトの構築から管理ができるため、外注コストを大幅に削減できることです。

CMSを導入せずにWebサイト作成を行う場合、専門的な知識が必要となるため、社内に対応できる人がいない場合はWeb制作会社へ外注することなります。しかし、構築から管理まで自力で行うことができるCMSを利用すれば、大幅な外注コストの削減が期待できます。

メリット3:頻繁にサイト更新ができる

CMSを利用することで得られるメリットの3つ目は、簡単に編集作業ができるため、頻繁にサイト更新ができるようになることです。

Webサイト構築の工程が簡単になったことによって、新規コンテンツの更新や既存のコンテンツのメンテナンスも頻繁に行うことが可能になります。また、頻繁にコンテンツを更新することで、固定のファンがつきやすくなるメリットもあるでしょう。

\ 資料請求はこちら /

無料で資料請求する

※ITトレンドに遷移します

CMSにおけるセキュリティ上の危険性4つ

簡単にWebサイトの構築ができるCMSですが、万能に思えるCMSでも、安全に利用していくためにはセキュリティ上における危険性があることも知っておかなければなりません。

そこで、ここからはCMSにおけるセキュリティ上の4つの危険性についてご紹介していきます。CMSの導入を検討されている場合は、リスクヘッジの意味も兼ねて確認してみてください。

危険性1:不正ログインされる
CMSにおけるセキュリティ上の危険性1つ目は、他者に不正ログインされてしまうリスクがあることです。

Webサイトを運営していると、目立てば目立つほどハッカーに目をつけられるリスクがあります。攻撃対象とされてしまった場合、色んな方法を駆使して不正ログインをしようとするかもしれません。

ハッカーが不正ログインする目的としては、自分たちにメリットのあるサイトへの誘導や個人情報の流出などさまざまなことが考えられるでしょう。

危険性2:コンピュータウィルスに感染する
CMSにおけるセキュリティ上の危険性2つ目は、コンピュータウィルスを送り込まれて感染するリスクがあることです。

コンピュータウィルスに感染してしまった場合、サイトの管理画面にログインできなくなったり、サイトに訪問したユーザーに同様のウィルスを感染させてしまう恐れもあります。

直近で多いのが「ランサムウェア」というウィルスで、PCのデータがロックされてしまい、解除するために金銭を要求される手口です。

危険性3:個人情報の流出
CMSにおけるセキュリティ上の危険性3つ目は、企業に対するサイバーテロでよく耳にする個人情報の流出です。

取引先の企業、顧客データが流出してしまうと、築き上げてきた信頼関係も一気に失うことになってしまいます。

近年多くなっている「ランサムウェア」を仕込まれてしまった場合、サイトに訪問してくれたユーザーに直接危険が及んでしまう可能性があるため、万全の対策をしておく必要があるでしょう。

危険性4:Webサイトが改ざんされる
CMSにおけるセキュリティ上の危険性の4つ目は、Webサイトが改ざんされてしまうリスクがあることです。

Webサイトにウィルスが仕込まれてしまった場合、Webサイトに訪問してくれる多くのユーザーに被害が拡大する恐れがあるので、入念なセキュリティ対策をしておかなければいけません。

CMSのセキュリティ対策5つ

CMSは、誰でも簡単にWebサイトの構築から管理まで行える便利なシステムですが、セキュリティ面での危険性が潜んでいることも事実です。

とはいえ、しっかりとしたセキュリティ対策を行えば、そういったリスクも大幅に軽減することができます。ここからは、CMSのセキュリティの強度を高めるための対策を5つご紹介していきます。

対策1:最新版への更新を頻繁に行う
CMSのセキュリティ対策1つ目は、利用しているCMSの状態を常に最新版に更新しておくことです。

代表的なWordPressなどでも定期的にシステムアップデートを促すよう忠告されますが、セキュリティホール(脆弱性)をケアする意味でも重要なことです。

バックアップを取るのが面倒だからとアップデートをしないままのサイトもありますが、それがリスクを高めてしまう原因になり得ます。

対策2:アクセス権の付与を慎重に行う
CMSのセキュリティ対策2つ目は、CMSの管理画面でのアクセス権の付与を慎重に行うことです。

CMSには、全体の操作が可能な管理者に加えて、操作の範囲を限定したアクセス権を付与することができます。

何も考えず不特定多数の人にアクセス権を付与してしまった場合、管理者権限を乗っ取られてしまうという可能性もあります。管理者権限の使いまわしをせずに、アクセス権も信用できる人物のみに付与することをおすすめします。

対策3:アクセス元の監視や分析を行う
CMSのセキュリティ対策3つ目は、外部から来るアクセス元の監視や分析を入念に行っておくことです。

Webサイトに訪れてくれたユーザーのアクセス数にだけ注目しがちですが、訪問者の国や違和感を覚えるようなアクセスがないか注意深く監視することで、怪しいアクセスを遮断することができます。

対策4:WAFを導入する
CMSのセキュリティ対策4つ目は、アプリやサーバー、パスワードリストへのサイバー攻撃対策に効果的なWAF(Web Application Firewall)を導入することです。

WAFをサーバーやデータベースの前に設置することによって、事前に不正アクセスを遮断してくれるため、変化が激しく複雑になっているサイバー攻撃から守ってくれるでしょう。

対策5:簡単なIDやパスワードを設定しない
CMSのセキュリティ対策の5つ目は、誰でも予想できるような簡単なIDやパスワードを設定しないことです。

Webサイト管理の際に、普段から使い慣れて覚えているIDやパスワードを設定してしまうことも多いですが、容易に特定されてしまい攻撃を受けるリスクが高くなります。

Webサイトの管理画面へのログイン情報となるIDとパスワードは、なるべく大文字や小文字と数字、記号を組み合わせて複雑にしておきましょう。

狙われやすいCMSとは

数多くの種類があるCMSのなかでも特に狙われやすいと言われているのが、WordPressなどのオープンソース型と呼ばれるCMSです。 誰でもソースコードの参照ができるようになっているため、攻撃する側もより安易に攻撃することができてしまいます。

また、攻撃を検知したり、攻撃を受けた際に防御することが難しいところも問題視されています。

CMSのセキュリティ対策を十分にしよう

CMSを利用するメリットやセキュリティ面に潜む危険性、その対策方法についてご紹介しました。

CMSは非常に便利なシステムであると同時に狙われやすいというデメリットもあるため、十分なセキュリティ対策を行った上で利用するようにしましょう。

また、よりセキュリティレベルの高いCMSを求めるのならば、法人向けに作られたCMSもおすすめです。各製品についてのより詳細な情報を知りたい方は、ぜひこちらから資料請求をしてみてください。

\ 資料請求はこちら /

無料で資料請求する

※ITトレンドに遷移します

[PR]提供:マイナビニュース